新型コロナウイルス以外の感染症による出席停止の診断を受けた場合

感染症による出席停止(登校禁止)の診断を受けた場合(新型コロナウイルス感染症以外)

医師からインフルエンザ、マイコプラズマ感染症、百日咳、溶連菌感染症等の法定感染症の診断を受け、出席停止(登校禁止)の指示が出た場合は、欠席扱いにはなりません。感染症名と出席停止(登校禁止)の期間等を、電話で学校にお知らせください。
医師から登校許可を得たら、病院で記入してもらった本校所定の「登校許可証明書」を持って登校してください。
※ インフルエンザ等の感染症の拡大防止のため、高熱等の症状が出た場合は、必ず病院で診察を受けてください。

なお、朝病院で「登校許可証明書」をもらってから登校する場合は、遅刻扱いにはなりません。

・登校許可証明書のダウンロードはこちらから → 「登校許可証明書.pdf
・病院で登校許可証明者の発行をしてもらえない場合は「インフルエンザにおける療養報告書」を提出をしてください。→「インフルエンザにおける療養報告書