学校生活

スケアードストレイト自転車交通安全教室

 5月18日(木)、1、3年生対象に「スケアードストレイト自転車交通安全教室」が行われました。

 「スタントマンのリアルな交通事故再現により、その危険性を疑似体験させることで、交通安全意識の向上を図るとともに、交通ルールと交通マナーの浸透を図り、自転車の交通事故の抑止に資する」ことを目的としています。

 開会式の後、スタントマンによる命がけの交通事故再現が始まりました。自転車の危険な走行(イヤホンをしたりスマホをいじりながらの走行、並列走行、蛇行走行、右側走行など)による事故再現、トラックの内輪差による事故再現など、息をのむ場面が続きました。

 また、ヘルメットを着用する際、あご紐をしっかり結ぶ必要性など、つい忘れがちなことにも触れていただきました。命を守る行動のポイントをしっかり学ぶことができました。

 生徒の皆さんには、さらなる交通ルールと交通マナーの向上、思いやりのある運転をお願いします。










 << 交通事故を目撃したらどうしますか? >>    << 見通しの悪い交差点での事故再現 >>










     << 内輪差による事故再現 >>     << 内輪差事故を防ぐポイントを答えました >>