校長日記

校長日記R6 No.1(ウェルビーイングを目指して)

  

 

4月2日、すっきりしない天候が続く今週でしたが、この日は日差しが見られました。正門前で写真を撮っているところに通りかかったおそらく近隣のご夫婦らしき方に声をかけていただきました。

「きれいに咲いていますね。」

「はい、ありがとうございます。この花は園芸の勉強をしている特別支援学校流山高等学園の生徒の皆さんが育ててくれたものなのですよ。半年に一回植栽に来てくれるのですが、ちゃんときれいに咲くように考えられているのですね。」

「手をかければ応えてくれるんですね」

(教育も園芸も同じですね…)「はい、ありがとうございます」

4月1日に新着任の先生方を迎え、明後日の始業式・明々後日の入学式、そして新年度の授業等の準備をする先生方。真剣な表情の中にも互いにジョークを交えた声の掛け合いに笑みがこぼれています。4日に開かれた第1回職員会議で、今年度の重点目標を共有しました。今年度のキーワードは「夢中になれる学びの創造」です。新たな目標に向けて準備する中、正門の花々も生徒たちの元気な登校を待ちわびるかのように咲き誇っています。