新型コロナワクチン接種及び副反応による欠席の扱いについて

 新型コロナワクチン接種による欠席の扱いについて、病院等の都合により授業時間帯と重なる時刻に新型コロナワクチン接種を受ける場合は、事前に届け出ていただくことで、欠席や遅刻・早退扱いはせず公欠とすることとしました。また接種後に副反応として発熱等の症状が出た場合も欠席扱いとはせず、出席停止扱いとします。
手続きは以下のように行ってください。

(1)新型コロナワクチン接種による公欠扱いを希望する場合は、本校ホームページから「新型コロナワクチン接種に伴う公欠届」をダウンロードして必要事項を記入し、予約の事実や日時がわかるもの(病院の予約票等。事前に提出が難しい場合は後日でも可)とともに事前に担任へ提出してください。

(2)ワクチン接種により副反応症状が出た場合は、担任に連絡してください。その後本校ホームページから「新型コロナウイルス感染症に伴う欠席届」をダウンロードし、必要事項を記入の上、回復し登校した際担任に提出してください

※(1)、(2)に必要な書類は、メニューの「各種届出用紙のダウンロード」→「在校生向け」から入手してください。
 

新型コロナウイルス感染症疑いによる欠席の扱いについて

新型コロナウイルス感染症対応により欠席する場合は、専用の欠席届を提出していただくこととしました。(令和2年9月~)
用紙はこちらからダウンロードしてください。→新型コロナウイルス感染症に伴う欠席届(R4.4月改訂).pdf
  • 37.5℃以上の発熱がある場合→登校しないでください。コロナウイルス感染の疑いがあるため出席停止として扱います(コロナ対応用欠席届の提出が必要です)。
  • 翌日も37.5℃以上の熱がある場合→コロナウイルス感染の疑いがあるので、医療機関に行き、診断を受けてください。医療機関を受診した場合は出席停止として扱います(コロナ対応用欠席届と医院のレシート等の写しの提出が必要です)。
  • 診断の結果、コロナウイルス感染の疑いがなくなった場合→翌日以降は熱があっても欠席扱いとします。
  • PCR検査を実施した場合→結果が出るまで「出席停止(感染症疑い)」として扱います。
新型コロナ以外の感染症の場合は、「コロナ以外での出席停止」のページを御覧ください。
 

新型コロナウイルスに感染した場合等の学校への連絡について

お子様が新型コロナウイルスに感染した場合等の学校への連絡についてはこちらの文書を御覧ください。

お子様が新型コロナウイルスに感染した場合等の学校への連絡について(PDF形式)

※次のような場合には、必ず学校にお伝えいただきますようお願いいたします。
  • お子様が新型コロナウイルスに感染した。
  • お子様が濃厚接触者となった。(同居のご家族が感染した等)
  • お子様に発熱や風邪症状がある。
  • お子様と同居するご家族が、濃厚接触者に特定された、又は、発熱や風邪症状がある。
 

学校における新型コロナウイルス感染症対策について

学校再開にあたって、今後の本校での新型コロナウイルス感染症対策は、千葉県教育委員会のガイドラインにしたがって対応を進めます。県のガイドラインのうち、保護者の皆様にもご理解いただきたい部分を抜粋しました。ご覧おきください。→ガイドライン・抜粋版.pdf
 

家庭での感染防止対策について

御家庭でも感染防止に御協力ください。

学校で生徒自身が行う感染防止対策について、生徒に資料を配付しました。
御家庭でも感染防止に取り組んでいただきますようお願いいたします。→生徒配付資料(R2/5/21)
 

感染が疑われる場合の電話相談窓口