HPタイトル
 

保健室

感染症について

(1)「学校において予防すべき感染症」に感染、感染の疑いが生じたと医師から診断を受けた場合は、速やかに学校に連絡してください。


学校において予防すべき感染症の種類と出席停止期間の基準(平成27年1月21日改正)


(2)医師の指示に従い、感染のおそれがなくなるまで療養してください。(欠席扱いにはなりません)

(3)感染のおそれがなくなりましたら、医師に本校所定の「治癒証明書」を記入してもらい、登校の際に担任に提出してください。


 用紙はこちら → 「治癒証明書


ただし、インフルエンザに限り、保護者が記入した「インフルエンザ治癒報告書」+受診日の確認できる書類(処方された薬の説明書や領収書など、コピー可)で代用できます。代用の場合は、治癒証明書を医師に記入してもらう必要はありません。(平成27年4月より)


 用紙はこちら →「インフルエンザ治癒証明書


 (関連情報リンク) 感染症疫学センター(麻疹、風疹、インフルエンザなどの発生状況)