千葉県立柏高等学校    進学指導重点校

 

お知らせ

お知らせ
2022/05/26new

「夢チャレンジ体験スクール」について

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員

保護者の皆様へ

 日頃より本校の教育活動ならびに感染防止対策につきまして御理解・御協力いただき、感謝申し上げます。

さて、5月19日付けで県教育委員会から、県内の多様な企業や大学、研究機関等と連携を図り、生徒が様々な職種における職場見学や就業体験、科学・技術体験等の機会を通して、職業に必要な資質や能力等について学ぶとともに、将来の職業に対する夢を育む機会を提供する「令和4年度千葉県夢チャレンジ体験スクール」実施についての通知がありました。

ついては、本事業に参加希望等ある場合は、別添のURLまたはQRコードから詳細をご覧ください。

【別添】R04千葉県教育委員会からのお知らせ.PDF


17:39
2022/04/29

進路関係情報の更新

Tweet ThisSend to Facebook | by 教職員
進路指導部です。
2022年3月卒業生の進路情報を掲載しました。左側「メニュー」の「進路状況」のバナーから進んでご覧下さい。

5月5日、8日追記
若干の統計のミスが見つかり、指定校推薦以外の表1~3のデータを差し替えました。

5月14日
千葉大学松戸キャンパス見学会の報告を掲載しました。左側「メニュー」の「進路状況」のバナーから進んでご覧下さい。
13:07 | 連絡事項

令和5年度教育実習募集について

令和5年度教育実習募集については,以下の資料をご確認ください。
      2023年度教育実習について.pdf
 

新着情報

 

入学者選抜について

令和4年度入学者選抜の選抜・評価方法ついてはこちらをご覧ください。
 

学校生活

学校生活
123
2022/05/20

通学路点検

| by 職員

5月19日(木)、本校PTA交通安全対策委員の皆様による「通学路点検」が行われました。

委員の皆様は、北柏駅北口に12時半に集合し、1時間半をかけて本校まで歩いていきました。立哨地点での声かけの内容や、危険と思われる箇所での注意点等を一つ一つ丁寧に確認していました。

生徒の皆さん、より一層の思いやりのある自転車運転をお願いします。











   <<県柏専用の駐輪所でお話を伺いました>>            <<この先は急な坂が続きます>>             











<<道幅が狭く、左折車両に巻き込まれる恐れあり>><<青信号待ちで渋滞が出来る時もあるそうです>> 











   <<交通量が多いので横断時は注意!>>


15:57
2022/05/16

総合的な探究の時間 ポスターセッション

| by 職員

5月16日(月)7限、第2学年普通科のクラスでは、校外学習(4月実施)で班ごとに探究してきたテーマについて、ポスターセッション形式の発表会を行いました。

博物館・美術館についての発表(17分)、街歩きについての発表(17分)、相互評価を行いました。

 

本校では、「総合的な探究の時間」3カ年の目標の1つに、「問いを見いだし、課題を立て、情報を集め、整理・分析して、論理的にまとめ表現する力を身に付ける」ことを挙げています。インターネット上の情報をただ書き写しただけではなく、ワンランク上の発表が出来たでしょうか?

今後は修学旅行でのグループ探究等も行う予定です。











     <<2年1組での発表の様子>>         <<2年2組での発表の様子>>          











     <<2年3組での発表の様子>>         <<2年4組での発表の様子>>     











     <<2年5組の発表の様子>>           <<2年6組の発表の様子>>    











    <<2年7組の発表の様子>>


17:21
2022/04/12

部活動紹介

| by 職員
 4月11日(月)部活動紹介が1年生オリエンテーションの一環として実施されました。
各部活動の代表生徒が、それぞれの部活動の思いや活動をアピールしました。
1年生は、どの部活動にしようか、真剣に見入っていました。
 また、放課後は部活動見学会が行われ、友達といろいろな部活動を見学している姿がありました。
高校生活3年間、思いっきり打ち込める部活動を見つけてほしいと思います。

     
                 ≪部活動紹介動画≫                  ≪サッカー部≫

  
        ≪ダンス部≫                     ≪テニス部≫

  
        ≪ラグビー部≫                   ≪ハンドボール部≫

  
        ≪化学研究部≫                    ≪剣道部≫

  
          ≪書道部≫                    ≪吹奏楽部≫
 
  
         ≪美術部≫                    ≪漫画部≫
17:22
2022/04/12

3年生ベネッセ記述模試

| by 職員
 4月9日(土)、本年度最初の希望者(3年生対象)による模試が行われました。
今回は、進級後の早い時期に行うことで学習への意識を高めること、記述式模試は1学期に全体で行わないことから、
ベネッセ総合学力記述模試を実施しました。
文系44名、理系43名が朝8時40分の説明から17時25分までの社会・理科まで、真剣に試験に臨んでいました。
今後も、1年後の自分のために、学習への意欲・計画・習慣をしっかりつけ、頑張ってください。
                        
                                  ≪ベネッセ模試風景≫
   

16:30
2022/04/11

PTA・職員交通安全指導

| by 職員
 4月11日(月)PTA・職員交通安全指導が本日から実施されています。
 PTA役員の方と職員で、北柏駅から学校までの間の通学路を、巡回しながら交通安全指導を行っております。この1年間元気に登下校できるため、安全な登下校を祈って、PTAの方々もご参加いただいております。
 自転車等の運転についても法律で定めがあります。並進やスマートフォンのながら運転、信号無視等、厳しく罰せられます。それ以上に、自身や他者の命に関わる大切なルールです。生徒の皆さん交通安全を心がけ、登下校しましょう。

                   
                       ≪交通安全指導の様子≫
10:10
2022/04/08

離退任式

| by 校長

4月8()、昨年度末に本校を離退任された先生方をお招きし、離退任式が行われました。感染防止のため、放送室から全校放送で行いました。初めに校長先生から異動された先生、退職された先生18名を紹介いただいた後、来校された4名の先生方からご挨拶をいただきました。生徒会長からお礼の言葉の後、アクティブラーニング室で生徒会のメンバーから先生方に花束が贈呈されました。
     
       ≪英語・近藤先生≫              ≪美術・今井先生≫
     
        ≪音楽・舘岡先生≫             ≪化学・高倉先生≫


17:50
2022/04/08

新入生オリエンテーション

| by 校長
 昨日、入学した新入生は体育館でオリエンテーションを受けました。校歌の練習に続いて、教務主任から教育課程や授業全般について、生徒指導部から交通安全や高校生活全般について、進路指導部から進路の結果と進路について、保健室から健康面や怪我等の対応について、それぞれ説明がありました。
   
         ≪校歌の練習≫                     ≪進路指導関係≫

      
      ≪教務関係≫             ≪生徒指導関係≫            ≪保健室関係≫
17:24
2022/04/07

令和4年度 入学式

| by 校長

春暖の候、正門の桜も満開となり、令和4年度千葉県立柏高等学校入学式が挙行されました。感染防止のため、新入生と保護者、来賓4名、職員で挙行いたしました。呼名により校長先生から入学許可を受けた普通科280名、理数科40名、合計320名の新入生が本校の生徒となりました。校長式辞では、高校生活3年間の行動指針として「勉学に粘り強く取り組み、自分なりの強みを見いだし磨くこと」「人間関係を築く力を養うこと」「奉仕の心、思いやりの心を持つこと」という3つの話があり、新入生は、希望と決意を固め真剣に聞いていました。続いて、PTA会長の城野様からご祝辞をいただき、新入生代表の生徒が「誓いの言葉」を力強く宣誓しました。閉式の後、CD演奏による校歌披露、第1学年職員紹介の後、担任の誘導で新入生は各教室へ移動して行きました。(校長挨拶参照)

   
           ≪校長式辞≫                        ≪来賓祝辞≫

   
       ≪新入生代表~誓いの言葉~≫                 ≪第1学年職員紹介≫


14:30
2022/04/06

新任式・始業式

| by 校長

4月6日(水)新任式と始業式が行われました。

本年度、新たに着任した教職員15名、事務職員3名、技能員1名の新任式が本校体育館で行われました。体育館での開催は2年間行っていませんでしたので、新2年生、新3年生が一堂に集まり、対面での開催で大変良いものになりました。校長先生から新任職員の紹介、新任職員代表として内田教頭先生から挨拶がありました。その後、生徒代表による歓迎の言葉があり終了しました。新任式に続いて、第1学期始業式が行われました。令和4年度のスタートに際し、校長先生から、感染防止対策の徹底、時間を大切にし、目標に向かって邁進すること、ICTを活用した教育シーンの推進、民法改正による成人年齢引き下げに関する懸念事項についてお話がありました。(校長挨拶参照)
  
     ≪新任職員紹介≫         ≪生徒代表 歓迎の言葉≫        ≪始業式 校長式辞≫


11:45
2022/03/24

3学期終業式

| by 職員

3月24日、3学期終業式が行われました。開式の言葉、校歌演奏の後、放送で校長先生から1年間の総括としてのお話がありました。

1点目は、新型コロナウィルス感染症への対応を評価されました。生徒諸君と教職員との信頼関係の下、多くの生徒が感染症予防対策のルールを守ってくれたことにより、卒業式をはじめ、多くの学校行事を実施することができました、とお話しされました。2点目は、時間を有効に使ってほしいとのお話がありました。(以前もお話しされたことですが)PCやスマートフォンに学習する時間をとられてしまっている人がいることを懸念しておられました。

3点目は、昨日の成績会議で生徒諸君の学びの成果の報告を受けたこと。成績が良好であった人は、今後も真摯に学習を続けてほしい、芳しくなかった人は自らを振り返り、意識や態度、勉強方法を考えてほしいとお話しされました。  
  最後に、始業式でまた生徒諸君にお会いできることを楽しみにしています、といって締めくくられました。(校長挨拶参照)


10:47
2022/03/22

卒業生進路報告会

| by 職員

 3月22日、卒業生進路報告会が開かれました。入試を乗り越え、見事に合格を勝ち取った卒業生20名が1,2年生のために足を運んでくれました。

 4名の卒業生が各教室に赴き、学校生活や受験勉強への取組について20分間ずつ話をしてくれました。

 英語の小テスト等は一夜漬けになってしまうこともあったが、受験勉強のペースメーカーとして利用していたこと、模試は受けたらその日のうちに自己採点することはもちろん、数日後に解き直せば良かったこと、受験勉強で煮詰まったときは同じ悩みを抱えていた友達と話をすることで乗り越えてきたこと、志望する大学の過去問題は早めに解いてみること・・・。沢山の貴重なアドバイスをいただきました。

 また、AL教室では、看護医療技術系の志望者を集めた報告会が開かれました。

 どこの会場でも、先輩の話を真剣に聞く在校生の姿が見られました。










10:00
2022/03/21

令和3年度 関東近県SSH合同発表会

| by 職員

 3月21日、関東近県SSH合同発表会がオンラインで開催されました。

 本校からは「跳ねるとは何か定義しよう(反発係数)」「果物を用いたバイオ燃料の作成」「時間割引関数と勉強する価値」「イオンが草木染めに与える影響」「盛り土による液状化現象発生防止方法の検討」「過冷却水と冷却速度の関係」「臭い成分に対する植物の科学的効果」の研究結果をポスター発表しました。

 また、「ギンヤンマとクロスジギンヤンマの照度の違いによる棲み分けの実態及び幼虫の明暗に対する反応」の研究結果を口頭発表しました。
 1年間の研究の集大成として、堂々と発表する生徒の姿が見られました。








    <<跳ねるとは何か定義しよう>>     <<バイオ燃料の作成>>             <<時間割引関数>>                   <<イオンと草木染め>>









      <<盛り土と液状化現象>>          <<過冷却水の冷却速度>>    <<臭い成分に対する植物の効果>> <<ギンヤンマとクロスジギンヤンマ>>

09:56
2022/03/18

卒業証書授与式 その2

| by 職員

 3月18日、大学受験などの理由により卒業証書を受け取っていなかった生徒達の「卒業証書授与式」が行われました。

 学年職員と保護者が見守る中、呼名された順に、1人ずつ校長先生から卒業証書を授与されました。

 次いで、校長先生から本式(3月8日)で話した式辞の説明と「4月から成人年齢が18歳に引き下げられます。もちろん周りの方に助けていただくことはあるだろうが、自身の行動に責任を持つことを心がけてほしい」といった話がありました。

 その後、学年職員を代表して伊藤教諭から話があり、閉式となりました。










     <<AL教室で行われました>>       <<1人ずつの証書授与>>           <<校長先生からお祝いの言葉>>










    <<自分の行動に責任を>>        <<お兄さん的な存在の伊藤先生>>
12:04
2022/03/08

卒業証書授与式

| by 職員

 本日、3月8日(火)、「卒業証書授与式」が挙行されました。今年度も感染防止対策を講じながらの式となり、卒業生と保護者のみの形で全員マスクを着用して行いました。

 開式の辞、国歌斉唱、校歌斉唱の後、普通科271名、理数科39名の生徒に卒業証書を授与いたしました。

 校長式辞(校長挨拶参照)に続いて、PTA会長 城野 哲也様から「アサーティブコミュニケーションについて、自分と相手のどちらの考え方も尊重すること。相手と自分の意見が異なる場合は、相手の考えを受け止めながら、誠実な態度と言葉を通して自分の考えも示すことが大切である」という御祝辞をいただきました。

 続いて在校生代表の藤田 隆良さんが送辞を述べた後、卒業生代表として福永 爽乃さんが答辞を述べました。「コロナ禍で様々な制約があり、思うような高校生活が送れなかったが、周りの方々の支えで今日の卒業を迎えることができた」と感謝の気持ちを述べました。

 最後に、仰げば尊しを斉唱し、閉式となりました。心温まる厳かな式となりました。
     
              ≪式場≫                                ≪送辞≫

    
             ≪答辞≫                              ≪3学年職員≫


09:39
2022/02/04

マフティー・ディ

| by 職員

 2月4日(金)、昨年度に続き「マフティー・ディ(募金活動)」が行われました。

 マフティーとは「私服」という意味で、ニュージーランドやイギリスなどの学校で行われている寄付活動だそうです。この日は学校指定の制服ではなく、私服を着て登校し授業を受けます。私服で来る生徒は少額を持参し、募金団体に寄付をします。

 あくまでも任意の活動ですので、私服で登校したくない生徒は制服で登校し、募金活動だけ参加することも可能です。

 生徒達は、自分の希望する服装で登校し、募金活動(各自で4団体から選択しました)にも任意で参加していました。











                                  <<制服で登校しても、O.K.>> 









           <<自分で寄付したい団体を選びます>>       <<教職員も任意で参加していました>>


08:50
2022/01/27

課題研究Ⅰ発表会

| by 職員

1月26日(水)3~7限、第2学年理数科の生徒及び普通科課題研究Ⅰ選択者による「課題研究Ⅰ発表会」を実施しました。昨年同様、ZOOMを用いてオンラインでの開催です。1年間の研究成果を、質疑応答も含めた12分間で発表しました。生徒は自分の班以外について、コメント用紙を記入しました。運営指導委員の先生方にも聴いていただき、ご助言いただきました。発表後、生徒達はルーブリック評価表を用いて自己評価をしました。

発表テーマは以下のとおりです(発表順)。

 ①過冷却水と冷却速度の関係                  
 ②イオンが草木染めに与える影響

 ③ギンヤンマとクロスジギンヤンマの照度の違いによる棲み
  分けの実態及び幼虫の明暗に対する反応

 ④変化球の速度の変化、臭い成分に対する植物の科学的効果    
 ⑤チチブの背景による体色変化

 ⑥リップルマークにおける波の周期とふり幅の関係        
 ⑦水中塩分濃度によるナガエツルノゲイトウの生育への影響

 ⑧盛り土による液状化現象発生防止方法の検討

     <<分子レベルでの解析が期待されます>>

 ⑨跳ねるとは何か定義しよう

 ⑩果物を用いたバイオ燃料の作成

 ⑪ドミノの進行速度の変化

 ⑫時間割引関数と勉強する価値

 ⑬野菜を触媒に用いたルミノール反応の研究

 ⑭県立柏高校周辺におけるカラドジョウの生息状況

 ⑮金属樹と酸・塩基の関係


 
         <<野球部ならではの着想でした!>>














 その後、第2回運営指導委員会も行いました。本校のSSH事業について、運営指導委員の先生方から様々なご意見をいただくことができました。











              <<運営指導委員会の様子>>
14:42
2022/01/18

夢サイエンス講座②

| by 職員

夢サイエンス講座の第2弾として、1月18日()の放課後、東京大学大気海洋研究所 海洋生態系動態部門 微生物分野 濵﨑恒二教授から、1年8組・普通科の希望者を対象に、「海洋研究への招待:オーシャンDNAによる海の生物調査」というテーマで講義いただきました。

生物そのものを苦労して捕るのではなく、海水に含まれるDNA(糞に混じる細胞や魚のウロコ由来のものなど)を採取し、種によって異なる部分の塩基配列を比べて、どんな生物がどの位いるか調べる方法について教えていただきました。

現在、日本産魚類の70%の種類について、DNAの塩基配列がデータベース化されているそうです。この方法で、例えば岩手県大槌町の湾内で、サケ稚魚の分布と時間変化を調べたこともあった、とのことでした。

ただ、この方法にもデメリットがあるそうです。例えば、海洋は境界が無いので調べる範囲が正確でないこと、海流や海水温などに左右されること、魚の種類により検出されやすいものとされにくいものがあること、3日程度でDNAは分解されてしまう恐れがあること、などです。

海水を取るところからDNAの塩基配列決定まで自動で行う「海洋eDNA自動分析装置」の開発を目指している、ともおっしゃっていました。

熱心に聴きいる生徒が多く、講演後も先生に質問する姿が見られました。











               <<濱﨑先生のご講演の様子>>    <<ヒト1名の塩基配列は、現在10万円で
                             調べられるそうです!>>


18:07
2022/01/14

「分かりやすいプレゼンテーション講座」の実施

| by 職員

1月14日(金)6,7限に千葉大学大学院融合科学研究科准教授 山本和貫先生による「分かりやすいプレゼンテーション講座」が行われました(理数科1年8組対象)。昨年同様、今年度もオンラインコミュニケーションツール(ZOOM)を活用して、天津小湊野外実習での探究活動の報告を行いました。

ご指導に先立ち、生徒達はビデオで予習しパワーポイントで資料を作成しておきました。

まず、先生から「オンラインプレゼン時の注意」について教えていただきました。

PC等の機器、アプリ(ZOOM等)、ポインターなどの使い方に慣れておく。もちろんPC用の資料を準備しておく(画面上の「黄色」は、特に見えにくい)。 ②視聴者の構成や状況は様々なので、集中力を維持してもらいにくい。注目を集めるために、途中でわざと話のテンポを変えてみる、全体像を提示する、などの工夫が必要。身振り手振りも理解を助けてくれるが、カメラに映るように行う。 ③想定質問を準備しておく。 などのお話がありました。

その後、生物分野4班、地学分野4班の発表を行いました。先生から、プレゼンの方法だけでなく、探究活動への具体的なアドバイスもいただきました。
  例年より短縮して(1泊2日)行われた野外実習でしたが、生徒の皆さんが、班で協力して課題を見つけ探究していった姿に驚かされました。

 

発表テーマは以下の通りです(順不同)。

・ウランガラスの蛍光       ・サバイバル時における磯植物の調理・適正生物

・酸性雨による岩石への影響    ・鴨川青年の家近くの海岸で見つけた岩石について

・内浦山と東葛地区植生の違い   ・風化した岩石の色彩区分その原因の特定

・貝の吸盤と筋収縮の関係について ・ヤドカリとイソギンチャクの共生








 <<オンラインでの注意点>> <<カメノテを食べてみた班>>  <<風化について調べた班>>


16:16
2022/01/12

夢サイエンス講座①

| by 職員

1月11日()の放課後、東京大学大気海洋研究所 海洋地球システム研究系 海洋底科学部門の沖野響子教授に、「プレートテクトニクス50年」というテーマで講義いただきました(1年8組生徒、普通科希望者対象)。

前半は、「プレートテクトニクス(大陸移動説)」が広まっていった歴史的経緯についてお話いただきました。皆さんもご存じのとおり、プレートテクトニクスを唱えた人物として“ウェゲナー”が有名ですが、彼はその原動力について説明しなかったため、発表直後はあまり広まらなかったそうです。

その後、コンピュータの発展で海底調査結果が世界各国に共有されたこと、中央海嶺を中心に左右対称の磁場が逆転していること(海底がひろがっていること)、「和達―ベニオフ帯」の発見等が積み重なって、1960年代には広く受け入れられていったということでした。

プレートテクトニクスが受け入れられて50年以上経つ訳ですが、先生は現在も分からないことが沢山ある、とおっしゃいました(例えば、マントルとの相互作用や地球表面を覆うプレートの枚数など)。科学とは実験・調査の結果から新しい考え方やコンセンサスを得ていくことである、と改めて認識することができました。











       <<沖野先生のご講義の様子。熱心に聴く姿が見られました>>  
11:44
2022/01/07

第3学期始業式

| by 職員

1月7日(金)、校内放送による第3学期始業式が行われました。開式の言葉、校歌演奏の後、校長先生からお話(3点)がありました。(校長挨拶参照)

1点目として、オミクロン株が流行し始めたことに触れ、引き続き新型コロナウィルス感染症防止対策の徹底を心がけるように、とのお話がありました。また、3学期は進級や卒業、進路決定や課題研究の成果発表など、1年間の締めくくりの時期にあたること、充実した3学期を過ごすように、とのお話がありました。

2点目として、冬季休業中、生徒の皆さんは大きな事故無く過ごせましたが、今後も気をつけて自転車に乗って欲しいこと、特に大学入学共通テストを控えている3年生は、健康に留意して過ごして欲しい、といったことを話されました。

3点目として、野依良治博士が、著書の中で「知識の蓄積については人工知能が大いに優れているが、知恵を出すのは人間である。機械に感性は無い」と述べていたことに対し、「私が考えるには数十年を要すると思いますが、人間の感性に近づき疑似するAIが誕生する気がします。皆さんはどう思うでしょうか?」という問いかけがなされました。        
  
   
 始業式後、校内放送による賞状伝達式が行われ、校長室において対象生徒に賞状が手渡されました。



・第65回日本学生科学賞千葉県審査委員会 

日本学生科学賞千葉県審査優秀賞
・千葉県児童生徒・教職員科学作品展第65回科学論文の部 

千葉県高等学校教育研究会理科部会長奨励賞

<<2つの賞を受賞した、3年生 有働さん、藤田さん、藤田くん>>




・千葉県児童生徒・教職員科学作品展第65回科学論文の部
 奨励賞

  <<3年生 竹内くん、古川さん(本日は欠席)>>





・全国高校生童話大賞 銅賞 
 <<3年生 白井くん>>





13:06
123