国際交流

・オーストラリア短期留学
平成30年度で20回目となります。夏季休業中に約2週間の日程で実施されます。参加を希望した2年次生は、ホームステイをしながら、クイーンズランド州にあるマシューフリンダーズアングリカン高校へと通い、授業や行事に参加します。出発まで約半年間に渡り、現地の生活や日本の文化について研修を重ねています。

・SSH(スーパーサイエンスハイスクール)台湾研修
平成24年度からは「国際性の育成」を目標に文部科学省指定SSH(スーパーサイエンスハイスクール)台湾研修(6日間)が始まりました。これは台湾の学生と英語でコミュニケーションをはかり、研究発表を行う研修です。
 

国際交流報告

国際交流活動報告 >> 記事詳細

2019/07/22

オーストラリア短期留学 2日目

| by 船高06

 07:05 飛行機は定刻より約1時間遅れてブリスベンに到着。「寝ないで映画3本楽勝~」と言っていた人々は半分寝ながら入国ゲートへ向かいます。荷物も無事に受け取り、いよいよ空港の外に出ると、今年お世話になる学校、ウエストモートンのトーマス先生が出迎えてくれました。

 その後はバスに乗り、ブリスベンが一望できるという山の頂上に行きました。
 
 
 

 そしてバスは学校へ向かいます。市内からは約1時間くらいかかったようです(起きたら到着していました)。着いたら、制服に着替えてキャンパスツアーです。

 敷地はとても広大で(推定船高の30倍)、2時間ほど歩き回りましたが、全部は回っていないような気がします。今日だけでは、どこに何があるのか、とても覚えきれません。トーマスがいろいろ説明をしてくれましたが、英語は理解できましたか?
 
 
帽子似合うね!

 
 
 途中モーニングティーと昼食を挟みます。お菓子の袋を見て「これ2000キロカロリーもあるのやば!外国のお菓子太る~」って言っていた女子いましたけど、カロリーじゃなくてジュール表記ですよ、よく見て。
 
季節は冬ですが、昼は20度くらいまで気温が上がります。でも空気が乾燥しているので、嫌な暑さではなく、日陰に入ると涼しく感じました。今日は歩き回ったので、とても暑かったです。

 

 3時にホストファミリーと対面です。ホストが来た人から順次帰って行くのですが、残された生徒の顔から笑顔が消えていきます。自分のホストがどんな人なのか、何を言えばいいのか、不安と緊張が伝わります(眠いだけかも)。それでも、ちゃんと皆挨拶して、帰っていきました。

 
 
 
 
 
 
 
写真が撮れなかった家庭もありました。ソーリー。


20:40 | オーストラリア短期留学