538000

メニュー

トップページ校長挨拶全日制の課程定時制の課程一校1キラッアクセス

校長挨拶

学校長挨拶
2020/04/23

令和2年度 校長挨拶

| by 教頭




                                                         令和 2 年 4 月 1 日

令和 2 年度のご挨拶

     千葉県立 行徳 高等学校

     校  長   池 田 浩 二

 

 こんにちは、千葉県立行徳高等学校のホームページにアクセスをいただき、ありがとうございます。

 本校は、昭和49年度に全日制高校として開校、昭和53年度に定時制の課程を設置し、野鳥の楽園となっている新浜の自然環境のもと、創立47年目を迎えております。

 本校は、「学び直し」と「自分探し」ができる学校として、「学校の主役は、生徒である」のコンセプトのもと、生徒一人一人を大切にする教育活動を展開している学校です。

早いもので私が行徳高校に着任して3年目を迎えます。これまでの2年間に種を蒔いてきたことが、ひとつずつ芽を出し、少しずつ成長して、確かな幹を形成するよう、今後も学校職員と地域が一丸となって密に連携し、学校運営をより良い形で推進して参りたいと考えております。今後とも変わらぬご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

さて、この場では本校の現状についてご紹介し、新年度のご挨拶に代えさせていただきたいと思います。

改元年度となった節目の年を、本校のターニングポイントにすべく、昨年度まで様々な改革を講じて参りました結果、行徳高校が大きく変わって参りました。

生徒の学校生活が急速に変化を見せ、授業中は勿論、ホームルーム活動などにおいても、秩序ある落ち着いた雰囲気の中で、笑顔で活発に学校生活を楽しむ姿が見られます。

 今後も学校改革の歩みを一層加速させ、「生徒一人一人を大切にする」とのコンセプトで、地域の期待に応え得る学校づくりを推進して参ります。

 


・  生  徒 が、行徳高校の主人公です。

・ 行徳高校が、生徒の変容を後押ししています。

 行徳高校が、生まれ変わります。

 

以下に、これまでの学校改革の一端をご紹介します。

1 生徒指導体制を強化中 高校生としての生活態度を身につけることの徹底

①昨年度から「授業を大切にする」をテーマに、授業ルールの指導を強化しました。

② 今年度から「正しい制服の着用」をテーマに、身だしなみ指導の強化を図ります。

2 「わかる授業」を追求中  聖徳大学・明海大学と連携し学習指導・進路指導体制

を再構築しています。教員の授業力向上研修を実践中

3「チーム担任制」の導入 2人の担任が協働してクラス経営します。

(担任・副担任制を廃止しました )

4 男女別制服の自由選択制を導入  男女別に定めた制服規定を撤廃し、スラックス

タイプとスカートタイプの制服を生徒・保護者の判断で自由に選択して着用できます。

※ 男女全ての生徒を対象とした制服選択の自由化は、千葉県内では初の試みです。

  校内2ヶ所に更衣室を兼ねて使用できる「誰でもトイレ」を設置

  性別の多様性に配慮した学習環境整備が充実しました。

6 スクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカーの配置(3日/週)

 教育相談体制を強化して、行政や児童相談所などとの連携体制が整備されました。

 

学校見学は、随時受け付けていますので、本校の教育活動と学校教育環境の変化を直接、見て・聴いて・肌で感じていただきたく思います。ご希望の方は、本校にお電話ください。

中学生とその保護者の皆さんのご来校を心よりお待ちしております。


17:03
2019/05/07

平成31年度校長挨拶

| by 教頭

 

 



                            平成31年4月26日

平成31年度のご挨拶

千葉県立行徳高等学校

校 長  池 田 浩 二

 

 皆さま、こんにちは。千葉県立行徳高等学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

 本校は、昭和49年度に全日制高校として開校、昭和53年度に定時制の課程を設置し、野鳥の楽園となっている新浜の自然環境のもと、創立46年目を迎えました。

 今年度は改元を目前に控えており、来月から令和時代が始まります。日本全体における歴史の節目となる今年度を、本校にとっても大きなターニングポイントとなる1年にしたいと考えております。

 さて、早いもので行徳高校に着任して1年間が経過しました。年度当初、職員に実践を促した「前例に縛られず、フラットな視点から学校運営に臨む」については、自らも実践してまいりました。

 その一端をご紹介すると、今年度中に男女別の制服の指定を撤廃し、スラックスタイプとスカートタイプの制服を自由選択で着用できるようにいたします。昨年度より混乱なく導入するための検討を重ねてまいりました。現在はできるだけ早い導入を目指して、男女の体型に応じたスラックス、スカートの販売や新たな制服規定等の環境整備について準備を進めているところです。

 また、今年度は「本校教育活動の見える化」に取り組みます。その手始めとして以下に本校の教育理念における、校長の学校経営ビジョンを紹介します。

 

1 教育理念に対するビジョン

 「生徒一人一人が社会と協調し、自律的に生活できる力を身に付ける教育の実践」

 (1) 学校の主役は生徒である。「全ては生徒たちのために」をモットーに、一人一人を大切にした教育により、生徒にとって学校が楽しい場所になる学校づくりの追求

 (2) 一人前の社会人を育成するため、「指導は厳しく、支援は優しく」をポリシーに職員一丸となって生徒を見守る学校づくりの追求

 (3)地域と密接に繋がって共に生き、地域に愛され、必要とされる人材育成の追求

2 学校経営ビジョンとスローガン

 (1) 生徒の「 やってみたい! を実現させる学校 」であることの追求

   ア Yes You Can Change Now
     ( そうだ、今こそ変われる)

   イ Never Give Up
     (今からでも遅くない、とにかく何かを始めよう)

   ウ Looking For The Future

(未来を探し求める心を持ち、頑張れる場所を見つけよう:輝く自分の発見)

   エ Make Your Drems Come True

(夢を叶える心を持ち、昨日の自分を超えていけ:
                   自分の可能性に挑戦しよう)

 (2) 生徒・保護者にとって「 通いがいのある学校 」であることの追求

ア 入学して良かった(入学させて良かった)と感じる教育

イ 「生徒を褒める・認める・愛情を注ぐ」「生徒に関心を持つ」機会を増やす
     教育

   ウ 「できた・わかった」を実感し、生徒が笑顔になり学校が楽しいと感じる教育

   エ 学校生活に希望を抱ける、居心地の良い学校づくり

 

 職員一丸となって以上を実践して参ります。

今年度は、本校教育の温かさを感じていただく、分かっていだだく1年にしようと思います。中学生と保護者の皆さんには是非とも、本校に足を運んでいただき、ご自分で見て、聴いて、感じていただけるようお願いして、ご挨拶といたします。


11:18
2018/04/19

ご挨拶

| by 教頭
  

         


    ご挨拶                  千葉県立行徳高等学校長  池田 浩二

 

 皆さま、こんにちは。行徳高等学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

 

 今年度から校長として着任しました 池田浩二 でございます。市川市・浦安市で長く暮らしておりますので、行徳高校は私にとっては地元の学校です。縁あって勤務することになり、大変うれしく思っています。本校が地域に根差し、地元の皆さんに愛される学校として、より一層、発展できるよう尽力して参りますので、よろしくお願いいたします。

 

 さて、本校は、昭和49年度に全日制高校として開校、昭和53年度には定時制の課程を設置し、「新浜」と呼ばれ、野鳥の楽園にもなっている自然環境の中、全定併設校として45年間にわたり教育活動を展開しております。

 

 本校は、学び直しのできるきめ細やかな教育を通じて、生徒のやる気を引き出し、学ぶ意欲を伸ばし、「なりたい自分」の実現に向かって前進し続ける、活力みなぎる生徒の育成を目指しています。

 生徒の多様性に応じた「きめ細やかな指導」は、授業にとどまらず、日常の学校生活や行事、部活動、進路指導など学校生活全般にわたっており、丁寧に個々の生徒を支援していく教職員の存在は、本校の宝であり自慢のひとつです。

 

 全日制は3年間、定時制は4年間での卒業と進路実現に向け、生徒・教員が一体となって努力を重ねる「アットホームな学び舎」が、ここにはあります。

最近の生徒たちの様子は、地域行事への参加やボランティア活動などを通じて近隣住民との交流を深めており、人に感謝され、必要とされる喜びを感じて、「優しさ」が育まれています。そうした心の余裕が、落ち着いた雰囲気の中での授業や気持ちの良い挨拶等へと波及し、明るく学校生活をエンジョイして過ごしています。

 

 私たち教職員は、生徒一人一人が「自分を大切にし、仲間を尊重して、共に成長していく心」、「かけがえのない仲間との強い絆を築きながら生きていく心」を育み、豊かな人間性の確立を通じて、誰からも愛され、認められる人材となって実社会に巣立てるよう、個々の生徒を丁寧にサポートして参ります。生徒が描いた自分の夢の実現に向け、失敗してもへこたれないようにしっかり支え、励ましながら応援していきます。

 

 本校に通学可能な中学生とその保護者の皆さん、本校に入学して、皆さんの高校生活とお子様の明るい未来を、一緒に実現していきましょう。

「学び直し」と「自分探し」ができる本校で、一緒に学べることを期待して、皆さんの入学を、心よりお待ちしています。


17:23