お知らせ

2022柏王祭文化の部

 

お知らせ

校 長 挨 拶

 柏中央高校のホームページへお越しいただきまして、ありがとうございます。

令和4年41日付けで、本校校長を拝命しました山崎寛雄です。柏中央高校は、3年前まで教頭として勤務していた学校でもあり、不思議な縁を感じます。

本校は、昭和56年(1981年)の創立以来、『初志貫徹』~ゆっくりと 一歩一歩確実に~を校訓に、41年の歴史を刻んできました。柏市の中心部にありながら、側には手賀沼につながる大堀川が流れ、春には満開の桜並木が並ぶ遊歩道を有し、多くの動植物が集う自然豊かな環境に恵まれた学校です。教頭時代は、緑豊かな自然をフィールドに虫取り網を片手に生物研究に没頭する生徒の姿や、桜並木のもとを楽しく語らいながら登下校する生徒、校舎の窓から見える夕日に映える柏駅周辺のビルの姿を背にして受験勉強に励む生徒など、心温まる光景に心を癒されていました。このように豊かな自然とゆったりとした空気が流れる本校は、落ち着いた校風を伝統とし、現在まで13,809名の卒業生を輩出しています。その間、松ヶ崎・高田地域をはじめとする地域の皆様に支えられ、着実に歩みを進めてきた学校です。

 私は、これから開校以来の校訓『初志貫徹』のもと、前任の島崎校長が思いを託した「文武不岐」の精神を受け継ぎながら、学習はもちろん、探究活動や部活動などに励み、これからの変化の激しい社会にあっても、それぞれの胸に高い「志(こころざし)」を抱き、より良き未来の創造に向かって、挑戦し続けることができる逞しい生徒の育成を目指し、保護者・教職員・地域の皆様の力をお借りして本校発展のために精一杯取り組んでまいりたいと思います。

 

校長日記

校長日記 >> 記事詳細

2022/11/14

校長日記No.32(主体性を引き出す!今日の授業、紹介します。)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
    

今日紹介するのは、1年生の「地理総合」の授業です。

プロジェクターとパソコンを駆使して、実物の写真や動画、地図など分かりやすく印象に残る視聴覚資料をテンポ良く提示しています。
先生の説明は、一方的にならないよう、発問を織り交ぜて生徒が考えたり、前回までの学習内容をもとに知識を活用する場面など工夫がされています。

写真右は、生徒が教科書に書き込んだり、ノートをまとめたりしたものです。

この授業、もっとも感心したのは、生徒全員が授業を主体的に聴き、考え、発言している姿です。先生の発問に、生徒は自発的に発言しています。(それまでに授業で学んだ知識が定着していることがよく分かります。)ノートも板書を写すのではなく、自分で考えながら書いています。

黒板にチョークで板書して、先生が話す、といった昔からよく見られる受け身の授業スタイルではなく、50分間の授業で板書は基本なく、問いと答え、理由といったことが頭の中で繰り返され、知識が自分の中で構造化されていくイメージです。
生徒は各自で工夫しながら教科書にマーカーしたり、書き込んだり、プリントの広い余白に要点をまとめたりしています。
板書したのは唯一「ダイヤモンドはなぜ高価なのか?」といった発問に対する生徒の考えを書き出して行き、みなで協働して考えを進めるための板書です。

教える授業から、考え、学び方を学ぶ授業へ
教師が主役から生徒が主役へ、確実に授業は進化をしています。
写真右は、生徒が自分でまとめているノートです。

今日の単元は「アフリカ」でした。植民地支配の歴史を軸に、アフリカ諸国の産業や地理的特徴を学びます。私は個人的に、南アフリカのアパルトヘイト体制を終わらせたマンデラ大統領の名言「私は決して負けない。勝つか学ぶかだ。」を紹介したところで授業者が語った次の言葉が印象的でした。

「いっぱい挑戦して、いっぱい負けてください。肝心なときに勝てばいいんです。」
12:30 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)