Thama

インドネシア高校生との国際交流

 本日はアルアザール22チカラン高校(インドネシア)の生徒さんたちをお招きして、国際交流を行いました。高校生13名、先生2名、ガイドさん1名で来校されました。

 校長先生の御挨拶の後、校内参観を行いました。チカラン高校の皆さんは日本の学校に興味津々の様子でした。 

   その後はいよいよ昴高校生徒との交流です。6時間目に書道の体験をしてもらいました。チカラン高校の生徒さんたちに書道を教えるのはもちろん、昴高校の皆さんです。昴高校の生徒たちとチカラン高校の生徒たちは言葉が十分に伝わらないながらも、あっという間に打ち解けていました。昴高校の生徒にとっては、英語で書道について説明するという、普段なかなか経験することができない体験をすることができました。書道の授業では自分で選んで書いた文字を使って、オリジナル団扇を作りました。チカラン高校の皆さんにとって良いお土産になったと思います。 

 

 その後は改めて生徒会役員の皆さんによる歓迎式です。歓迎式では、両校の代表生徒挨拶の後記念品交換を行いました。生徒会役員の皆さんは、チカラン高校の皆さんの心のこもったプレゼントに感激をした様子でした。校長先生とチカラン高校の先生による署名交換を行い、お互いの交流を確認しました。

 その後は会場を音楽室に移して吹奏楽部によるウエルカムコンサートです。素晴らしい音色を響かせてくれた吹奏楽部へのお返しとして、チカラン高校の代表によるダンスが披露されました。こちらのダンスも大変素晴らしく、昴高校の生徒達もすっかり魅了されていました。

校長先生とチカラン高校の先生による記念品交換が行われ、その後にみんな揃って記念撮影を行いました。 

 そしてお別れの時がやってきました。最後は昴高校の生徒たちがアーチをつくってチカラン高校の生徒さんたちに感謝の気持ちを伝えながらお別れをしました。

  両校の生徒たちにとって、とても素晴らしい経験となった国際交流でした。チカラン高校の皆さんは約4時間昴高校に滞在してくれましたが、あっという間の4時間でした。チカラン高校の皆さん、昴高校へ来てくれてありがとうございました。またいつかお会いできるのを楽しみにしています!