校長日記

校長日記R6 No.7(一心に咲く)

    

半年ごとに行われる正門前の植栽。昨日もまた流山高等学園の園芸コース1年生の皆さんが実習の一環として本校の正門前花壇に植栽を行ってくれました。

昨日は照り付ける太陽の日差しが熱く、大変な作業だったと思います。脇に置かれた水筒の水を補給しながら、流れる汗をぬぐい、一所懸命に自分たちが育てた花の苗をきれいに植えてくれました。

本校を代表してお礼を述べた私に、代表生徒の返してくれた言葉に感動しました。

「千葉県立柏中央高等学校の皆さんがこの花を見て笑顔になってくれることを願って一所懸命に植えました。」

働くことを学ぶ流山高等学園の生徒のみなさんの、笑顔のために一心に働く心、この言葉に込められた思いがこの花壇を見るたびに私の心を温め、癒してくれると思います。

ありがとう。ただ一心に咲く花を皆の幸福を願う皆さんの心とともに、大切にしたいと思います。