お知らせ

2022柏王祭文化の部

 

お知らせ

校 長 挨 拶

 柏中央高校のホームページへお越しいただきまして、ありがとうございます。

令和4年41日付けで、本校校長を拝命しました山崎寛雄です。柏中央高校は、3年前まで教頭として勤務していた学校でもあり、不思議な縁を感じます。

本校は、昭和56年(1981年)の創立以来、『初志貫徹』~ゆっくりと 一歩一歩確実に~を校訓に、41年の歴史を刻んできました。柏市の中心部にありながら、側には手賀沼につながる大堀川が流れ、春には満開の桜並木が並ぶ遊歩道を有し、多くの動植物が集う自然豊かな環境に恵まれた学校です。教頭時代は、緑豊かな自然をフィールドに虫取り網を片手に生物研究に没頭する生徒の姿や、桜並木のもとを楽しく語らいながら登下校する生徒、校舎の窓から見える夕日に映える柏駅周辺のビルの姿を背にして受験勉強に励む生徒など、心温まる光景に心を癒されていました。このように豊かな自然とゆったりとした空気が流れる本校は、落ち着いた校風を伝統とし、現在まで13,809名の卒業生を輩出しています。その間、松ヶ崎・高田地域をはじめとする地域の皆様に支えられ、着実に歩みを進めてきた学校です。

 私は、これから開校以来の校訓『初志貫徹』のもと、前任の島崎校長が思いを託した「文武不岐」の精神を受け継ぎながら、学習はもちろん、探究活動や部活動などに励み、これからの変化の激しい社会にあっても、それぞれの胸に高い「志(こころざし)」を抱き、より良き未来の創造に向かって、挑戦し続けることができる逞しい生徒の育成を目指し、保護者・教職員・地域の皆様の力をお借りして本校発展のために精一杯取り組んでまいりたいと思います。

 

校長日記

校長日記 >> 記事詳細

2022/05/21

校長日記No.11(定期考査前の風景に思う)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
  
中間考査前の放課後の風景です。図書館は勉強をする生徒で満員御礼です。教室に残って自習する姿、お互いに教え合う姿もたくさん見られます。
教科準備室前では、質問に訪れる生徒と、アドバイスする先生の姿。考査前は、こうした姿がぐんと多くなります。
自分で計画を立てて実行する。予定通り進まなかった計画を修正する。自分が学んだこと、理解したこと、わかったつもりで十分理解できていなかったこと、うろ覚えだったこと、繰り返し確認してしっかり自分のものにする。敬遠しがちな苦手な科目にもしっかりと向き合う。計画性、実行力、自己調整力、聴く力、忍耐力…。
時宜を捉え目標をもって取り組むことで身につく力はたくさんあるのだと思います。生徒が学び、学び合い、成長する機会と環境をしっかりと整え、支援できる学校であり続けたいと思います。
05:10 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)