校訓


研学愛理  ・  互助信頼  ・  自主明朗

 

校歌


作詞:高梨義雄
作曲:村上正治

 1 ここ北総の空高く
    ベルトのうなり 焼く鋼(かね)の
  焔(ほのお)かいなに 飛び散りて
    研学愛理の星となる
  我らが母校自治の園
    世にさきがけて 道ひらく

2 ここ江戸川の清流に
    遊ぶ平和の 都鳥
  電波にのりて 天(あま)かけり
    互助信頼の羽をうつ
  我らが母校自治の園
    名も輝きて 今ひろし

3 ここ葛飾の松風に
    かざす工(たくみ)の のみの音
  バンドの鋸(のこ)と ひびきあい
    自主明朗の 世を築く
  我らが母校自治の園
    理想の光 今におう
 

校章

校章の由来


 昭和23年に千葉県立市川工業高等学校と改まったとき、市川市立工業学校の校章を大きく変えない方針で新校章を作ることとなった。 

 元の校章は工業の文字を中央縦書にし、業の字の両側に右書きで市川の文字を下側を半円形に囲んであった。工業を工高に変え市川の文字を左書きに改め市と川の下端を細くして中央でつないだ。発展・向上を象徴するとともに江戸川の流れを形容して下からややふくらみを持たせながら上方に進展する形とした。