お知らせ

校 長 挨 拶

 柏中央高校のホームページへお越しいただきまして、ありがとうございます。

令和4年41日付けで、本校校長を拝命しました山崎寛雄です。柏中央高校は、3年前まで教頭として勤務していた学校でもあり、不思議な縁を感じます。

本校は、昭和56年(1981年)の創立以来、『初志貫徹』~ゆっくりと 一歩一歩確実に~を校訓に、41年の歴史を刻んできました。柏市の中心部にありながら、側には手賀沼につながる大堀川が流れ、春には満開の桜並木が並ぶ遊歩道を有し、多くの動植物が集う自然豊かな環境に恵まれた学校です。教頭時代は、緑豊かな自然をフィールドに虫取り網を片手に生物研究に没頭する生徒の姿や、桜並木のもとを楽しく語らいながら登下校する生徒、校舎の窓から見える夕日に映える柏駅周辺のビルの姿を背にして受験勉強に励む生徒など、心温まる光景に心を癒されていました。このように豊かな自然とゆったりとした空気が流れる本校は、落ち着いた校風を伝統とし、現在まで13,809名の卒業生を輩出しています。その間、松ヶ崎・高田地域をはじめとする地域の皆様に支えられ、着実に歩みを進めてきた学校です。

 私は、これから開校以来の校訓『初志貫徹』のもと、前任の島崎校長が思いを託した「文武不岐」の精神を受け継ぎながら、学習はもちろん、探究活動や部活動などに励み、これからの変化の激しい社会にあっても、それぞれの胸に高い「志(こころざし)」を抱き、より良き未来の創造に向かって、挑戦し続けることができる逞しい生徒の育成を目指し、保護者・教職員・地域の皆様の力をお借りして本校発展のために精一杯取り組んでまいりたいと思います。

 

校長日記

校長日記
123
2022/08/04

校長日記No.24(総文祭2022 現場でしか感じられない緊張感)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
  
(なんだ? 誰も写ってないじゃないか。と思われるかもしれませんが。)
昨日、文化系部活動の甲子園とも言われる「全国そうぶん祭」に出場した放送部の「朗読」部門の応援に行ってきました。これは、会場入口と実際に熱戦が繰り広げられたホールです。・・・このあと、全国から集まってきた高校生たちが一人2分以内で次々に朗読をしたのですが、あまりの張り詰めた空気の中、シャッター音がしたらどうしようと心配するあまり撮影できませんでした(撮影禁止とは言われず、隣の観客席で高校生が撮影してましたが・・・)
各地区を勝ち抜いてきた猛者たちのガチンコ勝負です。どの生徒もすごく上手で、レベルが高い。そのような中で、本校の3年生も、今までで一番良いできだった(顧問談)パフォーマンスを披露してくれました。審査結果はまだ私は知りませんが、良い結果が出ると期待しております。
結果はさておき、実際に観戦させていただいて、ど素人の私は勝手にその世界の深さに感心させられてしまいました。2分以内で聴く人の心を揺さぶる朗読、どの作家のどの作品のどの部分を切り取って読むのか、その選択から戦いが始まっているのだと感じました。声のトーン、質、速さ、起伏、声の個性や特性を生かせるものであったり、表現したり伝えたりしたいものによっても変わってくるのだろうと思いました。そして、練習の差ももちろん出ます。
本校の生徒が朗読したものは、様々な感情を表す感嘆詞が多数、それも連続して出てくるところがあり、それだけに難しいのではないかと思いました。(素人の勝手な感想なので、後ほど顧問の先生にいろいろ教わりたいと思います。)
張り詰めた空気の中、一人ひとりの思いあふれる熱い戦いを聴かせていただき、真剣勝負のすがすがしさを感じ、幸せな気持ちになりました。ありがとうございました。
15:06 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2022/08/01

校長日記No.23(一音入魂 吹奏楽部感動のステージ)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
  

先週の7月30日、第64回千葉県吹奏楽コンクールに応援に行ってきました。昨年は完全に無観客でしたが、今年は幸い有観客で入場することができました。当日は演奏・審査の妨げにならないようにホール内は撮影禁止です。写真は、最後のリハーサルの直前、注意事項等に耳を傾ける本校吹奏楽部の生徒たち。

ステージに生徒たちが並びました。部長さんでしょうか、みんなの立ち位置など細やかなチェックをしています…そしていよいよ本番。
会場に足を運んでくださったたくさんの保護者の皆様も見守る中、静寂を切り裂く衝撃のオープニングから一気にスケールの大きな世界観を創り出します。静と動、一糸乱れぬ息の合った演奏です。素晴らしい。
一音入魂 ~みんなの想いを一つに悔いのない演奏を~ の吹奏楽部の掲げる目標に恥じぬ、素晴らしい想いのこもった演奏でした。
結果は、「金賞」受賞。そして、8月10日の本選に進出です。
コロナ禍が続く中、生徒たちには本当に様々の苦労もあり、様々な思いがあったことでしょう。当日は、すべての部員の想いが一つになった本当に素敵な演奏でした。
本戦進出、おめでそう。皆さんの雄姿に思わず胸に熱いものがこみ上げ、涙腺が決壊してしまいました。感動をありがとう。本戦も応援しています。



18:52 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2022/07/27

校長日記No.22(それぞれの夏休み 中央生は日々頑張ってます)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
   
中学生体験入学の前日。写真は校長室から体育館へ向かう間の生徒たちの姿です。
今日も吹奏楽部やダンス部が練習する音が廊下に鳴り響いています。体育館や外でも熱中症対策やコロナ対策に配慮しながら練習に励む生徒たち。各部活動は練習や活動の合間を縫って体験入学に訪れるであろう中学生や保護者の皆様を気持ちよく迎えるために校舎内の清掃をしています。この間も、地域では柏市の「夏休みこども教室」で活躍する科学部や書道部、NHK杯全国大会に臨む放送部、他校と練習試合を行う運動部などなど、それぞれの思いを胸に今日も中央生たちは頑張っています。3年生は受験勉強や進路実現に向けた準備に、1,2年生もそれぞれこの夏休みに学力向上にも励んでくれていると思います。すべての中央生に心からエールを送りたいと思います。
15:50 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2022/07/25

校長日記No.21(グローバルな視野を得る機会)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
     
先週の土曜日、アメリカのトーランスから4名の学生さんと1名の先生が本校に来校してくださいました。聞くところによれば、コロナ禍の影響で3年も待った来日とか。中には第二外国語で日本語を専攻している学生さんもいらっしゃって、流暢な日本語で挨拶をしてくれました。本校の書道部の顧問と生徒、弓道部の顧問と生徒が日本の伝統的文化である書道と弓道の体験をお手伝いしました。最初は戸惑いも見られましたが、本校の生徒たちも次第に一生懸命に伝えようと殻を破って行く姿が見られて、嬉しく思いました。コミュニケーションは思いが大切ですね。アメリカの学生さんたちも漢字の由来や意味などを知り、好きな漢字を選んでうちわに書く体験や、弓を射る体験を楽しんでくれました。若い頃に異文化を体験する経験は、間違いなく視野を広げ、グローバルな視点をもって生きるきっかけとなると思います。今はコロナ禍とあって、そうした貴重な機会は奪われていますが、本校の生徒たちにもいつか機会があれば積極的に海外へと出てほしいと思うとともに、3年越しの思いをもって日本に訪れたアメリカの若者たちの勇気とサポートしたボランティアの皆さんの尽力に感謝したいと思います。
18:31 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2022/07/11

校長日記No.20(熱い心に感動)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
    
夏本番。高校球児の誰もが夢見る甲子園へ向けて、全国で県大会が始まりました。
昨日、本校の生徒たちの千葉大会第一戦に応援に行ってきました。
結果は、延長戦の末に惜しくも敗れましたが、リードして逆転されるも終盤に追いつく激闘を繰り広げ、すばらしい戦いぶりでした。選手・監督・チームの皆さん。感動をありがとう。激闘を制した成田北高校の皆さん、次戦も健闘をお祈りします。
前日の開会式でも、多くの出場校が入場の際に「野球ができること、支えてくれた方々への感謝の気持ちを」と述べていました。3年ぶりに観客を迎えての開催。吹奏楽部の生徒たちの懸命の応援演奏、保護者の皆様の心のこもった応援の姿に心温まりました。多くの方に支えられて好きなことに精一杯打ち込めることの素晴らしさ、敵味方問わず、高校生たちの健闘に胸が熱くなりました。
05:23 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2022/07/02

校長日記No.19(静かに流れる夕刻のとき)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
      

期末考査前の金曜日、放課後の校舎を巡回してみました。
数学科前の廊下では先生を囲んで問題を解き、教え合う生徒たちの姿。職員室前の廊下では先生と進路相談だろうか、熱心に話す生徒の声。どちらもおなじみの光景です。
図書館は今日も自習生徒で満員御礼。
図書館を出て窓から外を見ると、夕日に映える校舎をバックに生徒のいない中庭。少し寂しそうです。
教室を覗くと机を並べて一緒に勉強している生徒たち。節電のためクーラー使用可の教室に生徒が集まっています。それにしても、静かです。

勉強の気分転換でしょうか、カメラをもって教室から生徒が一人出てきました。窓を開け夕日に映える風景を撮影し始める生徒。
「写真部かい?」「はい。ここは高くて見晴らしがよく、夕日がとっても奇麗なんです。」「いいカメラもってるね」「はい、これ写真部のものです。こんなに良いカメラを使わせてもらえるんです。ここからの風景が僕、大好きなんです。」「そうか。ごめんね邪魔して。」「いいえ」

そうか、夕日と言えば…外に出て正門へと向かった。
「さようなら…」下校して行く生徒たちを見送るようにやさしい夕日の差し込む正門の光景。思い思いに過ごした生徒たちが帰っていく。
落ち着いた校風。静かに流れる時間。心癒される私のお気に入りの風景です。
07:15 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2022/06/25

校長日記No.18(2年生授業参観 個を表現し認め合う)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
(カメラ復活しました。)
今回は、2年生の書道と美術の一コマです。
    
隷書・草書で「一字書」を書く。思い思いに漢字を選び、作品イメージをつくり、工夫しながら表現する。
「どうしてこの字を選んだの?」「集中とか集合とか、一つ一つが違った個性をもったものが集まって一つになる。そのそれぞれ違った個性と集まって一つになった姿を表現したかったんです。細いところや太いところなど、工夫してみたいです。」
イメージどおりに表現できるまで、何枚も何枚も納得いくまで書いていました。

    
こちらは、中庭から始まる美術の「セルフポートレイトをつくる」授業です。
思い思いに自分らしさを表現する自撮り写真を撮影し、ベストショットを選び、なぜこの写真を選んだのか説明を添えてスマホからチームスで投稿します。プロジェクターに一人ずつ投影された写真と理由をみんなで共有しています。このあと、ポートレイトから油絵の自画像制作に進むそうです。楽しみですね。

芸術の手法を学びながら想像力をはたらかせ自分らしさを表現する。ひとつの物差しで他と比較するのではなく、それぞれの物差しで個性を表現し、互いに認め合う。楽しく、真剣で、温かい授業を見させていただきました。
08:20 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2022/06/24

校長日記No.17(木は光、人は言葉を浴びて育つ)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
今週も授業をじっくり見させていただいております。
(カメラの不調で写真データが消えてしまったのは残念ですが)
今日は先生方が授業でおっしゃった何気ない一言で私が名言と感じた言葉の一部を紹介します。

「生物の知識は忘れても思い出せばいい。でも、国語力は一生ものです。私はそれに救われました。」(生物の先生)

「漢字、熟語は概念を表す。語彙をもつことは考える武器になる。」(国語の先生)

「自分なりに表現する。・・・結局は、自己表現。それが芸術です。」(書道の先生)

「答えは確認する前に、自分の頭で予測する。まず考えること、これ大切です。」(英語の先生)

学ばざるもの教えるべからず。初任研の先生に私が言った第一声です。
日々、真理を探究する心を持って、毎日の授業に向き合う先生方からは、おのずと名言が生まれます。こうした、知恵ある言葉を浴びて過ごすことができる、学校とはやはりいいものだと思います。日々是学び、学校って楽しい。
07:48 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2022/06/16

校長日記No.16(午前中休校時の風景)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
   
本日は東武線の事故の影響で、午前中臨時休校になりました。東武線が復旧し、午後は授業再開です。
今は昼、続々と来れなかった生徒が登校してきています。
さて、午後の授業再開までの間、朝から登校できた生徒たちは何をしているのかなぁ?
3年生の教室を覗くと、自学自習する生徒たちの姿。図書館に立ち寄ると、本を借りに来ている生徒もいました。その奥には、勉学に励む姿。寸暇を惜しんで学ぼうとする姿は、見ていて嬉しくなります。
11:00 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2022/06/15

校長日記No.15(読書のすすめ3 県民の日)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

校長室の前に「今日の一言」を毎日掛けてあります。毎朝、その日思いついた言葉を書くことを、5月から朝の習慣に新しく加えました。オリジナルの日もあれば、先哲や有名なアスリートなどの名言をお借りするときもあります。

深い考えもなく、なにげなく始めてしまいましたが、毎日見に来てくれる生徒がいると聞くと、やめられません。というより、頑張ろうと思います。
習慣が人格をつくる。良い習慣は続け、悪い習慣はやめる勇気が大切ですよね。
この習慣のおかげで、朝の読書する時間が長くなってきました。常に学んでいないと、アイデアが枯渇しそうで・・・。

ということで、今日は県民の日だから、「今日の一言」もお休みしようと思ったのですが、思いついてしまいました。習慣とはそうしたものです。
人は、学ぼうという気持ちがあれば、どのようなものからも、人からも、機会からも学べる。生きている限り学びたいという気持ちを持ち続けたい。
「学ぶ心に、休日なし。」です。(今日は保護者面談に来た生徒以外、ほとんど生徒は通らないのですが・・・)
12:14 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
123