検索

メニュー

ケンカシNEWS学校案内学校生活
学校行事部活動紹介理数科SSH関連
生徒・保護者・卒業生の皆様へ地域の皆様へ中学生の皆さんへ学校評価規約等転・編入学について

修学旅行

修学旅行 >> 記事詳細

2020/01/12

修学旅行(令和元年度)

| by 校長
<職員アンケート結果>
(平和学習)
・資料館で,生徒は皆,真剣にみていたのでよかった。
・大変だったが,初日の緊張感のあるときに,きちんとした平和学習ができてよかった。
・ひめゆり資料館あたりは,もう少し時間をとってもよかったか。
・生徒の「もっとじっくりと見学したかった」という声もあった。
・ひめゆりか,平和祈念公園のどちらかだけでもよかったかもしれない。
・事前学習がもう少しあった方が,平和学習が深まったと思う。
(入壕体験)
・ガマを見学させたのはよかった。きちんと向き合えたと思う。事前学習の映画も現在進行形の形で考えさせていたのでよかった。
・沖縄でしかできないことなので,よかったと思う。
・平和学習,体験学習としてはよいと思うが,生徒の体力面・精神面から,もう少し短くてもよかったかもしれない。

・・・・・2019年1月4日付け「校長日誌」
 修学旅行を振り返ります。
<修学旅行アンケート結果>
(平和学習についての感想)

(生徒の感想)
・平和学習の内容が重すぎて,精神的にも肉体的にもハードだった。
・タクシー研修と民泊体験が,思ったより楽しかった。
・リバートレッキングの水が冷たかった。
・1日目が精神的に最も重く,だんだんと軽くなっていく日程だったので,ありがたかった。
 沖縄修学旅行を振り返っています。

・・・・・2019年1月5日付け「校長日誌」
 街歩きの達人・タモリさんが“ブラブラ”歩きながら,街の歴史や地形の謎に迫る『ブラタモリ』と,笑福亭鶴瓶さんが“ぶっつけ本番”の旅で家族の絆の大切さを再確認する『鶴瓶の家族に乾杯』。正月恒例となった,2つの番組(NHK)のコラボも今回で5回目となったようです。今回は沖縄を舞台に,「沖縄の神髄は“日の出”にあり!?」というテーマの謎を解き明かすために沖縄の地質や歴史にこだわって東へと向かうタモリさんと,ステキな家族との出会いを求めて旅をする鶴瓶さんの姿が映し出されていました。旅のスタートが沖縄都市モノレール線「ゆいレール」で,思わず見入ってしまいました。とても興味深い内容でしたね。 

<修学旅行アンケート結果>
(入壕体験についての感想)

(生徒の感想)
・平和学習のひめゆり祈念館や体験学習の美ら海水族館の見学時間が短く感じられた。
・民泊がとても楽しく,時間が足りないと思った。
・予想より,よいホテルで驚いた。
・平和学習の時間が少し短かった。民泊,体験学習はすごく楽しかった。

13:22