お知らせ

2022柏王祭文化の部

 

お知らせ

校 長 挨 拶

 柏中央高校のホームページへお越しいただきまして、ありがとうございます。

令和4年41日付けで、本校校長を拝命しました山崎寛雄です。柏中央高校は、3年前まで教頭として勤務していた学校でもあり、不思議な縁を感じます。

本校は、昭和56年(1981年)の創立以来、『初志貫徹』~ゆっくりと 一歩一歩確実に~を校訓に、41年の歴史を刻んできました。柏市の中心部にありながら、側には手賀沼につながる大堀川が流れ、春には満開の桜並木が並ぶ遊歩道を有し、多くの動植物が集う自然豊かな環境に恵まれた学校です。教頭時代は、緑豊かな自然をフィールドに虫取り網を片手に生物研究に没頭する生徒の姿や、桜並木のもとを楽しく語らいながら登下校する生徒、校舎の窓から見える夕日に映える柏駅周辺のビルの姿を背にして受験勉強に励む生徒など、心温まる光景に心を癒されていました。このように豊かな自然とゆったりとした空気が流れる本校は、落ち着いた校風を伝統とし、現在まで13,809名の卒業生を輩出しています。その間、松ヶ崎・高田地域をはじめとする地域の皆様に支えられ、着実に歩みを進めてきた学校です。

 私は、これから開校以来の校訓『初志貫徹』のもと、前任の島崎校長が思いを託した「文武不岐」の精神を受け継ぎながら、学習はもちろん、探究活動や部活動などに励み、これからの変化の激しい社会にあっても、それぞれの胸に高い「志(こころざし)」を抱き、より良き未来の創造に向かって、挑戦し続けることができる逞しい生徒の育成を目指し、保護者・教職員・地域の皆様の力をお借りして本校発展のために精一杯取り組んでまいりたいと思います。

 

校長日記

校長日記 >> 記事詳細

2022/08/04

校長日記No.24(総文祭2022 現場でしか感じられない緊張感)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
  
(なんだ? 誰も写ってないじゃないか。と思われるかもしれませんが。)
昨日、文化系部活動の甲子園とも言われる「全国そうぶん祭」に出場した放送部の「朗読」部門の応援に行ってきました。これは、会場入口と実際に熱戦が繰り広げられたホールです。・・・このあと、全国から集まってきた高校生たちが一人2分以内で次々に朗読をしたのですが、あまりの張り詰めた空気の中、シャッター音がしたらどうしようと心配するあまり撮影できませんでした(撮影禁止とは言われず、隣の観客席で高校生が撮影してましたが・・・)
各地区を勝ち抜いてきた猛者たちのガチンコ勝負です。どの生徒もすごく上手で、レベルが高い。そのような中で、本校の3年生も、今までで一番良いできだった(顧問談)パフォーマンスを披露してくれました。審査結果はまだ私は知りませんが、良い結果が出ると期待しております。
結果はさておき、実際に観戦させていただいて、ど素人の私は勝手にその世界の深さに感心させられてしまいました。2分以内で聴く人の心を揺さぶる朗読、どの作家のどの作品のどの部分を切り取って読むのか、その選択から戦いが始まっているのだと感じました。声のトーン、質、速さ、起伏、声の個性や特性を生かせるものであったり、表現したり伝えたりしたいものによっても変わってくるのだろうと思いました。そして、練習の差ももちろん出ます。
本校の生徒が朗読したものは、様々な感情を表す感嘆詞が多数、それも連続して出てくるところがあり、それだけに難しいのではないかと思いました。(素人の勝手な感想なので、後ほど顧問の先生にいろいろ教わりたいと思います。)
張り詰めた空気の中、一人ひとりの思いあふれる熱い戦いを聴かせていただき、真剣勝負のすがすがしさを感じ、幸せな気持ちになりました。ありがとうございました。
15:06 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)