校長より

校長より
2022/04/18

船高ホームページにようこそ。

| by 船高66

県立船橋高校校長の酒匂 一揮(さこう かずき)と申します。私は、昭和55年3月に本校を卒業した卒業生であり、初の同窓生校長として勤務しております。本来ならば、令和4年3月をもって定年退職の運びでございましたが、再任用校長として、本校に継続して勤務することになり、3年目を迎えました。どうぞよろしくお願いします。

本校の全日制課程は、普通科24学級、理数科3学級です。「高みを目指す」教育をモットーに、生徒には幅広い教養と探究心を育成するとともに充実した進路指導により大学進学を支援しています。また、平成21年度からはスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の研究指定校(文部科学省)になり、3期目の現在は、基礎枠の取組において、全生徒に探究心を醸成するプログラムを展開しています。重点枠の取組では、千葉大や県内SSH認定校と連携し、全国で唯一の指定を受けた高大接続のプログラムを作成して実施しています。

 生徒たちは、学業はもちろんのこと、学校行事や部活動にも積極的に活動し、仲間と協力しあい、切磋琢磨しながら、とても有意義な高校生活を送っています。部活動の成績も素晴らしく、全国大会や関東大会、県大会においても上位進出を果たしています。

 定時制課程では、今年度から県立行徳高等学校定時制と統合し、総合学科として新たにスタートしました。よって、2年次以上の生徒は、船橋高校定時制の教育課程を履修する生徒と行徳高校定時制の教育課程を履修する生徒が存在します。また、1年次の生徒は、総合学科の教育課程を履修することとなります。教育課程の違う生徒たちが混在しながらも、年齢や経歴を問わず、多様な目的を持った生徒たちが学ぶ喜びを味わい、コミュニケーションを取りながら一緒に学校生活を送っています。

 船高は、大正9年(1920年)に宮司の千葉健吉氏が私財を投じ、船橋大神宮である意富比(おほひ)神社の客殿を教場とした船橋中学院に始まり、その後、船橋中学校、船橋市立船橋中学校、千葉県立船橋中学校、昭和23年に千葉県立船橋高等学校となり、公教育としての体制と基盤を築いてまいりました。創立100年の節目に「専心研学」を校訓として定め、創立百周年記念事業を実施し、「船高第2世紀」の新たな歩みを始めています。これまでに排出した卒業生は、全日制、定時制を併せて3万人を超え、各方面のリーダーとして、国内外を問わず世界各地で活躍しています。自他敬愛の精神を育み、創造的な知性、円満な徳性を培い、溌剌明朗を旨として社会に有為な人材を育ててまいります。このホームページで教育活動の一端を御覧いただき、本校に対する御理解、御支援を賜りますようお願い申し上げます。


08:40 | 校長挨拶
2020/05/08

船高ホームページにようこそ

| by 船高99

県立船橋高校校長の酒匂 一揮(さこう かずき)と申します。私は、昭和55年3月に本校を卒業した卒業生であり、初の同窓生校長として勤務しております。

本校は、大正9年(1920年)に宮司の千葉健吉氏が私財を投じ、船橋大神宮である意富比(おほひ)神社の客殿を教場とした船橋中学院に始まり、その後、船橋中学校、船橋市立船橋中学校、千葉県立船橋中学校へと私立から公立に移管するとともに名称を変更し、公教育としての体制と基盤を整えてまいりました。創立100年の節目に校訓として新たに定めた「専心研学」のもと、創立百周年記念事業を実施し、「船高第2世紀」の新たな歩みを始めました。これまでに排出した卒業生は、全日制、定時制を併せて3万人を超え、各方面のリーダーとして、国内外を問わず世界各地で活躍しており、現在は、両課程を併せて約1300人の生徒が学んでいます。 

 全日制課程は、普通科24学級、理数科3学級であり、生徒に幅広い教養と探究心を育成し、充実した進路指導により人生設計実現の第一歩となる大学進学を支援しています。第一希望である難関大学に果敢にチャレンジし、現役で合格できる実力の養成に努め、「高みを目指す」教育を展開しています。また、平成21年度からはスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の研究指定校(文部科学省)になり、大学等との連携を深めつつ、国内外の実地研修や課題研究に積極的に取り組むなど、生徒の自立的な探究心を養う事業を充実させています。

 授業以外の学校行事や部活動な学校生活では、生徒たちは積極的に活動し、仲間と協力しあいながら自分の適性を見いだすなど、とても有意義な高校生活を送っています。

 定時制課程(普通科)では、勤労学生や学び直しの機会を求める人など、年齢を問わず、多様な目的を持った生徒たちが有意義な学校生活を送っています。学ぶ喜びを味わい、コミュニケーション能力を培って発揮できるよう、一人一人に応じた丁寧な教育を行っています。夜間の授業、学校行事、部活動などに取り組むことは決して楽なことではありませんが、逞しい社会人として成長した生徒たちが「船橋高校で学んでよかった」と思い出してくれるよう日々支援を行っています。また、令和4年度から県立行徳高等学校の定時制と統合し、総合学科として新たにスタートするための準備を着実に進めています。

 船高は、自他敬愛の精神を育み、創造的な知性、円満な徳性を培い、溌剌明朗を旨として社会に有為な人材を育ててまいります。このホームページで教育活動の一端を御覧いただき、本校に対する御理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。



12:46 | 校長挨拶
2020/04/14

校長より生徒、保護者の皆様へ

| by 船校02

県立船橋高校の生徒及び保護者の皆様




このたび、県立船橋高校の校長として赴任いたしました 酒匂 一揮 と申します。どうぞよろしくお願いします。

 生徒の皆さん。どのように過ごされていますか。体調は大丈夫ですか?課題は進んでいますか?3密に気をつけていますか?船橋市でも、全国的にも新型コロナウィルスの感染者が増加し、これまで経験したことのない状況となっています。自分の身は自分で守るしかありません。また、自分の身を守ることが大切な人を守ることにもつながるということを念頭に、今、家で出来ることを、今しか出来ないことに取り組んでください。

 私は、昭和55年3月に本校を卒業した卒業生です。40年ぶりに本校に通うこととなりました。卒業生として、感無量の日々と思っていたところなのですが、現在、学校に行っても生徒の皆さんの笑顔には会えず、がらんとした校内をさみしく思っています。国民全員が一致団結してこの状況を乗り越え、母校で、皆さんの笑顔と明るい挨拶が出来る日を心待ちにしております。

 保護者の皆様。本当に不安の日々を過ごされていると拝察いたします。学力は大丈夫なのだろうか。学校はいつ再開するのだろうか。進級や入学したばかりなのに、学校生活はどうなるのだろうか。受験はどうなるのか。など、ご心配をおかけしております。我々教職員も在宅勤務をすることとなりましたが、4班交代制で学校勤務をしております。お子様の体調の変化など、ご不安な点につきましては、学校に電話で連絡をしてください。一緒に対応を考えてまいります。どうぞよろしくお願いします。
14:40