疾風怒濤  朝考夕省
磯辺高校校章  千葉県立磯辺高等学校
〒261-0012 千葉県千葉市美浜区磯辺2丁目7番地1号 >交通アクセス   電話043(277)2211 fax043(278)2071
 

いじめ防止基本方針

千葉県立磯辺高等学校 いじめ防止基本方針 全日制

 本校では、いじめに対する基本方針を「千葉県いじめ防止基本方針」に基づき、次のように定める。この方針により、生徒、保護者、教職員が協力していじめ防止に対し以下の取組を行う。

第1 基本方針
1 千葉県いじめ防止基本方針に基づく「いじめ」の定義と認知
 「いじめ」とは、「生徒等に対して、当該生徒等が在籍する学校に在籍している等当該生徒等と一定の人間関係にある他の生徒等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって、当該行為の対象と生徒等が心身の苦痛を感じているもの」をいう。「いじめを意図して行った行為ではなく、また、継続して行われた行為でなくても、その行為によって生徒等が心身の苦痛を感じている場合」は、「いじめ」と認知される。

2 いじめに対する基本理念
 いじめ防止等のための対策は、いじめが全ての生徒等に関係する問題であることに鑑み、生徒等が安心して学習その他の活動に取り組むことが出来るよう、学校の内外を問わずいじめが行われなくなるようにすることを旨として行わなければならない。

3 学校の責務
 学校及び学校の教職員は,基本理念にのっとり、当該学校に在籍する生徒の保護者、地域住民、児童相談所その他の関係者との連携を図りつつ、学校全体でいじめの防止及び早期発見に取り組むとともに、当該学校に在籍する生徒等がいじめを受けていると思われるときは、適切かつ迅速にこれに対処する責務を有する。

 以上1・2・3を踏まえ、生徒、保護者、そして教職員は、「いじめは絶対に許されない」と正しく認識し、「いじめへの対処を理解し行動できること」、その行動こそが「誰もがいじめの当事者となることのない環境」を整える中核であることを理解する。その際、いじめを受けた生徒や助けようとした生徒の生命および心身を保護することを最重要項目と認識する。また、いじめに関する問題について、関係者に対し正確で丁寧な説明を心がけ、隠し立てや嘘の報告・説明は行わない。

第2 いじめの理解
4 いじめの理解
 国の基本方針に則り、以下ア~エの視点で、いじめを理解する。なお、エについては、われわれ教職員の姿勢や振る舞いが、いじめに暗黙の了解を与えたり、いじめを助長したりすることが起こりうるという問題を重く受け止める。
ア いじめとは、どの子どもにも、どの学校でも、起こりうるものである。
イ いじめは、多くの生徒が入れ替わりながら被害も加害も経験する。
ウ 「暴力を伴わないいじめ」であっても、何度も繰り返されたり、多くの者から集中的に行われたりすることで、「暴力を伴ういじめ」とともに、生命又は身体に重大な危険を生じさせうる。
エ 学級や部活動等の所属集団の構造上の問題(例えば無秩序性や閉塞性)、「観衆」としてはやし立てたり面白がったりする存在や、周辺で暗黙の了解を与えている「傍観者」の存在にも注意を払い、集団全体にいじめを許容しない雰囲気が形成されるようにすることが必要である。

第3 いじめ防止への取組
5 いじめ未然防止の取組
ア 学校全体で暴力・暴言を排除する取組を行う。特に、個人の不適切な発言がいじめを助長することに繋がるという考え方を生徒に指導し理解させる。また、教職員自身が差別的な発言や生徒を傷つける言動を行わない。
イ 生徒指導の機能を重視した「わかる授業」を行うことに努め、生徒が充実感や達成感を得られるようにする。
ウ 生徒がいじめ防止に対して、自発的な行動が身につけられるよう、道徳の授業、いのちを大切にするキャンペーン、こころ豊かな生きる力を育成する取組を計画的に実施する。
エ それぞれの事案について、柔軟に対応できるよう、スクールカウンセラー、特別支援教育コーディネーター、養護教諭等と連携協力し、教育相談の機能も生かし対応する。
オ 保護者や地域との連携を密にして、情報の共有を図る。
カ 教員研修会を計画的に実施する。

6 いじめ早期発見の取組
ア いじめの実態把握のため、アンケート調査を定期的に実施する。特に、インターネット等による問題が多くなっているので、その件に関する質問事項を設ける。
〈アンケートの種類〉
①いじめだけではなく学校生活全般に関する質問で、クラス・男女を記入。
②いじめに特化したアンケートで、クラス・男女を記入(記名は希望者のみとする)。担任は席を外して記入させる。アンケート用紙は、担任の目に触れぬよう回収箱に入れ、回収。担任以外の担当教員が開封・確認作業を 行う。未実施者についても、後日別室で実施する。
③各種方式で、5月・10月・1月に実施する。
イ 生徒の行動を常に注視し、常に相談に応じられる雰囲気や体制を作り、組織で対応する。
ウ 学校生活全般において、学校全体で生徒の変化等を見逃さないように心がける。恒常的登下校指導や、課業時間内の校内巡回等、組織的に対応する。そして、 些細なことでも報告-連絡-相談するよう心がける。
エ 保護者等からの相談や情報提供には、速やかに対応する。
オ 学校の相談窓口を生徒・保護者に明示する。本校の相談窓口は、各学年の生徒指導・教育相談の担当者とし、生徒・保護者への周知徹底を図る。

第4 いじめへの対応
7 いじめ早期対応の取組
ア いじめが疑われる場合には速やかに対応し、事実関係を掌握するように努める。

<いじめが発生した場合の報告連絡体制>
 1 発見 ○ 情報収集,事実確認→関係者(生徒・職員)に事情聴取
 2 情報収集 ○ いじめ・教育相談連絡協議会で状況確認
 3 事実確認 ○ 生徒指導部会・学年会議で状況説明し,事実把握
 4 方針決定 ○ 職員会議
   状況報告、指導方針決定、共通理解
 5 対応 ○ 問題解決に向けた取組を実施
   関係機関(所轄警察署など)との連携
 6 経過観察 ○ 継続指導→問題解決に向けての取組
 ○ 再発防止に向けての取組
イ 被害生徒と保護者の立場に立って、以下の点に注意しながら、心情等十分に理解し、対応する。
・徹底して守り抜くことを本人と保護者に伝える。
・今後の対応について説明するとともに、不安な点があればしっかりと説明を行う。
ウ 加害生徒には、いじめが被害生徒に及ぼす影響をしっかりと理解させ、反省と謝罪をさせる。また、被害者等に報復などを行わないよう指導する。
エ 加害生徒の保護者に対しては,事実を伝え、今後の指導における支援を約束し、生徒への指導の協力を依頼する。
オ 事実確認した内容は、必ず,加害者本人に書かせて記録を取り保存する。また、事情聴取においては、以下の点に注意して実施する。
・複数の職員で実施する。
・時間、場所においては,加害者の負担にならないよう十分に配慮する。
・休憩や食事を適切な時間に行う。
・威嚇的な発言や暴言は絶対に行わない。
カ いじめに対する情報や指導内等について学校全体で共有し、今後の対策に生かしていく。また、被害生徒及び保護者、加害生徒及び保護者にも事実を通知していく。

第5 ネット上のいじめへの取組
8 ネット上のいじめへの取組
ア 生徒・保護者・教職員がネット上のいじめの特殊性や危険性を十分に理解する。
イ メールやブログ、SNSなどのいじめに対する対処等について、学習する機会を設ける。

第6 重大事態への対処
9 重大事態への対処について
 いじめにより当該生徒の生命、心身または財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めた場合、ならびいじめにより当該生徒が相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認められる場合等の重大事態が発生した場合においては、速やかに精密な調査を実施し、事実関係を明確に把握する。
(1)学校内への連絡体制、及び対応は次の通りとする。
・発見者 → 担任 → 学年主任 → 生徒指導主事 → 教頭 → 校長
(2)教育委員会への連絡体制は次の通りとする。
・校長→学校安全保健課。第二報以後は、指導課とするが,内容によっては、特別支援教育課もしくは体育課とする。
(3)重大事態の場合、必要に応じて所轄警察署への連絡を速やかにためらわず実施する。(千葉西警察署 043-277-0110)
(4)重大事態の場合、初動対応が重要であり、関係職員を中心として組織として対応する。

第7 組織
10 いじめ防止等の対策のための組織
 本校では、生徒指導・教育相談連絡会を設置し、いじめに関する様々な事案の対応をする。
(1)構成
 校長・教頭・各学年主任・スクールカウンセラー・養護教諭・特別支援教育コーディネーター・生徒指導主事・各学年担当者
(2)情報交換会
ア 情報交換,防止対策等の協議を随時行う。緊急を要する事態が発生した場合は、速やかに臨時の情報交換会を実施し、対応を協議する。
イ 必要に応じて、関係者を加え実施する。

第8 公表・点検・評価
11 いじめ問題に対する公表、点検、評価について
(1)学校いじめ防止基本方針を学校ホームページに公表し、保護者・地域に協力と理解を得られるように努める。
(2)学校いじめ防止基本方針の内容について、改善点がないかどうか全職員で毎年点検・話し合いをし、対応していく。
(3)いじめに関する取組について、全職員・生徒・保護者が評価できる体制をつくる。

(「平成29年度制定千葉県いじめ防止基本方針」に基づき平成30年10月改訂)
PDFダウンロード