541091

メニュー

トップページ校長挨拶全日制の課程定時制の課程一校1キラッアクセス
行事の様子
12345
2020/11/28

11月28日(土)学校説明会が開かれました

| by 教頭
11月28日(土)、穏やかな晴天の下、
今年度2回目の学校説明会が開催されました。

最近、新型コロナウイルス感染症が再拡大しているので、
色々な制限のある中でしたが、
本日も多くの中学生・保護者の方々に来校していただきました。
ありがとうございました。

 【続々と入場する中学生と保護者の方々】



   【検温と手指消毒は機械を使って】


 【中学校ごとに教室を割振りました】


 【間隔をあけて着席】


 全体説明では、学校の特徴、授業方法、クラス分けの方法、進路指導、
入試における選抜評価方法等についての説明がされました。

【校舎内見学で部活動の様子も見学】


       【音楽部 その1】


      【音楽部 その2】

 ドラムスとチューバが増えました。

 全体説明の後は、部活動の様子を自由に見学していただきました。
多くの生徒・保護者の方々が、
色々な部活動の様子を興味深く見学していました。

 体育館では、バドミントン部、バスケットボール部、
男子バレー部、女子バレー部が1/4ずつを使って練習していました。

   【バドミントン部】


   【バスケットボール部】



    【テニス部、ソフトテニス部】

 明日の大会に向けて、他校との合同練習をしていました。

      【個別相談の様子】


 学校の様子、入試のことなど、
より詳しい内容を聞きたい生徒・保護者の方々と
個別に相談しています。

 中学校でも志望校を決定する最終場面に近づいていると思います。
本日の説明会が、少しでも、それに役立つのであれば、幸いです。

 本日は、ありがとうございました。
12:49 | コメント(0)
2020/11/21

自然探査同好会の活動を発表

| by 教頭
 聖徳大学が主催する「高校生の体験発表会」が
11月21日(土)に開催されました。
 例年は、聖徳大学に30校ぐらいが集まり、
それぞれの学校での特徴的な活動を5~6分で発表しています。
今年は、このような状況ですので、開催が危ぶまれましたが、
オンラインで開催していただくことができました。
改めて、聖徳大学の関係した方々に御礼を申し上げます。
 さて、本校は「高校生の体験発表会」に毎年参加していますが、
今年は初めて自然探査同好会が発表することになりました。
HPが頻繁に更新されているので、
その活動状況を御存じの方も多いと思いますが、
本日は、その悪戦苦闘の様子を5分間にまとめて発表しました。

【原稿の読み方を直前までチェック】


【開会式もオンライン】


【他校の発表を見ながら気分を集中させる3人と顧問の三浦先生】


 発表内容は、普段の活動内容の紹介の他、
HPで紹介されているアクアリウムを活性化させるための
様々な困難と、それを乗り越えるための取組でした。
 全くの素人の私でも、
「アクアリウムという小さな世界で行われている様々な戦い」が
生物界の縮図のように感じた、素晴らしい発表でした。

    【発表が終わってホッと一息】


 発表が終わった直後に、それぞれの生徒から感想を聞きました。
今井さん(向かって左)「お疲れさまでした」
 *パソコン上のスライドをクリックするでしたが、
  とても緊張する役割でした。切り替えのタイミング等、完璧でした。
石井君(向かって右)「このような発表の機会をいただき嬉しかった。
    次にこのような機会があれば、
    進化した自然探査同好会の活動内容を発表し、
    興味を持ってもらえたら嬉しい」
 *常に落ち着いて、原稿を読んでいました。
  発表にとても前向きでした。
新井田君(中央)「みんなで協力できて、よい発表ができました」
 *リーダー的役割を担い、色々なプレッシャーがあったと思いますが、
  立派にその役目を果たすことができました。

【自然探査同好会の活動を紹介するポスター】


 本日の発表を見て、改めて
 「行高生の無限の可能性」を感じました。
 磨けば光る生徒たちが、まだまだ、たくさんいるはずです。
その場が、毎日の授業であり、学校行事であり、部活動です。
いつ、どこで、どのような場面で、自分を磨けるか分かりません。
行高生には、その心の準備だけはしておいて欲しいと思います。

 最後に、このような機会を作ってくださった聖徳大学の関係者の方々、
指導してくださった三浦先生に改めて、感謝を申し上げます。
そして、本日のために今まで約1か月、長い時間を費やし、
準備と努力をして、素晴らしい発表を終えた
3名の生徒を称えたいと思います。
13:18 | コメント(0)
2020/11/12

1年生対象 進路ガイダンス

| by 教頭
 11月12日(木)、曇天の寒い日となりましたが、
午後に1年生対象の進路ガイダンスが開かれました。
今日は、先週の事前指導を受けて、
大学や専門学校におけるそれぞれの分野で、
実際にどのような勉強をするのか、ということを
それぞれの学校の先生方に説明していただきました。

専門学校を選ぶ際には、特に、
1 カリキュラム(教育課程、授業内容)
2 施設
3 他校との比較
がポイントになる、とのことです。

【調理関係の専門学校の説明】


【旅行関係の専門学校の説明】


【デザイン・イラスト関係の専門学校の説明】


【ゲーム・CG関係の専門学校の説明】


【IT・情報関係の専門学校の説明】


この他、看護、幼児教育・保育、自動車、建築、福祉、美容、
ファッション、医療事務、動物、マスコミ、スポーツなどの分野から、
生徒が自分の興味・関心に合わせて、
2つを選び、説明を聞いていました。

いくつかの教室を巡回したのですが、
共通している点がありました。
1 高校時代の過ごし方
  言うまでもありませんが、
   ・欠席・遅刻をしないこと
   ・しっかりと勉強をすること
  が、大切である、ということです。

2 それぞれの分野で求められている能力が違うので、
  自分が「好き」とか「向いている」
  と感じることを「探す」ことです。

 私は、この「探す」ことが大切だと思います。
自分の進路は、自然に「見つかる」ものではなく、
主体的に「探して」「見つける」ものです。
 1年生の皆さんは、
まだ、自分の将来を描けてない人が多いと思いますが、
「時間が経てば、そのうち見つかる」ことはありません。
考え、悩み、探して、自分の力で見つけるものだと思います。
 焦る必要はありません。
 毎日の生活をきちんと過ごし、周りをよく見ることで、
自分の将来像がきっと見えてくるはずです。

 本日、御来校いただいた先生方、貴重なお話をしていただき、
ありがとうございました。
15:44 | コメント(0)
2020/11/11

PTAによる挨拶運動(目を見て挨拶)

| by 教頭
抜けるような青空の下、
11月のPTAによる挨拶運動が行われました。

  【抜けるような真っ青な空】


 放射冷却のためか、吹く風も冷たく、
少しずつ、冬に向かっているな、と感じられる今日この頃です。

【登校する生徒一人一人に声を掛けるPTAの方々】


 私は、毎日、3年生の昇降口で挨拶をしているのですが、
最近、気が付いたことがあります。
 私は、生徒の表情を見ながら声を掛けていますが、
多くの生徒は、私の声掛けに反応して、少し頭を下げてくれます。
(このことさえも、大きな進歩ですが・・・)
その中でも、何人かの生徒とは、
アイコンタクトを取れるようになってきたのです。
つまり、生徒も私の顔を見て「おはようございます」
と言ってくれるのです。
これは、本当に嬉しいですね。

  【8時35分から40分の登校風景】


 生徒の皆さんの挨拶が、私の毎日のエネルギーになっています。
PTAの方も「大部、挨拶してくれるようになりました」
とおっしゃっています。
 明日もまた、昇降口で挨拶します。
 生徒の皆さんからのエネルギーを待っています。
19:43 | コメント(0)
2020/11/09

3年生の公的年金セミナー

| by 教頭
11月9日(月)、2年生が球技大会とリレーで盛り上がっている時、
3年生は、年金についての勉強をしていました。

 多くの人が、「何故、高校3年生に年金?」と
疑問に思うでしょう。
しかし、年金には、いわゆる「老齢年金」の他に
「障害者年金」や「遺族年金」もあり、
今後、「40年以上も先の話」とは言い切れないのです。

 そこで、「年金について、より良く理解してもらおう」と、
県内の年金事務所から職員の方々が来校してくださり、
各クラスで、年金の仕組み等を説明していただきました。












 最近も、「年金は大丈夫なのか?」ということが
話題になっていましたが、
年金を納入している人の割合が98%もいる、
ということを聞いて、驚きました。
 20歳になったら、誰もが年金を収めることになっているのですが、
特に大学生や専門学校生は、払うことが難しいことが多いと思います。
その際も、きちんと手続きをする必要がある、
ということを学んだのではないでしょうか。

 職員の方からの説明が終わったのち、質疑応答の時間が取られました。
通常は、何もなく終わる質疑応答ですが、
本日は、「各クラスでたくさん質問をしてくれた」
ということを喜んでくださっていました。
説明をしてくださった職員の方々からも
「生徒がとても熱心に聴いてくれました」と感謝されました。

 一つ、一つ、社会の仕組みを理解していき、
立派な社会人になっていくのですね。

 日本年金機構の職員の方々、
本日は貴重な話をしてくださり、ありがとうございました。
16:48 | コメント(0)
2020/11/09

2学年の球技大会

| by 教頭
11月9日(月)午前中授業+保護者面談最終日ですが、
2年生が「体育祭等の代替行事」として企画した
球技大会が開かれました。

昨日のポカポカ陽気から一転、
肌寒い一日となりましたが、
生徒たちは、それぞれに球技大会に臨んでいました。

 体育館では、バスケットボールがクラス対抗のリーグ戦です。
       【男子の部】


         【女子の部】



 グランドではサッカーのリーグ戦が行われていました。
      【男子の部】


    【女子の部】

 
  キーパーのナイスキャッチです。

 時間の都合で、最後まで見られませんでしたが、
最後は、クラス対抗のリレーが行われて、
大盛り上がりだったようです。

 やはり、スポーツに参加したり、見て、
喜んだり、興奮したり、悔しがったりすることは
大切ですね。
 今日のエネルギーを明日に繋げましょう。
16:28 | コメント(0)
2020/11/08

中学生向け部活動体験入部会が開催されました

| by 教頭
「小春日和」という言葉がぴったりの11月8日(日)、
本校で初めての試みとなる「部活動体験入部会」が
開かれました。

バドミントン部に4名、バスケットボール部に5名
ソフトテニス部に5名、サッカー部には22名の中学生が
参加しました。

         【バドミントン部】
   《受付の際に検温と手指消毒を忘れずに》


       《始めの挨拶》


     《中学生に丁寧に指導しています》


    《高校生に交じって実践的な練習》


      【バスケットボール部】
         《始めの挨拶》


     《高校生に交じって基本練習》


《やや複雑な練習も高校生の指導を受けながら》


       【ソフトテニス部】
     《まずは基本的なストローク》


 《ストロークの際の注意を顧問が説明しています》


     《次に行う練習内容の説明》


         【サッカー部】
   《4人1組になってのウォーミングアップ》


     《少しずつ、実践的な練習へ》


       《終わりの挨拶》


     《グランド整備で練習終了》


 各部活動の顧問の先生方は、それぞれ工夫して
練習メニューを作成していました。

 練習終了後、何人かの中学生に感想を聞いたところ、
「とても楽しかった」「高校生の先輩たちが優しかった」
「行徳高校に入って部活動を続けたい」など
本日の行事は、とても好評でした。

 12月に「第2回 体験入部会」を予定していますので、
予定が合えば、是非、参加してください。
行徳高校の魅力を必ず感じられるはずです。

 本日は、中学生の皆さん、保護者の方々、
そして行徳高校の各部の部員の皆さん、顧問の先生方、
ありがとうございました。
11:45 | コメント(0)
2020/11/05

2年後を見据えて(1年生対象進路ガイダンス事前指導)

| by 教頭
11月5日(木)秋晴れの気持ちの良い午前中、
聖徳大学から4名の先生方を迎えて、
進路ガイダンスの事前指導を行いました。

来週12日(木)には、
先日、2年生で実施したように、
様々な専門学校や大学の先生に
「この分野では、このようなことを学びます」
というガイダンスをしていただく予定ですが、
その前段階として、
1 高校卒業後の進路希望を決めるには何が必要か
2 就職するとは?
3 専門学校とは?
4 大学・短大に進学するには?
というテーマで、話をしていただきました。

【ソーシャルディスタンスを確保して体育館に集合】



【卒業後の進路を決めるためには?】


 お話をしてくださった先生は、元英語の教師です。
英語を勉強したいので「英米文学科」に進学しました。
ところが、実際の勉強は、英語を話したり聴いたりすることではなく、
「英語で書かれた文学を読む」ことでした。
「調査不足を後悔した」と、おっしゃっていました。
まずは、志望先を調べることです。
オープンキャンパスや、会社訪問、資料請求をした上で、
多くの人と相談してください、とのことでした。

【就職について】


就職には、3つのメリットがあるとのことです。
1 収入が得られる
2 社会的に役に立てる(感謝される)
3 自分を成長させることができる

現在、非正規社員も多いとのことですが、
正規社員との差は大きく、
やはり、正社員を目指して欲しいとのことです。

今からできることとして、
1 遅刻・欠席をしない
2 部活動を頑張る
3 資格等を取得する
ことを挙げていました。

以上の内容を全体で確認した後、
専門学校を希望する生徒と
大学・短大を希望する生徒に分かれました。

【専門学校希望者】


専門学校にも2種類あるということです。
認可校を卒業すると、きちんと学歴に加えられることはもちろん、
通学定期券や様々な学割や奨学金等の
経済面でのメリットも大きいです。
また、2年間の専門学校を卒業した後、
大学3年生へ編入学できる可能性もあるとのことです。
もう一つの無認可校には、
このような特典はありません。
専門学校を選ぶ際には、この点も考慮する必要があると思います。

実際、専門学校で何をするのでしょうか?
一言で言えば、職業に直結した技術を身に付ける学校です。
ですから、一日中、専門分野(とそれに関わる分野)の
座学、実技を含めた勉強をします。
ですから、相当強い意志が必要だとのことです。

       【大学・短大】


専門学校の話の後に大学・短大の話を伺うと、
「全く別の学校の種類だ」と感じました。
大学では「何故?」を自分に問い続け、
「自分で答を見つける」ことが大切だ、とのことです。
そして、色々なことにチャレンジして、
失敗することだ、とも仰っていました。
日頃から、新聞を読み、ニュースを見ることが大切、
との言葉は、正に、
世の中への視野を広げるために必要だと思いました。

さて、1年生の皆さんは、今日の事前指導をとおして
どのように感じたでしょうか?
来週の進路ガイダンスを一層意味のあるものにするために
今日、学んだことをもう一度振り返ってください。

聖徳大学の先生方、貴重なお話をしていただき、
ありがとうございました。
15:52 | コメント(0)
2020/10/25

2の0乗は、いくつ?

| by 教頭
10月23日(金)小雨の降り続く中、
今年、千葉県の数学科の教員として採用された先生方が
県内各地から集まりました。
目的は、同じく、今年採用された
数学科の角田先生の授業を見学して、授業力向上の研修をするためです。

研究授業に先立ちまして、10時から開講式が視聴覚室で行われました。

      【主催者挨拶】


      【会場校 校長挨拶】


 開講式後は、研究授業に先立ちまして、
「生徒指導と授業の関係」「学習意欲を高める授業方法」
について、先生方の研究協議が行われました。

 【経験を基に 意見交換をする先生方】


 その後、本校の授業の様子や学年室での生徒指導の様子を
見学していただいた後、いよいよ研究授業です。

 テーマは「指数が0や負の整数の意味を理解し、
計算ができるようにする」ということです。
(指数とは、「3の2乗」や、「4の3乗」というときの
「2乗」や「3乗」の「2」や「3」の数字のことです。
3の2乗とは、3を2回掛けることで、答えは9。
4の3乗は、4を3回掛けることですから、64ですね。
そこで、今日は、
「2を0回掛ける」、「2をマイナス1回掛ける」
ことの意味を理解し、計算できるようにすることが目的です。

    【授業開始前の様子】


 【落ち着いて 授業を始める角田教諭】


 私は、校務の関係で、全てを見学することはできませんでしたが、
きっと、生徒の興味と関心を喚起する授業ができたのではないかと
思います。
 午後には、角田先生の授業について、様々な協議が行われました。

 本日の授業の内容は、私が高校時代にも扱っており、
その答に愕然としたことを覚えています。
 ちなみに、2の0乗は1。3の0乗も1、100の0乗も1です。
 2のマイナス1乗は1/2 2のマイナス3乗は1/8 です。 
 何故?と思いますよね。
 数学から長らく離れている私でも覚えている、この考え方が
数学の面白みだと思います。
 次の授業では、どんな驚きがあるのでしょうか?
09:30 | コメント(0)
2020/10/22

夢の実現に向けて(2年生向け進路ガイダンス)

| by 教頭
2学期中間試験も無事に終了し、
本日、10月22日(木)から授業が再開されました。
5・6時限目のLHR・総合的な学習の時間の時間を使って
2年生向けに進路ガイダンスが開かれました。

この行事は、毎年、実施しているのですが、
今年は特に、このような状況下ですので、
実施が危ぶまれましたが、
各大学様や専門学校様、進路指導部の尽力により
無事、開催されました。

本日も、多くの大学と専門学校の方々に来校いただき、
各分野で学ぶことの喜びと楽しみ、そして、大変さを
紹介していただきました。

【PC室でマルチメディア関連の仕事についての説明】


【ドッグトレーナー等を目指す専門学校】


【自動車の整備士を目指す専門学校】


【美容師を目指す専門学校】


【理系の大学への進学を目指す生徒達への説明会】


【理学療法士を目指す専門学校】


【調理師を目指す専門学校】


【観光・ホテルのスペシャリストになるための専門学校】


【美術・デザインを学ぶ専門学校】


その他、体育系、公務員、建築、保育、介護等
様々な分野の専門学校から講師の先生が来校し、
本校生徒の興味を喚起するよう、
いろいろと工夫をしたガイダンスを展開してくださいました。

本校生徒は、自分の将来を具体的に描くことができたでしょうか?
来年の今頃には、
多くの生徒が自分の進路の方向性は決まっているはずです。
今から、自分の将来について、本格的に考え始めても
決して早すぎることはありません。

「自分は何ができるか」「何をしたいか」
この質問の答えは、
自分自身を見つめなおし、自分を知り、
真剣に考え、悩まないと、見つかりません。
なるべく多くの人と話をしてください。
そして、大切な事は、「選択肢を狭めすぎないこと」だと、
ある先生がおっしゃっていました。

広い視野で、世の中を見渡せるようになりましょう。
18:07 | コメント(0)
12345
87223