疾風怒濤  朝考夕省
磯辺高校校章  千葉県立磯辺高等学校
〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺2丁目7番地1号 >交通アクセス   電話043(277)2211 fax043(278)2071
 

日誌

書道部 >> 記事詳細

2019/01/17

習字から書道へ(生きた書をかこう)

| by isb
書の表現を通して全力を出し切った皆の“笑顔”と出会いたい

 書はこころの躍動を筆にのせて表す芸術です。
心の躍動は動きやリズムを伴い、筆を通して線に、そして文字や空間といった形に表れます。もう少し詳しく言うと、心の躍動が筆触を通して強弱や腕の浮沈(抑揚)、動きの大小・遅速等の変化を伴ったかたちになるのです。

 心と手が直結して出来上がるのが“書”ですから、心の躍動を十分に伝えられるよう、感性や手の動き(技術)を研ぎ澄まさねばなりません。
 中学校まで学んできた“習字”は書道のほんの一部分です。
手の癖や眼の曇りがついている高校入学時には、本当に必要な基礎・基本は出来上がっていないのが現状です。その意味では、初心者も経験者も大きな差はありません。

 私たちが先ずなさねばならないのは、“手と眼そして心の解放”です。
書道ではそのための基礎・基本を古典(古来から伝わるすぐれた書)によって学びます。本校では、最初に強い筆触の獲得を目指し『龍門造像記』に取り組んだ後、『建中告身帖』などの古典によって基礎を固めていきます。これらを正しく学ぶことで、最初はまったくの初心者でも飛躍的に上達していきます。

 全力を出し切って心と体、そして筆とがひとつになった時、何ものにも縛られることのない内なる自由を私たちは獲得します。
それはエネルギーと喜びに満ちた、生き生きとした自己の獲得に他なりません。私たちが書道で目指すべき目的地はそこにあります!

07:41