科学部紹介
2021/02/16

科学部紹介

| by 教諭理科208
◇科学部◇
1.活動日
 平日 16:00~18:00  土曜日 9:00~13:00

2.目標
 千葉大学主催高校生理科研究発表会 入賞
 千葉県高文連主催科学研究発表会  全国大会出場 
 日本学生科学賞 入賞

3.活動内容
・各自でテーマを設定し、発表会に向けて研究を行っています。
・物・化・生・地どの分野でも興味をもったことに取り組んでいます。
・生物飼育とビオトープ管理をしています。。
・本校近くの大堀川周辺での自然観察や生物調査をしています。
・長期休暇を利用して校外で観察会などを行います。
・地域との交流を大切にしています。

4.メッセージ
・和気あいあいで皆で楽しく活動しています。カメやウーパールーパーが可愛いです。

  
井戸のあるビオトープの管理をしながら生物観察。   勝浦の海での観察会
  
楽しい実験をやります。     手作り綿飴     秋には研究発表をします。
                                                                                                                                                                       
[松ヶ崎・大堀川のいきものガイド]
・令和3年度に「千葉県環境教育モデル校事業」の指定を受け、学校周辺の自然と生物を対象にした「松ヶ崎・大堀川のいきものガイド」(A5版 オールカラー)を作成しました。
 
  

 読売新聞 2022年5月16日 朝刊

5. 
研究発表に関するもの

2017(H29

  全国高等学校総文祭(宮城大会)出場 生物部門最優秀賞

  千葉大学高校生理科研究発表会(3テーマ発表・優秀賞1

  高文連主催科学研究発表会(3テーマ発表)

2018(H30

  千葉大学高校生理科研究発表会(4テーマ発表・優秀賞1

  高文連主催科学研究発表会(2テーマ発表)研究奨励賞

  千葉県児童生徒生物研究発表大会(1テーマ発表) 

2019(H31・R1)

  千葉大学高校生理科研究発表会(7テーマ発表・優秀賞2

  聖徳大学高校生の体験発表会(聖徳大学栄養学部長賞)

  ジャパン・バードフェスティバル(1テーマ発表)

  高文連主催科学研究発表会(5テーマ発表)研究奨励賞

  千葉県児童生徒生物研究発表大会(2テーマ発表)

  生物系部活動交流会で活動紹介(佐倉高校)
2020(R2)
  千葉県児童生徒生物研究発表大会(1テーマ発表)
  千葉大学高校生理科研究発表会(2テーマ発表)
       高文連主催科学研究発表会(2テーマ発表)研究奨励賞
   ※物理部門で全国高等学校総文祭(和歌山大会)の県代表に決定
2021(R3)
  全国高等学校総文祭(和歌山大会)出場 物理部門
  千葉大学高校生理科研究発表会(1テーマ発表)双葉電子記念財団研究奨励賞
  聖徳大学高校生の体験発表会(松戸商工会議所会頭賞
       千葉県児童生徒生物研究発表大会(1テーマ発表)
 
        高文連主催科学研究発表会(1テーマ発表)
2022(R4)
  千葉大学高校生理科研究発表会(4テーマ発表)
  
聖徳大学高校生の体験発表会(松戸商工会議所会頭賞
  ジャパンバードフェスティバル環境学会(高校生部門:最優秀賞)
       
高文連主催科学研究発表会(4テーマ発表)

6
 卒業生の進学先(過去3年間、主なもの)
  東京理科大学 國學院大学 東邦大学 東京農業大学 日本大学 
  芝浦工業大学 琉球大学 

07:31

日誌

科学部日誌
12345
2022/11/25

科学部 高文連主催科学研究発表会

| by 教諭理科205
11月12日(土),高文連主催科学研究発表会に参加してきました。
科学部では化学,生物,地学部門で発表をしました。

・ 時間経過による尿書結晶析出量の変化      2年 若木
・ 周囲の環境による改良メダカの体色の変化    2年 平山・南幅
・ 松ヶ崎城跡における極相樹種の分布の違い    2年 諸持
・ 千葉県の海岸砂に含まれる磁性鉱物の組成と特徴 2年 小川

修学旅行翌日という厳しい日程での参加となりましたが,練習の成果を十分に発揮していました。
  
 



そして秋の発表シーズンが終わり,先週は久しぶりにじっくり大堀川や松ヶ崎城跡を散策しました。
季節はどんどん進み,もうすぐ冬です。
  
  

07:30
2022/11/07

聖徳大学高校生の体験発表会・JBF2022環境学会

| by 教諭理科205
秋は科学部にとって発表会の季節です。
11月の最初の土日に発表会に参加してきました。

・聖徳大学主催高校生の体験発表会(11月5日)
松戸市にある聖徳大学での発表会に1年生(小松,赤木,金井)が「大堀川の生き物と科学部の活動」というタイトルで発表をしました。
1年生にとっては初めての発表の場でしたが,練習の成果を十分に発揮していました。
そして,昨年度に引き続き今年も松戸商工会議所会頭賞を受賞することができました。
これからの活動にも弾みがついたのではないかと思います。
 

・ジャパンバードフェスティバル2022環境学会(11月6日)
3年ぶりに開催され,我孫子市のアビスタで発表会が行われました。
こちらは昨年度部長(池田)と今年度部長(若木)が「「松ヶ崎・大堀川のいきものガイド」の製作」というタイトルで,
昨年度科学部で作成したガイドブックについての発表をしました。
これまでの経験を活かした丁寧な発表・質疑応答ができ,結果として最優秀賞を受賞しました。
また,この日はガイドブックの製作に携わった科学部OB・OGも発表を見に来てくれました。
 

いずれの発表会もオンラインではなく対面での実施だったため,他校の発表や取り組みも非常に参考になりました。
引き続き,楽しみながら活動を続けていきたいと思います。
08:15
2022/10/03

科学部 大堀川生物相調査

| by 教諭理科205
天気にも恵まれた10月1日,大堀川生物相調査を行いました。
例年は夏前に行っていましたが,今回初めて秋口に実施しました。

リヤカーをひいて大堀川へ
  
  

  
 アメリカザリガニ      カマツカ      ハゼの仲間
  
    コムラサキ     イチモンジセセリ      ナツアカネ

部員たちは網を片手に時間を忘れて調査に熱中。
植物や虫だけでなく魚やエビなど様々な川の生物をたくさん観察し,
改めて大堀川の自然の豊かさを実感することができました。
07:29
2022/09/26

科学部 千葉大学主催高校生理科研究発表会

| by 教諭理科205
9月24日(土),千葉大学主催第16回高校生理科研究発表会に参加してきました。
ここ数年はオンライン発表のみでしたが,今年は口頭発表も同時に行われました。
3年ぶりの現地開催です。

科学部では4テーマを発表しました。
・ 時間経過による尿書結晶析出量の変化      2年 若木
・ 周囲の環境による改良メダカの体色の変化    2年 平山・南幅
・ 松ヶ崎城跡における極相樹種の分布の違い    2年 諸持
・ 千葉県の海岸砂に含まれる磁性鉱物の組成と特徴 2年 小川

人前で初めて発表する部員がほとんどの中,
みんな落ち着いて堂々と発表および質疑応答をしていました。
  
 
 
07:23
2022/09/12

柏王祭(科学部)

| by 教諭理科208
科学部 柏王祭 9月9日(金)校内、10日(土)限定(保護者等のみ)
 今年の文化祭も制限がある中での開催でしたが、3年前のような雰囲気で実施することができました。科学部では、恒例の瞬冷アイスの他、メダカすくい、スライム作り、物品販売(DNAストラップ、クラックビー玉、葉脈標本のしおり)を行い、多くの方が訪れてくれました。皆様に感謝申し上げます。放課後は、残ったドライアイスを使ってイチゴミルクでシャーベット作りをしました。
  
  
  
15:11
2022/08/08

科学部 校外観察会

| by 教諭理科205

8月5日(金),毎年恒例の校外観察会を行いました。
今年は館山市にある沖ノ島です。
  
沖ノ島は陸繋島で,砂浜を歩いて行くことができます。
また,その近くには高ノ島(鷹ノ島)という小さな島もありますが,
こちらも今は陸地とつながっています。
  
  高ノ島(鷹ノ島)               右奥が沖ノ島
沖ノ島は1周約1km程の小さな島ですが,地層や砂浜,磯など様々な景観があり,
また,多くの生き物にも出会うことができました。
   
  隆起して現れた地層      洞窟              磯
  
  オオヘビガイ       カサゴ       イワガニ
  
    トビ        ハマゴウ      ハマナタマメ
天候にも恵まれ,充実した1日を過ごせました。
15:30
2022/07/29

科学部 夏休み子ども教室

| by 教諭理科208
夏休み子ども教室
7月28日(木)柏市中央公民館 講堂

 今年も科学部は、恒例の「柏市夏休み子ども教室」に参加し、小学生向けの「面白科学実験」を行ないました。第Ⅰ部は顧問の坂下先生による「空気ってすごいね」の実験です。空気は目に見えないけど、先生から次々と出される質問と、予想に反する実験結果に小学生達はわくわくどきどき。いつのまにか空気が粒(分子)からできていることを知り、空気のすごさと面白さに魅了されたようです。第Ⅱ部の「色の変化を楽しもう」では、部長の若木君が進行し、部員全員で各班の実験をサポートしました。青・白・赤の液体を試験管に入れ、フランスの国旗のような配色。混ざる液体と混ざらない液体の秘密を小学生は見事に解き明かしてくれます。ムラサキキャベツの抽出液を使った酸性やアルカリ性の実験によるカラフルな色水。温度で色が変わる溶液や炎色反応など、さまざまな発色と色の変化の実験を楽しんでもらえました。
  
  
  
  
19:49
2022/07/22

科学部 ホタルの観察会

| by 教諭理科205
1学期の終業式後,我孫子市谷津ミュージアムにて毎年恒例のホタルの観察会を行いました。
  
暗くなるとホタルが光りながらゆっくりと飛び始めて,
少しだけ周りを照らしてくれるようになります。
  
外灯もなく虫やカエルの鳴き声だけが響き渡る中でホタルを見るという
普段はなかなかできない経験をすることができました。
13:55
2022/06/18

科学部 日常活動

| by 教諭理科205
2年生は秋の研究発表に向けて日々実験・調査を行っています。
         
実験データを整理をしたり…  実験したり…         調査結果を比べたり…
   
研究の方向性を考えたり…  1年生は大堀川で魚釣り

部員だけではなく,生物室のカメの動きも活発です。


みんな積極的に活動しています。
15:11
2022/05/28

科学部 ビオトープ除草作業

| by 教諭理科205
中間テストも終わり部活動が再開した本日,ビオトープ周りの除草作業を行いました。

こちらは除草前のビオトープです。
部員たちがテスト勉強に励んでいた間も植物たちはどんどん成長していき,
ビオトープが隠れてしまう位にヨシなどが生い茂っています。
  
途中でテントウムシやザリガニなどを発見・観察しつつ,
部員たちは鎌を片手にどんどん草刈りをしていきます。
また,本日は科学部OBの方も一緒に除草作業をしてくれました。
 
1時間ほどで除草作業は終了し,ビオトープがハッキリと見えるようになりました。
引き続き様々な生き物の観察を行っていきたいと思います。




14:48
12345