611223

メニュー

トップページ校長挨拶全日制の課程定時制の課程一校1キラッアクセス
行事の様子 >> 記事詳細

2021/01/07

「優しい気配り率の高い学校」を目指して

| by 教頭
 令和3年になって早くも一週間が過ぎました。
各御家庭では、どのように新年を迎えたでしょうか。
 行徳高校では、本日、
無事に3学期の始業式を行うことができました。
最近の新型コロナウイルス感染の急激な拡大を考えると、
いつ、どのようなことになっても不思議ではありません。
改めて、各御家庭の御協力に感謝申し上げます。
 本日の始業式も放送で行われました。
校長先生の講話では、再度
「優しい気配り率の高い学校」を行徳高校の新しい特徴にしたい、
という話をされました。
 例として、電車の中で具合の悪そうな人を
自分だけでなく、周りの人の協力を得ながら介抱した
逸話を紹介してくださいました。
 「いざ、という時の行動力」を身に付けている人に
私も近づきたいと思いました。

 ちなみに、私は、2学期の終業式で紹介された
「横断する際に止まってくれた自動車に礼をする」ことを
実践しています。
 「誰かに感謝する」と、何故か、自然と心が温かくなります。
「誰かに親切にする」ことより、ずっと簡単です。
是非、本校生徒にも経験して欲しいですね。
 (今日は、文字ばかりで、すみませんでした)
17:05 | コメント(0)
100674