学校生活

学校生活

地理総合 ICTを活用した授業

 2月初旬、第1学年の「地理総合」の授業でフィールドワークを行いました。学校周辺の地形図を見ながら、実際の地形や土地利用の状況を観察しました。

 現在は、地理データ(国土地理院提供)を活用して、成り立ちや土地利用の特色を考察しています。ICT機器を効果的に活用して議論する授業を展開しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こども食堂ボランティア

 2月17日(土)、こども食堂ボランティアに生徒が参加しました。

 15日(木)に説明会が行われ、食物・栄養系や福祉・教育系を目指す生徒を主な対象とし、多くの生徒が集まりました。富勢地区民生委員・開かれた学校づくり委員の受川さんから布施近隣センターでのこども食堂についてのご説明をいただき、本日から数回に分かれこども食堂ボランティアに生徒が参加します。

 本日参加した生徒は、「こども食堂はらぺこさん」のスタッフの方々から豚汁やおにぎりの作り方等を教えていただきながら、子供から大人まで幅広い方々との会話を交え楽しそうに取り組んでいました。様々な人とのつながりや地域の活動を理解し、今後の進路や人生にも生かして欲しいと思います。

第2学年進路説明会

 2月5日(月)、7限の時間を使って第2学年の進路説明会が行われました。

 最終学年まであと2か月となった今、今年度実施された共通テストや次年度の情報Ⅰのテストを踏まえ、進路実現に向けたより詳しい内容について進路指導部長から説明がありました。今回は寒さにより当初予定していた体育館での説明を、Teamsを使ったリモートにて実施しました。生徒の皆さんは、黒板のスクリーンに映し出された資料や放送を真剣に聞いていました。

第53回 ロードレース大会

 

 2月2日(金)、第53回ロードレース大会が柏の葉公園 陸上競技場と公園内で行われました。

 開会式の後、生徒の皆さんは、各自で入念にウオームアップをし、真剣にレースに臨みました。大きな怪我や事故など無く、素晴らしい大会となりました。

 体育委員や生活委員、美化委員、補助生徒(3年生の有志を含む)の皆さん、お疲れ様でした。

 また、体育科の先生方を始め、各方面でご協力くださった方々に感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  << クラス毎に観客席に集合しました >>        << 開会式 校長先生の挨拶 >>         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   << 代表生徒による選手宣誓 >>        << 女子の走行 公園内を5km走ります >>  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       << 男子のスタート >>         << 女子個人10位までの入賞者 >>     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    << 男子個人10位までの入賞者 >>         << 女子団体3位までのクラス >>     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     << 男子団体3位までのクラス >>        << 総合3位までのクラス >>     

 

TOEIC Listening & Reading Test

 2月2日(金)、3年生を対象に学校でTOEICテストが行われました。
 本校では、多くの大学で入学後のプレイスメントテストとして利用され、就職活動にも有効性の高いTOEIC Listening & Reading Testを大学入学前に実施し、生徒の進学後の英語学習にも生かすため、毎年この時期に希望者でTOEICテストを行っております。
 今年度も3年生18名が受験しました。リスニング45分、リーディング75分と日頃のテストとはちょっと違ったところもありますが、受験した生徒は集中して問題に取り組んでいました。高得点を祈っております。

教室ワックスがけ

 1月29日(月)、今年もクリーンメイトセンター県プラから8名が来校し、教室のワックスがけが始まっています。

 3年生が自宅学習に入っている現在、3年生がきれいな教室で卒業式を迎えられるよう、本日も作業をしていただいております。長い間床に付着したワックスなどを剥離剤や工具等で剥がし、きれいに拭き取り丁寧にワックスをかけていました。ワックスを乾燥させ、出来上がった教室は光を反射し見違えるようになっていました。ありがとうございました。作業いただいたクリーンメイトセンター県プラの皆さんに感謝したいと思います。

 

ふるさと座談会参加

 1月27日(土)、午後の時間で生徒会役員4名が柏市長とのふるさと座談会~かずミーティング~に参加してきました。

 今回、富勢地区ふるさと協議会より、柏市長とのふるさと座談会への参加依頼があり、生徒会長はじめ4名が参加しました。太田市長からの挨拶、富勢地域ふるさと協議会 涌井会長からの富勢地域の紹介の後、7つの団体から要望等の発言がありました。本校からは、北柏駅前駐輪場の確保や県道への信号機の設置、学校内でのドコモ回線の通信状況の改善について、安全や防災を踏まえて市長へ明瞭に要望を伝えました。また、生徒会長から地域の方へ、日頃の登下校の見守りやご理解等、お礼の言葉を伝え、市長からも生徒会長の発言に対しお褒めのお言葉をいただきました。要望については、市の方でも関係部署等へ指示・要望等を出して進めてくださるとのお返事をいただきました。

 生徒会の皆さんも今回の座談会をとおして、社会とのつながりの中で良い経験ができたと思います。これからも地域の学校として参画意識をもち発信して欲しいと思います。

研究授業

 1月26日(金)、1年2組3限、現代の国語の授業で、2年目教諭による研究授業が行われました。

 「『文化』としての科学」の単元の最後の時間を使い、「科学」と「技術」とどのように付き合っていくべきか、今までの授業の内容を踏まえてグループで意見を出し合いました。入力フォームを使い各グループからの意見を提示しながら考えを共有していました。生徒は積極的に考え、様々な意見が出されました。これからも学習をとおし身近なものに考えを深めて欲しと思います。

交通安全指導

 1月17日(水)、今年度最後の登校時の交通安全指導が行われました。

 本日は最終日となり、PTA、サポーター、職員以外に、生活委員会からのマナーアップ隊や柏市役所、柏警察署の方々も参加して行われました。生活委員の皆さんも、PTAやサポーター、職員と一緒に、挨拶や徐行の呼びかけを熱心に行っていました。柏警察署の方からは、道路を横断する際に車が止まっている場合でも、必ず左右の確認をして横断することや一時停止など、現場で直接ご指導いただきました。柏市役所の方からは、ヘルメットの着用を呼びかける案内をいただきました。

 登下校時は、坂道や狭い道、車の往来の激しい道等、危険性の高い場所も多くあります。事故をして後悔しないよう、登校指導がないときでも交通安全を第一に、ルールやマナーを守って、余裕をもった登下校を心掛けましょう。これからの時期は特に、路面凍結や積雪等もありますので、さらに気を付けてください。

交通安全指導

 1月12日(金)、本日から17日(水)までの登校時の交通安全指導が始まりました。

 PTA交通安全対策委員会やサポーター、職員、17日は生徒会生活委員会もいっしょに、並列進行や右側通行の禁止、徐行や交通マナーを守った安全運転の呼びかけを行います。これからの時期は積雪や路面凍結の可能性も高くなり、登下校での危険性が増していきます。交通事故は、被害者になっても加害者になっても良いことはありません。事故を自分事と捉え、交通ルールや交通マナー、譲り合いの心を持ち、時間には余裕をもって登下校するようにしましょう。

第3学期始業式

 1月9日(火)、第3学期始業式が体育館で行われました。

 開式の辞、校歌斉唱の後、校長式辞と続きました。始業式の後には賞状伝達式が行われ、バドミントン部の表彰がありました。

 式辞では、年始に発生した震災へのお見舞いや現地で対応している方々への感謝の気持ちが述べられました。報道されたSNSの話題に関し、情報モラルや情報活用についてもお話がありました。また、3学期はまとめの時期であることから、教育方針や教育目標に触れ、生徒皆さんの飛躍を祈念したお話で締めくくられました。

大学入学共通テスト・シミュレーション その2

 1月4日(木)、12月の1回目に続き、大学入学共通テスト・シミュレーションの2回目を実施ました。

 共通テスト本番まで10日あまりとなり、年明け早々ですが約40名の生徒が本番の日程と同じ時間で各科目の試験に臨みました。明日も同じ日程で各科目(理系科目中心)の試験があります。試験当日までの貴重な時間を計画的に使い、ベストな状態で迎えられるよう準備をして欲しいと思います。頑張ってください。

第2学期終業式・表彰式・生徒指導部長講話

 12月22日(金)、第2学期終業式が行われました。開式の辞、校歌斉唱の後、校長先生が式辞を述べられました。今学期の始業式でもお話しされた「見えない学力」について再び触れられました。

 2学期は、文化祭や体育祭など、学校行事が多くありました。また、久しぶりに、地域の方との合同防災訓練も復活しました。毎年、同窓生の方々にご尽力いただいている「柏葉探究セミナー」など、実際に社会や仕事の様子を教えていただく機会もありました。

 これらの貴重な体験を積むことにより、「見えない学力、すなわち、課題を見つけ、問題解決に向けて企画・運営し、他者とコミュニケーションを図りながら、根気よくやり遂げる力は培われる」とのお話でした。

 また、冬季休業中は、日本の文化や地域行事などに触れる機会が増えます。様々な価値観を知ることで、これからも人権を意識した行動がとれるようにしてほしいと話されました。

 最後に、受験本番を控えた3年生にエールを送られて式辞を締めくくられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

また、終業式に先立ち、表彰式も行われました。表彰された皆さんは、以下のとおりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【第14回 東京理科大学 坊ちゃん科学賞研究論文コンテスト】
・入賞
葛西 さん
「ムカデ型多脚ロボットに用いる受動変脚の開発とテスト」
 今田(こんだ)さん、近藤 さん
「LM ペクチン凝固剤としてのマグネシウム化合物の実用性」
・佳作
足立さん、上原さん
「放物面による指向性スピーカーの作製と評価」

【令和5年度 千葉県児童生徒・教職員科学作品展】
・千葉市教育長賞
今田さん、近藤さん
「LM ペクチン凝固剤としてのマグネシウム化合物の実用性」
・千葉県高等学校教育研究会理科部会長賞
 足立さん、上原さん
「放物面による指向性スピーカーの作製と評価」
・千葉県総合教育センター所長賞
芝山さん、大石さん、甲田さん
「pH ごとに区別できる指示薬の作成」

【日本学生科学賞千葉県審査】
・最優秀賞
今田さん、近藤さん
 足立 隆之介さん、上原さん
芝山さん、大石 さん、甲田さん

【千葉大学 第17回高校生理科研究発表会】
・千葉県教育長賞
西野さん
「ミンミンゼミの斑紋型と生息環境との関係性」
・優秀賞
川嶋さん
「回転曲面を用いた音のビーム」
中村さん、中野さん、吉田さん
「『 シュリ―レーザー装置』の考案と検証」
木内さん、千葉さん、百瀬さん
「ダンゴムシのカフェインに対する忌避反応」
遠藤さん、山本 さん、楠見さん
「火災旋風の発生頻度と横風の風量の関係性」

【高校生の体験発表会(聖徳大学)】
・副学長賞
福井さん、 片岡さん、小西さん

【開智国際大学大村智賞英語部門 高校生の部】
・準優秀賞
德田さん

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  最後に、生徒指導部長から、冬季休業中の生活や、交通安全、公共の場でのマナーなど、自分自身で考えて行動することの大切さの話がありました。

 1月9日に、また生徒の皆さんと、元気にお会いできることを楽しみにしています。

共通テスト説明会

 12月21日(木)、大掃除の後、共通テスト受験者を対象に、進路指導部長から放送にて説明がありました。

 先日まで共通テストシミュレーションが実施され、共通テストまで1か月を切りました。3年生は間近に迫ったテストに向け、真剣に説明を聞いていました。万全の準備をして本番に臨んで欲しいと思います。頑張ってください。

英語論文表彰

 12月14日(木)、開智国際大学が主催するコンテストにおいて、異文化理解への姿勢や将来国際社会での活躍が期待できる功績として、木村智賞英語部門で1年生の德田さんが準優秀賞をいただきました。当日は、学長補佐の北垣教授、アドミッションセンター参与の富田特任教授が来校し、表彰を受けました。

 この賞をきっかけに、さらに継続した学習を積み、高みを目指して欲しいと思います。

進路決定者説明会

 12月14日(木)、テスト返却後に、進路が決定している3年生への説明会を実施しました。

 学校推薦型選抜や総合型選抜で進路が決まった生徒約50人に向け、校長先生から合格のお祝いの言葉とともに、これからの生活について講話をいただきました。一足先に進路決定したことから、大学生活に向けより充実した準備をすることや、入学前の専門分野や専門外の分野に関して幅広く興味を持って取り組むことの大切さについてお話がありました。

 進路指導主事からは、入学手続きや共通テストの準備、これから受験をしていく他の仲間への配慮や応援についてお話がありました。

 英語科からは、多くの大学で実施されているTOEIC試験の参加について説明がありました。

 卒業まで3か月ですが、登校する日はそんなに多くありません。自分でやることを決め、自律した行動が必要になります。各自の希望する未来に向けて計画的に一歩一歩足を進めて欲しいと思います。

DNAオンライン講義・実習(ご協力:かずさDNA研究所)

 12月13日(水)、かずさDNA研究所様のご協力により、本校の実験室で、DNAオンライン講義と実習が行われました。

 参加した生徒は自分自身のアルデヒド分解酵素の遺伝子型を調べました。自分の頬の内側の細胞を取り、PCR法で増やした後、電気泳動を行い、結果から遺伝子型を調べました。

 生徒からは、「DNAの構造や性質について、分かりやすく教えていただきました。とても楽しかったです。」などの感想が聞かれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽Ⅲ選択者による授業内演奏会

 12月6日(水)の5限に、音楽Ⅲの選択者による授業内演奏会が開かれました。7名の生徒が3年間の集大成として、自分たちで曲を選び、楽器演奏や独唱を行いました。どの生徒の演奏も素晴らしく、聴きごたえのあるものでした。

 卒業して進む道は異なっても、今日の素晴らしいハーモニーは、きっと皆さんの心に残り続けるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究授業

 11月30日(木)、2年6組2限の文学総合Aの授業で、初任者による研究授業が行われました。

 『史記』「鴻門之会」(剣の舞)を教材として行われました。読解をしながら場面ごとの状況をイメージし、グループ内で登場人物の心情等を話し合い、Teamsを使って効果的に意見共有を図りながら授業が進みました。生徒は積極的に考えを発表し、課題についても真剣に考えていました。

キャリア教育行事「農業体験」

 11月25日(土)、生徒14名が茨城県坂東市の入江農事さんにて農業体験を行いました。

 今年度2回目となる農業体験では、レタスの定植や収穫、土づくり、トラクター体験などの農作業を体験させていただきました。農学・栄養・教職分野を志望している生徒にとって、貴重な体験になったと思います。実体験をもとに、進路選択の一助にして欲しいと思います。

 お忙しい中、ご指導をしてくださいました入江農事の皆様には感謝申し上げます。