校長より

校長より >> 記事詳細

2019/04/12

平成31年度校長挨拶

| by 船高99
ようこそフナコウ・ホームページへ!

千葉県立船橋高等学校 校長  安藤 久彦

千葉県立船橋高等学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 本校は、大正9年10月に開いた船橋中学院に源を発し、今年、創立100年の節目を迎えました。来年度には創立百周年記念式典等の記念事業が予定されています。全日制、定時制を併せて3万人を超える卒業生は、各方面のリーダーとして、国内はもとより世界各地で活躍しています。現在は、両課程を併せて約1300人の生徒が学んでいます。
 
 全日制課程は、普通科と理数科を有し、幅広い教養と探求心の育成をめざしています。平成15年度から進学指導重点校に指定(千葉県教育委員会)され、生徒に高い志を持たせ、ライフキャリアを見通した進路指導を行い、それらを実現できる大学への進学を支援してきました。第一希望の大学に現役で合格できる実力の養成に努め、旧帝大など難関大学への進学者数はますます増加する傾向にあります。
また、平成21年度からはスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の研究指定校(文部科学省)になり、大学等との連携を深めつつ、国内外の実地研修や課題研究に積極的に取り組むなど、生徒の自立的な探求心を養う事業を充実させています。
 真剣な授業は言うまでもなく、盛り上がる学校行事、加入率100%を超える部活動など、生徒は理想的な高校生活を送るべく、精一杯の力を傾注しています。
 定時制課程(普通科)には、勤労学生だけではなく学び直しの機会を求める人など、幅広い年齢層の多様な就学目的を持った生徒が集っています。有意義な学校生活を送り学ぶ喜びが実感できるよう、日常の生活から卒業後の進路指導まで、一人一人に応じた丁寧な指導を心がけています。夜間の授業、学校行事、部活動などに取り組むことは決して楽なことではありませんが、逞しく成長した生徒たちが卒業式で見せてくれる「頑張って学んでよかった」という表情は、大変印象的です。
3年後には県立行徳高等学校の定時制と統合し、普通科にかわり総合学科が設置される予定です。現在統合準備室が設置され、新しい学校のイメージづくりを進めています。
 
 “フナコウ”は、自他敬愛の精神を育み、創造的な知性、円満な徳性を培い、溌剌明朗を旨として社会に有為な人材を育てていく所存です。このホームページで教育活動の一端を御覧いただき、本校に対する御理解をいただけますようお願い申し上げます。


08:57 | 校長挨拶