検索

メニュー

ケンカシNEWS学校案内学校生活
学校行事部活動紹介理数科SSH関連
生徒・保護者・卒業生の皆様へ地域の皆様へ中学生の皆さんへ学校評価規約等転・編入学について

柏葉探究セミナー

柏葉探究セミナー >> 記事詳細

2019/11/21

柏葉探究セミナー

| by 校長
 明日,「柏葉探究セミナー」が行われます。
 ケンカシOB・OGが語ってくれる,今年度のテーマおよび話の内容は次のとおりです。
(その1)

1土地家屋調査士って何をする人 
 職業には色々な職業がありますが,そんな中で世の中には〇〇士と「士」がつく資格業があります。皆さんが知っている中では弁護士が一番身近な士業かと思います。私の職業は「土地家屋調査士」いう職業で弁護士と同じ法務省が監督省庁です。仕事の内容は,土地と建物の登記をする事と境界について調査し測量をすること,それから土地の境界紛争について解決する事が主な仕事となります。士業は自分が実務者でもあり経営者でもあります。士業という職業について(特に土地家屋調査士について)皆さんにご紹介したいと思います。

2航空機・ロケット等の製造現場からの メッセージ
・「ヒューマンエラー(人的過誤)」って聞いたことがありますか?
・身近なヒューマンエラー(思い込みや,勘違いから)
・ヒューマンエラーを減らすために

3地元で会社創立・副業で歴史研究家~将来の見え ない高校時代にすることは何か
 私は高校時代,何をすべきかが見えなかった。芸能活動,自動車販売,市民活動や市政参画,観光商工業振興など様々な場面で,影響を与え成果を残せた。興味の無い新選組の新史実発見で研究作家にもなった。夢を叶えた成功者ではないが不幸ではない。次々と新たな活動に関わり,結果を残せた理由は何か。その源は高校時代にもあった。夢とは何か,歴史学習がなぜ大切なのか。創業希望や作家志望はもちろん,何をしたいか分からない後輩たちと,今すべきことを共に考えたい。

4「国語」じゃなくて、 私「日本語」教えてます!
 私は「日本語」教師です。「国語」ではなく「日本語」を教えています。
・「国語」と「日本語」って違うの?
・日本語教師なら英語はペラペラ?
・日本人だから日本語を教えるのは簡単?
 私たちの誰にとっても身近な日本語ですが,あまり知られていない「日本語教師」という仕事を,実際のエピソード等を交えてご紹介します。

5人生を楽しく生きるコツ-ロボットと人工知能は人の仕事を奪うのか?
 高校時代,音楽関係のエンジニアになりたかった私が,なぜ出版社勤務の道を選んだのか。また,出版社を辞めて,大学に転職することになったのはなぜか。すべては楽しそうな進路を追い求めた結果です。また,皆さんの進路選択の参考として,ロボットと人工知能の現状・未来に言及し,これらが人の仕事を奪うのかどうかについて私の考えを述べます。

6幼稚園と保育園のいいトコ取り・認定こども園のお仕事
 みなさんは十数年前,幼稚園か保育園に通っていましたよね?幼稚園出身が若干多い世代でしょうか?でも幼稚園と保育園の違いってわかりますか?さらに平成27年度から新たに「認定こども園制度」が始まりました。今回はそれぞれの園の違いや,今の日本では数少ない成長分野である保育業界についてお話ししたいと思います。保育者を目指す方だけでなく将来,親になるであろう全てのみなさんに聞いていただきたいセミナーです。

7信じるな!疑え!そこに真実と向き合う自由な君がいる
 自分らしい好きな道を自由に進む。自分が選んだ道だから頑張る,頑張れる。でも自分の望む道を自由に生きる為には,それと対峙する常識や権威,現実の壁を批判吟味することが必要です。唯々,己の理性と良心にのみ従い目の前の真実と向き合い自分の道を考える,それが好きな道を自由に生きるということであり,実はそれが学問的態度,即ち勉強するということなのです。

8“興味”から”Work”につなげる ~micro:bitを触って”興味”の体験をしよう!~
 収入を得て生活をするための仕事は“Job”(職業)であり,私の“Job”は半導体集積回路の製品開発です。私にとて“Job”は“Work”の一部でしかなく,私が興味をもったことを深掘りすることでいろいろな“Work”をしています。まず“興味”を持つことが大切で,講義では小さなコンピュータ「micro:bit」を触って“興味”の体験をします。そして,“興味”から“Work”へ,AIやIoTなどの技術で世の中が大きく変化する時代に生きてゆくためのお話しをします。

9「百姓=マルチな人」を目指して
 表題は,2013年夏,当時41歳の私が出会った上司の名言からの引用です。高校時代もその先も今も,将来像や夢とか,ちゃんと持ってません。人生は何でもあり。なるようになるし,ならないようにはならない。そう思ってます。毎日を「つなぐ,回す,流す」で生きる。名前の一字「美」も意識してます。
 シンギュラリティーに向き合う策は「手間ひま」だと信じています。神様と自然の隣で暮らすあり方,そんなお話をします。

10輸入で起業!ナースとダブルワーク中! ~マルタ大統領と首相に謁見しちゃった珍道中~
 短大卒業後ナースになる。阪神大震災時に救護ボランティアに行き地獄絵図を見て『やらないで後悔するよりやって後悔した方がマシ』という人生観が確立。その後,ツアーコンダクター,キャリアコンサルタントに転職。7年前,偶然TVで観たマルタガラスに惹かれ起業を決意。産経新聞に掲載され,マルタ共和国大統領や首相に謁見する機会をいただく。

14:49