国際交流

・オーストラリア短期留学
平成30年度で20回目となります。夏季休業中に約2週間の日程で実施されます。参加を希望した2年次生は、ホームステイをしながら、クイーンズランド州にあるマシューフリンダーズアングリカン高校へと通い、授業や行事に参加します。出発まで約半年間に渡り、現地の生活や日本の文化について研修を重ねています。

・SSH(スーパーサイエンスハイスクール)台湾研修
平成24年度からは「国際性の育成」を目標に文部科学省指定SSH(スーパーサイエンスハイスクール)台湾研修(6日間)が始まりました。これは台湾の学生と英語でコミュニケーションをはかり、研究発表を行う研修です。
 

国際交流報告

国際交流活動報告 >> 記事詳細

2018/12/26

SSH台湾海外研修 第5日目

| by 船校03
今日の台湾は朝から曇りですが、比較的暖かいです。
さて、今日は3校目の実験高級中学校で最後の交流です。
2年生が私達を迎えてくれ、オープニングセレモニーは日本語による司会進行、挨拶と生徒たちによる合唱を披露してくれました。

セレモニーの後は、講義室に集まり映画のハリーポッターのワンシーンを全員で鑑賞しました。映画の中の「ほうき」にまたがり空中でボールを奪い合うゲーム「クディッチ」を地上で行います。英語によるルール説明があり、日台混合で4チームを編成し対戦しました。みんな全力でグランドを駆け回っていました。

次は生物実験室に集まり、合同で生物の授業を受けました。英語のワークシートを使い実験高級中学の生徒と真剣に議論していました。

昼食は台湾の生徒とともにグループに分かれてとりました。(写真はありません)
昼食後はいよいよ研究発表です。午前の時間が押してしまい、いつもより時間が短かったのですが、実験高級中学の生徒からは鋭い質問が次々と出されていました。本校生徒は何も見ずに自分の言葉できちんと対応し、3日目にして成長の姿を感じました。

研究発表のあとは、クロージングセレモニーです。
本校生徒はお礼に全員でパフォーマンスを行い、来年1月22日の再会を約束して学校を後にしました。バスが動き出すと、生徒たちは走り寄り見えなくなるまで手を振ってくれました。

台北に戻り最後の夕食です。今日は台湾のコース料理です。おいしさもさることながら、やり遂げた満足感でいつもより笑顔が多かったような気がします。

ホテルに戻るとすぐに最後の研修です。今日は引率先生を含め全員によるこの研修を振り返る1分間スピーチです。各自、「この研修で得たことが大きかった」「英語を頑張りたい」「もっと自分を磨きたい」と前向きな発言が多く、有意義な研修だったようです。
さて、本校生徒は訪問した3校のクロージングセレモニーでパフォーマンスを行ってきました。そのパフォーマンスとは「恋ダンス」でした。
研修の締めくくりに、最後の「演舞」をしてくれました。

いよいよ明日は帰国です。
23:25 | SSH台湾研修