お知らせ

 今日(H29.3.9)は、本校の卒業式。
 晴れやかな日に、県柏らしい落ち着いた素晴らしい式でした。
 校長として、式辞を述べましたので掲載します。 

 式辞 
 レミオロメンの「3月9日」という歌の一節に「3月の風に想いをのせてさくらのつぼみは春へと続きます」とあります。この言葉通りあれほどの寒さも峠を超え、今日の佳き日に三二三名の卒業生の皆さんの晴れの門出をお祝いしたいと思います。
「卒業おめでとうございます」。卒業生の皆さんに、心からお祝いを申し上げます。

 この佳き日に、ご来賓として「開かれた学校づくり委員会」の中村一治委員長様をはじめ、地元地域、学校から沢山の皆様方の御臨席を賜り、千葉県立柏高等学校 平成二十八年度卒業証書授与式を挙行できますことは、誠に大きな喜びです。ご臨席いただきました皆様に、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。
 そして保護者の皆様。今日までの様々な出来事を思い浮かべながら、感慨もひとしおのことと拝察いたします。お子様のご卒業を、心からお慶び申し上げます。誠におめでとうございます。

  さて、本日巣立つ普通科第四十五回、理数科第四十四回卒業生の皆さん。皆さんはこの三年間、「健全で、謙虚・誠実な人材の育成」という本校教育の目標のもと、真摯に学び、部活動、行事にも熱心に取り組み、そして進路実現のために精一杯努力し、今日を迎えました。今、皆さんの脳裏には、自転車での登下校風景や教室での友との語らい、あるいは様々な学校行事の思い出、部活動での楽しかったことや辛かったことなどが、次々と去来していることと思います。
 
 私は、皆さんとケンカシで生活を共にしたのは一年という短い期間ではありましたが、皆さんが合唱コンクールや黎明祭で見せてくれた熱い青春パフォーマンス、また体育祭での真剣な取組、そして最上級生として学校を牽引してくれた事に深い感銘を受けました。そのような皆さんの姿勢を、私は誇りに思っています。
 
 私は、教育に携わる者の一人として、教育基本法の前文を読み返すことがあります。
 次のように書かれています。
 「我々日本国民は、たゆまぬ努力によって築いてきた民主的で文化的な国家を更に発展させるとともに、世界の平和と人類の福祉の向上に貢献することを願うものである。
 我々は、この理想を実現するため、個人の尊厳を重んじ、真理と正義を希求し、公共の精神を尊び、豊かな人間性と創造性を備えた人間の育成を期するとともに、伝統を継承し、新しい文化の創造を目指す教育を推進する。
 ここに我々は、日本国憲法の精神にのっとり、我が国の未来を切り拓く教育の基本を確立し、その振興を図るため、この法律を制定する」

 皆さんは、「謙虚」さを旨とし、ケンカシで三年間「誠実」に学んできました。そうした皆さんだからこそ、今述べたような人としての在り方生き方を率先垂範することができると信じています。
 これから実社会に出る方も、上級学校に進む方も大いに学び、より一層知性と人間性を培い、それぞれの分野で私たちの住む日本を支えるリーダーとなって活躍することを願っています。そしてさらには、これからのグローバル時代で求められる国際教養やコミュニケーション力をさらに高め、ケンカシで磨き上げた資質や能力を生かして、海外へと飛躍してもらいたい。そのことを心から強く期待しています。

 本日3月9日は、第20回千葉県知事選挙の告示日でもあります。投票日は3月26日ですので、満18歳となった皆さんは、主権者としての自覚を持って社会に参画してほしいと思います。

 皆さんの長い人生には辛いとき、苦しいときがあることでしょう。
 冒頭紹介した歌の詩に「新たな世界の入口に立ち、気づいたことは一人じゃないってこと」とあります。県立柏高等学校で友人と共に学びそして部活動や学校行事に励んだことを思い出し、この三年間の経験や友との深い絆を活力の源として、威風堂々、困難を乗り越えていってください。母校ケンカシそしてかけがえのない友人は、いつまでも皆さんの「心のふるさと」であり続けるのです。

 結びになりますが、ご来賓並びに保護者の皆様方には、これまでの本校教育活動に対するご理解・ご協力に改めて心より感謝申し上げます。どうぞ今後とも県立柏高等学校への変わらぬご支援並びにご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

それでは、卒業生の皆さん、お元気で。皆さんの将来に幸多かれとお祈りし、式辞といたします。

    平成二十九年三月九日
       千葉県立柏高等学校長  
                                  小野 祐司

 

お知らせ

  第8回柏葉(「かしわば」と読みます。)セミナーをH28.11.24.に開催致しました。1,2年生対象に、21名の卒業生に来校していただき、現在の職業の紹介や県柏生に期待することなど多岐に亘るお話をいただきました。
 私は2講座を拝聴させていただきましたが、素晴らしい内容に感心しました。
 県柏を卒業してからの、大学での勉強やなぜ現在の職業を選択したのか、そして現在取組んでいることなど先輩ならではのお話を聞かせていただきました。
 在校生の皆さんも先輩のお話を真剣に聞いておりました。
 懇親会では、名刺交換をさせていただきましたが、県柏の卒業生の皆さんが、いろいろな分野で活躍されていることに加えて、博士号を取得された方が多いのにも驚きました。 
 来年も後輩たちのためにどうぞよろしくお願い致します。
 
 応接室にて記念撮影
 

お知らせ

平成28年10月6日(木)、(株)ISIDエンジニアリング特別顧問の羽山信宏(はやま のぶひろ)先生をお招きし「SSH科学講演会」を開催しました。
 
  
 羽山先生は、広島大学大学院工学研究科を卒業後、1974年(昭和49年)に東洋工業株式会社(現マツダ株式会社)に 入社され、パワートレイン実験部長、同開発本部長を経て、取締役専務執行役員を歴任されましたが、一貫してパワートレイン(エンジンをはじめとする自動車の駆動部)の開発に携わってこられました。マツダ独自のロータリーエンジンについても非常に造詣が深く、1991年ルマン24時間耐久レースでは、世界で唯一のロータリーエンジン搭載のマシンで出場し、日本の自動車メーカーで唯一の優勝を果たした立役者のお一人です。
 今日は、まずこのルマンのレースでの戦いについて、お話していただきました。並みいる競合車は1000馬力のエンジン、マツダは750馬力で果敢に挑みます。コースの状況やガソリンの量が割り当てられることなど、ストレートでの最高時速は425Km/hにも達するなど、「本物」のお話にぐいぐい引き込まれます。

 

 後半は、2011年にマツダが世に送りだしたスカイアクティブ・テクノロジーのお話です。燃費や馬力ではなく、熱効率に着目した、その発想の巧みさと性能の優秀さから自動車市場で世界的に注目を浴びていますが、この開発のキーパーソンであり、開発当初から経営者としてまたエンジニアとして、独自の発想力を駆使しながらリーダーシップを発揮し、その完成に尽力されたお話を伺いました。

 

 最後にエンジニアに重要なことは…
①情熱、②(事象に学ぶ)謙虚さ、③共通の目標を持つこと、そして④仮説を立て検証することを繰り返し真実に繋げることだと、生徒たちに重要なお話をいただきました。

 

 何人かの生徒から質問がありました。講演は時間通りに終わりましたが、その後小会議室では、羽山先生を囲んで8名の生徒たちと懇談が行われました。
 その中には、自動車のエンジンを環境問題からアプローチしたいと考えている生徒もいましたので、羽山先生にお越しいただき、大変に良かったと思います。
  羽山先生、お忙しい中をありがとうございました。

 

お知らせ

  本日(H28.9.10)は、第46回黎明祭(文化祭)の第1日です。
 お天気は、秋晴れ・・・のとてもいい天気です。日差しは、暑いくらいでした。
 開会式は、ちょうど1時間。委員長、副委員長の開会宣言は、・・・何とあのリオで登場した安倍首相と同じく、スーパー★リオに扮しての登場でした。いや驚きました。

 こんな感じで☟インパクトのある開会宣言でした。


 各発表ごとのPRも壇上での発表やビデオ映像による発表など様々でしたが、どの団体も完成度が高く、感心しました。

 私は、開会式後、ミュージカルや劇、ウォーターボーイズを参観しました。
 いずれも見ごたえがありました。
 皆様に是非、ご覧いただきたいと思い、アップした次第です。
 今日は、多数の中学校で体育祭と聞いています。お疲れとは思いますが、明日(9.11)の第2日に、皆様をお待ち申し上げます。(もちろん、どなたでもお越しいただけます。)
 9時から受付を開始しますので、よろしくお願いいたします。
 

お知らせ

41回の合唱コンクールは、生憎の雨模様でしたが、生徒の皆さんの発表は御膳上等であったと敬服しました。

 

 準備から当日まで運営していただいた合唱コンクール委員会の皆さんと関係の皆様に厚くお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

 オープニングセレモニーは、ラグビー部員が中心となって「ホール内での飲食は禁止です」などの諸注意をショートコントで伝えてくれるのですが、笑いの取り方が絶妙で大変面白かったです。来年もよろしく。

 

少し振り返りますが、すでに4月から校長室には、生徒諸君の歌声が響いてきていました。朝・昼・放課後の練習場所もきっちり決まっていて、時間を有効に使おうとする皆さんの企画力・行動力に感心しました。大変に立派でした。

 

さて、今年度は特別審査員に、金本正武(かなもと まさたけ)先生にお越しいただきました。以下は当日の紹介文です。

 金本先生は、平成15年から平成283月まで、千葉大学教育学部の教授として音楽学及び音楽教育学を指導されていました。

現在は千葉大学高等教育研究機構特任教授・グランドフェローとしてご勤務されています。

 また、千葉県教育委員会教育長職務代理者、以前の組織ですと教育委員長のお立場として、千葉県教育の重責を担われています。

 金本先生は、千葉大学にお勤めになる以前には、文部科学省の教科調査官として学習指導要領の作成や履修状況の調査を手掛けられており、NHK全国学校音楽コンクール(愛称Nコン)本選の審査員を14年務められた音楽の大家ですが、ご本人は「音楽大好き人間」と仰られる大変気さくな先生です。

 

 当日私は、金本先生の隣席で採点と講評準備の一端をお伺いすることができました。「この指揮者は素晴らしい。1番だね」「今弾いている伴奏者は、大学のピアノ科に進んでも活躍できるよ」「このクラスは気持ちがひとつになっているね」などの他に、教育者でもある先生からは指揮者と伴奏者の関係などプロ中のプロならではのお話を伺い、感心しきりでありました。ご講評中のピアノ演奏にも驚きました。

熱い戦い?を制し優勝は3年2組の「レ・ミゼラブル」でしたが、僅差で数々の賞が決まったように思います。本当に皆さん、よく頑張りました。私も大変感動いたしました。全クラスの皆さんにお礼申し上げたいと思います。ありがとうございました。

 

お知らせ

本日(平成28年5月10日)は、あいにくの曇り空でしたが、ケンカシでは「さくらサイエンス・ハイスクールプログラム」によるアジアの高校生120名との大交流会を行いました。
 科学技術振興機構(JST)は、本校のSSHを主管する団体ですが、ここではアジアの青少年(高校生以上40歳以下)を、短期間、日本国に招へいし、日本の科学技術に触れてもらうことによって、科学技術に対する夢を膨らませ、科学技術レベルを向上して、それぞれの祖国の発展、アジアの発展に貢献して貰うことを目的として、さくらサイエンスプログラムを行っていますが、高校生レベルの、「さくらサイエンス・ハイスクールプログラム」を設け、招へいすることとしています。
 ケンカシでは、SSH企画部・生徒会・国際交流委員会の皆さんが主となって、全生徒・全教職員で、インドからの高校生30名、マレーシアからの高校生30名、台湾からの高校生30名、ミャンマーからの高校生30名そしてJSTの職員や通訳、引率の教職員37名、合計でナント157名の大訪問団においでいただき、「歓迎会」そしてクラスごとの交流会を行いました。
 私の経験では、このような大きな団体を受け入れたことはありませんでしたが、何より生徒の皆さんが、同じ世代のアジアの高校生と交流を深め、異国の言語や文化に触れ、また自分の語学力の拙さを知り(堪能なケンカシ生もたくさんいました。凄いですね!)、これからのアジアの繁栄に思いを寄せた生徒も少なからずいたことと思います。今回のプログラムを契機に、今後の進路について考える一助にしていただきたいと思います。
 最後になりましたが、長い期間をかけて準備をしていただいた生徒の皆さんと教職員の皆さんにお礼申し上げます。ありがとうございました。