ホーム > 昴 News(最新情報) 

Theme

Topics2017
12345
2018/01/19new

2学年一般入試説明会

| by 教頭
 本日の放課後、代々木ゼミナールから講師を招いて、2年生を対象
に一般入試説明会を実施しました。
主に大学進学を志望している
160名ほどが参加し、講話に耳を傾けました。

 来年度のセンター試験まで、ちょうど今日から365日。大学入試
のシステムや一般入試に臨むための勉強法など、受験生としての基礎
知識を学び、いざ出陣!の思いを新たにした生徒も多かったのではな
いでしょうか。
 
17:29
2018/01/18new

小論文模試実施

| by 教頭
 本日、1、2年生は、5時間目のロングホームルームに進路指導
の一環で、小論文の模擬試験を行いました。
 思考力・表現力重視の流れの中で、文章表現力は進学や就職に向
けて、ますます重要性を増してきています。特に2年生は、来年度
の進路決定を前に真剣な表業で取り組んでいました。
 
17:48
2018/01/17new

第3回開かれた学校づくり委員会開催

| by 教頭
 本日の午後、今年度3回目となる「開かれた学校づくり委員会」
を開催しました。
 PTAや地域自治会、大学や外部機関等から7名の委員の方々に
御出席いただき、授業見学や学校評価アンケートの結果をもとに、
本校の現状や今後のあり方について率直な協議をしていただきま
した。
委員の方々からいただいたお褒めの言葉やアイデアを参考
に、今後もよりよい学校づくりに専心していきたいと思います。
 

 
授業を見学していただいた後、別室で委員の方々の御意見を
うかがいました。

17:58
2018/01/15new

市川市消防出初式

| by 教頭
 1月6日(土)、大洲防災公園で開催された市川市消防出初式に
本校吹奏楽部が招かれ、演奏とカラーガードの演技を披露しました。
 天候にも恵まれ、公園の多目的広場を埋めた市民の皆様から大き
な拍手をいただくことができ、吹奏楽部にとってもよい経験になりました。

 
17:11
2018/01/12

スクールカウンセラー面談日のご案内

| by 教頭
 以前にもご案内しましたが、本校はスクールカウンセラーの
配置校となっており、3学期のカウンセラー来校日は以下の
とおりです。
 保護者の皆様のご相談も受け付けておりますので、ご希望が
あれば養護教諭、担任、部活動顧問を通じてご予約をお願いし
ます。
【1月】15日(月)  9時~15時 
    22日(月)  
9時~15時
    
29日(月)  9時~15時
【2月】 2日(金) 11時~17時
    20日(火) 11
時~17時
    
26日(月) 11時~17時
【3月】 5日(月)  9時~14時
    12日(月)  
9時~14時
    14
日(水)  9時~15時




 
17:42
2018/01/11

1学年修学旅行事前学習

| by 教頭
 本日の6時間目、1学年ではロングホームルームの時間を
利用して、来年度実施する修学旅行の事前学習を行いました。
 旅行先の沖縄に関するクイズのクラス対抗戦です。生徒
たちは、沖縄についての知識を学びながら、クイズの正解に
一喜一憂するという、楽しい事前学習となりました。
 
わからない答えはクラスの仲間に聞きに走ります。
 
解答パネルを挙げて、正解したクラスは大喜びです。
17:14
2018/01/10

賞状伝達式

| by 教頭

昨日行われた賞状伝達式では、次の部活動及び生徒が表彰
されました。
よくがんばりました、おめでとう。今後も技能
の向上のために精進してください。

   

<男子テニス部>

・平成29年度千葉県高等学校新人テニス大会第10
    地区テニス大会

    男子団体第4位

  男子シングルス第5位 井上 拓海

  男子ダブルス第5位  井上 拓海

             堂園 玲雄

  ・第42回ジュニアサマーテニストーナメント 

    16歳以下男子シングルス準優勝 井上 拓海
 
 <女子テニス部>

・平成29年度千葉県高等学校新人テニス大会第10
    地区テニス大会

  女子団体優勝

    女子シングルス第5位 高杉 彩由実

       同   第6位 蓑崎 珠利

    女子ダブルス第3位  高杉 彩由実

               蓑崎 珠利

       同  第4位  上谷 実優

               渡邉 知優

             

<ウエイトリフティング部>

  ・第72回国民体育大会ウエイトリフティング競技

   少年男子77㎏級クリーン&ジャーク第8位 榎本 星矢

 

<吹奏楽部>

  ・第43回千葉県アンサンブルコンテスト

    打楽器六重奏金賞

    管楽八重奏銀賞

    金管八重奏銅賞

  ・第14回日本管弦打楽器ソロ・コンテスト

    高校生部門金管楽器の部金賞 常泉 友里

    埼玉県知事賞        常泉 友里

 


17:40
2018/01/09

第3学期始まる

| by 教頭
 本日、リニューアルした体育館で、第3学期の始業式を
開催しました。
 校長先生からは、自らの目標を達成するための前向きな
気の持ちようについて、お話がありました。
 また式の後、賞状伝達式と「第1回カラーガード・マー
チングパーカッション全国大会」に出場する吹奏楽部員の
壮行会を行いました。

          校長式辞

  カラーガードの演技を披露する吹奏楽部員

     生徒会長からの激励の言葉 
17:39
2018/01/04

体育館で初練習

| by 教頭

 年末年始の休みが明けて、改修工事を終えた
体育館で部活動の練習が始まりました。
 昨年末には若手男性職員3人がワックスがけ
をしてくれたので、床もピカピカです。
 
17:22
2018/01/01

謹賀新年

| by 教頭

00:01
2017/12/28

第63回青少年読書感想文千葉県コンクール入選作

| by 教頭

 標記のコンクールにおいて、本校1年生の大村遥さんが佳作に入
選しました。先日、全校生徒の前で表彰されたところですが、本日
は受賞作の全文を掲載します。題名は「生きる意味を探して」。
「ストロベリーライフ」(荻原浩 作)という作品を読んでの感想文
です。
                             

            生きる意味を探して
 私は普段生活をしていて、どうして自分は生まれてきたのだろう、
生きている意味は何なのだろう、と疑問に思う事があります。自分
なりに考えても答えが出てきたことはありません。そのため、意味
が存在しないのであれば、たとえ今死んでしまっても何も変わらな
いのではないか、そう感じていました。
 そんな私に高校一年生の夏休み明けに大きな出来事が起こりまし
た。同級生が亡くなったのです。自殺でした。その同級生は、中学
の頃同じクラスで面白いことを言ってクラスメイトを笑わせ、とて
も勉強ができていたので目立っていました。そんな人がどうして自
らの死を選んだのか今でも理由はわかりません。そんな時「ライフ」
という単語に惹かれてこの本を手に取りました。
 東京で恵介はクリエイターの仕事をしていました。ある日、静岡
の実家で苺農業をやっている父親が倒れてしまいます。恵介は戸惑
いながらも父親が残した農業をやることにします。
 子どもの頃恵介は、農業はちっとも楽しそうではない、自分を生
かせる仕事がしたい、と思っていました。土まみれの作業服で朝か
ら晩まで地べたを這いつくばる仕事なんてやりたくない。もっとか
っこいいと思われるような仕事をしたいと、農業を継がなかったの
です。
 しかし、農業を実際にやることで、農業が楽な仕事ではないと気
づき、恵介は父親の仕事をかっこわるいと思っていたことを後悔し
ました。そして恵介は苺は生き物だということに気づきます。確か
にそれはすごく当たり前のことで、誰でも知っているかもしれませ
ん。しかし「苺を育てる=生き物を育てる」なら、自分の都合で生
きている苺を殺すわけにはいかないし、軽い気持ちでたくさんの生
物の命を守ることなどできません。自分でもわからないうちに、苺
を守るため農業をしなければならないと感じていたのだと思います。
たくさんの命を守り育てることに生きがいを感じたのではないので
しょうか。
 恵介は目指していた苺を作り出すことができた時、これが自分が
生まれてきた意味だと気づきます。クリエイターで賞を取った時に
は感じなかったのに、なぜ苺を作り上げた時には感じたのでしょう。
クリエイターも農業も同じ「作る」という仕事なのに。きっとそれ
は、クリエイターは自分自身で思い描いたものが作れるし、直した
い点があれば修正がしやすいからです。農業の場合は自分の思い通
りにならないし、気温や湿度など自然を相手にするので、その年は
上手くいった育て方でも次の年は同じ方法ではうまく育たないかも
しれません。父親の作るような苺を作るために、農業経験が全くな
い恵介は父親の苺ノートと『いちご白書』を参考に日々苺につく害
虫や苺の病気と闘い、毎日をとにかく必死に苺のためだけに生活し
ます。生き物や他の農家の人達と関わり合いながら苺を育てる毎日
の生活の積み重ねは、これまでオフィスでパソコンと向き合い、メ
ールや電話だけでクライアントとつながりあうクリエイターの仕事
とは全く違います。自分自身がきちんと人や自然と向き合い、何か
をつくりあげようと努力したことが彼の生きがいにつながったよう
に思います。
 私はいつ生きている意味が分かるのか、生きている意味はなんな
のか、想像もつきません。ただ、私の今までの小さな積み重ねや私
の全てが生きている意味につながるのだと思います。だから、今は
生きている意味はわからなくてもいいのだと思いました。いつか生
きる意味がわかるその日、私は自分のやってきた行動や思ってきた
こと、様々な私の出来事が私をつくりあげてきたのだと気づくのだ
と考えました。だから私はそのいつかわかる日まで毎日を大切に生
きたいと思います。そして、一つ一つきちんと向き合い、自分の意
思を持って行動したいと思いました。生きている意味がどんなもの
になるのかは今の自分次第になると思うので、よりよいものになる
ように、毎日の経験を大切にしていきたいです。
 自分自身で死を選んだ友人を思うと、今でもとても悲しくなりま
す。告別式に行った際友人のために泣いている人がたくさんいまし
た。こんなにもあなたを思っている人がいたのだと伝えてあげたい
です。
 つながりが見えなくても人はいろいろなところでつながりあって
います。様々な経験、様々な人との関係性、その全てが私をつくっ
ています。一人で考えていると、一人で生きているような気持にな
るけれど、人と人との関係性の中で細くても必ず誰かとつながって
いるのだと思いました。人と人との関係性の中で、私は私の生きて
いる意味を見出すため、今目の前にあることに一生懸命取り組みた
いと思います。(了)

17:42
2017/12/27

体育館 完成間近

| by 教頭
体育館の天井工事も終了し、残すは検査を待つばかりです。
経年劣化でややくすんでいた入口ドアも、色を塗り直し、
新年を迎える準備が進行中です。


17:30
2017/12/26

吹奏楽部と市川市消防音楽隊との練習

| by 教頭
本日、吹奏楽部が市川市大洲防災公園にて、市川市消防音楽隊との
合同練習会に参加してきました。
 

                          
 

これは、来年1月6日に行われる「出初式」で披露されるそうです。

18:00
2017/12/25

ツーショット

| by 教頭
冬季休業に入り、登校する生徒も限られています。
体育館種目の部活動も、体育館が使えるようになるまで、
もう少しの辛抱です。

      
4階の3年生教室から見える「スカイツリー」は
素敵ですが晴れた日の「富士山」とのツーショットも
見事です。

富士山はもう真っ白です。

17:20
2017/12/22

第2学期最終日

| by 教頭
  本日は第2学期の最終日。終業式及び賞状伝達式を行いました。
   終業式の式辞では、校長先生が小林秀雄の言葉を引きながら
自ら考えることの大切さについて話されました。
 賞状伝達式では、次の部活動や生徒が表彰されました。
【吹奏楽部】
・第59回吹奏楽コンクールA部門 金賞本選出場
・第30回千葉県マーチングコンテスト 金賞
・第23回東関東マーチングコンテスト 銀賞
【書道部】
・第15回和洋女子大競書大会 優秀団体賞
               審査員奨励賞 2-1 樋浦 奈菜
                                                        2-5 山口 蒔温
【演劇部】
・平成29年度千葉県高等学校文化連盟演劇部会第3地区秋季地区発表会
               最優秀演技賞 1-3 松本 美来 
                                      照明賞
【バドミントン部】
・平成29年度千葉県高等学校1・2年生大会第10地区予選会
         2年男子シングルス準優勝 2-4 山川 圭吾
         2年女子シングルス優勝  2-7 今若 友菜
・平成29年度千葉県高等学校新人大会第10地区予選会
           男子団体第3位
           女子ダブルス第3位  2-4  森  風歌
                      2-7 今若 友菜
【ソフトボール部】
・平成29年度宍倉旗争奪千葉県高等学校女子大会
               3位トーナメント準優勝
【部活動以外】
・第63回青少年読書感想文千葉県コンクール高等学校の部
                   佳作 1-1 大村 遥
・平成29年度市川昴高校交通安全標語
                  優秀賞 1-3 東井 夕紀菜
・第111回情報処理技能検定第1級表計算合格
                                                      2-9 有馬 勇介
                                                      3-1 坂入 彩華

17:19
2017/12/21

大掃除

| by 教頭
 本日は全校で大掃除を行いました。
 洗剤を使っての窓ふきや机の脚の埃取りなど、普段時間
がなくてできないところ中心に学習環境の美化を図りました。
 
 
17:26
2017/12/19

薬物、絶対ダメ!

| by 教頭
 本日、全校で「薬物濫用防止講座」を実施しました。
 本来であれば体育館で行うところですが、体育館の改修工事が
完了していないので、放送を通じての開催になりました。
 演劇部の生徒が薬物使用経験者に扮して経験談をリアルに語る
CDを聴取しながら、教室の生徒たちは真剣な表情でワークシート
に取り組んでいました。






17:56
2017/12/18

小学生に書初め指導

| by 教頭
 本日、本校書道部の生徒が顧問教諭とともに市川市立菅野小学校
を訪問し、5年生と6年生の書初めの授業のお手伝いをしました。
 顧問教諭がグループごとに模範書写を行った後、小学生たちが
書写する間を書道部員が巡回しながら、アドバイスを行いました。
 6年生の授業では、会場の体育館中がしんと静まり返って、子供
たちの集中力は見事なものでした。

模範書写を行う本校教諭

小学生に助言する書道部員
17:10
2017/12/15

図書だより 12月

| by 教頭

※ 表紙画像に著作権保護のためカバーをかけています。
17:19
2017/12/14

体育館改修工事ほぼ終了

| by 教頭
 夏休み中に始まった体育館の吊天井撤去工事がほぼ終了しました。
 天井が高くなり明るさを増した体育館で新年を迎えられそうです。

12月14日 天井に注目!

8月25日 工事に入る前はこのような様子でした。
17:48
12345

閲覧者数

since 2016.9.1280721