お知らせ

2022柏王祭文化の部

 

お知らせ

校 長 挨 拶

 柏中央高校のホームページへお越しいただきまして、ありがとうございます。

令和4年41日付けで、本校校長を拝命しました山崎寛雄です。柏中央高校は、3年前まで教頭として勤務していた学校でもあり、不思議な縁を感じます。

本校は、昭和56年(1981年)の創立以来、『初志貫徹』~ゆっくりと 一歩一歩確実に~を校訓に、41年の歴史を刻んできました。柏市の中心部にありながら、側には手賀沼につながる大堀川が流れ、春には満開の桜並木が並ぶ遊歩道を有し、多くの動植物が集う自然豊かな環境に恵まれた学校です。教頭時代は、緑豊かな自然をフィールドに虫取り網を片手に生物研究に没頭する生徒の姿や、桜並木のもとを楽しく語らいながら登下校する生徒、校舎の窓から見える夕日に映える柏駅周辺のビルの姿を背にして受験勉強に励む生徒など、心温まる光景に心を癒されていました。このように豊かな自然とゆったりとした空気が流れる本校は、落ち着いた校風を伝統とし、現在まで13,809名の卒業生を輩出しています。その間、松ヶ崎・高田地域をはじめとする地域の皆様に支えられ、着実に歩みを進めてきた学校です。

 私は、これから開校以来の校訓『初志貫徹』のもと、前任の島崎校長が思いを託した「文武不岐」の精神を受け継ぎながら、学習はもちろん、探究活動や部活動などに励み、これからの変化の激しい社会にあっても、それぞれの胸に高い「志(こころざし)」を抱き、より良き未来の創造に向かって、挑戦し続けることができる逞しい生徒の育成を目指し、保護者・教職員・地域の皆様の力をお借りして本校発展のために精一杯取り組んでまいりたいと思います。

 

校長日記

校長日記 >> 記事詳細

2022/09/28

校長日記No.29(美しさの宿るとき)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
   
今朝早く、図書館を訪ねてみました。受験勉強に励む3年生でしょうか、黙々と勉強している中央生の姿がありました。以前、紹介しましたがこの図書館の窓の外には、「青春の詩」という像があります。像はいつもそっと生徒のことを見守るように、祈るように立っています。
今日の校長室前の一言は「君が今までに一番美しいと思ったものは何?」でした。
久しぶりに生徒たちの回答が多く寄せられました。
印象に残った回答は、「青春」「祖父の生き方を語った言葉」「ボランティアに参加したとき」などです。
私の予想では、夕日や星空など、目に見える美しさでしたが、回答の多くは人の「生き方」に関する目には直接見えない「美しさ」に関するものでした。
「美」という漢字は、羊と大から出来ています。「羊」は献(ささげる)ものを指し、かつて、共同体の運命のために命を献(ささげる)という行為が崇高なものとして「大いなる」犠牲であったことから、「美」という漢字には、命を献げるという行為が含意されているのだと思います。何かのために必死に生きる人の姿には「美」が宿ります。

一所懸命に勉学に励む姿、そうした青春の美しさを「青春の詩」像とともに、これからもそっと祈り見守っていたいと思います。
18:01 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)