校章

橘(たちばな)の5弁5萼の花をかたどったもの。
橘の香り高い花は,古典文化にゆかり深く、その常緑の葉には,節操堅固の姿を看取できる。
新学制のもと高等学校として再出発するに当たり、本校に集う若人たちの生新な文化創造への意志並びに真理と正義をめざしての限りない前進を期待し、それを象徴するものとして、橘をもって校章としたものである。

千葉県立船橋高等学校校章
 
昭和24年制定・山田多嘉一教諭制作。
 

制服


      冬  服           夏  服
冬服  夏服
 

校歌

千葉県立船橋高等学校 校歌

 校歌 (演奏本校合唱部)

 作詞  サトウ・ハチロー
 作曲  山田 耕筰   

1.大空映して 寄せくる波の
    ひねもすたゆまぬ 努力の姿
    はるかに眺めて 窓辺に誓う
    紅顔頼もし 秀でし眉よ
      学びて培う 礼節智徳
      胸には誠と 信義の若葉
      船橋 船橋 おおわが母校
      船橋高校 おおわが母校
   
2.輝く歴史に 轟くその名
    校旗に漂う 明るき学風
    慕いて集うは 潑剌明朗
    理想を目ざして みだれぬ歩調
      親しく手をとり はげましはぐみ
      導くわが師の 慈愛の瞳
      船橋 船橋 おおわが母校
      船橋高校 おおわが母校

3.栄光荷(にな)いて 輸贏(ゆえい)を競う
    全校一丸 火となる声援
    勝利の宵には 歓喜の涙
    敗れし夕べに 微笑のゆとり
      正しく戦い 悔なき記録
      はげましたたえよ つらぬく精神(こころ)
      船橋 船橋 おおわが母校
      船橋高校 おおわが母校
   
4.松の葉散り敷く 小山に唄い
    草の葉そよげる 野路に叫ぶ
    学ぶもきたうも 邁進一路
    情熱尊し 進取の気魄
      若さと力を こぶしにこめて
      うち振りとなえん なつかしその名
      船橋 船橋 おおわが母校
      船橋高校 おおわが母校

5.明日(あした)の希望(のぞみ)を たがいに語り
    昨日の悲しみ わかちて背負う
    友情たぎりて 信頼深く
    伝わる声望 香りて高し
      任務(つとめ)と義務とを 果して後に
      自由と自治とを 守りてすすむ
      船橋 船橋 おおわが母校
      船橋高校 おおわが母校