千葉県立鎌ヶ谷高等学校 鎌ヶ谷高校
鎌ヶ谷高校 鎌ヶ谷高等学校
 

気象警報等に伴う措置

気象警報発令に伴う授業措置について

気象警報が発令された場合の授業措置は次のとおりとする。

1 午前7時の時点で、東葛飾地域(千葉県北西部全域の場合を含む)に「大雨警報」と「暴風警報」の両方、または「大雪警報」が発令されている場合は、自宅待機とする。

2 午前7時から午前10時までの間に上記警報が解除された場合(「大雨警報」と「暴風警報」のいずれか一方が解除された場合も含む)は、安全に留意して午前11時30分をめどに登校する。

3 午前10時の段階で上記警報が引き続き発令されている場合は臨時休業とする。


交通機関の非常変災による事故等に伴う授業措置について

東武アーバンパークライン(柏-船橋間)が非常変災により平常に運行されない場合は次のとおりとする。

1 午前7時の時点で、運休または運転を見合わせている場合には自宅待機とする。

2 午前7時から午前10時までの間に、運転が再開された場合は、安全に留意して午前11時30分をめどに登校する。

3 午前10時の段階で運休または運転を見合わせている場合は、臨時休業とする。

【注意】
(1) 上記警報や交通機関の規定にかかわらず、災害等の影響により登校が困難であると判断される場合や、身体の危険を感じる場合は、無理をして登校しようと
  せず、学校に連絡を入れること。やむを得ない場合として、欠席や遅刻の扱いとしない。可能な限り家庭での学習を怠らないこと。

(2) 警報の有無や運行の状況は、インターネットの気象庁や鉄道会社等のホームページ、またはテレビ・ラジオ等の信頼できる情報源で確認する。

(3) この規定により遅れて授業を行う場合は、原則として4限以降の授業を実施する。昼食を用意すること。

平成27年11月19日改訂