SSHの概要

自立した探究者への道を拓け
~知識を総合的に活用し自立的に探究する力をすべての生徒に~

本校は平成21年度から、文部科学省スーパーサイエンスハイスクール(SSH)
の指定を受け、先進的理数教育に取り組んできました。令和元年度から指定第3期に入り、これまでの成果を踏まえつつ、一層の発展を目指しています。課題研究や高大連携をはじめとする理数系探究学習はもちろん、さまざまな取組により生徒の探究心と探究力を育成します。
 

新着情報

新着情報
1234
2022/11/22

SS講座(空の探究講座)

| by 船高39

1116日(水)に地学分野のSS講座を実施しました。

 

講座:空の探究講座

講師:武田 康男 氏(空の探検家/気象予報士/空の写真家)

 

講座では,武田先生が撮影した星や雪の結晶,空などの様々な写真を見せて頂きながら,解説をしてくださいました。また,南極に観測隊員として参加していたときの写真やお話もあり,生徒たちは興味深く聞いていました。


  
14:00
2022/10/31

CEATEC 2022への参加

| by 船高39

1021日に幕張メッセで開催されたCEATEC 2022に本校生徒が参加しました。経済発展と社会課題の解決を両立する「Society 5.0」の実現を目指し,あらゆる産業・業種の人と技術・情報が集い,共創」によって未来を描くことをテーマに様々な企業が展示を行っていました。生徒たちはそれぞれ興味があるブースで熱心に説明を聞いたり,体験をしたりしていました。

  

  


09:34
2022/10/26

千葉大発表会受賞者の感想 part3

| by 船高39
受賞者の感想は今回が最後となります。
今回は
奨励賞を受賞した伊藤沙弓さんから研究の概要と感想を寄せてもらいました。

(課題研究の概要)

ブドウ糖・果糖が両方溶けた溶液から結晶が析出するときに,ブドウ糖・果糖の溶液中の割合が析出する結晶の形,結晶化にかかる時間に及ぼす影響について研究しています。

(感想)

発表会に参加するにあたって資料作成など慣れないことが多く,時間もかかり大変でしたが,発表本番で大学の教授の方から貴重なアドバイスをもらえたりと良い経験になりました。また,賞がもらえるとは思っていなかったので,受賞したと聞いたときは驚きましたが,とても嬉しかったです。発表会での経験を生かしてこれからの研究を進めていきたいです。


15:32
2022/10/25

千葉大発表会受賞者の感想 part2

| by 船高39
今回は奨励賞を受賞した柳生俊晃さんから研究の概要と感想を寄せてもらいました。

(課題研究の概要)

僕は幼少期からけん玉を習ってきて,「糸を引くことで玉が回転する」と教わりました。しかし,なぜ回転するのか,どれだけの力が必要かということが分からず疑問を持ち,また,感覚的・職人的な技を一般化するために実験を行いました。今回は「ふりけん」という技に着目し,糸を引く検証を重ね,最も回転しやすい位置を提案できました。

(感想)

思いがけない受賞に非常に驚いたのと同時に畏れ多さを感じました。より一層研究活動に尽力しなければと身の引き締まる思いがしました。部活動の県大会が延期となって,半分飛び入り参加となり,原稿もない中で不安であったものの,自分の研究を信じて発表できたと思います。また,発表を通して,世界で広がりつつあるけん玉の文化の奥深さや楽しさをより多くの方に知っていただけたら嬉しいです。研究のサポートをしてくださった先生方や友達に感謝を申し上げます。


14:30
2022/10/24

千葉大発表会受賞者の感想 part1

| by 船高39
今回は双葉電子記念財団研究奨励賞を受賞した宮谷碧さんから研究の概要と感想を寄せてもらいました。

(課題研究の概要)

岩石同士の打音が岩石の種類によって異なることに興味を持ち,何の要素によって打音の振動数が変わるかが分かると,種類の違う岩石による全ての鍵板が同じ大きさの“石琴”ができるのではないかと考え,実験をしました。20 mm×20 mm×15 mmに切りそろえた岩石2つを振り子のようにして衝突させる方法で実験を行いました。この研究から,岩石の粒の大きさと打音の振幅の大きさ及びスペクトル構造(温室)には関係があるということが分かりました。

(感想)

発表会場では,私が分からないような難しいことを語っている人が大勢いたので,「私も皆と同じように発表できるのか…?」と,とても緊張していました。

岩石を切りそろえるには,とても時間がかかり,毎日昼休みに地学室に通い,たくさん努力をして実験を行いました。ですので,双葉電子記念財団研究奨励賞をいただき,新聞に記事を載せていただけたことで,たくさんの人に私の研究について知ってもらうことができ,友人や家族,先生に「おめでとう」と声をかけてもらえたので,努力した甲斐があったなととても嬉しくなりました。より良い研究になるよう,引き続き頑張りたいです。


13:26
2022/10/20

第16回高校生理科研究発表会

| by 船高39

令和4年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会

 

924日に千葉大学主催の第16回高校生理科研究発表会が行われました。今年はオンラインでの動画発表に加えて,千葉大学での発表も行うことができました。本校からは理数科2年生と普通科2年生の一部生徒が参加しました。参加した生徒たちは発表で得た経験を今後の探究活動に活かして欲しいと思います。

 

また,本校から3テーマが表彰を受けました!

双葉電子記念財団研究奨励賞
・「岩石同士の打音と岩石の条件の関係」 宮谷 碧(地学分野)

奨励賞
・「ブドウ糖、果糖の結晶化における相互影響」 伊藤 沙弓(化学分野)
・「けん玉の玉はどうやって回るのだろうか」 柳生俊晃(物理分野)

受賞したみなさんおめでとうございました! 

次回以降の投稿では,受賞した生徒の皆さんに書いてもらった研究概要と感想を紹介します。

  


16:00
2022/09/30

SS講座(植物工場見学)

| by 船高39

本日は前期終業式で,午後の半日を利用して希望者を対象に植物工場の見学を行いました。

 

講座:植物工場見学~人と環境にやさしいサイエンス農業の研究・実証~

講師:塚越覚 氏(千葉大学 准教授)

場所:千葉大学環境健康フィールド科学センター

 

前半は塚越先生から工場での植物栽培の基本的な知識等について講義していただき,後半に,実際植物を栽培している施設を,解説していただきながら見学しました。参加した生徒たちは積極的に写真を撮ったり,講師の先生とお話ししたりしており,非常に有意義な講座となりました
  

  
17:00
2022/09/29

令和4年度9月 SS講演会

| by 船高39

日本CTO協会の松岡様をお招きして,SS講演会を実施しました。

 

講師:松岡剛志 氏 日本CTO協会

演題:「エンジニアになろう」

 

今年度は一部生徒を対面&各教室でのオンライン形式で行いました。生徒たちは非常に興味深そうに聞いており,質問もたくさんしていました。講演会後も,講演者の元へ,たくさんの生徒が向かい,対談を行っていました。

  
  
15:00
2022/09/01

English Science Café始動

| by 船高39

SSH専属ALTのマシュルーさんによるEnglish Science Caféを始動しました。毎週木曜16:0516:50で科学をテーマに英会話を行っていきます。初回は56人の理数科生徒が参加しました。しばらくの間は理数科向けに行っていきますが,順次全校生徒に対象を広げていく予定です。興味のある方は,ぜひ一度地学室までお越し下さい。

  
17:00
2022/08/05

令和4年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会

| by 船高39

神戸で行われたSSH生徒研究発表会に本校の代表として理数科3年の生徒一名が参加し,理数探究IIで行った課題研究の成果をポスター発表しました。

また審査の結果,奨励賞を受賞しました!数学・情報分野で全国2位に相当します。受賞おめでとうございます!



令和4年度 スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会
日時:令和4年8月3日
場所:兵庫県神戸市 神戸国際会議場
代表生徒:白沢秦希
演題名:「三角形に占める扇形の面積割合」


参加した生徒から課題研究の概要と発表会に参加した感想を書いてもらいました!

(課題研究の概要)

幾何の研究です。化学分野の結晶格子モデルの断面図には,三角形の各頂点から扇形を辺に沿って展開した図形がしばしば現れます。本研究ではこの図形を抽象,一般化し,類型化したうえで三角形に占める扇形の面積割合を公式として導出しました。

 

(感想)

発表会には全国から代表生徒や先生がいらっしゃると聞いておりましたので,たじろぐことなく発表会や意見交換ができるか不安でしたが,学校内外の先生方が念入りに監修してくださった甲斐もあり,当日は関係者の方々と深く議論を交わすことができました。個人的にはその時間が非常に満足のいくものでしたので,その後の受賞は喜びと同じくらい驚きもありました。貴重な経験をさせていただいたなと思います。


  
  
08:50
1234

これまでのSSH活動

SSH活動報告
1234
2021/08/31

船橋高校旧SSHページについて

| by 船高39
現在,船橋高校SSHホームページの移行作業を行っております。旧ホームページはこちらから閲覧できます。
旧SSH専用ページへ

18:08
2020/02/03

SSH発表会

| by 船高48
SSH発表会
 2月1日(土)本校南館・理科教室
 理数科1・2年生が課題研究の発表(ポスター発表)を行いました。
 物理10件,化学12件,生物10件,地学7件,数学9件
 ご来場の皆様,ありがとうございました。
 *当日の様子が千葉テレビで放映されます。
  2月15日(土)22:00~22:15 ウィークリー千葉県
  
 
  
17:40 | 活動報告
2019/09/27

SS講演会

| by 船高48
SS講演会(第2回)
 9月27日(金)本校体育館(全校講演会)
 高田秀重(東京農工大学農学部)
 演題 「海洋プラスチック汚染と持続可能社会」
 
講演会後も多数の生徒が質問に訪れました。
16:26 | 活動報告
2019/04/24

SS講演会

| by 船高48
SS講演会(第1回)
 4月12日(金)本校体育館(全校講演会)
 講師 嶋田和人(前JAXA筑波宇宙センター医長)
 演題 「有人宇宙計画の仕事をするには」

 質問をしながら生徒の間を歩く嶋田先生。答えた生徒にはプレゼントが・・・。
16:26 | 活動報告
2018/11/22

SS講座 遺伝子組換え実験講座

| by 船高48
SS講座 遺伝子組換え実験講座
 11月15日(木) 11月16日(金) 本校生物教室
 講師  園田雅俊(千葉大学園芸学部) 他学生TA4名
 オワンクラゲの持つ緑色蛍光タンパク質遺伝子を大腸菌に導入し,形質転換を行う。
  
08:37
2018/11/15

国際性の育成(科学英語学習)

| by 船高48
科学英語入門講座(SS出張授業)
 11月15日(木)
 理数科1年
 講師 斉藤恭一(千葉大学工学部)
 
17:13
2018/11/02

SS講座 数学講座

| by 船高48
SS講座 数学講座
10月30日(火) 
 ガウスの平方余剰の相互法則
 講師 津嶋貴弘(千葉大理学部)
11月2日(金)
 超幾何関数と数論
 講師 大坪紀之(千葉大学理学部)
 
17:54
1234