国際交流

・オーストラリア短期留学
平成30年度で20回目となります。夏季休業中に約2週間の日程で実施されます。参加を希望した2年次生は、ホームステイをしながら、クイーンズランド州にあるマシューフリンダーズアングリカン高校へと通い、授業や行事に参加します。出発まで約半年間に渡り、現地の生活や日本の文化について研修を重ねています。

・SSH(スーパーサイエンスハイスクール)台湾研修
平成24年度からは「国際性の育成」を目標に文部科学省指定SSH(スーパーサイエンスハイスクール)台湾研修(6日間)が始まりました。これは台湾の学生と英語でコミュニケーションをはかり、研究発表を行う研修です。
 

国際交流報告

国際交流活動報告 >> 記事詳細

2018/12/24

SSH台湾海外研修 第3日目

| by 船校03
今日の台北はどんよりとした曇り空です。気温は15度を少し上回る程度で、ちょっと寒いなと思う感覚ですが、台湾の人にとっては大変寒いそうです。基本的に家には暖房がないので、厚着して凌ぐそうです。
さて、午前中は、ホテルの研修室でグループに分かれて最後のプレゼンテーション練習を行いました。

そしていろいろな想いを抱え、板橋高級中学での交流です。
学校の玄関には私達を歓迎する電子ボードが置かれていました。部屋に入るとすぐに板橋の理数科の生徒たち28名とランチコミュニケーションの時間です。

はじめのうちは、会話が進みませんでしたが徐々に打ち解けてきました。昼食後、互いの学校の紹介を行い船橋高校、板橋高級中学の順にプレゼンテーションを行いました。

英語を通じてなんとか理解してもらおうと頑張っていました。
お互い発表に熱心に聞き入り、質疑応答をしていました。

休憩後、板橋高級中学の生徒が企画したクイズ大会が行われました。日台混合でチームを作り、数学、科学、常識など様々なジャンルの問題を協力して答えていました。大変な盛り上がりでした。

先生方は短い時間でしたが校長室にお邪魔する機会がありました。部屋入ると、驚いたことに黒い犬が出迎えてくれました。「ポニョ」という名前だそうですが、校長室を自由に出入りできる「特権」を持っているとのこと。そのポニョは小原先生が好みだったようで、しばらく側を離れようとしませんでした。

最後はクロージングセレモニーです。
まず、板橋高級中学の校長先生と本校の間で互いに記念品の交換が行われました。写真は本校から贈ったものです。

次に、本校生徒が歌と踊りのパフォーマンスを行い、板橋の合唱部が日本語、中国語の両方で歌を披露してくれました。全員で記念撮影をしたあと、時間が押していたため急いで学校を後にしなければならなくなってしまいましたが、短い時間でもお互いの関係を築くことができ、名残惜しそうに個別に記念撮影をしていました。

合唱部の生徒は、我々をクリスマスソングで送り出してくれました。理数科の生徒たちも、バスの入り口までついてきて見送ってくれました。(この光景を見て、涙腺緩みました)

板橋高級中学を後にして、夕食まで時間があったので台湾で有名な寺院である「龍山寺」に向かいました。そこでは、おみくじが無料でできるとあって全員でチャレンジしました。どんなおみくじだったかは、生徒に聞いてください。

夕食は台湾風のしゃぶしゃぶです。火鍋と言うそうですが、今日もボリューム満点の食事でした。

ホテルに戻ってからすぐに夜の研修です。明日は、蘭陽女子高級中学のプレゼンも聞きますが、その内容を事前に把握するために全員でアブストラクトの英語の説明を分担して要約し、全員の前で発表しました。明日の確認をして本日の研修を終了しました。
22:35 | SSH台湾研修