389975

メニュー

トップページ校長挨拶全日制の課程定時制の課程一校1キラッアクセス
行事の様子 >> 記事詳細

2019/07/16

1年生対象に就職支援事業が開かれました

| by 教頭
本日、7月16日(火)は学年行事の日でした。
1学年は就職支援事業の一環として
「企業が求める人物像について」について
企業の方に講演をしていただきました。
今年度は、首都圏を中心に店舗を拡大している
オーケー(株)の人事担当の方と、
現在も活躍をしている本校の卒業生に御来校していただきました。
このスーパーを実際に利用している御家庭もいらっしゃると思いますが、
TBSラジオが毎年6月に実施している
「スーパー総選挙」で3年連続第1位になっているということです。

講演が始まり、まず、進学と就職について
それぞれのメリットについて話してくださいました。


そのあと、「フリーターという選択肢もありますが・・・」
と話を続けました。
私はどのようなことをおっしゃるのか、と思いました。
すると「絶対にやめてください。生涯賃金に大きな差ができます。」
という、力強い言葉。
この言葉だけでも、行徳高校のすべての生徒に伝えたいと思います。

続いて、小売業の仕事内容について説明がありました。
レジをアルバイトで経験している人もいるでしょうが、
スーパーマーケットなどの小売業の仕事は多岐にわたっています。
私たちが、コンビニやスーパーで商品を一つ買うために
どれだけの多くの人が、どれだけのことを考えて、
どれだけのことをしているのか、再認識しました。

そして、講演の最後に、大切なこととして、
1 自己分析をすること(自分が何をやりたくて、何に向いているか)
2 会社の理解を深める事 
の2つを挙げていました。



その次に、本校卒業生から、入社の理由や、実際の仕事内容や、
やりがい、入社して自分が成長したと思うこと等について
話をしていただきました。


講演会後、もう少し詳しい話を伺いました。
私が「今の高校1年生に何を望みますか」と聞いたところ、
「挨拶と返事がきちんとできる事。
そして、相手が何を望んでいるかを理解する傾聴力と
コミュニケーション能力です」という答えでした。
入社試験でも面接が重視されている、という理由がわかりました。

行徳高校の生徒の皆さんは大丈夫ですよね。
17:12 | コメント(0)
48809