589536

メニュー

トップページ校長挨拶全日制の課程定時制の課程一校1キラッアクセス
行事の様子
12345
2021/02/18

校長先生、1学年・2学年主任からの講話

| by 教頭
 2月18日(木)本日は
今年度最後の6時間授業の日です。
明日から入学者選抜関係で授業がカットされたり、
臨時休校になったりとします。
それが一段落すると、卒業式、期末試験です。
 このことを踏まえて、1年生と2年生に対して、
校長先生と各学年主任から話がありました。
校長先生は、
「行徳高校が変わった、と言われることが
今年度になって、増えている。
今まで、みんなが頑張ってきた成果である。
来年度になれば、『比べられる対象』になる。
改めて、入学時の初心を思い出してほしい。」
と言う話をされました。
 学年主任の先生は、
今後の学校生活の過ごし方の注意、
特に、進級に係る大切な試験に向けて、
改めて、気を引き締めるように、と旨の話がありました。

 これからの1か月は、本当に早く過ぎていきます。
改めて、1日1日を大切に生活して欲しいと思います。
17:16 | コメント(0)
2021/02/17

「スカートは嫌」朝日新聞に記事が掲載されました

| by 教頭
 本校の制服選択制についての記事が、
令和3年2月17日(水)
朝日新聞の夕刊に掲載されました。
R30217 朝日新聞.pdf

 本校の取組が広く知られて、
本校のより良い理解につながることを
期待しています。

 Yahoo ニュースやテレビでも取り上げられたそうです。
19:37 | コメント(0)
2021/02/05

誰もいないはずの3年生の教室で行われていたのは?

| by 教頭
2月5日(金)
随分、春の日差しを感じられるようになりました。
3年生が自宅学習期間に入り、2日目です。
3年生の教室の様子を見ると、
そこには、驚くべき光景がありました。

【3年生全ての教室の机と椅子が廊下に出されています】


【何もない、広々とした教室】


3年生の先生に聞くと
「1時過ぎから床にポリッシャーを掛けます」
とのことです。
面白い記事が書けそうだと思い、
1時30分頃、教室を覗くと・・・

【教員と生徒がポリッシャーを掛けています】


   【生徒だけでも頑張っています】


 「自分たちがお世話になった教室をきれいにしたい」
という気持ち、すごく良くわかります。
聞くところによると、3年生のすべての教室をきれいにする
とのことです。
 このような気持ちを大切にしたいですね。
21:01 | コメント(0)
2021/02/03

明日から3年生は自宅学習期間に入ります

| by 教頭
2月3日(水)立春
抜けるような青空が広がり、
春の日差しを感じられるようになりました。
 今日、3年生は少し遅れた3年生の3学期末考査
(いわゆる、「卒業試験」)が終わりました。

 朝の登校指導での生徒の様子も
心なしか、にこやかで晴れやかな表情をしていました。
 今後は、3年生の年度末の成績を出して、
2月8日(月)の卒業認定会議に向かいます。

 明日から、3年生は自宅学習期間に入ります。
あくまで、「自宅学習」です。
非常事態宣言が延長されたこともありますが、
常に学校と連絡が取れる状態を作っておいてください。
 大学や専門学校に進学する人は、
学校から出された課題にしっかりと取り組んでください。
提出が求められている場合は、期限を守って必ず提出すること。
(提出しないと、合格が取消されます)
 また、体調不良等を感じた場合は、
必ず、学校に連絡してください。
 くれぐれも、事故のないよう、気をつけて、
この期間を過ごしてください。
18:40 | コメント(0)
2021/01/20

1月20日(水)全校再開

| by 教頭
 1月20日(水)大寒の日、青く澄み渡る空の下、
3年生の元気な声が行徳高校に戻ってきました。
私も久々の3年生の登校指導に当たりましたが、
生徒の表情が、とても晴れやかなのが印象的でした。
 ただ、油断は禁物です。
 マスク着用、手指消毒、3密の回避等の呼びかけをとおして
感染防止対策は引き続き行っています。

【昇降口付近での検温と手指消毒、問診の様子】


【拡声器でマスク着用を呼び掛ける学年主任】


【SHRで担任から感染防止の注意】


 3年生は、学年末考査まで、あと2週間。
勉強の遅れを取り戻すと同時に、
残り少ない高校生活を充実した日々にしてください。
19:10 | コメント(0)
2021/01/07

「優しい気配り率の高い学校」を目指して

| by 教頭
 令和3年になって早くも一週間が過ぎました。
各御家庭では、どのように新年を迎えたでしょうか。
 行徳高校では、本日、
無事に3学期の始業式を行うことができました。
最近の新型コロナウイルス感染の急激な拡大を考えると、
いつ、どのようなことになっても不思議ではありません。
改めて、各御家庭の御協力に感謝申し上げます。
 本日の始業式も放送で行われました。
校長先生の講話では、再度
「優しい気配り率の高い学校」を行徳高校の新しい特徴にしたい、
という話をされました。
 例として、電車の中で具合の悪そうな人を
自分だけでなく、周りの人の協力を得ながら介抱した
逸話を紹介してくださいました。
 「いざ、という時の行動力」を身に付けている人に
私も近づきたいと思いました。

 ちなみに、私は、2学期の終業式で紹介された
「横断する際に止まってくれた自動車に礼をする」ことを
実践しています。
 「誰かに感謝する」と、何故か、自然と心が温かくなります。
「誰かに親切にする」ことより、ずっと簡単です。
是非、本校生徒にも経験して欲しいですね。
 (今日は、文字ばかりで、すみませんでした)
17:05 | コメント(0)
2020/12/23

12月23日(水)その3 生徒会認定証交付等

| by 教頭
 放課後には、写真部生徒に賞状が授与され、
生徒会本部役員生徒達に、認定証が交付されました。

【校長先生から写真部生徒へ賞状が授与されました】


 受賞した写真は、「広報 行徳」の最終ページに載っています。
 中央にある雲の形がハートマークになっていますので、
お手元に届き次第、御確認ください。

 次に、生徒会本部役員への認定証の交付です。

     【生徒会長への認定証の交付】


  【交付の順番を待つ生徒会本部役員たち】


  【校長先生から励ましの言葉】


  【生徒会本部役員生徒たち】


 本校の生徒会は、校内だけの活動にとどまらず、
地域の方々と交流し、貢献する機会が多いのが特徴です。
 この生徒たちが中心になって、
行徳高校が、もっと魅力的な学校になり、
行徳高校が、地域の一層の活性化に役立つ学校になることを
楽しみにしています。
20:32 | コメント(0)
2020/12/23

12月23日(水)その2 LHR

| by 教頭
 終業式の後は、各クラスでのLHRです。
 本校でのLHRの様子は、以前もお伝えしましたが、
第1担任、第2担任が協力して運営します。
 主に、第1担任が通知表を生徒に渡しながら、
その学期の様子を振り返りながら、
次学期に向けたアドバイスをしています。
 通知表を教室内で渡すのが通常だと思うのですが、
本校では、廊下で渡している場合が多いです。
特に、2学年は全クラスが廊下で渡していました。

【生徒は一人一人、通知表とアドバイスをいただきます】


【2年生では全てのクラスが廊下で通知表を渡していました】


   【3年生は特にじっくりと】


【教室内では通知表を見せ合っています】


【他のクラスでも】


【通知表を受け取った後は担任の先生の話】


約2週間の冬休みです。
くれぐれも、コロナ感染に気をつけて
楽しい冬休みにしてください。
そして、良い年を迎えてください。
20:16 | コメント(0)
2020/12/23

12月23日(水)その1 放送による終業式

| by 教頭
 澄み渡る青空が広がる12月23日(水)に
第2学期の最終日の行事が放送で行われました。

   【雲一つない青空】


まずは、生徒会本部役員認証式です。
本来であれば、
体育館の壇上で認定証を校長先生から
一人一人に渡していただくところですが、
今年は、放送にて役員を紹介した後、
校長先生から認証をしていただく、という形を取りました。
(放課後に、校長室で認定証を授与していただきましたが、
その様子は、改めて報告します。)

 次に、賞状伝達式に移りました。
写真部の生徒がコンテストで入賞したことが紹介されました。
(放課後に、校長室で改めて賞状が授与されました。
この様子も、後程。)

 そして終業式です。
 校長先生からは「近隣の学校で感染者が出ている中、
本校から出ないのは、偶然ではない」という話がありました。
生徒による毎朝の時差登校、分散登校、検温、手指消毒、
日常のマスクの着用等をきちんと守っているから、とのことです。
また、御家庭の協力のお陰もあったとおっしゃっていました。
正にそのとおりだと思いました。

 次に「優しい気配りを行高生の伝統的な習慣にしたい」
という話を二つの例を紹介しながら、してくださいました。

 一つは、長野県の横断歩道前で、
自動車が停車する割合が日本一高い、という話です。
 歩行者が横断歩道を渡り切った後、
停車してくれたドライバーに一礼する、とのことです。
なんて、心温まる気遣いなのでしょう。
私も次から実践したいと思います。

二つ目は、本校の生徒のことです。
(この日のことは、今でも鮮明に覚えています)
「県教育委員会から教頭に電話です」との伝言で、嫌な予感。
担当の方から
「行徳高校の生徒のことで、**と言う方から
是非、行徳高校に連絡してください、とのことです」
(苦情電話?)
「新松戸駅で、「行徳」と書かれたリュックを背負った生徒が・・・」
(ますます嫌な予感)
「車内で席を譲ってくれた、ということで
 是非とも感謝の気持ちを伝えたいということで、
 連絡をいただきました」
(えっ?)
「その動作やしぐさがとてもさわやかで高校生らしかった、と言うことです」
(・・・・)

横断歩道の件、電車の席を譲る件、
いずれも、小さなことです。
しかし、勇気のいることです。

本校で、このような「優しい気配り」が伝統的な習慣になって欲しい、
という話を校長先生がしてくださいました。

次に、生徒指導部から
「ネットパトロール」についての話がありました。
インターネットに関するトラブルが増える中、
警察等が危険性のある記事をチェックしており、
何かあれば、学校に連絡が来ている、と言う話です。
特に、人権を侵害するもの(いじめや個人情報)に関しては、
本校生徒も注意してください、との話でした。

 やはり、大切なのは、人を思う心です。
 年末には、何故か、いつも以上に気持ちが優しくなりますね。
18:01 | コメント(0)
2020/12/22

終業式前日の大掃除

| by 教頭
 12月22日(火)日差しはあるものの、
ひんやりとした空気の中、
生徒達は元気に大掃除に取り組みました。

【ドアのガラスを息を併せて磨く2人】


【ドアを外して、隅々まできれいにします】


【机と椅子をすべて廊下に出して、教室の中を磨きます】


【手洗い場もきれいにしてくれました】


    【最後は笑顔でゴミ捨て】


 いろいろとあった一年ですが、
気持ちよく新年を迎えられる準備はできました。
明日は、今学期、最後の登校日。
 きれいになった教室で、気持ちよく最後の一日を過ごしましょう。
18:24 | コメント(0)
12345
95400