お知らせ

校 長 挨 拶

 柏中央高校のホームページへお越しいただきまして、ありがとうございます。

令和4年41日付けで、本校校長を拝命しました山崎寛雄です。柏中央高校は、3年前まで教頭として勤務していた学校でもあり、不思議な縁を感じます。

本校は、昭和56年(1981年)の創立以来、『初志貫徹』~ゆっくりと 一歩一歩確実に~を校訓に、41年の歴史を刻んできました。柏市の中心部にありながら、側には手賀沼につながる大堀川が流れ、春には満開の桜並木が並ぶ遊歩道を有し、多くの動植物が集う自然豊かな環境に恵まれた学校です。教頭時代は、緑豊かな自然をフィールドに虫取り網を片手に生物研究に没頭する生徒の姿や、桜並木のもとを楽しく語らいながら登下校する生徒、校舎の窓から見える夕日に映える柏駅周辺のビルの姿を背にして受験勉強に励む生徒など、心温まる光景に心を癒されていました。このように豊かな自然とゆったりとした空気が流れる本校は、落ち着いた校風を伝統とし、現在まで13,809名の卒業生を輩出しています。その間、松ヶ崎・高田地域をはじめとする地域の皆様に支えられ、着実に歩みを進めてきた学校です。

 私は、これから開校以来の校訓『初志貫徹』のもと、前任の島崎校長が思いを託した「文武不岐」の精神を受け継ぎながら、学習はもちろん、探究活動や部活動などに励み、これからの変化の激しい社会にあっても、それぞれの胸に高い「志(こころざし)」を抱き、より良き未来の創造に向かって、挑戦し続けることができる逞しい生徒の育成を目指し、保護者・教職員・地域の皆様の力をお借りして本校発展のために精一杯取り組んでまいりたいと思います。

 

校長日記

校長日記 >> 記事詳細

2022/07/02

校長日記No.19(静かに流れる夕刻のとき)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
      

期末考査前の金曜日、放課後の校舎を巡回してみました。
数学科前の廊下では先生を囲んで問題を解き、教え合う生徒たちの姿。職員室前の廊下では先生と進路相談だろうか、熱心に話す生徒の声。どちらもおなじみの光景です。
図書館は今日も自習生徒で満員御礼。
図書館を出て窓から外を見ると、夕日に映える校舎をバックに生徒のいない中庭。少し寂しそうです。
教室を覗くと机を並べて一緒に勉強している生徒たち。節電のためクーラー使用可の教室に生徒が集まっています。それにしても、静かです。

勉強の気分転換でしょうか、カメラをもって教室から生徒が一人出てきました。窓を開け夕日に映える風景を撮影し始める生徒。
「写真部かい?」「はい。ここは高くて見晴らしがよく、夕日がとっても奇麗なんです。」「いいカメラもってるね」「はい、これ写真部のものです。こんなに良いカメラを使わせてもらえるんです。ここからの風景が僕、大好きなんです。」「そうか。ごめんね邪魔して。」「いいえ」

そうか、夕日と言えば…外に出て正門へと向かった。
「さようなら…」下校して行く生徒たちを見送るようにやさしい夕日の差し込む正門の光景。思い思いに過ごした生徒たちが帰っていく。
落ち着いた校風。静かに流れる時間。心癒される私のお気に入りの風景です。
07:15 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)