国際交流
・オーストラリア短期留学
平成30年度で20回目となります。夏季休業中に約2週間の日程で実施されます。参加を希望した2年次生は、ホームステイをしながら、クイーンズランド州にあるマシューフリンダーズアングリカン高校へと通い、授業や行事に参加します。出発まで約半年間に渡り、現地の生活や日本の文化について研修を重ねています。

・SSH(スーパーサイエンスハイスクール)台湾研修
平成24年度からは「国際性の育成」を目標に文部科学省指定SSH(スーパーサイエンスハイスクール)台湾研修(6日間)が始まりました。これは台湾の学生と英語でコミュニケーションをはかり、研究発表を行う研修です。
日誌

国際交流活動報告

台湾実験高級中学来校

1月21日(火)午後
 昨年に続き,台湾の国立科学工業園区実験高級中学(高校)の生徒30名が来校しました。
 船橋高校が12月26日に台湾研修で訪れた学校です。理数科1・2年生を中心に,歓迎イベント,研究発表,理科実験体験,文化交流などを行い,交流を深めました。
 
 
歓迎セレモニー(放送委員会学校紹介ビデオ,合唱部校歌披露,プレゼント交換,実験高級中学パフォーマンスなど)


課題研究発表(口頭プレゼン・ポスター発表)

理科実験体験授業(物理・化学・生物・地学)

文化交流(茶道・華道・浴衣着付け体験)

さよならセレモニー

令和元年度 SSH台湾海外研修

2019年12月22日~12月27日
 理数科2年生22名 普通科2年生1名 引率教員3名
 英語による課題研究の相互発表(ポスター発表),授業参加
 故宮博物院見学,班別行動(台北市内動物園・植物園)など
 
  
板橋高級中学
 

 
蘭陽女子高級中学
 
 
実験高級中学

オーストラリア短期留学 最終日

 学校に6時45分に集合。実は今日が一番しんどい日です。しかし、遅刻する人もなく、全員集合、ホストファミリーとの涙の別れを経てバスに乗り込み、国内線でシドニーに向かいました。

 シドニーでは、本日、米国国務長官が来ているらしく、街中には厳重な警備が敷かれています。そのおかげかは分かりませんが、馬に乗ったポリスメンを見られたのは貴重だったかもしれません。

 さて、シドニーはまず、ミセスマッコーリーズ岬という所へ向かいます。写真をとる「映えスポット」らしいので、よく分からずにとりあえず皆で写真を撮ります。ここが何なのかは、あとで調べましょう。

 
男子全員 

 その後は昼のフリータイムを過し、オペラハウスに向かいます。専門ガイドによる内部ツアーに参加しますが、専門的な建築構造のことなどは全く理解できず、ここでもとりあえず写真を撮っておきます。
 

 
 見学後は、そのまま空港へ向かい、手荷物検査など。シドニーの検査は厳しく、まさに身ぐるみ剥がされるといった感じでした。予定の飛行機は1時間ほど遅れはしたものの、無事にオーストラリアを後にし、これにて無事2週間の行程を一応終えました(家に帰るまでが短期留学)。

――――――――――――――――――――――――

【まとめ】

 短期留学はどうでしたか。「旅行」ではなく「ホームステイ」をしての「留学」だったので、この2週間に「楽しかった」で終わらない何か、心に残った経験や、人生にとって大切な意味を与えることができていれば幸いです。

 「国際人」や「国際性」という言葉は、最近流行の言葉になっています。学校でも盛んに「国際人の育成」や「国際社会で活躍できる人材」などと叫ばれますが、そもそも「国際人」とは何でしょう。英語がしゃべれること? 外資系企業で働くこと? 外国人の友達がいること? どれも正解かもしれません。決まった答えを挙げることは容易ではありませんが、以下に私の心にとどめている文章を引用しておきます。

 

「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。

相互の風習と生活を知らないことは、人類の歴史を通じて世界の諸人民の間に疑惑と不信を起こした共通の原因であり、この疑惑と不信の為に、諸人民の不一致があまりにもしばしば戦争となった。

ここに終わりを告げた恐るべき大戦争は、人間の尊厳・平等・相互の尊重という民主主義の原理を否認し、これらの原理の代りに、無知と偏見を通じて人種の不平等という教養を広めることによって可能にされた戦争であった。

文化の広い普及と正義・自由・平和のための人類の教育とは、人間の尊厳に欠くことのできないものであり、かつ、すべての国民が相互の援助及び相互の関心の精神を持って、果たさなければならない神聖な義務である。」

 

これは、国連教育科学文化機関(ユネスコ)憲章前文の一部です。ホームステイをしながら肌で感じた文化の違い、考え方の違い、おいしくない食べ物、理解できない習慣などたくさんあったかと思います。それらを自分のなかでどのように消化すればよいのか。ややもすれば、そういった文化の違いから、「疑惑と不信を起こし」、「無知と偏見を通じて人種の不平等という教養を広めること」にもなってしまいます。1年生の時にこんな文章を読んだと思います。

 

『「文化の違い」とは、彼らがなぜそのように振る舞うのかということを、私たちが人間として理解できるように説明してくれるもののひとつとしてある。現象の表面的な違いに惑わされて、私たちがそれを「異質」だとか「特殊」だとか思ってしまわないように。』(岡真理「開かれた文化」)

 

 この短期留学が、外国の文化の「異質さ」を際立たせるものではなく、参加した皆さんの「心の中に平和のとりでを築」くきっかけになっていること。そういう意味で、「国際人」としての感覚が磨かれていてくれれば、引率した者として幸いです。そして将来、皆さんが「国際人」としてグローバルに活躍することを祈っています。【おわり】


オーストラリア短期留学 13日目

 学校に通うのが最後の今日は、ESLでサンキューレターを書きます。2週間お世話になったホストファミリーに、心を込めて手紙を書きます。とはいっても、まずは英文の校正から。文法はまだまだで、たくさん直されます。工夫を凝らしたサンキューレターはきっとホストファミリーも喜んでくれるでしょう。
 さて、今日で授業は最後なので、お世話になったトーマスとレイノルドに生徒から色紙をプレゼントしました。こちらも喜んでもらえてよかったです。

 
 
 

 その後、日本語を習っている中学生を対象に、プレゼン、歌、ダンスを披露します。日本語を習っているだけあって、日本に興味がありそうな様子で、一生懸命聞いてくれました。

 
 

 

午後のESLが終わるといつもは帰宅ですが、今日はホストファミリーを招いてのさよならパーティーが行われます。プレゼン、歌、ダンスを披露しました。また、2週間通った修了証書を手渡されます。

その後は立食パーティーが行われましたが、サプライズで2名の誕生日ケーキが用意されていました。みんなで祝います。おめでとうございます。オーストラリアのイケてる青年たちと写真を撮れた人もおめでとうございました。
 
 


        スシロール

――――――――――――------

明日は最後のホストファミリーと過ごす日です。先週同様、HPの更新は行いませんので、ご了承ください。また、日曜日のシドニー観光の様子は、帰国してから短期留学の総括とまとめて更新しますので、少し遅れます。無事に帰れたら、来週中には更新します。

 

オーストラリア短期留学 12日目

毎朝変な鳥の声で目が覚めます。「ぐえー」、「ぽぽぽぽぽうぇーい」(家の近くにはこれが多い)、「めうー、めうー」(青色の鳥)など。

 

「色とりどりの鳥たちは、もともとはみんな、黒一色でした。しかし、かくかくしかじかの出来事があって、カラス以外の鳥には色が付きました。めでたしめでたし。」というアボリジニの昔話を、今日は習いました(詳しいストーリーは生徒に聞いてください)。その他、アボリジナルの考え方、世界観などについて考えました。写真はアボリジニの儀式体験です。 
 


その後、ブーメランやペインティングをしたり、ジディリドゥ(楽器)を聞いたりしました。また、オーストラリアで大流行中の、テニスのような遊びもしました。ルールは簡単です。船高でも流行らせましょう。
 
 

 

 

 午後はESLで、エミューは太陽に近づきすぎたために翼を焼かれて飛べなくなった、という、オーストラリアの神話時代の伝説を教えてもらいました。あれ、こんな話ギリシャ神話にもあったな…?と思った船高生もきっと多かったことでしょう。きっと。
 
                                                                             伝説のお話の絵をしおりに描きました。


 明日で学校に通うのは最後です。思い残すことのないように過ごしてください。

そういえば今日昼休みに雨が降りまして、午後には虹が出ていました。

 

オーストラリア短期留学 11日目

「豪に入っては豪に従え」(?)のことわざ通り、オーストラリアの生活が身に沁み、生徒たちは、すっかりオーストラリア人らしくなりました。モーニングティーがない生活は、もう考えられませんね。とは言っても、語学の方は、留学するときによく「夢でも英語を喋っていると英語力が急上昇する」と言いますが、そこまでではなさそうです。

 さて、今日はESLとクッキングの予定です。ESLでは、「Meet Snugglepot and Cuddlepie」というオーストラリアの昔話(絵本)を読み、Gumnut baby人形を作りました。捨てずに持って帰って家に飾るのですよ。妖精が出てくる昔話、外国に多い印象ですが、日本はもっぱら鬼退治ですね。なぜでしょうね?

 クッキングではソーセージロールという、「オーストラリア人ならみんな食べるぜ!」的なオーストラリアのソウルフード(?)を作りました。調理実習のような感じで、楽しかったです。オーストラリアはイギリス文化圏なので、食べ物は期待できないと思っていたわけですが、おいしかったようでよかったです。

【調理する人たち】

 
 
   船橋のもこみち(自称)            粉こぼすミス

【見ている人たち】
 

【完成・実食】
 
 

 

午後はWest MAC生徒の運動会を見学しました。日影がなく、太陽にさらされ続けた我等のお肌は、こんがりソーセージロール色になりました。
 

オーストラリア短期留学 10日目

 トーマスによると、今日はオーストラリアでは「チーズケーキの日」らしいです(真偽は不明)。ということで、今日の午前のESLでは、チーズケーキを作りました。昼休みに食べるそうです。

 

その後は、高校の集会に参加し、キリスト教的な訓話など(内容は……?)を聞き、マチルダを披露。体育の授業では全員でクリケットの練習をしました。が、結局最後までルールを理解できた人はいなかったのでは?と思うようなグダグダぶりでした。ま、日本にいる限りもう一生クリケットをすることもないでしょう。とにかく、久しぶりに体を動かしましたが、怪我がなくてよかったです。
 

午後のESLはお馴染みのトーマスでした。楽しく英語を勉強しています。
トーマスサンキュー。
 
 


オーストラリア短期留学 9日目

 ホストファミリーと過ごした土日も終わり、生徒は全員元気に登校したので、とりあえず安心です。ゴールドコーストやブリスベンに行った家庭が多いようでした。お土産もさぞやたくさん買ったことでしょうが、スーツケースに入るようにパッキングの準備もそろそろ考えなくてはいけません。来週の月曜には日本の家にいます(予定通りなら)。

 

 さて、今日はみんなでブリスベンに行きました(土日に行った人もいると思うけど)。バスで1時間弱の距離です。サウスバンクやミュージアム散策を含め、ほとんどフリータイムでした。買い物した人、とりあえず歩いてみた人、デリシャスハンバーガーを見つけた人、観覧車に乗った人など、思い思いに過ごしました。
 
 
 
 
 

 明日からはまた、学校での勉強が続きます。がんばりましょう。スタディーハード。

オーストラリア短期留学6日目

 早いもので、もう一週間が終わります。短期留学も折り返し地点を迎えましたが、残り半分も充実したものになるようになるといいですね。

 

 今日はオーストラリアズーという動物園に行ってきました。とても広い動物園で、日本にはいないような珍しいオーストラリアの動物をはじめ、いろいろな動物がいます。また、いろいろな体験もできるようになっていて、コアラやワニを抱きながらの写真撮影や、ラクダ乗り、ほぼ放し飼い状態のカンガルーとの自由な触れ合いなど、大人でも楽しい動物園でした。

 
 
 
柴犬じゃなくてディンゴ。
 
 


フリータイムが多く、広い動物園を十分に楽しめました。また、12時からは、ワニのショーもあり、楽しかったです。生徒はお土産もたくさん買っていたようです。帰国してから、感想などお聞きください。
 そういえば、ZooとMenagerieって何が違うんでしょうね。ホストファミリーに聞いてみて、週明けに教えてください。では。Have a good weekend!

―――――――――――――――――――---------

  土日、生徒はホストファミリーと自由に過ごします。(たぶん)教員とも会うことはないので、HPも土日は更新しません。ご了承ください。

オーストラリア短期留学 5日目

 オーストラリア訛りは事前の説明会でもあった通り。現地に来ると、思った以上で驚きます。”The rain in Spain stays mainly in the plain” (スペインの雨は主に平地に留まる)を思い出します。知らない人は「My Fair Lady」という映画を見てください。オードリーヘップバーンが出ています。もともとはバーナードショーの「ピグマリオン」という戯曲だったものです。

 

 さて、今日はESL授業でオーストラリアの動物の名前などを覚えたり、美術の授業を受けたりしました。ESLは明日の動物園の予習を兼ねています。美術はブーメランに絵をかいたりしました。

  
 

  

 そして午後は、小学生を相手に歌とダンスを披露した後、日本文化についてのプレゼンをします。「忍者」、「元号」、「折り紙」など、工夫した発表が小学生にウケました(小学生はワイワイ遊んで終わるけど、大人は質問してきますからね…答えられるようにしてください)。
 
 
 
 
 

 

 明日は動物園に行く予定です。エンジョイ。

オーストラリア短期留学 4日目

 夜空がきれいです。三脚がないので写真が上手く取れませんが、心の眼を凝らせば、サザンクロスも見えるかもしれません。(偽南十字というのもあるそうです。それだったらごめんなさい。)
 

 

 今日は、午前中は2グループに分かれて、ESLと通常授業への参加です。通常授業は理科と体育に参加しました。体育では、ラグビーらしきもの(タックルなし)、ソフトボールらしきもの(ピッチャーなし)、クリケット(ルールよく知らない)、ゴルフ(普通)などをしました。

 
 
 

午後はIpswichの町を散策です。午前中のESLで、Ipswichについて学びましたが、教会や、アートギャラリー、リバーリンクなどへ実際に行ってきました。
  
 
  芸術作品を見つめる3人組。
 
リバーリンクはショッピングセンターです(イオン的な?)。マックもあります。お土産を買ったり、アイスを食べたりしました。
 
 
 
 

明日はついにプレゼンがあります。がんばってください。シーユートゥモロー。


オーストラリア短期留学 3日目

 日本はまだ梅雨明けしていないようで、26日連続雨というニュースも見ましたが、こちらは今日も快晴、雲一つない青空で、気温も昼は20度を超えるくらいで、とても過ごし易いです。しかし、眼とお肌にはよくないので、帽子とサングラス、日焼け止めは必須です。
 

 

 さて、午前中は集会のようなものがあり、その場で船高生紹介がありました。こちらからは校歌を披露し、生徒のスピーチとプレゼント交換を行いました(セレモニー中の写真は禁止のようで、歌だけは許可されました)。勉強の仕方の話などもありましたが、どの講和も聖書に絡めて、どのように生きるべきかを考えさせる内容で、日本とは違うなぁと実感させられました。

 

 

 その後は2グループに分かれて授業を受けます。ESLEnglish as a Second Language)や、West MACの生徒が受ける日本語の授業を受けました。日本語授業は「家族」と「人数の数え方」を習いました(7年生、中1相当の授業)。
 
 
 
日本語授業でオーストラリア人が書いたと思われる七夕の短冊もありました。
「日本語が上手になりますように」や「かのじょができますように」など。

 

 午後は通常授業に混ざって、オーストラリア人が受ける英語の授業を受けます。どれだけ理解できたかはわかりませんが、まあ、今後のモチベーションということで。

 明日もまた午前中は授業があり、午後はIpswichの町に出る予定です。がんばりましょう。バーイ。

 

オーストラリア短期留学 2日目

 07:05 飛行機は定刻より約1時間遅れてブリスベンに到着。「寝ないで映画3本楽勝~」と言っていた人々は半分寝ながら入国ゲートへ向かいます。荷物も無事に受け取り、いよいよ空港の外に出ると、今年お世話になる学校、ウエストモートンのトーマス先生が出迎えてくれました。

 その後はバスに乗り、ブリスベンが一望できるという山の頂上に行きました。
 
 
 

 そしてバスは学校へ向かいます。市内からは約1時間くらいかかったようです(起きたら到着していました)。着いたら、制服に着替えてキャンパスツアーです。

 敷地はとても広大で(推定船高の30倍)、2時間ほど歩き回りましたが、全部は回っていないような気がします。今日だけでは、どこに何があるのか、とても覚えきれません。トーマスがいろいろ説明をしてくれましたが、英語は理解できましたか?
 
 
帽子似合うね!

 
 
 途中モーニングティーと昼食を挟みます。お菓子の袋を見て「これ2000キロカロリーもあるのやば!外国のお菓子太る~」って言っていた女子いましたけど、カロリーじゃなくてジュール表記ですよ、よく見て。
 
季節は冬ですが、昼は20度くらいまで気温が上がります。でも空気が乾燥しているので、嫌な暑さではなく、日陰に入ると涼しく感じました。今日は歩き回ったので、とても暑かったです。

 

 3時にホストファミリーと対面です。ホストが来た人から順次帰って行くのですが、残された生徒の顔から笑顔が消えていきます。自分のホストがどんな人なのか、何を言えばいいのか、不安と緊張が伝わります(眠いだけかも)。それでも、ちゃんと皆挨拶して、帰っていきました。

 
 
 
 
 
 
 
写真が撮れなかった家庭もありました。ソーリー。

オーストラリア短期留学 1日目

船橋高校として21回目のオーストラリア短期留学が始まりました。Australiaなのか、Austlariaなのか、中学の時苦しんだあのオーストラリアです(ライブラリーも同じ苦しみを与えてくれました)。

旅の始まり成田空港には17時集合です。今はまだ不安よりも楽しみが勝るようで、気楽な表情を浮かべてスーツケースを曳いています(2週間その笑顔が続くといいですね……)。

 すでに重そうなスーツケースを預け、出国前に手続きの最終確認を行います。国際線、昔は出国管理官にパスポートを渡し、スタンプを貰ってからの出国でしたが、最近は自動顔認証ゲートを通るだけです。ハイテク。でも、スタンプが貯まらないのも寂しいものです。

 その後は出発の時間まで待機し、いよいよ飛行機に搭乗。定刻より約1時間遅れての出発です。夜行便は結構疲れます。早速明日から活動がある(05:55到着)ので、機内では妙に騒いだりせず、ゆっくり寝てください。座ったままで寝るのが得意なことは、普段の授業でよく分かっています(笑)

 では、今日はこの辺で。2週間、安全第一で行ってきます。Good night.
 

 

アジア高校生の来校(さくらサイエンスハイスクールプログラム)

2019年5月29日(水)
 さくらサイエンスハイスクールプログラムにより来日中のアジア高校生が本校に来校し,研究発表(ポスターセッション),文化交流(ブースセッション),各国紹介,梶田先生講演会等を実施しました。理数科1・2年生、有志部活動生徒を中心に素晴らしい交流の場となりました。
来校高校生 インド・ミャンマー・パプアニューギニア・サモア・台湾・トンガから99名


歓迎セレモニー 合唱部による校歌披露
 
 
ポスターセッション(アジア高校生による研究発表/理数科1・2年)
 
 

 
 

ブースセッション(文化交流)
陶芸部・華道部・茶道部・たちばな理科学会(自然科学部物理班・化学班・生物部・地学部)
 
 
梶田隆章先生(東京大学・2015年ノーベル物理学賞)講演会(全校講演会)

梶田先生とアジア高校生を囲んで全校生徒と記念撮影

実験高級中学(台湾)の来校

 本校がSSH台湾海外研修で昨年末に訪問した国立科学工業園区実験高級中学の生徒28名が来校しました。理数科2年生が中心となって研究発表会や歓迎イベントを行い、大いに交流を深めました。実験高級中学の皆さんにも喜んでいただけたと思います。
 
 
 歓迎セレモニー 中国語による校歌披露(合唱部)     文化交流 茶道体験(茶道部)
 
 
 研究発表会 実験高級中学(4件)、船橋高校(5件) それぞれ2年生が英語で研究を発表し、質疑応答も活発に行われました。
 
 
 昼食交流                              理科授業体験 物理(幾何学と物理~万華鏡)
 
 
 化学(ローソクの科学)                      地学(火山と暮らし)
 
 
 クロージングセレモニー 記念品交換  実験高級中学からは両校の校章をあしらった記念品を頂きました。
 
 
 船橋高校 歌披露(We are the World)            実験高級中学パフォーマンス
 

 素晴らしい交流の一日となりました。皆様ありがとうございました。
 今年12月にはまた実験高級中学をはじめ台湾を訪れる予定です。よろしくお願いいたします。

SSH台湾海外研修 最終日

朝食を終え、生徒たちは元気よく荷物を持ってホテルのロビーに集合しました。


桃園国際空港に到着して、お世話になったドライバーとガイドの楊さんとお別れです。みんな笑顔で握手していました。
生徒たちは11時40分まで空港内を自由散策しています。

予定の飛行機で帰国します。

SSH台湾海外研修 第5日目

今日の台湾は朝から曇りですが、比較的暖かいです。
さて、今日は3校目の実験高級中学校で最後の交流です。
2年生が私達を迎えてくれ、オープニングセレモニーは日本語による司会進行、挨拶と生徒たちによる合唱を披露してくれました。

セレモニーの後は、講義室に集まり映画のハリーポッターのワンシーンを全員で鑑賞しました。映画の中の「ほうき」にまたがり空中でボールを奪い合うゲーム「クディッチ」を地上で行います。英語によるルール説明があり、日台混合で4チームを編成し対戦しました。みんな全力でグランドを駆け回っていました。

次は生物実験室に集まり、合同で生物の授業を受けました。英語のワークシートを使い実験高級中学の生徒と真剣に議論していました。

昼食は台湾の生徒とともにグループに分かれてとりました。(写真はありません)
昼食後はいよいよ研究発表です。午前の時間が押してしまい、いつもより時間が短かったのですが、実験高級中学の生徒からは鋭い質問が次々と出されていました。本校生徒は何も見ずに自分の言葉できちんと対応し、3日目にして成長の姿を感じました。

研究発表のあとは、クロージングセレモニーです。
本校生徒はお礼に全員でパフォーマンスを行い、来年1月22日の再会を約束して学校を後にしました。バスが動き出すと、生徒たちは走り寄り見えなくなるまで手を振ってくれました。

台北に戻り最後の夕食です。今日は台湾のコース料理です。おいしさもさることながら、やり遂げた満足感でいつもより笑顔が多かったような気がします。

ホテルに戻るとすぐに最後の研修です。今日は引率先生を含め全員によるこの研修を振り返る1分間スピーチです。各自、「この研修で得たことが大きかった」「英語を頑張りたい」「もっと自分を磨きたい」と前向きな発言が多く、有意義な研修だったようです。
さて、本校生徒は訪問した3校のクロージングセレモニーでパフォーマンスを行ってきました。そのパフォーマンスとは「恋ダンス」でした。
研修の締めくくりに、最後の「演舞」をしてくれました。

いよいよ明日は帰国です。

SSH台湾海外研修 第4日目

今日の台北は小雨が降るあいにくの天気です。
2校目の訪問先は、蘭陽女子高級中学校です。
写真はオープニングセレモニーの様子です。

相手校から掛け軸をいただきましたが、この書は蘭陽女子の地学の先生が書かれたもので、台湾で実力ナンバーワンの書家だそうです。
セレモニーの後、船橋高校から課題発表です。蘭陽女子の近隣5校の中学生(理数クラスがあるようです)の参加があり、会場は大盛況でした。

続いて蘭陽女子の課題発表です。本校生徒は、前日にアブストラクトの内容を確認したこともあり、熱心に質問していました。
この中で本校生徒2名と小原先生が現地メディアの取材を受けました。放送されたかは確認できていませんが。

昼食は蘭陽女子生徒と本校生徒が9グループに分かれて昼食です。昼食後は、校内を案内してくれました。
蘭陽女子では12月25日の昼休みに毎年クリスマスイベントを行っており、校長先生はここでクジを引き、生徒にプレゼントを手渡す大役があるそうです。今年はその役割を私達引率教員にさせてくださいました。写真は、松田先生がクジを引いているところです。

午後の最初は、グループを作りALTによる英語の授業を受け、クリスマスをテーマにした課題に取り組みました。

授業の後は30分間のブレークタイムで、本校生徒と蘭陽女子の生徒がお茶(タピオカミルクティー)を飲みながら交流を深めました。

そして、締めくくりのクロージングセレモニーです。
まず、課題発表の表彰式がありました。現地の先生が観点別に評価をつけてくださり、その結果に基づき各自に表彰状が手渡されました。

最後に本校生徒によるパフォーマンスを行い、感謝の意を述べて閉会しました。
閉会後は教室の外で記念撮影です。

校長先生とPTA会長さんに見送っていただきながら学校を後にしました。

ホテルに一度戻り、今日の夕食はバスで15分ほど移動したところにある台南料理のお店です。疲れた胃袋に優しい食事でした。

ホテルに戻り、夜の研修です。「よいプレゼンテーションとは何か」を討議し、明日最後のプレゼンに向け各先生からアドバイスをいただき、早めに本日の日程を終了しました。

SSH台湾海外研修 第3日目

今日の台北はどんよりとした曇り空です。気温は15度を少し上回る程度で、ちょっと寒いなと思う感覚ですが、台湾の人にとっては大変寒いそうです。基本的に家には暖房がないので、厚着して凌ぐそうです。
さて、午前中は、ホテルの研修室でグループに分かれて最後のプレゼンテーション練習を行いました。

そしていろいろな想いを抱え、板橋高級中学での交流です。
学校の玄関には私達を歓迎する電子ボードが置かれていました。部屋に入るとすぐに板橋の理数科の生徒たち28名とランチコミュニケーションの時間です。

はじめのうちは、会話が進みませんでしたが徐々に打ち解けてきました。昼食後、互いの学校の紹介を行い船橋高校、板橋高級中学の順にプレゼンテーションを行いました。

英語を通じてなんとか理解してもらおうと頑張っていました。
お互い発表に熱心に聞き入り、質疑応答をしていました。

休憩後、板橋高級中学の生徒が企画したクイズ大会が行われました。日台混合でチームを作り、数学、科学、常識など様々なジャンルの問題を協力して答えていました。大変な盛り上がりでした。

先生方は短い時間でしたが校長室にお邪魔する機会がありました。部屋入ると、驚いたことに黒い犬が出迎えてくれました。「ポニョ」という名前だそうですが、校長室を自由に出入りできる「特権」を持っているとのこと。そのポニョは小原先生が好みだったようで、しばらく側を離れようとしませんでした。

最後はクロージングセレモニーです。
まず、板橋高級中学の校長先生と本校の間で互いに記念品の交換が行われました。写真は本校から贈ったものです。

次に、本校生徒が歌と踊りのパフォーマンスを行い、板橋の合唱部が日本語、中国語の両方で歌を披露してくれました。全員で記念撮影をしたあと、時間が押していたため急いで学校を後にしなければならなくなってしまいましたが、短い時間でもお互いの関係を築くことができ、名残惜しそうに個別に記念撮影をしていました。

合唱部の生徒は、我々をクリスマスソングで送り出してくれました。理数科の生徒たちも、バスの入り口までついてきて見送ってくれました。(この光景を見て、涙腺緩みました)

板橋高級中学を後にして、夕食まで時間があったので台湾で有名な寺院である「龍山寺」に向かいました。そこでは、おみくじが無料でできるとあって全員でチャレンジしました。どんなおみくじだったかは、生徒に聞いてください。

夕食は台湾風のしゃぶしゃぶです。火鍋と言うそうですが、今日もボリューム満点の食事でした。

ホテルに戻ってからすぐに夜の研修です。明日は、蘭陽女子高級中学のプレゼンも聞きますが、その内容を事前に把握するために全員でアブストラクトの英語の説明を分担して要約し、全員の前で発表しました。明日の確認をして本日の研修を終了しました。

SSH台湾海外研修2日目

今日の台北は朝から小雨が降るあいにくの空模様です。
午前中は故宮博物院に行き、歴史的に貴重な展示物を見学しました。

見学後、バスで台北の中心地に移動し、楽しみにしていた小籠包の昼食です。

午後は、動物園班、植物園班、科学教育館班の3班に分かれ、地下鉄で移動し各地で研修です。(公共バスをに乗った班もありました)


現地の女子大学生が昼食場所からそれぞれの研修場所へ引率、案内をしてくれました。生徒たちは、積極的にコミュニケーションをとっていました。
<動物園班>


<植物園班>


<国立科学教育館班>

夕刻、全員無事ホテルに戻り、すぐに夕食会場に移動しました。夕食は「モンゴリアンバーベキュー」でした。生徒たちは辛さと格闘していたようです。


ホテルに戻ってから、夜の研修です。

明日はいよいよ現地生徒に向けてポスター発表です。各自、仕上げに一生懸命取り組んでいました。

SSH台湾海外研修1日目


朝7時に成田空港第2ターミナルに27名全員集合しました。
校長先生、高野教頭先生、藤枝先生の見送りをうけ、9時20分定刻に台北に向けて飛び立ちました。

台北には現地時間12時過ぎに到着しました。(台湾は日本時間マイナス1時間)
ガイドは昨年に引き続き、日本語がとても上手な楊さんです。車中で台湾の地理の話や日本との歴史的なつながりなどの説明がありました。
今日の台北は、夏のような天気で最高気温28度。半袖がちょうどよい気候です。
ホテルのチェックインまで時間があったので、孔子廟に寄り全員でお祈りをしてきました。


孔子廟で「本家」タイワンリスが顔を出してくれました。担任の久保田先生がリスを写真に収めようと必死になって追いかけていました。


ホテルで少し休憩したあと、外のレストランで夕食です。メニューは書きませんが、味は・・。生徒の顔を見ればわかりますね。


ホテルに戻ると、眠くならないうちに第1日目の研修に入りました。今日は早起きしたので疲れもピークだと思っていましたが、いつもどおり真剣に取り組んでいました。予定時間より早めにスタートしたので、早めに終えて明日へ備えることにしました。

オーストラリア短期留学 13日目 【最終日】

最終日、本日は早朝6時に学校に集合です。寝坊する生徒はおらず(教員も)、ちゃんと全員集合。一期一会とは言いますが、「絶対また会いに来ます」と言っていた生徒も多かったと思います。クレア先生も言っていましたが、今回の留学で出会った人々との絆を大切にして欲しいです。さて、いよいよバスが出発というところで、ホストファミリーとはお別れです。2週間、かけがえのない時間をありがとうございました。こんなとき、気持ちとしては笑顔で別れたい場面ですが、眼から溢れる涙は止められません。そんな生徒を見る私の視界もいつの間にかぼやけてきて、よく見えなかったので、話題をシドニーに移します。

 

そんなこんなで、いろいろあって無事ブリスベンを発ち、昼頃シドニーに到着した一行は、空港からバスで観光スポットを巡ります。ミセスマッコリ―ズ岬に行った後は、昼食を兼ねて約2時間の自由時間です。今まで2週間、大自然に囲まれていたので、大都会シドニーには圧倒されっぱなしでした。

 ボーイズ ガールズ

 

その後は再びバスに乗り込み、ロックス地区やオペラハウスを見学します。オペラハウスは内部も見学させていただき、独特の構造などについて説明を受けたのですが、建築の知識が乏しい我々の頭には終始「?」が浮かんでおりました。

こっちむいてー さよなラリア

 

再びバスに乗り込み、シドニー空港へ。夜9時の帰国便は定刻通りシドニー空港を飛び立ち、長かった(短かった?)2週間のオーストラリアから帰国の途に就きました。

 

 

覚えていますでしょうか、初日は「英語でよろしくって何て言うの?」など聞いて、初めての外国でのホームステイに焦りまくっていた生徒たちでしたが、最後は帰りたくないほど慣れ親しんで、この2週間で、大きく成長した姿を見せてくれました。貴重な体験をさせていただいたホストファミリーやクレア先生には本当に感謝です。また、このオーストラリア短期留学は学校の関係者の方々や保護者の皆様のご理解がなければ叶わなかったものであり、ご協力いただいた皆様に感謝を申し上げて、今年度短期留学の終わりのあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。【おわり】

オーストラリア短期留学 12日目

とうとう学校に通う最後の日となりました。生徒たちは「帰りたくない」とか「永住したい」とか言っていますが、明日の今頃は帰りの飛行機の中です。

 

今日はまず附属の幼稚園を訪れ、子供たちと遊びます。子供といっても英語はペラペラ、正直、少し侮っていましたごめんなさい。でも遊んでしまえば言葉の壁はありません。いつもは勉学に勤しむ船高生も、今日は無邪気に砂場遊びや粘土遊びをしていました。小さい子が好きな生徒と苦手ない生徒がおり、見ていて楽しかったです(笑)
   

その後はマシューの生徒と一緒に通常授業を受けました。やはり「何を言っているのかさっぱりわからなかった」という声が多かったものの、今後の英語学習のモチベーションにはなったことでしょう。
午後のESL授業では、ホストファミリーへのサンキューレターを完成させました。工夫を凝らした手紙を書き、きっと家族も喜んでくれると思います。
 

最後には2週間お世話になったクレア先生とマーグ先生からお別れの言葉がありました。1人ずつハグを交わし、記念の品を受け取ります。感極まって涙ぐむ生徒もいました。最後に集合写真をとり、See you again ということで、またの再会を願って、お別れしました。
   

☆明日最終日の更新は、帰国後に今年度短期留学のまとめと併せて行いたいと思いますので、少し遅れます。生徒はすでに帰国して「やっぱり家が一番いい」などと言っているはずですので、シドニーでの様子は、ご家庭でお先に直接お聞きください。

オーストラリア短期留学 11日目

Big accidentが起こって生徒の1人が来られない」とは、クレア先生から今日の朝、発せられた言葉で、一瞬血の気が引いたのですが、結局アクシデントとは交通渋滞のことでした。

 

そんなわけで、今日は渋滞が激しく生徒の集合がまばらです。ギリギリで間に合った人もいましたが、少し遅れてバスはユーマンディーマーケットへと出発します。大きなマーケットで、服やら食べものやら色々なものを売っていますが、何となく統一感のない感じは、「蚤の市」の名に相応しい気もします。それにしても、生徒はお買い物が大好きなようで、今日も爆買いの様子を見せています。「それ日本で使うの…?」と思う物も。何よりキャリーケースに入り切るのか不安です…。次にジンジャーファクトリーに移動し、ジンジャービール(ノンアルコール)などを飲みました。
  

 

午後は学校に戻り、日本語授業とESLを受けます。小学生の日本語の授業では、数の数え方と自己紹介の仕方を教えてあげました。ESLでは、ホストファミリーへのお礼の手紙の書き方を教わりました。 

  

さて、いつもならここで下校ですが、今日は放課後に、ホストファミリーを招いての最後のプレゼンと、お別れパーティーが行われます。お世話になったホストファミリーの前でのプレゼンは、少し気恥ずかしさもあったようですが、やり遂げました。

ディナー兼お別れパーティーの様子は写真の通りです。写真を撮りながら、何度かホストの方に呼び止められ、「うちに来た〇〇は素晴らしかった」とか「帰らないでほしい」と絶賛されたりしました。
 

パーティーの途中から、ピアノ演奏が始まりました。「プロかな~」と思ったら、前のピアノには男子生徒が座っていました(!)その後も代わるがわる演奏し、3人の生徒の演奏が、パーティーに花を添えました。終わりに歌やダンスを披露し、最後は校長先生から修了書とカンガルーのぬいぐるみをプレゼントされました。
       

学校に通うのも、いよいよあと1日です。名残惜しいですが、キャリーケースの準備と、パスポートの確認をしておきましょう:->

オーストラリア短期留学 10日目

生徒の皆さん気付いているかどうかわかりませんが、こちらから見る夜空は、船橋から見るよりも、比べようもなく星の数が多く、単に田舎と都市部の差なのかも知れませんが、まるでプラネタリウムのようです。南十字星も毎日はっきりと見ることができます(ホストファミリーに教えてもらいました)。

 

本日31日火曜日は、オーストラリアンフットボールを習いました。オーストラリアではサッカーよりもポピュラーだというスポーツで、一見ラグビーのようでもありますが、パスの際にボールを投げずにパンチするなど、変わったスポーツです。簡単なパス練習やボールキャッチ、レクリエーションなどをしましたが、久しぶりに体を動かした人も多かったのではないでしょうか、慣れない芝でけがをした人がいなくてよかったです。おそらく全員が初めてのスポーツ、楕円形のボールの扱いも難しく、キャッチするだけでも難しかったようです。
     

 

午後はESLの授業でテイスティングテストをしました。オーストラリアらしい食べ物ばかりが出てきて、それらの名前や食材の名前を英語で覚えました。

   

結果は、やはりティムタムが一番人気。
ほかの食べ物は、好きな人は好きな味、というやつでした:-P


オーストラリア短期留学 9日目

週が明けて、もう土曜日には帰国が迫って参りました。土曜日曜をホストファミリーと過ごした生徒達は、いづれも充実したオーストラリア生活を送ったようで、今日月曜日も全員元気に登校し、我々教員を安堵させました。どのような週末だったかは各家庭によって異なりますので、帰国したら、生徒に詳しくお聞きください。

 

さて、本日はAustralia Zoo という動物園へ研修に赴き、独自の生態系を編んできたオーストラリア大陸の歴史を、動物学の観点から考察し、各自の研鑽とします。到着後まずは、解説員の方のお話を伺いました。オーストラリアの生態系の特異性や現在動物達が置かれている状況、人と動物のかかわり方などについて、詳しく解説していただいた後、蛇を実際に触らせていただきました。触り心地はいかがでしたか?「財布にしたい」って言った人、聞こえてますよ(笑)。

  

その後12時までは自由見学ということで、各々が獣舎を回ったり、お土産を買ったりしました。コアラを抱いて写真を撮ったり、カンガルーと触れ合ったり貴重な体験でした。12時からはクロコダイルショーを見学しました。日本にもこういうのはあるのでしょうか? 非常にスリリングなショーと、色とりどりの鳥たちの乱舞は圧巻でした。今日は生徒の写真よりも動物の写真が多くなってしまいました。お許しください :-(
       

オーストラリア短期留学 6日目

オーストラリアの夜は早く、どの家庭でも9時から10時には寝るようです。そのため、日本との時差は1時間しかないのに、リズムが狂います。

 

さて、本日はIMMANUEL GARDENS RETIREMENT VILLAGEという、日本でいう老人ホームのような所へ行き、交流します。校歌やダンスの披露の後、マチルダというオーストラリアの歌を歌うと、施設内の多くの方々も一緒に歌ってくれました。プレゼンでは今まで以上に話を聞いてくれて、また質問も沢山されました。やはり若者との交流は嬉しいのでしょうか。その後はモーニングティーを共にします。かの有名なベジマイト(味噌的な食べ物。オーストラリアの名物?らしいです。味は…)も登場しました。でも、せっかくオーストラリアに来たので、とりあえず食べてみます。オーストラリア人が食べるものは、とりあえずチャレンジです。

   

 

午後は場所を移動し、アボリジニについて学びます。アボリジニの考え方や自然観、歴史や文化について説明を聞きました。アボリジナルジョークも冴えわたり、とても勉強になりました。食べると死ぬ葉っぱ、食べないようにしましょう(笑)また、生徒たちはブーメランやフェイスペイント、ペインティングなどをして楽しみました。ブーメランはキャッチできると1つもらえるということで、張り切って挑みましたが、さてお土産をゲットできたのは誰だったでしょうか。

    

 

土日は学校もなく、各家庭ごとに過ごすことになっております。どこへ行くのかな?楽しいといいですね。では、週明けに会いましょう(^^)/have a good weekend.

オーストラリアよりお知らせ

6日目の今日金曜日も無事終わりました。今日の様子は追って更新いたします。

さて、土日は生徒達は各家庭ごとにどこかに連れて行ってもらったり、何かしたりする予定です。我々も生徒には会いませんので、土日のHP更新はお休みさせていただきます。ご了承ください。どんな休日になったかは帰国後に直接お聞きください。では、生徒諸君はよい週末を!

オーストラリア短期留学 5日目

本日まずは、学校で遊泳事故を防ぐためのビデオを見ます。もしものときは命にかかわるので、確実に伝えるために日本語のビデオでした。そして近所のムルラバビーチに行きます。バスで20分くらいだったでしょうか、近場だからと侮るなかれ。駐車場から移動し、ビーチが見えた瞬間に歓声が上がりました。白い砂浜(比喩ではなく、本当に白いのです)に透明な青い海(形容矛盾が生じているようですが、本当にそうなのです)は絵葉書のような絶景でした。すぐに駆け出したい気持ちを押さえ、まずはライフセーバーの方のお話を聞きます。溺れたときはどうするんでしたっけ?覚えてますか。
   

その後、生徒たちは海で泳いだり(泳いだのは男子4名)、波打ち際でぱちゃぱちゃしたり、ドッヂボールをしたりして楽しみました。その間、女子力高めの我々教員は、BBQの準備。昼ご飯おいしかったです。
   

午後はビーチ周辺を散策しました。周辺はカフェやショッピング街になっています。歩道にはカフェテラスが続き、人々は優雅にティータイムを過ごしています(今日平日なのに…)。穏やかな気候があるから根付く文化で、日本でも似たようなものはありますが、全然違うと実感。オーストラリアの暮らしぶりやカフェ文化の一端を学びました。ショッピングを楽しんでいた女子はよく見かけましたが、男子はどこにいたのか、あまり見ませんでした。
 


今日は少しリラックスモードだったでしょうか。明日からはまたプレゼンがあるので、気を引き締めて取り組みます(^^)/

オーストラリア短期留学 4日目

生徒は毎日、自家用車やスクールバスで学校に通って来ていますが、道中、日本にはない木や鳥や動物(カンガルーも普通にその辺にいます)などが見られて、興味深いです。

 

今日は全校集会での船高生紹介という一大行事が控えています。校歌やダンスの披露などもあるので、緊張しているかと思いましたが、予想に反して、生徒は全く緊張の様子はありません(内心は緊張していたのでしょうけど)。集会が行われたのは立派な講堂、舞台から見たらこんな感じです。(あれ、写真で見ると狭そうだな。。本物は広いんです)


船高の発表の前に、生徒代表挨拶です。ギャグも交えた立派なスピーチ(もちろん英語)に、マシューの先生や生徒は大ウケでした。ぜひ皆さんにも聞いてほしかったです。校歌とダンスの発表の様子は写真の通り。練習の成果は出せましたか?

  

その後はプレゼンテーション、今日は中学生が対象です。

   

授業は、ESLクラスと通常授業に分かれて受けました。音楽の授業では打楽器をたたきました。日本語クラスでは、初のエミューに大興奮しながら、エサをあげたりしました。

 こんにちは!エミューです!

明日は学校を離れて近くの海に行く予定です。そろそろ疲れが出てくる頃でもあります。けがや事故に十分気を付けながら、楽しみます(^^)/




オーストラリア短期留学 3日目

今日も天気に恵まれ快晴。向こう1週間は天気が崩れないという予報です。生徒の中に晴れ男か晴れ女がいるようです。さて、そんな迷信がましいことはさておき、我々はブリスベンから北に約100キロ、サンシャインコーストというエリアに滞在しています。亜熱帯気候に属し、温暖な冬と降水量が少ないことが特徴で、名前の通り年間を通して日光が激しく照り付けます。そのため、冬でも帽子とサングラスは必需品です。

今日はESLの授業、クッキングから始まりました。2班に分かれてアンザッククッキーとソーセージロール(どんな食べ物かは帰国後に生徒にお聞きになるか、ネットでお調べください)を作ります。

   

英語のレシピに四苦八苦、分量を間違えたり(でもうまくできてよかったねH君)、上手な包丁さばきに「シェフにならないか」と勧誘されたり(Y君、進路が決まったな笑)。

完成後はモーニングティー(これ、毎日あるのです。ほぼ全校生徒が出てきて、広場やカフェでお茶する時間です)も兼ねて実食しました。帰国後、家でも家族に作ってあげてください。これ、夏休みの宿題にします。
   

その後はマシューの生徒に交じって授業を受けます。英語、日本語、数学の授業に分かれます。英語の授業では、シェイクスピアの「ヴェニスの商人」の第3幕を読みました。日本語では「ヴェニスの商人」読んだことがあるでしょうか? 日本だったら大学の英文科でやるような、難しい授業でした。一方、日本語の授業では、マシューの生徒に日本語を教えてあげていました。昼休みはそのままマシューの生徒と一緒にご飯を食べます。自分から声をかけて輪に入れてもらいました。そういう積極性、今回参加しようと思ったことも含めて、尊敬します。それと、気付いたら広場に日本の国旗がオーストラリア国旗と共に掲げられていました。
   

午後は座学のESLの授業を受けます。

みなさんコアラという言葉の意味をご存知ですか?知らない?では帰ってから教えて差し上げましょう。今日も一日楽しかったです(^^)/


オーストラリア短期留学 2日目

今日から学校に通います。ホームステイ先ではよく眠れた?晩御飯は口にあった?英語は通じた? 朝、半日ぶりに感動の再会を果たした生徒たちは、口々に自分たちの家について情報交換しています。様々な家庭があるのもホームステイならではのものです。

今日はまずクレア先生からオーストラリアのことやホームステイについての諸注意を受けたのち、マシューフリンダーズを歩いて1周しました。昨日到着したときはもう暗くなっていたので気が付きませんでしたが、グラウンド、校舎、カフェ、駐車場、すべてが広く、きれいで、手入れの行き届いた素晴らしい学校です。ゆったりとした時間が流れるここで、日本の学校とは何もかも環境が違っていることに驚嘆の声が上がります。カルチャーショック。写真で少しでも伝われ!

    

その後はESLEnglish asa Second LanguageClassで英語の授業を受けます。あたりまえですがテキストも会話もオールイングリッシュ、先生は外国人(というか、ここでは我々の方が外国人なのです。変なカンジ)。先生はゆっくり話しているのでしょうが、聞き取れないこともしばしば。それでも果敢に質問に答え、正解してシールをもらいます。たかがシール、でも貰うと結構うれしいのです。
   


午後は小学生を相手に日本文化についてのプレゼンをします。小学生はきっと忖度してくれないので、もしかしたら最も手強い相手かもしれません。ずっと練習してきたプレゼン、興味を持ってもらえるか、英語は通じるか、質問には答えられるか、不安でいっぱい、心臓ばくばく。果たして結果は―――!!!
剣道するよ KINKAKUJI かるた大会 はし~チョップスティック~ Oh!NINJA!! お弁当つくります

明日はcookingの授業があります。何を作るのでしょうか?楽しみです(^^)/




オーストラリア短期留学 1日目

準備を重ねてきたオーストラリア短期留学がいよいよ始まります。初日は成田空港に17:00集合。誰も遅刻することなく全員集まりました。国際線搭乗は初めての人も多く、真剣に手続きの説明を聞きます。 そして出国前に集合写真。家族ともしばしのお別れです。一回り大きくなって帰ってくることでしょう。

 

定刻通りに飛行機は出発、赤道を通過した頃には皆寝ていたでしょうか?私も寝ていたのでわかりません。メルボルン到着後、乗り換えまでに時間があったので、しばしの買い物を楽しみました。外国の通貨に初めて触れた人も。その後メルボルンを後にし、ブリスベンへ向かいます。

ブリスベンは抜けるような快晴で我々を迎えてくれました。気温は22度、風は少し冷たく、冬の気配を感じますが、半そででも過ごせる陽気です。連日の酷暑が続く日本から来ると、さっそく「帰りたくない」の声も聞かれました(笑)。

空港でコーディネーターのクレア先生と合流後、カンガルーバスに乗り込み、ブリスベン市内サウスバンクで本場(?)のフィッシュアンドチップスをいただき、マーケットを見学しました。短い観光を終えると、学校へ出発です。バスで1時間程の距離ですが、ほとんどの生徒が寝ていました。昨日から夜行便や飛行機の乗り継ぎ、疲れましたね。


   

学校に到着後、チャペルでホストファミリーと対面です。どんな家庭にお世話になるのか、今日一番のドキドキです。もしかしたら、2週間で一番緊張する場面かも。「先生、よろしくって英語で何て言うんですか?」と質問してきた生徒も何人かいましたが、「自分で考えて」と答えておきました。でもちゃんと自分で挨拶できてましたね!校歌を披露したのち、各家庭に向かって行きました。どんなステイになるのでしょうか、健康第一で2週間頑張りましょう!

      


SSH台湾研修第5日目


ハードな研修を終えて、今日はいよいよ帰国です。その前に、最後の研修へ向かいます。
行先は、「国立故宮博物院」です。世界4大博物館の1つに数えられる博物館で、見聞を広めます。
 

 

 



黄色いベストを着ている方は、この5日間私たちを案内してくれたツアーガイドの揚さんです。大変お世話になりました。
 

彼らが見てきたお宝の一部もアップしておきます。
 

 

 

 



そして、無事に成田空港に到着して解散となりました。
けが人も病人もなく、有意義な5日間を過ごすことができました。
皆さん、本当にお疲れさまでした。
 

SSH台湾研修第4日目 パート2


 新竹の生徒の発表です。内容もかなり高度なようですが、しっかりと聞くことができていました。
 

 

攻守交代して、本校生徒の発表です。学校訪問も3回目ともなると、落ち着いて自信を持って発表することができました。
 

    

      

 

 

 

発表も終わり、閉会式です。お互いの生徒代表が謝辞を述べました。
 

最後に集合写真を撮って、お別れです。後ろ髪をひかれつつお別れです。 

最後の夜の食事は、飲茶料理です。これぞ中華料理という感じです。
 

 

そして夜は、今回の研修の振り返りの予定でしたが、少し変更して、同じホテルに宿泊しているSSHの研修に来ていた大分県の高校生たちと交流会をしました。
自己紹介や発表の苦労話などを共有しました。
 

 

 

 

盛り沢山の一日、お疲れさまでした。明日は、いよいよ帰国です。

SSH台湾研修第4日目


 いよいよ4日目になりました。今日は、国立新竹實験高級中学校へ向かいます。
ホテルの雪だるま⛄も、応援してくれているようです。


国立新竹實験高級中学校は、やはり大学のキャンパスのような広いキャンパスです。ここで幼稚園から高校生までが学んでいます。
 

まずは、開会のセレモニーです。両校の校長の挨拶とプレゼント交換です。 

 

生徒たちによる歓迎の歌の交換です。
 
台湾の生徒は、日本語の歌を披露してくださいました。

新竹の校長は、幼稚園の園長でもあるので、幼い子供たちが訪ねてきます。
 

 

研修の前に、まずは集合写真です。
 

そして、新竹の生徒による学校案内ツアーです。
 

 
化学実験室の様子です。実験台ごとにドラフトチャンバーが天井についています。
本校にもぜひ欲しい設備ですね。

部屋に戻って、新竹の授業を受けます。國語(漢文)の授業です。
漢詩を絵にかいて、様子を説明しています。
 

そしていよいよポスター発表です。今回は、新竹の生徒が先に発表します。。。。
が、続きはパート2へ。

SSH台湾研修第3日目


台湾研修3日目は、国立蘭楊女子高級中学校を訪問しました。
朝8時に出発し、10時30分に現地到着。歓迎のポスターが正面に飾られていました。
 

女子高らしく可愛いクリスマスツリーが玄関に飾られています。
 

本日の日程が、電子掲示板に映し出されていました。巨大なiPadのようです。
そしてオープニングセレモニーが始まります。
 

 



生徒の司会進行で、交流が始まりました。
 

ポスター発表は、隣の部屋で行われました。
まずは、本校生徒の発表を聞いてもらいます。観客は、近隣の中学校の生徒も参加していたので、大勢の聴衆に囲まれて活発に議論しました。
 

 

 

 

 

 



後半は、蘭楊高級中学校近隣中学校の生徒たちの発表を聞きました。
 

 

発表後は、移動して「発生と進化の関係」についての講演を聞きました。
講師は、偶然にも和歌山県出身の太田欽也博士でした。
講演後には、いろいろと研究の本質についてのアドバイスをいただきました。
 

講演後は、ティータイムの時間。生徒同士は、積極的に交流を深めていました。
 

閉会式では、ユニークな賞を設けていただき、様々な表彰状をいただきました。
 

 

最後に、「スキヤキ(上を向いて歩こう)」の合唱を披露しました。
 

バスに乗車する前に集合写真を撮ってお別れです。
 

お楽しみの夕食は、こんな感じです。
 
 

SSH台湾研修第2日目

 台湾研修も2日目に入りました。今回、宿泊している三德ホテルは、こんな場所にあるホテルです。
  

今のところ体調を崩している生徒は一人もいません。午前中は、午後の発表のおさらいをしました。
 

午後の訪問先は、板橋高級中学校です。このようなポスターが掲示されており、熱烈歓迎を受けました。
 

初めは、お互いに緊張気味でしたが、時間が経つにつれて徐々に打ち解けていきした。
 

お互いの代表者による挨拶です。もちろん英語でのあいさつとなります。
 

両校の校長による日台友好の挨拶です。
 

発表の様子は、こんな感じです。お互いに発表しあい、意見を交換しました。
 

 

 

 

 

 




発表後は、モンゴルBBQを食べて、明日の発表に備えます。
 

SSH 台湾研修第1日目 パート2


 今日の夕食は、台湾家庭料理です。メインは、豚の角煮!!!
とってもトロトロで美味しかったです。
   
お腹が一杯になったところで、ホテルに戻って研修です。
研修の前に、百瀬サンタクロースからクリスマスプレゼントが!!!
 
そして研修の模様です。各班で発表練習です。
 
 
 

SSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)台湾研修 第1日目

 メリークリスマス!  今日は、SSHの台湾研修第1日目です。
朝7時に成田空港に集合して、台湾研修の始まりです。
 
無事に全員台湾に到着しました。
まずはバスで孔子廟へ向かいます。
 

学問の神様である孔子に、今回のポスター発表の成功をお祈りします。
 

 

 さぁー、明日からのポスター発表会はうまくいくのでしょうか?
明日のことは置いといて、これから夕食へと向かいます。続きます。。。。

平成29年度オーストラリア短期留学10

 テロ事件の影響で集合時間が早まり朝の5:30となりました。いつもは寝ている時間、果たして全員集まれるのかそれだけが心配でしたが、そこはさすがに船高生(あるいはそのホスト方)、見事に揃いました。朝まだき、居並ぶホストを前にして田中君が最後のお別れのスピーチを行い、それぞれが涙の挨拶を交わしました。朝早くだったので子供たちはまだパジャマ姿…...猫やライオンが最後まで手を振ってくれていました。

 ブリスベン空港までは予定通り、心配された手荷物検査も順調で、ここでコーディネーターのクレアとのお別れ、今度日本に巡礼で来るそうなので再開を期して別れました。そしてシドニー!見事に快晴。オペラハウスとハーバーブリッジが共に見渡せる絶景ポイントで集合写真を撮り、観光のハイライトであるオペラハウスへと向かいました。今回はオペラハウスの内部が見学できるようで、ガラス張りのインターバルホールや照明を調整中のコンサートホールの中を堪能してきました。午後はシドニータワーまで移動して解散、ショッピングや世界遺産巡りなど、それぞれが心行くまで自由行動を楽しんだ後はいよいよオーストラリアとのお別れ。また来る日を胸に誓って日本へと飛び立ちました。今回の旅はこれで終わりですが、今回の旅から始まったことは数知れません。一つの旅の終わりはまた別の旅の始まりであり、それは常に改めて自分を見つめ直すいい機会となるでしょう。

 最後になりましたが、今回の研修に関してお世話になった、保護者様をはじめとする学校関係の皆々様方に感謝の言葉を述べさせていただきます。旅にはトラブルがつきものだと申します通り道中色々なことがございましたが、こうして全員が元気な姿で無事に、しかも一回りも二回りも成長して帰ってきてこれたことは何よりの喜びであり、それもこの研修を支えてくださった皆様方の御理解と御協力がなければ叶わなかったことだと思っております。誠に有難うございました。なお、以下に参加者の感想の一部を載せておきますので、それぞれの成長、あるいは変化の一端をご覧ください。とはいえこれはほんの一部にすぎません。詳細はご自宅でごゆっくりとお聞きいただくということにして、これをもって本報告の締めとされていただきます。
 
・一言でいえば、色々ありました。ホストは僕の顔を見るたびにholidaysと言っていましたが、それなりに苦労はありました(苦笑)。でも、海で一番泳いでいたのは断トツ自分ではなかったかと自負しています。(MH)

・初めは不安そうな表情だった生徒たちでしたが、「日本に帰りたくない」「もっといたい」という声が、終わりに近づくにつれ多くなっていました。Flindersで学んだ様々なことも、ホストファミリーと過ごした日々も、30人の生徒たちを一回り大きくしてくれたことと思います。我々引率教員3名も、貴重な経験をさせていただきました。この研修でできた人と人との繋がりを大切にしていただければと思います。(YK)

・あたたかい人々と出会えたことに感謝しています。そして、何よりも参加した生徒達の今後の成長が、とても楽しみです。(MT)

・今回のオーストラリア留学は2週間という短い期間でしたが、日本にいては経験できないような多くの素晴らしい経験ができました。リーダーとして皆にたくさん貢献することが出来たかは分かりませんが、全員で協力し合い、慣れない土地でも色々なことに全力で挑戦して、ひとまわりもふたまわりも成長できたと思います。長い間協力してくださった先生方、保護者の皆様、本当にありがとうございました。(NN)

・人生で1番密度の濃い2週間でした。特に外国の人と繋がり、関わることの楽しさ、素晴らしさを学ぶことができました! (HS)

・2週間とても密度が濃くて、本当に貴重な経験をすることができました。英語をもっと学びたいと思いましたし、近い将来他の国にも行きたいとも思いました。現地はいい人たちばかりで、別れるのが本当に辛かったです。オーストラリアに戻りたいです。(KO)

・大学で国際関係の学部に進学しょうと思っている私にとって将来のためになる2週間でした。受験に向けて勉強を頑張ろうと思えるきっかけになりました。(MM)
・ホストファミリーや船高の仲間のおかげで本当に充実した日々を過ごせました。この2週間は一生忘れません! (MS)

・いろんなことを経験しとても充実した2週間でした!毎日が楽しすぎました! (RY)
・行く前にもう少しリスニング力を鍛えたいと思いました。コミュニケーションで大事なのは大きな声と聞き返す勇気だと思います。(GU)

・最初は不安だらけだった留学でしたが、現地の人の優しさや明るさ温かさにふれて、すごく楽しく2週間を過ごせました。オーストラリアが大好きになりました! (HT)

・海外に行くのが初めてだったので自分にとって全てが新しく、多くのことを学びました。毎日がとても楽しく、あっという間の2週間でした。(KA)

・初めての海外に行き、英語ばかりの環境に慣れるのは少し大変だった。しかし、それ以上にホストなどとの交流は楽しく、よても良い経験になったと思う。(YI)

・この留学は私にとって何もかもが新鮮で、楽しくて、一生忘れられない体験です。英語力だけでなく、積極性や、コミュニケーション能力も身に付いたなと感じます。皆が大好きです。ありがとう! (AT)

・最初は不安がかなり大きかったけど実際に行ってみるとみんな親切で良い国でした。オーストラリアではリスニングが一番難しかったです。普段、英検などのテストで聴いている英語はとてもスピードが遅いんだなということがわかりました。留学して視野も広がり非常に良い体験をしたなと思います。(NY)

・大げさでもなく、これまでの人生で最も濃い2週間を過ごすことができました。東京五輪でまた会える日が待ち遠しいです! (SA)

・海外留学という素晴らしい経験が出来て本当に良かった。親切にして頂いたホストファミリーの方々とはこれからも交流を続けていきたいと思う。(MH)

・この2週間で英語力が上がったかどうかはわからないけど、コミュニケーション力は絶対に上がったと思います。悲しかったり、辛かったこともあったけど、やっぱり一番は楽しかったです。(HS)
・オーストラリアについてたくさん学べて、人生で1番充実していた2週間でした。次にホストファミリーに会う時にはもっとスラスラ英語を話せるようになりたいです! (FU)

・初めての留学で戸惑うことも多くありましたが、滅多に出来ないであろう体験がたくさんできました! (NS)

・ホームスティすることで、より近い距離でオーストラリアに触れることができたと思います。英語力だけでなく、国際的な理解、興味も増したと感じました。(MM)

・最初は何を言われているのかわからず大変でしたが、ホストマザーがとても優しくいい人だったので、最後には帰りたくないと思うほど楽しむことができました!また、日本にいた頃には経験したことがないことが毎日のように経験でき、とても有意義な留学になったと思います。(TU)

・初めての海外ということで、とても緊張していましたが、ホストファミリーや、学校の生徒を中心とする現地の人がとても温かく対応してくれて、ほんとに多くを学ぶことが出来た、充実した2週間でした!恥ずかしがらずに自分から話しかけてみるってとても大事なんだなぁと思いました! (MA)

・初めての海外でのホームスティ、どきどきがいっぱいありましたが、ホストファミリー、メンバーに恵まれ素敵な留学になりました!一生の思い出です♪ (HA)

・本当に貴重な体験でした。オーストラリアの気候だったり、食文化だったり、生活習慣だったり、日本と全然違うことを身をもって経験できました。特にホストファミリーとの会話では、勉強英語ではない、コミュニケーションのための英語を学べたと思います。伝わることが大事だ!と実感しました。次また会うことができたら、もっと語彙力を高めて英語ペラペラになってホストファミリーを驚かせたいです。(RO)

・私は中学生の頃からオーストラリア留学に行きたいと思っていて、行けると決まった時から本当にわくわくしてしたけど、実際行ってみるとその期待以上に充実して幸せな2週間でした。ホストファミリーをはじめ、私が出会ったオーストラリアの人はみんな気さくで、英語が未熟な私にも温かく接してくれて、私も楽しく英語で会話することができました。実際に向こうで生活してみると、学校で今習っている難しい文法が出来なくても十分コミュニケーションは取れることに気づきました。むしろ大切なのは単語の知識やリスニングの力だと思いました。今回の留学でわかった自分の英語の課題をこれから解決できるようにもっと勉強しようと思います。(TM)

・今までで1番短い2週間でした。オーストラリアの環境や文化に直接触れることができ、いい経験となりました。ホストファミリーはとても優しい方だったので、別れがとても寂しかったです。またいつか会いに行こうと思います。今回、伝えたいことをうまく伝えられなかったり、相手の言っていることを聞き取れなかったりしたので、次会うときまでにしっかり英語を喋れるようになりたいです。(SK)

 

平成29年度オーストラリア短期留学09

 空全体にもの凄い鰯雲が広がっています。雲間から太陽が美しく輝く今日がマシューフリンダースに登校する最後の日となりました。午前はまず学校内にある農場を見学、農業の授業を受けている生徒の案内で畑の作物を見たり、エミューやニワトリと文字通り触れ合いました。その後は英語の授業とそれ以外の授業に参加、英語の授業では手紙の書き方を学びました。

 午後は全員が集まって今までの授業や体験を振り返りました。最後に校長先生から生徒一人ひとりに修了証が渡され、全員で記念写真を撮り、その後はただただ感謝の言葉で一杯の瞬間が続きました。
 
 今日はホストとの最後の夜になりますが、明日はテロ事件の影響で出発時間が早まり、5時半に学校集合になっています。その時の様子をアップする頃には元気な顔を見せているでしょうから、次回の最終報告は少し間を開けて帰国後にゆっくりと報告したいと思います。

 

平成29年度オーストラリア短期留学08

 相変わらずの快晴です。午前はユーマンディ・マーケットに行って思い思いに散策、ショッピングを楽しみました。かなり規模が大きなマーケットで、あまり生徒と出会うことがなくうまい写真が撮れませんでした。悪しからずご了承ください。

 続いてジンジャーファクトリーという 生姜製品工場を見学、熱帯雨林を散歩、ボートに乗ったり、生姜を使った珍しい食べ物やジンジャービール(ビールといってもアルコールゼロです)などを味わいました。

 午後は学校に戻って数グループに分かれて英語、日本語、フランス語、音楽といった授業に参加しました。明日はいよいよ最後の授業となります。早いものですね。

 

 

平成29年度オーストラリア短期留学07

 雲ひとつない晴天が続いています。こちらに来てから一滴の雨も降らず、この時期では珍しいようです。朝は学校内にある幼稚園を訪問、積み木をしたり、砂場遊びしたり、ブランコしたりと良きお兄さん、お姉さんになって(あるいは童心に帰って)楽しく園児たちと遊びました。

 青空の下で校歌とダンスを披露しましたが、特にダンスは好評でアンコールを頂き再度披露しました。当初の予定にはなかった訪問でしたが、もしかしたら一番受けたのかもしれません。園児たちの歓迎の歌も可愛いらしく、あっという間に時間が過ぎてしまった感じです。

 学校に戻るとプレゼンの準備、今日は同世代の生徒が来る予定です。日本語を勉強している生徒なので、日本の文化は少し知っているようでした。さすがに今まで数をこなしてきただけあって皆メモも見ないで堂々とプレゼンを行い、最高のパフォーマンスになりました。

 午後はオーストラリアの食文化を体験する授業。オーストラリア特有の様々な食べ物を食べ比べてその味覚を評価します。生徒たちに圧倒的に不人気だったのはある2つの物ですが、それが何だったのかは後でお聞きください(教員には好評でしたが)。

 授業の最後は英単語の暗記ゲーム。詳しい内容は秘密ですが、皆暗記力が高いですね、すぐに終わると思ったらどこまでも続いて、このままでは連絡事項が伝えられないのではと焦りました、本当。

 



 

平成29年度オーストラリア短期留学06

7/31(月)
 休みが開けて残すところ半分を切りました。ホームシックにかかることもなく、このまま離れるのがつらく感じられる今日この頃です。

 午前は英語の授業に加えて様々な授業に参加、数学、化学、生物、演劇、体育、フランス語と色々な授業を受けました。

 午後はアボリジニの文化体験、フェイスペイントではそれぞれに個性的な絵柄をつけてもらい大興奮でした(教員含む)。民族楽器のディジョリドゥを鑑賞して、アボリジニの衣食住に関する説明を受けた後、アボリジニアートを描き、最後は各自がブーメランを投げました。戻ってきたブーメランをキャッチしたら貰えるとのことでみんな必死になって飛ばしましたが、さてその結果は......帰国後お聞きください。

 なお本日より教員主催の写真コンテストが開かれます。自分を被写体とした写真をアップしてみんなに投票してもらうもので、豪華景品付きとなっています。さて誰が優勝するのか、その結果は帰りの飛行機で発表します。

 

 

             

平成29年度オーストラリア短期留学05

7/28(金)
 午前は御高齢者の居住地区に行き、全パフォーマンスを披露して、プレゼンを行いました。孫のような生徒たちにみなさん気さくに話しかけてくれたり、プレゼンの内容に色々と質問をしてくださったりと、今までになく双方向に会話が進み、とても有意義なプレゼンになりました。軽食ではあの有名なベジマイトも登場し、大皿を空にしました(感想は後でお聞きください)。食後はお宅訪問ということで、2組にわかれて、各家庭を案内してもらい優雅な生活の一端を紹介してもらいました。学校に帰ってからは英語の授業で 家族紹介の仕方について学び、ビンゴゲームで楽しみました。

 

 午後はTボールというスポーツをやりましたが、これはT字型のポールの上にボールを置いてバットで打つというもので、ゴルフとソフトボールを組み合わせたものだというとおわかりになるでしょうか。ピッチャーがいなくてどんどん打っていくので、展開が早く見ていて飽きません。ただなれない場所でもあったので中には怪我をした生徒さんもいました(早く良くなってくださいね)。

 

  今日も朝の冷え込みと昼の暑さの差が激しい1日でした。そろそろ疲れがでる頃なので週末はゆっくり休んでもらいたいです。なお土日は学校がなく、終日ホストと共にそれぞれの休日を過ごすことになります......というわけでこの報告も週末はお休みいたします。御了承ください。

平成29年度オーストラリア短期留学04

7/26(水)、7/27(木)
水曜と木曜はそれぞれ動物園にビーチと学校を離れて校外学習。動物園では係員さんからオーストラリアの動物の説明を受け、ワニの卵とヘビに触れました。鳥とワニのショーでは鳥が観客席すれすれに飛んでくるのに大興奮(どういう意味で興奮したのかは本人たちにお聞きください)。昼食後はコアラと写真を撮ったり、買い物をしたりと自由に過ごしました。

 


ムルラバ ビーチではこれ以上望めないような天候にめぐまれました。紺碧の空に紺碧の海と白い砂、気温はさほど高くはないのですが、照りつける太陽光線が強いため体感温度は高く感じられます。ライフセービングセンターを見学して一通り説明を受けた後は自由行動、といってもほとんどの生徒が海に入っていました(訳あって写真はお見せできませんが、みんな楽しんでいたようで、男子は全員海に浸かっていましたね)。ビーチには無料のバーベキュー施設があり、居残り組(教員)と女子生徒が日頃の腕(?)をみせて見事なバーベキューを作り、みなで味わいました。その後は観光地のショッピングを楽しんだり、鎌田先生指導のもとでラグビーを楽しんだりしてそれぞれのひとときを過ごしました。

 
             

平成29年度オーストラリア短期留学03

7/25(火)
朝はクッキングの授業からスタート、2グループに別れてアイザックビスケットとソーセージロールを作りました。どれも初めての料理でしたが(もしかしたら初めての調理)、それなりの形に仕上がりました。味も上々でみな満足した後はプレゼンの用意。今日の相手は小学生、お兄さんお姉さんとして堂々とプレゼンを行い、プレゼンのコツがつかめてきたようです。午後はオーストラリアンフットボールを体験、実際の選手から指導を受けて色々な練習をして、最後は飛距離を競うキックや ボールよけをやって終了。鎌田先生も参加してみな楽しい時間を過ごしました。

 調理実習                                                                              プレゼン
          


 オーストラリアン・フットボール                                オーストラリアン・フットボール
 

平成29年度オーストラリア短期留学02

7/24(月)
一夜明けての月曜日、みな少しは眠れたようで元気な顔で初登校。スケジュールの簡単な説明を受けた後で全校集会に参加。集会の内容は訪問生の紹介(って船高生のこと)とリーグ対抗戦の結果発表とシュプレヒコール、ということで最初に船高生が紹介されました。生徒を代表して浅野さんがスピーチをした後、校歌とダンスを披露、特にダンスは好評でした。その後は英語の授業を受けて昼休み。廊下を歩いていると日本語で挨拶されるのにびっくりしますが、フリンダースの生徒は第2外国語で日本語かフランス語を学んでいるのです。午後は2グループに別れて日本語と音楽の授業に参加。日本語では敬語を一緒に勉強、音楽では民族の打楽器を演奏した後、画面に合うような音楽をコンピュータで作りました。ここで学校の1日は終わりですが、今日は歓迎会があるので、ホールで日本の文化紹介のプレゼンを準備します。初めてのプレゼンでしたが、相手がみなホストだったのでリラックスしてやっていました。歓迎会では内海さんが挨拶をしてホストと食事、歓迎の大きなケーキを食べた後のシメは船高生のパフォーマンス、結団式の数倍も良くなっていました。めでたし、めでたでし。


 英語の授業                                                                   全校集会
     

 全校集会                                                                      日本語の授業
     

  音楽の授業                                                                   プレゼン
     

 パフォーマンス

  

平成29年度オーストラリア短期留学01

朝の7時にブリスベンに到着しました。機内では興奮のあまりか、あまり眠られなかった生徒もいたようです。顔写真認定で少し手間がかかりましたが、全員無事にオーストラリアに到着しました。ブリスベン空港で毎年お世話になっているクレア先生と対面した後、カンガルーバスに乗って観光スポットのサウスバンクで軽い朝食をとり、マーケットを散策、高速に乗って今回初の英語のミッションに臨みました(ミッションの内容は秘密です)。
全員ミッションをクリアした後、学校に行き、教会でホストを待ちます。生徒曰く、一番緊張した瞬間でした。ホストの前で校歌を披露して、ホストと対面、後は三々五々新しい家庭に帰って行きました。

成田空港                 サウスバンク 
 
サウスバンク               教会               

台湾の高校生が船高を訪問

10月11日に台湾の国立科学工業園区実験高級中学の生徒が本校を訪問し、交流会を開きました。

<歓迎セレモニー>

台湾の生徒による合唱


両校で記念品を交換

<文化交流>

船高生が日本文化を紹介 和服を着る台湾の高校生

<科学発表交流>

壇上で発表する台湾の高校生


ポスター発表


英語で議論をする場面も


船高生もポスター発表


発表者を取り囲む輪があちこちにできる

<昼食交流>

バディーといっしょに昼食をとる

<剣道体験>

初めて竹刀振ります



剣道部員に面を打ちこみます


剣道部員のリードで

<お別れ会>

代表生徒のごあいさつ

プレゼントの交換

平成28年度オーストラリア短期留学11

帰国後数日経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか。更新がおくれご迷惑をおかけしたこともありましたが、ここにオーストラリア短期留学レポート最終版として、最後の報告をさせていただきたいと思います。

~ホストファミリーとの別れ~
日もまだ明けない朝6時、生徒たちはホストファミリーとともに、慣れ親しんだマシューフリンダーズの送迎場所に現れました。すでにマイクロバスが到着しており、ステイ先の小さなホストブラザーやシスターを抱っこして別れを惜しんでいる生徒もいました。

出発時間がせまる中、船橋高校を代表して杉本さんが、感謝の意を込めてホストファミリーへのスピーチを行いました。涙を浮かべている生徒たちにティッシュペーパーを配ってくれる優しいホストの方もいました。朝の慌ただしい旅立ちではありましたが、ここには人生の貴重な時間が流れていました。

暖かくホストファミリーの方々に見送られた後、まもなくバスの中にはサンシャインコーストの朝日が射し込んで来ました。そして生徒たちは…

とても元気でした!

ホームステイの濃密なプログラムをやりきったという充実感と自信が、きっと寂しさを上回っていたのかもしれません。

そしてブリスベン空港までは、この短期留学を最初から最後までずっと支え、生徒たちにはオーストラリアの母親のような存在だったかもしれないクレア先生が、搭乗ゲートまで見送りに来てくれました。クレア先生は、ハグをしながら生徒一人一人に言葉をかけて空港を後にされました

~シドニー~
しかし、オーストラリアはまだ終了ではありません。そうです。最後はみんなでシドニーです!

肌寒さと、晴れ→雨→晴れと変わり続けるお天気と戦いながらも、オペラハウスを中心に、水族館やお土産物屋さん、自由時間を利用しての散策&ランチなど、生徒たちは好奇心旺盛に、最後のひとときまで、オーストラリアでの滞在を楽しみ尽くしていました(笑)

最後の羽田空港までの機内は、多くの生徒がぐっすりと眠っていました。が、早朝のモーニングサービスでみんなが起きる頃には、カンタス航空機の窓越しに、これまた息を呑むような素晴らしい朝日が差し込んで来て、空港に降り立つ頃には元気を取り戻していました。

とにもかくにも、全員が無事に帰国したことでほっとすると同時に、プログラムの終了まで支えてくれた船橋高校の先生方、保護者の皆様、ホストファミリー、マシューフリンダーズの先生やスタッフの方々、そして何よりも生徒たちの頑張りに、心から感謝の意を表し、最後のご報告とさせていただきたいと思います。どうもありがとうございました!

PS~引率教員 Y先生、S先生より~
日程が盛り沢山で、毎日忙しかったですが、最初はリスニングが難しいと不安そうにしていた生徒も帰る頃には自信が表情に現れ、日を追うごとに成長していき、クレア先生も感心していらっしゃいました。また船橋高校の生活に戻りますが、ホストファミリーの方々と連絡を取り続けていけるといいですね。(Y)

みんな想像以上によく頑張っていて、見ていて楽しかったし、心強く思っていました。良かったところも足りなかったところも振り返りつつ、これからの生活に生かしてください。みんなの今後の活躍を期待しています。(S)

平成28年度オーストラリア短期留学10

8月4日 木曜日   雨
昨日はマシューフリンダーズでのESLレッスン最終日でした。でも、その前に待ち構えていた大きなイベントが一つありました。そうです、全校集会です。

この度、学校での語学研修を終えるにあたり、いろいろな形でお世話になったマシューフリンダーズの先生方や生徒たちに、お礼の意味も込めて、いわゆる日本の学校の体育館であるスポーツセンターで、マシューフリンダーズの約800名の高校生たちの前で、校歌とソーラン節を披露してきました。

久しぶりのソーラン節でもあり、大人数の前で踊るということもあって、見ている方はハラハラドキドキでしたが、最後のポーズが決まった後は、会場から大きな拍手が沸き起こり本当によかったです。生徒たちはお疲れ様でした!

また校歌に先立ち、学校を代表して倉澤さんが感謝の意を見事な英語のスピーチで、マシューフリンダーズの先生方、生徒たちに伝えてくれました。今回の研修では様々な場面で英語を使う機会に恵まれましたが、その成果をいかんなく発揮してくれた素晴らしいスピーチだったと思います。

集会の後は、そのままグラウンドに移動し、ティーボールというピッチャーのいないソフトボールのような球技を、マーグ先生の審判のもと、みんなで楽しみました。

そして、午後は限られた時間ではありましたが、慣れ親しんだ教室でホストファミリーへのサンキューレターを各々書いた後、マシューフリンダーズの校長先生のもと、修了式を行いました。

今夜はこれから帰宅して、生徒たちは思い思いにホストファミリーとの最後の時間を過ごすことになります。ここまで頑張ってきた生徒たちは、たとえ百パーセント自分の英語が通じなくても、気持ちを込めてしっかりと感謝の意を伝えてくれるのではないかと、これまでの成長を見てきたこちら側は確信しています。

明日は、朝6時にマシューフリンダーズを出発し、バスでブリスベン空港に移動。その後は、飛行機でシドニーへと一同、向かう予定です。移動が続くため、今回に続く報告は日本に帰ってからとなりますが、保護者の方におかれましては、成長した生徒たちとの対面を、もう少しだけ楽しみにお待ちいただければ幸いです。きっと少し日に焼けた、でもたくましい顔になった生徒たちに出会えるのではないでしょうか。

とにもかくにも、マシューフリンダーズに来てよかった。サンシャインコーストに来てよかったという思いで、明日の朝、また元気にみんなでシドニーに向けて出発できたらと思います。

引き続き何卒宜しくお願い申し上げます。

平成28年度オーストラリア短期留学09

8月3日 水曜日 晴れ
昨日は、午前中にオーストラリアの先住民族であるアボリジニのケリーさんから、アボリジニの文化について教えていただく課外授業がありました。

まずは、ミニアボリジニミュージアムといった様相の大型バスの中に備えられたスクリーン動画を通じて、アボリジニの文化を学ぶ班と、バスの外でスポンジと絵の具を使って、紙の上にアボリジニアートを描く班とに分かれました。

ケリーさんからは、船校生の絵はとても上手でびっくりしたと、お褒めの言葉ももらいました。

また絵だけでなく、ブーメランを飛ばしたり、ディジリドゥという民俗楽器を聞かせてもらい、アボリジニ文化の多様性に触れる貴重な機会になりました。

笑いが絶えなかったケリーさんと交流した後はランチをはさんで、マシューフリンダーズの生徒の授業におじゃましました。



テーマは環境。向こうの生徒が日本語で質問し、こちらが日本語で答えてあげるというものです。日本語で答えた後は英語で説明したりもしました。また、環境について書かれた日本語の文を、協力して英訳するということもやり、自分たちだけで勉強するいつものESLクラスとはまたひと味違う経験をさせてもらうことができました。

また交代で、マシューフリンダーズの小学校にも訪問させていただき、折り紙などを通じて文化交流をやりました。

終わってみれば、今日もとても濃い一日となり、生徒たちは多くのことを吸収できた素晴らしい日となりました。

平成28年度オーストラリア短期留学08

8月2日 火曜日 くもり

今日は朝、雲間から太陽がちらりと顔を出したものの、こちらに来てからは珍しく冬めいたお天気です。ホスト曰く、今回の船橋高校の訪問のタイミングは絶妙だったらしく、このまま最後までお天気が持ってくれたらと祈るばかりです。

さて、各々週末をホストファミリーと過ごした後、昨日月曜日は快晴の中、Australia Zooに行って来ました。オーストラリアと言えば、やはり、コアラやカンガルーに会わなければということで、朝から全員元気に集合し、意気揚々と動物園に向かいました。

まずは、いきなり入り口で蛇を首に巻いた飼育員さんが現れ度肝をぬかれましたが、さらに進むと、いきなり目の前に現れたコアラ達!やっぱりかわいいですね。想像以上です。全員上がってたテンションがさらに上がりました。

そして、その後は、カンガルーヘブンというカンガルーエリアに全員で入りました。日本でいう奈良公園のような感じでしょうか。あちこちに大小、様々な表情をしたカンガルーがいて、早速生徒たちは写真を撮り始めていました。

さらにこれだけでは終わらず、飼育員さんからオーストラリアの動物や生態系の講義を受けました。また、実際にコアラの背中を触らせてくれたりと、オーストラリアの体験型動物園⁈の魅力をあますことなく、伝えてくれました。

お昼はスポーツ競技場のような大きなスタジアムで、ホストが用意してくれたランチを食べながら、クロコダイルショーを見学しました。もちろんクロコダイルもすごかったのですが、その前にバードショーがあって、会場内は鳥たちの饗宴に大盛り上がりでした。

その後は、しばしフリータイムを思いおもいに過ごしました。また一つ、オーストラリアでの素敵な思い出を胸に抱え動物園を後にしました

平成28年度オーストラリア短期留学07

今日は午前中に、マシューフリンダーズの近くにあるリタイアメントビレッジに行って来ました。

日本でいう老人ホームとは異なり、同じ敷地の中に家屋が複数ある形をとっており、55歳以上から入居可能とのこと。
②ゆりスピーチ
そしてオーストラリアで最後となる日本文化のプレゼンテーションと、ダンス、歌を披露してきました。

特に、オーストラリアの国民的な歌でもあるマチルダを歌った時には、ウェルカムパーティーの時と同様に、大きな拍手と歓声が
沸き起こりました!

 

 

 

 

 

プレゼンの後は、各テーブルを囲んで、モーニングティーを楽しみました。生徒の中には、今回のプレゼンに1番の手応えを感じた生徒もいましたが、考えてみるとこの国に来て以来、小さな子から、96歳のおばあちゃんまで、本当にいろんな年齢層の方々と話せる機会があり、生徒たちにとっては学校生活では学べない貴重な学びの場になっているのではないでしょうか。


別れを惜しみつつリタイアメントビレッジを後にした生徒たちは、午後から学校の調理室をお借りし、マーグ先生とクレア先生によるクッキングクラスに参加し、アンザックビスケットとソーセージロールに挑戦しました。こちらもいくつか試食しましたが、とても美味しかったです‼︎


そして、さらに嬉しいことには、今日が誕生日の生徒もいて、みんなでサプライズケーキを食べてお祝いをしました。

こうした素晴らしい出会いや体験とともに、毎日、あっという間に時間が過ぎ行く中、明日は、いよいよホストファミリーとの最後の週末。家族によっていろいろな計画や予定があると思いますが、是非、最高の思い出を作ってくれたらなと思います。

平成28年度オーストラリア短期留学06

7月29日 金曜日 晴れ
 昨日も冬とは思えない好天に恵まれる中、1日地元のムルラバビーチを訪れました!
まずは、いつも通り学校に集合して、サーフセーフティのでDVDを見た後、全員バスでビーチに向かいました。

 
直接肌に当たると熱いと感じるくらいの強い日差しが、海に反射した途端に、キラキラと輝いて、まるで絵葉書の世界に迷い込んだかのような気持ちになり、生徒たちのテンションはいやがおうにも上がりました。


しかし、海ではまずは安全第一ということで、地元のライフセーバーの方から、遊泳にかんするルールや、潮の流れ、溺れた時の対処方法などについて、ていねいな説明を受けました。


真剣な面持ちでライフセーバーの方の詳しい説明を聞いた後は、いよいよ、待ちに待ったフリータイム!
水温21度の中、まずは男子生徒たちが、勢いよく海に向かって駆けて行きました!女子生徒たちも思い思いに水遊びをしたり、写真を撮っている中、我々教員とクレア先生、バスドライバーさんとで、大量のソーセージや玉ねぎを焼いて、お昼ごはんの準備にかかりました。
 

 

思いっきり遊んだ後でのビーチでのBBQはやはり最高です。どの生徒もいとてもいい表情をしていました!

 
気持ちも体もリフレッシュし、いよいよ明日は、四回目、最後となる日本文化のプレゼンテーションをリタイアメントビレッジにて行って来る予定です。 
明日も、力を合わせて一同、頑張ってきます!

平成28年度オーストラリア短期留学05

7月28日 木曜日 晴れ

昨日水曜日は、午後の日本文化プレゼンテーションの前に、午前中、学校からバスで30分くらいのところにあるユーマンディマーケットを散策しました。
 
 
一見、日本のフリーマーケットのように古着や骨董品のみの取り扱いかと思いきや、中にはお洒落で比較的新しい土産物屋や雑貨屋にくわえ、日用品、野菜、フルーツなどの食料品、占い、マッサージまである、とても散策が楽しいマーケットでした。関西や、同じ千葉の佐倉高校の生徒ともばったり出会い、生徒たちはお互いの状況報告をしあっている姿も見られました。



マーケット散策の後は、ホストファミリーが用意してくれたランチを持って、ジンジャー商品を多数扱うジンジャーファクトリーへ!ジンジャーを使ったクッキーや飴、アイスクリーム、ドリンクなど、生徒たちも、引率教員も、ここでしっかりとお土産を選んでいました。
 
 
 

明日は1日、観光スポットのムルラバビーチでBBQを行う予定です。兎にも角にも、お天気が良いことを祈るばかりです!

平成28年度オーストラリア短期留学04

7月27日 水曜日 晴れ


昨日木曜日は、午前中のESLレッスンの中で、テイスティングをやりました!このレポートを読んでくれている皆さんは、オーストラリアの食べ物というと、何を思い浮かべるでしょうか?

テイスティングをやってくれたマーグ先生


おそらくオーストラリアにホームステイしたときにまずsomething Australiaとして出てくるのがベジマイトという、日本の味噌に味が少し近い、しょっぱい発酵食品です。最初は苦手に思う日本人が多いそうなんですが、船校の生徒たちには中々にウケがよく、少し驚きました!


ちなみに一番人気は、写真のミートボールでしたが(笑)


テイスティングの後は、午後からマシューフリンダーズの小学生を対象に、二回目の日本文化プレゼンテーションを行いました。二回目ということもあり、生徒たちは自信を持って堂々と行っていたのが、とても印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

明日は、午前中にユーマンディマーケットという地元の大きなマーケットを散策し、午後はいよいよ校内で最後となる中学生を対象とした三回目の日本文化プレゼンテーションを行う予定です。次回のレポートも、楽しみにしていて下さい。


平成28年度オーストラリア短期留学03

7月26日 火曜日 曇り

オーストラリアに着いて4日目、学校への登校2日目の今日はとても寒く、やっとこちらが冬なのを実感できる朝となりました。

昨日は、午後から1回目となる日本文化のプレゼンテーションを、ホストファミリーに感謝の意を込めて行いました。

 

どのブースも大変好評で、子供から大人まで楽しんでもらえることができました。

 

生徒たちは、文化祭や定期考査、部活動の忙しいスケジュールの中をやり繰りしてプレゼンテーションの準備をして来ましたが、その努力が報われた素晴らしい瞬間だったと思います。

 

プレゼンテーションの後は、場所を大ホールへと移動し、ホストファミリーと夕食をとった後、歌とダンスを披露しました。特に、ソーラン節の後は、大きな拍手がわき起こり、生徒たちは会場を大いに盛り上げてくれました!

 

今日は午前中にマーグ先生のESLクラスがあり、午後はマシューフリンダーズの小学生たちを対象に2回目の日本文化プレゼンテーションを行なう予定ですが、この報告はまた明日以降させていただきたいと思います。

平成28年度オーストラリア短期留学02

7月25日 月曜日

今日は月曜日。いよいよ学校生活が始まりました。遅刻者が1人いたものの、生徒たちはみな元気に8時半に集合場所にやって来ました。

まずは、オリエンテーションと広大なキャンパスツアーから始まりました。ツアーは、クレア先生とマーグ先生が、2グループに分かれた生徒たちをそれぞれ案内してくれました。
教室、図書館、売店、パフォーマンスホール、グラウンド、いづれも広大な敷地の中に日本でいう大学レベルの充実した施設があり、新しい50mプールの建設も行われていました。マーグ先生曰く、オーストラリアでもこの規模の高校は特別だそうです。

ツアーの後は、体操着に着替えて、オーストラリアンフットボールの練習を体験させてもらいました。暑い中、生徒たちがとても楽しそうにボールを蹴っていたのが印象的でした


スポーツの後は、ホストファミリーが用意してくれたランチを各々、キャンパスの中で食べた後に、ABグループに分かれ、最初の授業を受けました。
(写真は、フリンダーズの生徒と一緒に行なった音楽クラス)

今日はこれからホストファミリーへのプレゼンテーション、ウェルカムパーティーがありますが、この様子は明日報告させていただきます。

平成28年度オーストラリア短期留学01

7月23日土曜日

平成28年度オーストラリア短期留学が、いよいよ始まりました。

カンタス航空成田発の夜行便に乗り、初日は朝6時過ぎに予定通り、ブリスベン空港に到着。

オーストラリアはご存知の通り南半球にあるため季節は日本とは反対のはずなのですが、とても暑いです!とくに昼間の太陽は肌にジリジリくるくらいの暑さでした。空港に迎えに来てくれたクレア先生も、ここ数日は暑すぎると仰っていました。


そんな中でも、生徒たちは初日からみなとても元気でした。ブリスベンの中心部にあるショッピングエリアでは、フリータイムを利用して早くも両手に買い物袋をさげている生徒もちらほらいました。


お昼ご飯は、マシュー・フリンダーズに向かう途中のマクドナルドに入り、生徒は早速英会話に挑戦し頼もしくみえました。

お腹を満たして、いざマシュー・フリンダーズへ!到着してまもなく、チャペルにてホストファミリーとの対面式、船橋高校の校歌の披露がありました。


さて、これから約二週間、どんな出来事が生徒たちを待ち受けているのか、報告を楽しみにしていてください。

SSH台湾研修 第6日

いよいよ帰国の日です。結局、今回は最終日まで1日も晴れませんでした。小雨の中、朝6時半にホテルを出発しました。やや体調の優れない生徒もいましたが、概ね元気で帰国の途につきました。空港で、お世話になったガイドの許さんともお別れして、飛行機に乗り込みました。そして、午後1時30分、無事に成田空港へ到着しました。

「参加して本当に良かった」と話してくれる生徒が多く、嬉しく思いました。この研修を通じて生徒たちは大きく成長し、今後取り組むべき課題も見えたようです。今回の経験を今後の人生に生かし、更に成長してゆくことでしょう。

機上から見た、本当に久しぶりの太陽は、キラキラと美しく輝き、参加生徒の前途を祝福しているようでした。

今年度も、SSH台湾海外研修にご支援を賜り、本当にありがとうございました。これで、今年度の報告を終了させていただきます。


SSH海外研修 第5日

現地での研修も最終日となりました。天気はやはり雨。結局、滞在中一度もお日様を拝めませんでした。でも、生徒たちはとても元気です。今日は、蘭陽女子高級中学を訪問しました。学校に到着すると、蘭陽の生徒たちが2列になり、拍手や歓声で歓迎してくれました。

開会行事では、船高紹介も見事に行いました。そして、いよいよ最後のポスター発表。台湾に来てからも、より良くしようと努力してきた成果が出て、見事なプレゼンテーションでした。英語の質問にもよどみなく答えられるようになりました。

蘭陽女子の生徒の発表も聞きましたが、夜の研修でしっかり予習していたおかげで、親近感を持って聞くことができました。

午後は、両校の生徒が共同してトマトのDNA抽出実験を実施しました。説明も、意思疎通を図るのも、すべて英語でこなすことに新鮮さがありました。


閉会行事では、ずっと練習してきたダンスつき合唱を披露し、拍手喝采を浴びました。一日楽しく過ごしたあとは、去りがたい気持ちが強く、いつまでも交流の輪が解けませんでした。



夜の研修会では、この研修を終えようとしている今の思いを、ひとりずつ述べ、教員もねぎらいの言葉を贈りました。今、すべてを終えて、台北の最後の夜が更けていきます。

いよいよ明日、帰国します。昨年度の反省を生かし、生徒の体調管理に万全を期し、よく応えてくれました。お陰様で、全員笑顔と充実感と共に帰国できそうです。大きく成長した彼らと再会するのを楽しみにしていてください。


SSH台湾研修 第4日

昨夜の天気予報では降水確率100%でした。今日も雨か、とがっかりしていたところ、晴れてはいないものの、雨は降っていませんでした。それだけで幸せと思えるほど、今年の台湾研修は雨にたたられています。今日は日曜日で学校がお休みなので、台北市内で研修を行いまいた。

午前中は、世界四大博物館のひとつ、故宮博物院を訪れました。一番楽しみにしていた「翠玉白菜」が他の博物館へ出張中と聞いてがっかり。バスの中に悲鳴があがりました。それでも他のたくさんのお宝を堪能しました。


昼食は台湾料理をいただきました。味が我々の口に合うのか、今までで最高のレストランと皆の意見が一致しました。

午後は台北動物園で生き物の生態研修です。

日曜日ということもあり家族連れでにぎわっていました。高校生に動物園なんてすぐに飽きてしまうのでは、と心配しましたが杞憂でした。さすがは
SSH研修参加生徒。興味津々で与えられた2時間では足りないという声が多かったようです。パンダがおり、人気でした。上野動物園に比べると、より自然に近い形で展示されていました。


夕食はお待ちかねの小龍包。口に含むと肉汁がじゅわっと広がり、至福のひと時を味わいました。

最後の発表を控え夜の研修にも熱が入ります。保健係りの生徒が注意を促しており、生徒の健康状態も良好です。明日は最後のポスター発表をがんばってきます。

SSH台湾研修 第3日

台湾は今日も雨でした。しかし、生徒たちはとても元気です。今日は、国立台湾科技大学へ向かいました。ここで、劉教授から機械工学の講義をいただきました。


物事を作り上げていく過程(Engineering Design)についての講義でした。英語でも内容はわかるものの、「質問は?」と促されると何を聞いてよいかわからず戸惑いました。
その後、教授とゼミの学生より、ポスター発表の指導を受けました。「発表は興味深いし、ポスターも素晴らしい」とお褒めの言葉をいただきました。


午後は、市内をバスで移動しました。大きな蒋介石の座像が鎮座する中正紀念堂を訪れて、台湾の歴史を学ぶことができました。

▼私たちの背後の建物の中にいらっしゃいます。


市内随一の名刹、龍山寺では台湾の人々の宗教観に触れることができました。お寺でのしきたりは、もはや手慣れたものです。


夕食は北京料理。初めての北京ダックに舌鼓を打ちました。
夜の研修はますます白熱しています。生徒の自主的な進行により、2日後の蘭陽女子高級中学への訪問に向けてプレゼンテーションの準備をしました。

全日程の半分を消化しました。ここまでのところ生徒たちの努力により、素晴らしい研修になっています。後半戦もがんばります。

SSH台湾研修 第2日

北は今日も雨でした。でも、勉強に来た私たちには関係ない、と皆元気です。初めての現地校との交流。期待を胸に国立実験中学へ向かいました。熱烈な歓迎を受け教室に入り、開会セレモニーでは校歌を披露しました。


午前中は、英語の授業に参加したあと、バードウオッチングに出かけました。台湾生徒の案内のもと、水辺の鳥を観察しました。


午後は、初めてのポスター発表。力が入ります。最初は緊張して思うようにいきませんでしたが、回を重ねるごと修正して、手ごたえを得た発表となりました。実験中の生徒は真剣に聞いてくれ、たくさんの質問もしてくれたので、うれしかったようです。



最後は、仲良くなった台湾の友人と記念撮影。すっかり打ち解けました。


満足感とともに台北へ帰り、夕食は石鍋料理をいただきました。今日の一品です。


夜は恒例の勉強会。今日の反省をしっかりして、次回の発表につなげることを誓いました。生徒は体調も良好で、順調に日程をこなしています。どうぞご安心ください。明日は大学を訪問します。

SSH台湾研修 第1日

いよいよ2015年度のSSH台湾海外研修がスタートしました。天気は抜けるような快晴、気分よく成田空港を出発しました。


ところが、桃園空港に着いてみると大粒の雨。急遽、傘を引っ張りだしましたが、幸い台北市内に着くころには上がりました。孔子廟を訪ね、学業成就を祈願しました。


ホテルに入り、自由に近隣散策などをしたあと、お待ちかね、初めての夕食。男子からは「聞いていたほど量は多くない。炒飯、もうひと皿いける!」などの頼もしい声が聞かれました。皆、元気です。今日はのんびりでしたが、明日は実験高級中学にて発表と交流を行います。夜の研修会では、真剣に最終準備を行いました。


いよいよ明日からが研修本番、生徒のがんばりにどうぞご期待ください。

SSH台湾研修 出発間近!

2015年度SSH台湾海外研修の開始も秒読みとなりました。本日は最後の校内研修で、先生方や卒業生TAにポスター発表を見ていただきました。英語で発表する姿も堂々としてすっかり板につき、順調な仕上がりぶりです。校長先生から激励のお言葉もいただき、最後は代表生徒の音頭で気勢をあげ、研修の無事と成功を祈りました。準備万端、いよいよ出発は2日後です。今年度も現地からの報告にご期待ください。

▼TAからのアドバイスを真剣に聞く参加者

平成27年度オーストラリア短期留学11

8月1日(土) 天候:晴れ

今年の短期留学も今日が最後となりました。7月19日に出発して今日から8月。月が替わってしまいました。日本は連日猛暑ということですが、こちらは日中でも22,3度、で湿気がなくとても快適です。そんな気分を体験できるのも今日が最後となりました。
今日は学校を出発する日なので、例年通り朝6時集合となりました。まだ真っ暗で寒い朝、全員遅刻することなく集まりました。大島さくらさんのお礼の挨拶があった後、ホストファミリィとの別れを惜しみながらバスに乗り込みました。生徒たちだけでなく、ホストの方々も泣いてしまい、毎年のことですが、この様子は一番忘れられない光景です。
それぞれ連 絡を取り合うことなどを誓いながら、お別れをしました。
ブリスベンでお世話になったクレア先生と最後のお別れをした後、シドニーに向かいました。今までいた学校周辺ののどかさに比べ、シドニーは大都会。生徒たちも久々の高層ビル、商店、人の数に驚きを隠せないでいました。まず最初にオペラハウスとハーバーブリッジを一望できるミセスマッコリーチェアーで記念撮影。それからオペラハウスの周辺(残念ながら内部には入っていません。またの機会に)を巡り、昔ながらの町並みが残るロックスで昼食・散策、最後に水族館に立ち寄りました。この日はオーストラリア最終日でもあったので、自分や家族のお土産、友達へのお土産をさらに買っていたようでした。

シドニー空港を20時過ぎ、この日から新たな行先になった羽田へと向かいました。予定より早く羽田空港に到着しましたが、満席だったので荷物のピックアップに手間がかかり、朝早くからお迎えに来た下さいました保護者の皆様、お待たせしてしまい申し訳ありませんでした。またお出迎えありがとうございました。

これを持ちまして、今回のオーストラリア短期留学報告を終了させていただきます。大きな怪我や病気もなく2週間過ごせたことを大変うれしく思っています。一生懸命に研修に励んでくれた生徒たちにお礼を言いたいと思いま す。この経験をこれからの生活に少しでも活かして下さい。またこの短期留学がうまくいきましたのも、ひとえに保護者の皆様のご協力のおかげだと感謝申し上げます。

第17回オーストラリア短期留学引率教員
巽 正裕   久保田 信子   山口 久美

朝の集合風景1
朝の集合風景1
朝の集合風景2
朝の集合風景2
3最後の挨拶
最後の挨拶
クレア先生と最後の別れ
クレア先生と最後の別れ
シドニー記念撮影
シドニー記念撮影
ミセスマッコリーズチェアで(観光用椅子)
ミセスマッコリーズチェアで(観光用椅子)
ミセスマッコリーズチェアで(実際のもの)

ミセスマッコリーズチェアで(実際のもの)
ロックス(マーケット)

ロックス(マーケット)
ロックスで昼食1

ロックスで昼食1
ロックスで昼食2

ロックスで昼食2
水族館へGo
水族館へGo

平成27年度オーストラリア短期留学10

7月31日(金) 天候:晴れ

いよいよ2週間のオーストラリア短期留学も最後の日を迎えました。昨日のフェアウェルパーティの余韻を残しつつラストスパート。今日は午前中はスポーツアクティビティ、午後は最後のESLレッスンという日程でした。最後のスポーツアクティビティはAFL。AはアメリカンのAではなくオーストラリア(Australia)のAになります。初めて経験した生徒たちも多く、最初はボールの扱い方に戸惑っていたようでしたが、次第に慣れてきて楽しくプレイをしていました。モーニングティの後、ESLレッスンを受けました。この時間はホストファミリィあてに感謝の気持ちを伝える「サンキューレター」の書き方と実践でした。2週間お世話になったホストファミリィ宛てに書く手紙ですから、みんな書きたいことが一杯あって、時間内に仕上げられない子たちもいました。それぞれ折り紙や絵などを足して、きれいなそれぞれ独自のサンキューレターを書いていました。今日の夜に家族に渡すことでしょう。泣いてしまう子もいるかもしれません。それから、大変お世話になったクレア、マーグ先生から我々全員にカレンダーが渡されました。船高生仕様の特別に作成して下さったもので、とても心に残るいいお土産になりました。ぜひお子さんから見せてもらって下さい。午後の授業が終わりに近づいた頃、感謝の意を込めてこちらからお二人の先生に品物を贈りました。ガラスの中に折鶴が入っている置物です。写真では見にくいですが、立方体の中に折鶴が一羽入っているものです。とても喜んで下さいました。そして一番最後に生徒たち全員で書いた寄せ書きを贈りました。写真のマーグ先生が持っている黄色の紙がそうです。今日はあっという間の一日でした。
さあ、いよいよ明日は日本に帰国することになります。朝6時に学校に集合してブリスベーンからシドニーへ向かいます。朝がとても早いので寝坊しないか忘れ物をしてこないかが最大の気がかりです。最後の夜ですが、あまり遅くまで起きていないでほしいと願っています。

明日はシドニー到着後、半日観光をします。最後のお土産をここで買うことになるのかもしれません。色々な思いを胸に重い荷物をかかえて懐かしい我が家へと帰っていくことになると思います。また、明日の報告については1日中移動日となりますのでできません。帰国後、更新しますのでご了承下さい。あとは無事に帰国できることが最大の目標になります。

羽田空港にお迎えにいらっしゃる予定の保護者の皆様に連絡させていただきます。他のお客様の迷惑になりますので、成田空港のように全員で集まって、解散式を行うというようなことはいたしません。お子様が出口を出られたらすみやかにお帰り下さい。早朝からのお迎え大変申し訳ありませんが、御協力よろしくお願いいたします。お子様に会えるのを楽しみにお待ちください。

スポーツ AFL1
1 スポーツ AFL
スポーツ AFL2
2スポーツ AFL
スポーツ AFL3
3スポーツ AFL
スポーツ AFL4
4スポーツ AFL
スポーツ AFL 記念撮影
スポーツ AFL 記念撮影
ESLレッスン1
ESLレッスン1
ESLレッスン2
ESLレッスン2
ESLレッスン3
ESLレッスン3
ESLレッスン4
ESLレッスン4
ESLラストレッスン1
ESLラストレッスン1
ESLラストレッスン2
ESLラストレッスン2
ESLラストレッスン3
ESLラストレッスン3
ESLラストレッスン4
ESLラストレッスン4
記念品をお二人に
記念品をお二人に
記念品
記念品
お世話になったマーグ先生
お世話になったマーグ先生

平成27年度オーストラリア短期留学09

7月30日(木) 天候:晴れ

オーストラリア短期留学もあと残すところ2日となりました。着々と終了の準備が進んでいるところですが、今日は午前中にAllora Gardens Retirement Resort(アローラ・ガーデンズ・リタイアメント・リゾート)という居住区を訪問しました。名前からお分かりだと思いますが、リタイアメントした方々が生活をしているエリアです。とはいえ、マンションではなく広々とした庭のある一戸建ての家で、悠々自適に余生を過ごしている元気な方ばかりです。さらに名前にリゾートとついているように、エリアの中心に集会所があり、食堂やバー、プールやビリヤードができる部屋があったり、美容室や医務室があったり、BBQができる庭があったりと、そこでほとんどすべてを賄うことができるように作られています。今回はその集会所で、生徒たちのおじいちゃん、おばあちゃんにあたるような方々と交流をしました。日本文化プレゼンテーション、歌とダンスを披露し、モーニングティーを一緒に楽しみ、それから何人かのお住まいに招いていただいて、自宅をみさせていただきました。毎回そうなのですが、孫にあたるような生徒たちを見ながら、一生懸命プレゼンを聞いて下さり、また話しかけて下さります。とても喜んでいただけるので、生徒たちもとても真剣に受け答えしていました。3時間ほど滞在しましたが、あっという間でした。
学校に帰ってからは、ESLレッスンがあり、サンキュー・レターの書き方を教わりました。今日は夕方からホストファミリィ向けの最後の日本文化プレゼンテーションとフェアウェルパーティ、修了式があるので、いつもは午後の授業が終わると一目散に下校しますが、今日はそのまま学校に残り、おやつタイムに出たピザを食べながら、プレゼンの準備をしました。午後4時半にホストの家族が集まり始め、最後のプレゼンが始まりました。お世話になった方々へのプレゼンなので、一番熱心にプレゼンをしていたように思います。それから夕食を食べ、フェアウェルパーティが始まりました。クレア先生の話に続いて、校長先生の話、それから各生徒たちに修了書が校長先生から渡されました。学校のTシャツを着たコアラのぬいぐるみもいただきました。それから山口悠里さんがピアノを演奏してくれ(ショパン、とても素晴らしかったです。ありがとう)、ホストファミリィの前で歌とダンスを披露して 会は閉幕しました。今回の歌、ダンスが最高に素晴らしかったです。みんなよく頑張ってくれたと思います。
いよいよ明日がラスト。オーストラリアフットボール、最後のESLレッスンがあります。

アローラ・ガーデンズ
アローラ・ガーデンズ
アローラ・ガーデンズ2
アローラ・ガーデンズ2班
アローラ・ガーデンズ3
アローラ・ガーデンズ3班
アローラ・ガーデンズ4
アローラ・ガーデンズ4
アローラ・ガーデンズ1班
アローラ・ガーデンズ1班
アローラ・ガーデンズ3班
アローラ・ガーデンズ3班
アローラ・ガーデンズ6班
アローラ・ガーデンズ6班
アローラ・ガーデンズ9班
アローラ・ガーデンズ9班
アローラ・ガーデンズ10班
アローラ・ガーデンズ10班
お礼の挨拶
お礼の挨拶
ショパン演奏
ショパン演奏
ダンス披露30日
ダンス披露30日
ディナータイム1
ディナータイム1
ディナータイム2
ディナータイム2
プレゼンホストファミリィ1班
プレゼンホストファミリィ1班
プレゼンホストファミリィ4班
プレゼンホストファミリィ4班
プレゼンホストファミリィ6班
プレゼンホストファミリィ6班
プレゼンホストファミリィ7班
プレゼンホストファミリィ7班
ホストファミリィと1
ホストファミリィと1
ホストファミリィと2
ホストファミリィと2
ホストファミリィと3
ホストファミリィと3
ホストファミリィと4
ホストファミリィと4
歌披露
歌披露
学校の前で
学校の前で
校長先生スピーチ
校長先生スピーチ

平成27年度オーストラリア短期留学08

7月29日(水) 天候:晴れ

短期留学も残すところあと3日となりました。今週は天候に恵まれ、今日も快適な1日でした。
今日は午前中にEumundi MarketsとGinger factoryへ出かけました。Eumundi Markets(ユーマンディ・マーケット)は、いわゆるフリーマーケットみたいなもので、工芸品やお土産物、飲食店などが軒を連ねています。週2日水曜と土曜の主に午前中しか開かれていないのですが、地元の人たちだけでなく観光客も多数訪れる人気の観光スポットです。そういうわけで、船高生以外の日本人の中高生たちも同じように散策しているのを見かけました。値段は観光地値段なのでやや高めですが、ユニークな品物もあったりするので、生徒たちも買っていたようです。その後Ginger factory(ジンジャー・ファクトリー)に立ち寄りました。名前の通り、Ginger(しょうが)を売りにする観光スポットですが、あまり大きくはありません。ただ買い物や食事をしたり、休憩したりするのには良い場所で、そろそろ家族や友達へのお土産も気になり始めてきた生徒たちは、ここでもお土産を買っていたようです。ここで1時間半ほど昼食休憩を取った後、学校へ戻りました。
学校へ戻った午後はダンスアクティビティということで、プライマリースクールの小5の子供たちと一緒にフォークダンスをしたり、球技をしたりして交流しました。フォークダンスとはいえ、結構体を動かすのでいい運動になったようです。明日は、アローラ・ガーデンズ・リタイアメント・リゾート訪問、ESLレッスン、お別れ会が予定されています。

ジンジャーファクトリー1
ジンジャーファクトリー1
ジンジャーファクトリー2
ジンジャーフクトリー2
ジンジャーファクトリー3
ジンジャーファクトリー3
ダンスアクティビティ1
ダンスアクティビティ1
ダンスアクティビティ2
ダンスアクティビティ2
ダンスアクティビティ3
ダンスアクティビティ3
ダンス披露
ダンス披露
ユーマンディマーケットへ出発
ユーマンディマーケットへ出発
ユーマンディマーケット到着
ユーマンディマーケット到着

ユーマンディマーケット1
ユーマンディマーケット1
ユーマンディマーケット2
ユーマンディマーケット2
ユーマンディマーケット3
ユーマンディマーケット3
ユーマンディマーケット4
ユーマンディマーケット4
ユーマンディマーケット5
ユーマンディマーケット5
球技
球技
その他
その他

平成27年度オーストラリア短期留学07

7月28日(火) 天候:晴れ

今日はESLレッスンと日本文化プレゼンテーションがありました。ESLレッスンはA、B二つのグループに分かれ、それぞれの授業を受けました。今日の内容は、オーストラリア特有の生き物についてでした。ちょうど昨日、動物園に行ってきたので比較的身近に感じられたようでした。カンガルーやコアラだけではない生き物のことについて、テキストを使いながら(もちろん)英語で勉強していました。午前中もう一つ、Taste Testという、とてもオーストラリア的な食べ物をいくつか試食して、美味しいか不味いか、好きかきらいかを判断するテストを行いました。Vegemite sandwich、 Passion fruit、Meat pies、Licorice、Tim Tam biscuits、Gingerなど少量ずつ試食しました。味覚は人それぞれなので、美味しいか不味いかを判断するのは難しいのですが、Meat piesやTim Tam biscuitsなどはほぼ全員好きな食べ物でした。
モーニングティの後、セカンダリースクールの生徒たちへの日本文化プレゼンテーションがありました。すでに3回目。しかも今回は中学生くらいの生徒たちでもあったので、大分スムーズにできていました。堂々とプレゼンをしている姿はさすが!と思いました。
学校での生活も残すところあと3日になってしまいました。1日1日を大切に過ごしてほしいと思います。明日はユーマンディマーケット散策とブッシュダンスがあります。

ESLレッスン1
ESLレッスン1
ESLレッスン2
ESLレッスン2
Taste test1
Taste test1
Taste test2
Taste test2
Taste test3
Taste test3
Taste test4
Taste test4
Taste test5
Taste test5
Taste test6
Taste test6
Taste test7
Taste test7
Taste test8
Taste test8
お祭り 4班
お祭り 4班
学校生活10班
学校生活10班
漢字 3班
漢字 3班
昔話 2班
昔話 2班
日本のお菓子8班
日本のお菓子8班
日本語授業
日本語授業

平成27年度オーストラリア短期留学06

7月27日(月) 天候:晴れ

いよいよ2週目。後半が始まりました。幸い今のところ体調を崩している生徒もおらず、みんな頑張っています。先週は日曜日に到着してからあれよあれよという間に時間が過ぎ去り、あと残り1週間しかありません。今週も様々な経験をしてもらいたいと思います。

昨日一昨日はお休みで完全なフリーの日でした。それぞれのホストファミリィが計画を立ててくれていろいろなアクティビィティーを体験したことと思います。近くのビーチで泳いだ者、果物狩りに行った者、ゴールドコーストまで行ってきた者等忘れられない休日になったことでしょう。日曜日の午後はオプショナルとしてクレア先生がピクニックを計画してくれていましたので、そこで遊んだ人たちもいたようです。

というわけで、いろいろリフレッシュできた翌日、月曜日、今日も学校ではなく1日オーストラリアズー見学でした。9時前には学校を出発して動物園に向かいました。到着後、我々だけ個室に入り、動物園の方からいろいろオーストラリアの動物についてのレクチャーがありました。その後、お昼からのクロコダイルショーをはさんで、フリーに動物園内を散策し、コアラやカンガルーなど、日本では珍しい動物を見て回りました。2,500円とちょっとお高めですが、コアラを抱いて記念写真を撮っていた子たちもいました。それぞれが思い思いに好きな動物をみたり、お土産を買ったりして楽しんでいました。明日は普通の授業と日本文化プレゼンテーションが予定されています。

カンガルーと
カンガルーと
クロコダイルショー
クロコダイルショー
ヘビは平気で~す
ヘビは平気で~す
ヘビ見えますか?1
ヘビ見えますか?1
ヘビ見えますか?2
ヘビ見えますか?2
男子もヘビを触っています
男子もヘビを触っています
動物園での講義
動物園での講義
動物園に向けて出発
動物園に向けて出発
動物園の入口にて
動物園の入口にて
動物園報告1
動物園報告1
動物園報告2
動物園報告2

平成27年度オーストラリア短期留学05

7月24日(金)天候:晴

オーストラリア滞在5日目。朝から快晴で、ようやくこの時期のオーストラリアらしい天気になりました。晴れると冬とはいっても日本の真夏並みに暑くなるのがオーストラリアです。今まで寒かった分、みんな思いっきり太陽の光を浴びていました。

今日は朝いちばんでクッキングレッスンがありました。毎年アンザックビスケットとソーセージロールを作ります。どちらも典型的なオーストラリアの食べ物です。生徒たち全員が持っているテキストに作り方が書いてあります。日本に帰ったら是非作ってもらって下さい。

モーニングティの後は、オーストラリア先住民アボリジニの方によるアボリジニ文化の披露がありました。アボリジナルアートを体験してみたり、グランドでブーメランを飛ばしてみたり、民族楽器Didgeridooを演奏してもらったりして、少しではありましたが、アボリジニの文化に触れることができました。また顔に塗るアボリジナルアートはシンプルではありましたが、みんな興味深げに顔に塗ってもらっていました。

午後はプライマリースクールの子供たちへの2回目の日本文化プレゼンテーションがありました。前回よりもさらに年齢が下の子供たちだったせいか、とても興味津々に生徒たちのプレゼンを聞いて楽しんでいたようでした。前回にくらべて彼らの説明もこなれてきて、少しずつではありますが、スムーズになっていたように思います。

いよいよ明日明後日はこちらに来て初めてのお休みです。日曜日に行われる予定のピクニックはオプショナルで、全員が参加するものではありません。それぞれの滞在先のホストファミリィがいろいろ子供たちのために計画を立ててくれているようです。

すでにオーストラリアに来て1週間が経ち、良い意味で緊張感もなくなってきた頃ですが、まだあと1週間ありますので改めて気を引き締めて生活してほしいと思っています。

というわけで、明日明後日はそれぞれ別行動となりますので、この報告もお休みさせていただきます。月曜日動物園に行くことになっていますので、その時に週末の様子とともに報告させていただきます。生徒たちそれぞれが良い週末を送れるように祈りながら今日の報告とさせていただきます。

アボリジナルアート1

アボリジナルアート1
アボリジナルアート2
アボリジナルアート2
アボリジナルアート3
アボリジナルアート3
アボリジナルペインティング1
アボリジナルペインティング1
アボリジナルペインティング2
アボリジナルペインティング2
アボリジニの授業
アボリジニの授業
ケリーと記念撮影
ケリーと記念撮影
ブーメランを飛ばしてみました1
ブーメランを飛ばしてみました1
ブーメランを飛ばしてみました2
ブーメランを飛ばしてみました2
プレゼンテーション2班
プレゼンテーション2班
プレゼンテーション6班
プレゼンテーション6班
プレゼンテーション8班
プレゼンテーション8班
プレゼンテーション9班
プレゼンテーション9班
プレゼンテーション10班
プレゼンテーション10班

平成27年度オーストラリア短期留学04

7月23日(木) 天候:雨のち晴れ

今日は学校を離れ、朝からムルラバビーチでのレクリエーションでした。今朝も肌寒く雨も降っていたので、ビーチで過ごすのは少し厳しいかなと思っていましたが、学校で「Surf Safety」のDVDを見た後、バスでビーチまで向かいましたが、クレア先生や生徒たちの願いが通じたのか、ビーチに着いた途端雨があがり、太陽が燦々と輝く本来の空になってくれました。太陽が出るとこちらは冬ではなく夏になります。ライフセイバーの方に話を聞いた後、ランチまで2時間近く自由時間があったので、生徒たちはみな思い思いのことをして海を満喫していました。たださすがに晴れてきてはいても海水温は若干低いので泳ぐことはクレア先生から禁止されていましたので、浜辺で膝までつかって遊んでいたようです。それからバーベキューを楽しみました。オーストラリアの海岸にはバーベキューができる施設が要所要所にあり、そこを自由に使えます。2時間近く体を動かしてお腹がすいた生徒たちが多く、大変おいしく食べました。こちらに来てきれいに晴れたのは今日が初めてです。明日以降もこのまま晴れてくれるといいと思います。

Surf Safety DVD視聴
Surf Safety DVD視聴
バーベキュー1
バーベキュー1
バーベキュー2
バーベキュー2
バーベキュー3
バーベキュー3
バーベキュー4
バーベキュー4
ムルラバビーチにて1
ムルラバビーチにて1
ムルラバビーチにて2
ムルラバビーチにて2
ムルラバビーチにて3
ムルラバビーチにて3
記念撮影1
記念撮影1
記念撮影2
記念撮影2
ライフセイバーのレクチャー1
ライフセイバーのレクチャー1
ライフセイバーのレクチャー2
ライフセイバーのレクチャー2
浜辺にて1
浜辺にて1
浜辺にて2
浜辺にて2
浜辺にて3
浜辺にて3

平成27年度オーストラリア短期留学03

7月22日(水)天候:雨のちくもりのち晴れ

オーストラリア滞在3日目。今日も天候は不順で朝は大雨、昼間からは日差しが出たり、曇ったりという変わりやすい1日でした。

今日は最初に、明日のムルラバビーチへ行くための予備知識として、「Surf Safety」という授業を受けました。日本でもそうですが、海へ入る際に気を付けなければいけないこと、注意事項などをテキストを使い、もう一人の先生であるマーグ先生から教わりました。オーストラリアでは黄色と赤色の旗の間のみで遊泳可能だということです。明日、実際にその様子を確認してみたいと思います。

その授業の後、セカンダリースクール(中高生)の全校集会があり、ここで船橋高校の生徒たちの紹介がありました。チームリーダーである東浦さんが英語で挨拶を行い、全員で校歌を歌い、それからダンスを踊りました。みんな緊張しつつも、練習の成果がうまく出せたと思います。全校集会で大役を果たした後は、スポーツアクティビィティでソフトボールを行いました。久しぶりに体を動かした生徒たちも多く、怪我もなく元気よくプレーしていました。

昼食後、いよいよ第1回目の日本文化プレゼンテーションでした。今回は、プライマリースクールの生徒たち(小学6年)が見学しに来ました。初めてのプレゼンテーションで、みんな一生懸命日本文化を紹介していました。また、見学しに来た子供たちも興味津々で、プレゼンテーションを楽しんでいたようです。第1回目ということなので、実際にやってみて多少の手直しが必要だと感じた班もあったようで、これから段々とうまくなっていくものと思われます。

明日は、1日学校を離れてビーチで過ごします。きれいなオーストラリアの海を思う存分満喫して、気分一新してもらいたいと思います。

Surf Safetyの授業
Surf Safetyの授業
スポーツアクティビィティ1
スポーツアクティビィティ1
スポーツアクティビィティ2
スポーツアクティビィティ2
プレゼンテーション1班
プレゼンテーション1班
プレゼンテーション3班
プレゼンテーション3班
プレゼンテーション4班
プレゼンテーション4班
プレゼンテーション5班
プレゼンテーション5班
プレゼンテーション7班
プレゼンテーション7班
全校集会 ダンス
全校集会 ダンス
全校集会 挨拶
全校集会 挨拶
全校集会 校歌
全校集会 校歌

平成27年度オーストラリア短期留学02

7月21日(火)雨のちくもりのち晴れ

オーストラリア滞在2日目、今日から学校での生活が始まります。昨晩はみんなそれぞれのホストファミリィといろいろな話をして過ごしたようです。
今日は朝から激しい雨が降っては突然止んだり、晴れたり曇ったりと、1日中不安定な天気でした。8時半までに集合ということで、車、スクールバスそれぞれの交通手段で元気に登校してきました。初めての学校なので、少し緊張気味でしたが、クレア先生と会話していくうちに緊張がほぐれてきたようでした。

今日は初日ということで、まず全員で学校内を案内してもらいました。幼稚園から高校まで一つの敷地内にあるので、とても広いです。いろいろ案内されましたが、終わるころには結構いい運動になりました。モーニングティをはさみ、さっそく授業が始まりました。今日は2つのグループに分かれて、午前中Aグループが英語の授業、Bグループが日本語を勉強しているクラスへの参加となりました。Aグループはネイティブによる(おそらくは)初めての授業なので、真剣な面持ちで授業に臨んでいましたし、日本語クラスでは日本語を勉強しているマシューフリンダーズの生徒のアシストをして授業に参加していました。昼食後、今度はスイッチしてBグループが英語の授業を受け、Aグループは実際にマシューフリンダーズの生徒達が受けている生の授業に参加しました。3時5分に授業が終わると迎えに来たホストに連れられて帰路に着きました。いきなり1日授業だったので、大分疲れたのではないでしょうか。明日は全校集会、スポーツアクティビィティ、第1回目の日本文化プレゼンテーションがあります。

オリエンテーション1
オリエンテーション2
オリエンテーション2
英語の授業1
英語の授業1
英語の授業2
英語の授業2
学校見学(購買)
学校見学(購買)
学校見学1
学校見学1
学校見学2
学校見学2
日本語クラス1
日本語クラス1
日本語クラス2
日本語クラス2

平成27年度オーストラリア短期留学01

7月20日(月)晴

昨夜無事に成田を飛び立ち、
現地時間7時シドニーに到着しました。あまり揺れることもなく快適なフライトでした。昨年に比べても今年は特に寒いということです。真夏の日本からするとまさに冬。長袖でも寒いくらいです。みんな冬の服装に変わっていました。入国審査を経て国内線に乗り継ぎ、11時半ブリスベン空港で担当のクレア先生とお会いしました。相変わらずの優しい笑顔で出迎えて下さいました。それから途中ドライブインでマクドナルドの昼食。ここが最初の英語のレッスンです。英語で自分の食べたいものを注文しました。値段は日本より少し高いくらいでしょうか。15時半過ぎに学校に到着しました。ホストファミリィのいる前で校歌を披露し、その後一人一人対面しながらそれぞれの自宅に帰って行きました。みんな大分緊張していましたが、ホストファミリィの暖かな出迎えを受けて、少し安心したのかホッとした表情になっていました。
さあ今日から新たな生活が始まります。うまく交流できるでしょうか。明日から学校で授業が始まります。

成田空港
成田空港
ドライブイン
ドライブイン
マクドナルド1
マクドナルド1
マクドナルド2
マクドナルド2
対面式
対面式
校歌披露
校歌披露

台湾研修 第6日目

3月20日 5日間の全ての研修を終えた昨晩、希望者と町中に買い物に出かけました。どうしても本屋さんに行きたいと・・・ 理由は現地ガイドの許さんの「外国語をマスターするのに最適なのは漫画などを沢山読むこと」に触発されたことにあるようです。

文房具と一緒に本が置いてあるような小さな本屋にも、日本でも最新刊になるような漫画が置いてあるようです。

すっかり買い物も上手になりました。実はメニューが日本語対応になっているお店も多いのですが・・・因みに、このお店は英語も??でお客さんが通訳してくれました。
こんな充実して楽しい生活も終わってしまうと思うとさびしいですね。

いよいよ台湾とお別れする時が近づいてきました。

成田への復路便は昨年同様キティジェットでした。機体のペイントだけでなく、シートカバー、機内食の食器全てキティちゃん仕様です。

 ある研修生が「勉強する意味が分かった。帰ったら頑張る!」と語ってくれました。
機会ある毎、研修生に「コンペティションではない。Face to faceで異国の方達と接し、異なる空気や人を感じれば良い。」と話してきました。
本物に接すれば、何かを感じ吸収してくれる船高生に改めて感動させられました。

 残念ながら体調不良の生徒を出してしまったことは残念ですし、申し訳なく思っています。
しかし、この苦しさ辛さの記憶だけで自分たちが得た貴重な経験を無下にしては勿体ないです。寧ろこれに懲りず、いろいろと見聞し自分の世界を拡げていって欲しいと思います。

 生徒共に行動し感じたことを、なるべくリアルな活動報告にしたいと思い書き連ねてきました。個人的な感想が多い駄文にお付き合い下さり今までありがとうございました。

台湾研修 第5日目


3月19日 研修の実質的な最終日である今日は、台湾の早慶と呼ばれる淡江大学との交流に向かいました。淡水河の畔の丘の上、広大なしかも美しいキャンパスに驚かされました。

 午前中は、実際に学生が実験実習を行っているところにお邪魔し、実習を行っている学生さん達に説明を受けたり、補助的な操作を体験させて頂きました。昼食は学食を経験し、食後は学生さんに案内され構内見学を行いました。


化学科のロビーに掲げられている周期表は、全て漢字表記!
本校にも1枚是非欲しいです・・・

午後は本研修において最後のプレゼンテーションを、大学生であるお兄さんお姉さんに向けて行いました。3度目ということもあり、それは素晴らしいものでした。
各自工夫を重ね、お互いにアドバイスし合い、高めあったことがここまで上達した要因かと思います。


発表会後はすっかり打ち解け、なかなかClosing ceremonyが開けないほど学生さん、研修生共々興奮状態でした。

夕食前に台湾歴史博物院周辺を散策し、全員で記念撮影。
明日の帰国だけを残すのみとなり、みんな達成感と充実感に満ちた素晴らしい笑顔を見せてくれました。

台湾研修 第4日目

3月18日 日本なら5月下旬~6月上旬の暖かさというより暑さの中、今日も元気に学校交流です。今日は台湾西部 新竹市にある国立科学工業圓区実験高級中学を訪れました。昨秋、本校に1日訪問して頂き今秋も予定されている姉妹校のような存在の学校ですが、毎年国際オリンピックや国際コンテストに複数の受賞者を出す優秀な学校です。負けていられませんね。今日は創立32周年記念日(誕生日のように毎年お祝いするとのこと)で到着直後に式典ステージに登壇させられましたが、研修生は落ち着いて学校紹介プレゼンと歌の披露を行えました。


幼稚園~バイリンガルスクールの生徒2,000名超の大規模校の創立式典は本校で言うところの文化祭でした。
午前中は校内にある周囲約1㎞ほどの池の周りをバディ、生物の先生と共に散策し、その後
フリーマーケットに出かけました。研修生はひと足早い文化祭にテンション上がっていました。




両校の生徒ともお祭りの雰囲気に釣られて、一気に打ち解け、昼休みには一緒に遊ぶ程の
仲になれました。
午後は、まず船高生のポスタープレゼンです。優秀、しかも英語が堪能な生徒達なので飛んでくる質問も鋭く、対応に苦労したようですがその分達成感はとても大きかったようです。



その後、実験高級中学の口頭発表を聞きました。
冠村先生のClosing speechの中での台湾生徒に「何故そんなに英語上手なの?」という問いに司会の生徒の「Don't be shy!」が印象的でした。すっかり打ち解けた生徒達はアカウントやアドレスの交換、写真撮影に夢中でした。こういう彼らの喜ぶ姿を見ていると引率者の苦労はどこかへ飛んでいきます。

夕刻、日程に余裕が出来たので台北駅周辺の自由散策を試みました。
お土産購入、地下街の散策などで現地の方々の普通の姿を垣間見ることが出来ました。
中にはお土産の値切りに成功した者もいたようです。

晩のミーティングでは、今日の反省と明日への改善点を話し合った後、帰国後の役割分担を話し合いました。その後、この台湾研修中に誕生日を迎えたT川さんとI嶋さん二人の誕生日パーティを開きました。今のこの研修生の勢いなら明日の淡江大学でのプレゼンテーションも上手く乗り切ってくれるような気がします。

台湾研修 第3日目

3月17日 いよいよ本来の目的である学校交流が始まりました。
 今日は、台湾東部の宜蘭県にある蘭陽女子高級中学を訪れました。昨夏、横浜で行われた全国SSH研究発表会にも生徒・職員が派遣されるような科学研究の盛んな学校です。
 
 午前は各校の研究をポスター発表形式で行いました。初めて海外の方々を相手にプレゼンするということで当初硬さが感じられましたが、蘭陽の生徒がよく聴いてくれることや研修生がリラックスしてきたこともあり回数を重ねる毎にスムーズな発表になりました。







昼食後は、色素増感太陽電池の作成実験を行いました。やや細かい操作がありましたが
蘭陽・県船の生徒が協力し、最後には全員の電池を回転させることが出来大喜びでした。



おやつタイムを挟み英語の授業・・・というより積極的なコミュニケーションの取り方練習?
多くの蘭陽の生徒に話しかけることが出来た人も多かったですね。

あっという間にお別れの時間・・・各校パフォーマンス披露ということで、県船は今年度理数科2年の合唱曲「手のひらを太陽に」と校歌斉唱をしました。

最後に、全員で集合写真を撮影し蘭陽女子高級中学を後にしました。本校研修生、蘭陽の生徒双方共に、とても名残惜しそうでしたね。

夕食を満喫した後も、研修生全員で今日のプレゼンの反省と明日への課題を話し合いました。また、明日訪れる予定である台北西部の新竹市にある実験高級中学の研究要旨を検討し合いました。その後も各部屋に戻プレゼンの準備等に余念がありません。

台湾研修 第2日目

3月16日 雨の天気予報が外れ、良い天気です。日本の6月くらいの暖かさが続きます。
午前中 宋、元、明、清の歴代宮廷の宝物を収蔵している故宮博物院を見学しました。大英博物館、ルーブル美術館、メトロポリタン美術館と並び世界4大美術館と冠されるだけあり、その宝物は驚かされるものばかりでした。                       
  
 故宮博物院前で集合写真
  
 沢山のお土産買いましたね。

 その後、衛兵の交代式が行われる忠烈祠を訪れました。厳しい
訓練を乗り越え、選び抜かれた者だけが勤められる衛兵だけあり
その姿は美しいものでした。蝋人形と思っていた人やちょっと真似し
てみた人もいましたね。
 
 
 

午後は台北城市科技大学を訪問しました。   
ロボット博物館、システム技術研究室、インテリジェンス リビン
グ展示センターなど興味津々の内容でした。
応用外国語学科の方々の吹き替え実演のクオリティの高さは
圧巻でした。

  

美味しい北京料理を堪能した後、
夜は明日のプレゼンテーションに向け、アドバイスや質問をし
合い、より良いものにしようと頑張りました。
      

台湾研修1日目

 3月15日 今まで計7回の合宿を含む事前指導を経て、いよいよ台湾に向けて出発する日が来ました。早朝から谷口教頭先生、財前学年主任、巽先生、松田先生、多くのご家族の見送りを受け、26名(普通科8名理数科18名)の研修生が出発しました。
 初めての海外渡航という生徒も多く、出国時はやや緊張、しかし離陸時には歓声を上げるくらい元気になっていました。桃園空港から約1時間で台北市内サントスホテルに到着、その後ホテル近くの孔子廟まで散策しました。
慣れない車の右側通行に戸惑う
 学問の神様である孔子が祀られていることもあり、皆真剣に祈っている姿が新年度から3年生という雰囲気が漂ってきました。この後、ホテルに戻り豪華な沢山の夕食、その後、明後日訪れる蘭陽女子高級中学から送られてきた研究要旨の検討会と順調にプログラムを消化しています。
 明日は故宮博物院、忠烈祠の見学後、台北城市科技大学の見学の予定です。

平成26年度オーストラリア短期留学12

8月2日(土) 天候:快晴

長いようで短かった短期留学もいよいよ帰国する日となりました。飛行機の関係で学校に朝6時に集合しなければならないのでどうなることかと心配していましたが、さすが今回の2年生メンバーは素晴らしい! 誰一人ホストファミリィ宅に忘れ物をすることなく時間通りに揃いました。さすがに6時とあって外はまだ寒く暗かったです。今日8月2日はなんと小山くんの17歳の誕生日でした。学校日であればこの前の水上くんの時と同様、何らかのサプライズが用意されて皆でお祝いできたのですが、帰国日とあって無理だろうと思っていたら、皆からハ ッピーバースデーの歌を歌ってもらい感激したようです(ちなみにこれはメンバー の皆が小山くんのために計画したバースデーのお祝いのその1でした。その2もありますので、もうしばらくお待ちください)。さて、バスに乗り込む時間になり、最後のお別れの挨拶を照屋くんにしてもらいました。我々も泣けてくるほど見事な心のこもったスピーチでした。再開の約束をし、後ろ髪をひかれながらマシューフリンダーズを後にしました。ブリスベーン空港まではクレア先生に案内してもらい、飛行機に乗り込むまで無理をお願いして30分ほど一緒にいてもらいました。一緒に写真を撮ってもらったり、ハグしてもらったりして最後のお別れをしました。

ほぼ定刻通りシドニー空港に到着し、現地スタッフの方を合流し、シドニー半日観光をしました。シドニーを代表するオ ペラハウス、オペラハウスとハーバーブリッジが一番きれいに見える(らしいといわれている)ミセスマッコリーズ岬などを見学しました。その場所で清水さんのホストマザーが作ってくださったケーキ(これも学校からブリスベーンを経由しシドニーまで手荷物として一緒に飛行機に乗ってきました)を小山くんの誕生祝いとして皆で切り分けて食べました(これがバースデーのお祝いのその2でした)。小山くんはさらに驚いていました(小山くん、良かったね)。バスでロックスという歴史地区に移動しフリータイムとなりました。土曜日だったので、ロックス地区はマーケットが開かれていてとても賑やかでした。その後ダーリングハーバー地区にあるシドニー水族館を見学し港地区の散策をしました。周辺 にはショッピングセンターやフードコートなどもあり、週末のせいか大勢の人が遊びに来ていました(今までいたプリスベーンやサンシャインコーストが田舎に思えてしまうほどシドニーはまさに都会で、久しぶりの人ごみに少しとまどってしまいました)。いろいろな楽しかった思い出を胸に、無事に9時30分シドニー空港を出発しました。

この留学報告もこれで終わりとなりました。できるだけ参加した子供たちの写真を載せたり、文章でその日の様子をできるだけ伝えたいと思っておりましたが、慣れないパソコンを使っての報告で、保護者の皆様のご期待に添えず大変申し訳なく思っております。2週間という期間では、英語が流暢に話せるというわけにはまいりません。でもこの2週間の留学は子供たちにとっては大変貴重な経験になったはずです。オーストラリアの良さはもちろんのこと、日本の良さ、さらにご両親のありがたさなども再認識したかもしれません。この経験をぜひこれからの将来に生かしてほしいと思っています。

最後になりましたが、この短期留学に際しましては、最初から最後まで暖か く見守って下さいました保護者の皆様の御協力なくしては成り立ちません。本当にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。これにて短期留学の報告を最後とさせていただきます。お読みくださいましてありがとうございました。
引率職員 : 巽 正裕   冠村 淳司    原口 涼

出発を待つホストファミリィたち。そこかしこに生徒たちもいます。  

出発を待つホストファミリィたち。そこかしこに生徒たちもいます。

小山君がサプライズだったので泣いています。
小山君がサプライズだったので泣いています。
ブリスベーン空港でクレア先生と。お別れの挨拶をしてくれています。

ブリスベーン空港でクレア先生と。お別れの挨拶をしてくれています。

シドニー到着後、小山君の誕生祝い第2弾。ケーキわかりますか?
シドニー到着後、小山君の誕生祝い第2弾。ケーキわかりますか?

オペラハウスとハーバーブリッジを背に。みんないい顔しているね。

オペラハウスとハーバーブリッジを背に。みんないい顔しているね。
世界遺産、オペラハウス。

世界遺産、オペラハウス。
ダーリングハーバーを散策。奥に見える建物がショッピングモールです。

ダーリングハーバーを散策。奥に見える建物がショッピングモールです。
どこに行こうか、迷い中。最後のシドニー、楽しんでいらっしゃい!

どこに行こうか、迷い中。最後のシドニー、楽しんでいらっしゃい!

平成26年度オーストラリア短期留学11

8月1日(金)

8月になりました。いよいよ短期留学最後の日です。今回はいったい「最後」「最終」という言葉が何回出るでしょうか。昨日のセレモニーは7時30分くらいに終わり、楽しい余韻を残しながら皆帰路に着きました。

最終日の今日は予定されていたスケジュールを淡々とこなしていきました。午前中はオーストラリアフットボールを体験しました。基本的な動作から教わり、最終的にはなんとかゲームの形になり、2つのチームに分かれてフットボールの試合をしました。最後の最後に怪我をしないかとヒヤヒヤしましたが、皆暑いなか取り組んでいました。

その後、最後のESL Lessonがありました。最終日なので、ホストファミリィに宛てたサンキューレターの書き方を実践しました。全員工夫をしながら、書いていたようです。
最後のクラスではクレア、マーグ先生から記念品として、カレンダーをいただきました。到着当日に撮った集合写真が載っている船高オリジナルのマシューフリンダーズのカレンダーです。保護者の皆様もぜひご覧ください。今夜がホストファミリィと過ごす最後の夜となります。色々な過ごし方をすることでしょうが、明日は朝6時集合という早さなので、夜更かしをしないようにと言いました。

明日土曜日はシドニー半日観光がありますが、移動日であるので、最後の更新は帰国後のさせていただきたいと思います。

なお、お出迎えにいらっしゃる保護者の皆様、結団式の時にも申し上げましたが、成田空港に到着後手荷物受け取りの所で簡単な解散式を行いますので、外に出てからは特に集まったりはいたしません。お子様が外に出ましたら、速やかにご自宅へお帰り下さいますようよろしくお願い申し上げます。ご存じのように、成田空港の出迎えの出口付近は大変狭く、込みあいますので他のお客様の迷惑になってもいけませんので、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

無事にお子様の顔を、2週間ぶりにご覧になるのを楽しみにお待ちください。

これからフットボールの基礎を学びます。
これからフットボールの基礎を学びます。
蹴り方を教わっています。
蹴り方を教わっています。
フットボールの練習
フットボールの練習
フットボールを教えてくれた先生と「はいっ、ポーズ」
フットボールを教えてくれた先生と「はいっ、ポーズ」
ゲームをしました。
ゲームをしました。
最後のESL Lesson サンキューレターを書いているところです。
最後のESL Lesson サンキューレターを書いているところです。
最後の授業でお別れの挨拶。(左 クレア先生、右 マーグ先生)
最後の授業でお別れの挨拶。(左 クレア先生、右 マーグ先生)
2人の先生に感謝を込めて、風呂敷をプレゼントしました。
2人の先生に感謝を込めて、風呂敷をプレゼントしました。

平成26年度オーストラリア短期留学10

7月31日(木) 天候:晴天

とうとう今日で7月が終わりました。オーストラリア滞在もあと残すところ2日となりました。

今日は午前中リンゼイ・ガーデンズ・リタイアメント・リゾートというお年寄りたちの暮らしているコミュニティにお邪魔しました。そこの集会所で日本文化のプレゼンテーションとダンス、歌を披露しました。子供たちの時よりもさらに熱心に見て下さるので生徒たちもやりがいがあったようです。モーニングティを飲みながらおじいちゃん、おばあちゃんたちと楽しく過ごしてきました。

午後は通常のESL Lessonです。普段ならば授業が終わるとすぐに車で家に帰りますが、今日はこのあとホストファミリィ向けの最後のプレゼンテーションとフェアウェルのセレモニーがあるので、初めて夜まで学校にいました。おやつにピザをご馳走してもらい、夕方集まってきたホストファミリィの皆さんに日本文化の紹介をしました。一番お世話になった人たちなので、なごやかな雰囲気で楽しんでくれました。軽い夕食の後始まったフェアウェルセレモニーでは、校長先生も出席して下さり、校長先生から各自修了証とコアラのぬいぐるみをもらい、最後に歌とダンスを披露して終了しました。

いよいよ明日が最後の授業日です。フェアウェルセレモニーは今日終わってしまいましたが、もう1日残っているの で気を抜かずに頑張ってほしいと思っています。

リンゼイガーデンズリタイアメントリゾート
リンゼイガーデンズリタイアメントリゾート
わかりにくいですが、広い敷地内に多くの家が点在しています。
わかりにくいですが、広い敷地内に多くの家が点在しています。
モーニングティをおばあちゃんたちと
モーニングティをおばあちゃんたちと
歌を披露しました。
歌を披露しました
学校の門の前で。
学校の門の前で。
ホストファミリィの皆さんもプレゼンテーションを真剣に聞いています。
ホストファミリィの皆さんもプレゼンテーションを真剣に聞いています。
セレモニー前のディナータイム
セレモニー前のディナータイム
セレモニーが始まりました。みんなちょっと緊張の面持ち。
セレモニーが始まりました。みんなちょっと緊張の面持ち。
サプライズで原口先生もホストマザーと歌を披露。
サプライズで原口先生もホストマザーと歌を披露。
ダンスの最後の決めポーズ!決まった!
ダンスの最後の決めポーズ!決まった!

平成26年度オーストラリア短期留学9

7月30日(水) 天候:晴れ

今年の留学報告も今日を入れてあと4日となりました。いつも2週間は結構長いと思ってオーストラリアに来ますが、来たら来たであっという間に時が過ぎ去っていくような気がしてなりません。まだもうしばらくこの報告におつきあい下さい。

今日も雲一つない快晴でした。朝晩は結構冷えたりしますが、日中は日本の夏と変わらないくらい暑いです。

朝定刻通り学校に集合し、午前中はバスで約30分くらいのところにあるユーマンディマーケットを散策しました。イメージは蚤の市ですが、別に古着や骨とう品ばかりを売っているのではなく、日用品、雑貨、食料品それに民芸品(お土産)などバ ラエティに富んだものを売っていて、観光客のみならず地元の人たちもお店を冷やかしにやってきます。毎日オープンしているわけでなく、水曜日と土曜日の週2回、それも朝7、8時からお昼2時くらいまでという短さ。売る気があるのかないのかよくわかりません。でも今日は私たち以外に2つくらい日本人の高校生のグループも来ていたので、何気に日本人率が高かったような気がしました。

午後は学校に戻り、オーストラリアの先住民族であるアボリジニの方から、アボリジニのことについて教えていただきました。屋外授業だったので、ブーメランを飛ばしたり、民族楽器ディジリドゥーを聞かせてもらったりして、とても楽しい一時を過ごすことができました。

明日 は授業最終日ではないのですが、場所の都合で午後から夜にかけてフェアウェルのセレモニーとパーティが予定されています。ホストファミリィの皆さんに日本文化のプレゼンテーションを見てもらうことになっています。また午前は毎年楽しみにしてくれているお年寄りの方たちとの交流があります。

ユーマンディマーケットの入口です。
ユーマンディマーケットの入口です。
拡大してみました。下に土曜と水曜の朝と書いてあるのがわかりますか。
拡大してみました。下に土曜と水曜の朝と書いてあるのがわかりますか。
気に入ったものは見つかった?
気に入ったものは見つかった?
さっそくお買い上げ。
さっそくお買い上げ。
アボリジニの方です。
アボリジニの方です。
屋外で全員で話を聞いているところです。
屋外で全員で話を聞いているところです。
ブーメランについて話してくれています。
ブーメランについて話してくれています。
アボリジニ フェイスペインティング。どう?かわいい?
アボリジニ フェイスペインティング。どう?かわいい?
アボリジニ3姉妹でーす!
アボリジニ3姉妹でーす!
男子もペイントしてみました。俺らイケメン?うしろのサングラス怖い。
男子もペイントしてみました。俺らイケメン?うしろのサングラス怖い。
アボリジナルアートのようなものをちょっと体験。
アボリジナルアートのようなものをちょっと体験。
みな、訳もわからず、でも無我夢中。
みな、訳もわからず、でも無我夢中。
ブーメランを飛ばしてみました。結構むずかしい。
ブーメランを飛ばしてみました。結構むずかしい。
女子も頑張りました。
女子も頑張りました。
先生方も頑張りました。冠村先生、ごめんなさい。写真使わせていただきました。
先生方も頑張りました。冠村先生、ごめんなさい。写真使わせていただきました。
クレア先生も投げてくださいました。先生たちの中で一番上手でした。
クレア先生も投げてくださいました。先生たちの中で一番上手でした。
民族楽器ディジリドゥー(Didgeridoo)です。
民族楽器ディジリドゥー(Didgeridoo)です。
実際に吹いて下さいました。簡単なようでいて、これもまた難しい。
実際に吹いて下さいました。簡単なようでいて、これもまた難しい。

平成26年度オーストラリア短期留学8

7月29日(火) 天候:快晴

例年になく天候に恵まれ、今日も快晴で暑い1日でした。久しぶりに学校の授業日でしたが、授業は毎年恒例のクッキングレッスンから始まりました。オーストラリアでは大変ポピュラーなソーセージロールとアンザックビスケットを作りました。ソーセージロール班とビスケット班の2つグループに分かれて調理を開始しました。出来栄えは写真をご覧いただければおわかりになると思います。想像以上に味はバツグンでした。帰国したら作ってくれるお子さんがいるかも(?)しれません。お楽しみに。レシピは生徒たちが持っているテキストに書かれてあります。ぜひご覧ください。

クッキングレッスンの後、全員で マシューフリンダーズのEarly Learning Centre(アーリーラーニングセンター)を訪問しました。ここはいわゆる付属幼稚園にあたる場所で、3~5歳児が教育を受けています。その園児たちを相手にダンスと英語の歌を披露しました。それからは園児たちとの遊戯時間です。いくつかのグループに分かれて思い思いに砂場で遊んだり、おもちゃをいじったり、お絵かきをしたり、というようにみんな子どもに帰って一緒に遊びました。帰るときには泣き出しそうな園児もいて可哀そうでした。

モーニングティをはさんで教室へ戻り、Taste Testという授業を受けました。これはオーストラリアらしい食べ物を試食してそれが気に入るかどうかをチェックするものです。試食したものは、Vegemite sandwich、Passionfruit、Beetroot、Meat pie with sauce、Fairy Bread、Licorice、Tim Tam biscuitsです。どのようなものか、どのような味だったか、ぜひお子さんに尋ねてみて下さい。

ランチの後は、全員で農場見学です。マシューフリンダーズは直営のそんなに大きくはありませんが、農場を持っていて、鶏や蜂などを飼育しています。そこでエミューに餌をあげたり、鶏をつかまえて抱いたり、蜂蜜(マヌカハニーというそうです)を味見したりしました。

そして最後に2つのグループに分かれ、これまでそれぞれが体験してきたことをクレア先生、マーグ先生に話をして1日が終わりました。

今日は何かと朝から食べっぱなしだったので、ホストが用意してくれた昼食を全部食べられなかった人もいたかもしれません。お腹をこわさないか少し 心配です。

明日は午前中ユーマンディマーケットを散策し、午後はアボリジニの楽器演奏を聴きます。では、また。

クッキングレッスン。マーグ先生から調理法を教わります(ソーセージチーム)

クッキングレッスン。マーグ先生から調理法を教わります(ソーセージチーム)
クッキングレッスン。クレア先生から調理法を教わります(ビスケットチーム)

クッキングレッスン。クレア先生から調理法を教わります(ビスケットチーム)
ビスケットの生地を作っています。
ビスケットの生地を作っています。
ビスケットの生地を作っています。
ビスケットの生地を作っています。
これからビスケットを作ります。
これからビスケットを作ります。
3人で頑張ります!
3人で頑張ります!
包丁、気をつけて!
包丁、気をつけて!
しっかりこねて!
しっかりこねて!
こちらも3人。少数精鋭部隊です。
こちらも3人。少数精鋭部隊です。
ソーセージロールの完成です!
ソーセージロールの完成です!
うっ、美味すぎる!
うっ、美味すぎる!
小腹にちょうどいいかも。
小腹にちょうどいいかも。
全員で試食大会。でもまだ午前10時前。
全員で試食大会。でもまだ午前10時前。
The Early Learning Centreの園児たちです。
The Early Learning Centreの園児たちです。
園児たちの前で歌を披露。
園児たちの前で歌を披露。
園児たちとの遊び時間。
園児たちとの遊び時間。
仲良く砂遊び。3人のお兄さんは優しいかな?
仲良く砂遊び。3人のお兄さんは優しいかな?
おいおい、子供は大丈夫か?
おいおい、子供は大丈夫か?
何をして遊んでいるのかな?
何をして遊んでいるのかな?
原口先生の優しい眼差し。もちろん生徒達にも優しいですよね。
原口先生の優しい眼差し。もちろん生徒達にも優しいですよね。
何を作るのかな?
何を作るのかな?
あれっ?浅黄君、足抜ける?
あれっ?浅黄君、足抜ける?

平成26年度オーストラリア短期留学7

7月28日(月) 天候:快晴

早いものでオーストラリアに到着してからちょうど1週間。あっという間でした。

初めて会うホストファミリィにドキドキしながらナーバスな感じで去って行った先週の今頃が本当に嘘のようです。みなホストファミリィとうまくコミュニケーションがとれているようで、ひとまず安心しています。今年は毎日天候に恵まれ、幸いに大きな怪我や病気も今のところありません。嬉しい限りです。ただ1週間が過ぎ、緊張感が多少取れて気が緩んだ時がまた怪我や病気になりやすいので、別れ際に生徒たちには気をつけるように話をしました。

さて今日はAustraila Zoo見学の日です。皆楽しみにしていたので、朝からテンションがMAXでした。動物園に到着後、部屋でオーストラリアの動物たちのレクチャーを飼育員から受けましたが、そこで全員コアラにふれることができました。間近で見てふれることができたので、皆大感激でした。撮影時のフラッシュでコアラが驚かないか心配でしたが。レクチャーの後、カンガルーが放し飼いにされている園内に入りました。もちろん餌をあげることができ、それぞれがカンガルーと戯れていました。珍しい動物とはいえ、あまりにも多くのカンガルーが寝そべっていたり跳ねたりしているのを見ると、最初のうちはかわいいと感じるものの、だんだん人間のぐうたら親父に見えてしまうのは私だけでしょうか

午前中 2時間ほど園内をぶらぶらした後、12時にはクロコダイルショーを見ました。迫力のあるクロコダイルにも驚きましたが、鳥のショーなどもあったりして結構楽しめました。ショーの後は出発時間までまた自由時間でしたので、さらに園内を散策しコアラを始めいろいろな動物を見たり、お土産を買ったりして過ごしました。とても良い思い出になったと思います。

これで土曜日から3日間続いた丸々1日レクリエーションの日は終了しました。明日からはまた学校へ行き、授業を受けたりプレゼンをしたりします。実質残りは4日になってしまいました。残り少ない日々、沢山いろいろなことを経験し、また吸収してほしいと思っています。

動物園に向けてしゅっぱーつ!
動物園に向けてしゅっぱーつ!
飼育員さんから講義を受けているところです

飼育員さんから講義を受けているところです
みんなコアラに大感激!

みんなコアラに大感激!
男子も興奮!

男子も興奮!
カンガルーに餌をあげています。

カンガルーに餌をあげています。
カンガルーと一緒に「はいっ、ポーズ!」
カンガルーと一緒に「はいっ、ポーズ!」
そこのけ、そこのけ、ウォンバット様のお通りだいっ

そこのけ、そこのけ、ウォンバット様のお通りだいっ
大きさでわかりますよね。クロコダイルです。普通のワニではありません。

大きさでわかりますよね。クロコダイルです。普通のワニではありません。

平成26年度オーストラリア短期留学6

7月27日(日)  天候:快晴

二日ぶりに報告を送ります。ホストファミリィと過ごす最初で最後の週末、それぞれ楽しい経験をしたのではないでしょうか。

昨日土曜日は完全にフリーな日でしたので、買い物に出かけたり、山登りをしたり、また夜はホストファミリィどうしが集まってパーティをしたりと本当にいろいろだったようです。

そして今日日曜日は毎年、お昼にピクニックが計画されています。これは、なかなか集まることのないホストファミリィたちと一緒に昼食をとりながら話をしたり、遊んだりするというものです。ただこれは時間があればどうぞという軽い気持ちのものなので、強制的なものではありません。 ですからすでに日曜日の計画を立ててしまっているホストの場合はそちらを優先します。それでも約半数のホストファミリィが集まってきてくれました。

ピクニックなので地面にシートを引いて各自が用意してきた物を食べたりする家族もあれば、BBQの設備を使ってそこで作って食べたりする家族もいました。生徒たちは思いのほか元気で遊びながら、お互いに近況報告をしているようでした。たった1日みんなと離れただけでしたが、久々に日本語が話せて嬉しかったのではないでしょうか。(まぁ、それでは勉強にはなりませんが)。

明日はみんなの楽しみなオーストラリア動物園に行きます。コアラやカンガルーなどなかなか日本では見られないオーストラリアの動物を見 てきます。

ピクニックのために公園に集まってきています。
ピクニックのために公園に集まってきています。
昼食を食べているところです。冠村先生のホスト、わかりますか?

昼食を食べているところです。冠村先生のホスト、わかりますか?

ホストファミリィと
ホストファミリィと
ホストファミリィと

ホストファミリィと

レクリエーション

レクリエーション
ホストファミリィの家族と談笑

ホストファミリィの家族と談笑

平成26年度オーストラリア短期留学5

7月25日(金) 天候:快晴

おそらく日本は梅雨が明け、暑い夏が本番を迎えているのではないででしょうか。オーストラリアは季節が日本と逆の冬なのですが、日本の冬のようにさぞかし寒いと思いがちですが、朝晩を除き、日中は太陽の光がもろにあたるので、日本の夏と暑さはかわりません。ただ日本と違いカラッとしているので、過ごしやすいといった感じです。この陽気に慣れると日本に帰ってからが順応できずオーストラリアが恋しくなります。

さて、今日もそんな快晴の中、昨日のレクリエーションとはうってかわり、1日学校での授業で した。午前中は教室で英語の授業を受けるグループとマシューフリンダーズの生徒の授業に参加するグループの2つに分かれました。ウェブサイトに載せた写真は小山君が美術の授業に参加した際に書いた鳥の絵です。どうです?うまいでしょう?その後、モーニングティーをはさみ、2回目のプレゼンテーションを行いました。今回は学年が少し上がり、中学生くらいの生徒が対象でした。またそれとは別に3週間の予定でマシューフリンダーズを訪れていたフランスから来た生徒たちも見学に来ました。
午後も2つのグループに分かれ、英語の授業と日本語の授業に参加しました。日本語を教えているジョー先生は日本語を勉強している生徒を連れて、2年に1度日本にいらっしゃいます。船高にもいら したことがあり、今年も10月に船高に生徒を連れて半日ですがお見えになる予定です。その時には今回参加した生徒と去年参加した3年生の生徒たちに面倒をみてもらおうと思っています。今から楽しみです。

明日は初めての週末です。ホストの家族と貴重な日々を過ごすことでしょう。土曜日は完全なフリータイムで、日曜日は午後ピクニックが予定されていますが、ピクニックはオプションで強制参加ではありません。ホストによっては別の計画で出かけるお家もあります。

そういうわけで、次回は日曜日のピクニックの様子を中心に報告したいと思います。すみません、明日土曜日は更新しませんので、ご了承下さい。
今のところ全員元気にがんばっています。 では、また

今日1日の予定です(見えにくくて申し訳ありません)

今日1日の予定です(見えにくくて申し訳ありません)
ESL Lesson

ESLLesson
Picture painted by Seitaro Oyama
Picturepainted by Seitaro Oyama
プレゼンテーション1

プレゼンテーション1
プレゼンテーション2

プレゼンテーション2
プレゼンテーション3(食事のマナー)
プレゼンテーション3(食事のマナー)
プレゼンテーション4(ゆるキャラ)

プレゼンテーション4(ゆるキャラ)
プレゼンテーション5(日本の幽霊)

プレゼンテーション5(日本の幽霊)
プレゼンテーション6(武道)
プレゼンテーション6(武道)
フランスの生徒たちと

フランスの生徒たちと
フランスの生徒たちと

フランスの生徒たちと
フランスの生徒達の前で校歌披露

フランスの生徒達の前で校歌披露
日本語クラスの授業風景

日本語クラスの授業風景
日本の映画について話をしています

日本の映画について話をしています
日本語の宿題を手伝っています

日本語の宿題を手伝っています
宿題はなかなか難しい(かな?)

宿題はなかなか難しい(かな?)
9月に日本に来る生徒達と「はいっ、チーズ!」
9月に日本に来る生徒達と「はいっ、チーズ!」

平成26年度オーストラリア短期留学4

7月24日(木) 天候:快晴

今日は昨日お知らせした通り、レクリエーションデイでした。オーストラリアに着いてからほぼ毎日学校でしたので、息抜きタイムといったところでしょうか。
今日訪れたMooloolaba Beach(ムルラバビーチ)は学校からバスで10分ほど行ったところにある、知る人ぞ知る人気のある観光スポットです。地元の人のみならず、観光客たちが訪れる場所です。海岸に沿っていくつものホテルや飲食店、土産物屋が建ち並び、シーズン中は大変な賑わいを見せるそうです。日本ではゴールドコーストが大変有名ですが、こちらではそこまで行かなくても十分楽しめるところです。

今日はそのMooloolaba Beachで、昨日見たSurf Safetyの実際の講義とバーベキューをやりました。ビーチに到着後、ライフセーバーの方から話を聞き、その後実際に海に入りデモンストレーションを見せてくれました。デモンストレーションのボランティアの中から募ったところ、なんとH組の松木さんが手を挙げてくれて(すでに水着を中に着ていたそうです)、全員が見ている前で、レスキューの様子を試してくれました。

講義終了後、バーベキューまで時間があったので、それぞれ思い思いに砂浜で遊んだり、海に入ったりしながら過ごしていました。例年以上に水着を持ってきた生徒が多かったように思います。昼間は冬とはいえ日差しが大変強くまた暑いので、若干水の温度は冷たかったようですが、泳ぎを楽しんでいたようです。

バーベキューはクレア先生がすべて用意してくれていて、我々職員が生徒たちみんなのために一生懸命作らせていただきました。遊んだあとだったせいか、大分お腹が空いていたようで、余すことなくおいしそうに食べてくれました。さらにこの日は水上誠也君の17歳の誕生日だということで、サプライズがありました。
食事のあと、クレア先生が水上君のためにバースデーケーキを用意してくれていて、みんなでお祝いをしてあげたのです。実はオーストラリア短期留学中に誕生日を迎える人(生徒も引率職員もです)がいると、必ずクレア先生がこのようなサプライズをしてくれます。2年前も誕生日を迎えた3人に同じようなサプライズがありました。この期間に誕生日を迎える人は ラッキーですよね。(ちなみに私は10月生まれなので、まったく関係ありません)。

オーストラリアに着いてから初めてのレクリエーション。少しは身体も心もリフレッシュできたのではないでしょうか。また明日は1日学校で授業と2回目のプレゼンテーションがあります。気分一新してがんばってほしいと思います。今日の報告は以上です。

ムルラバビーチで
ムルラバビーチで
Surf Safetyの講義
Surf Safetyの講義
砂浜でLOVE♡
砂浜でLOVE♡
LOVEを作ったのでは私たちでーす
LOVEを作ったのでは私たちでーす
フリータイム1
フリータイム1
フリータイム2
フリータイム2
おいしかったバーベキュー
おいしかったバーベキュー
おいしかったバーベキュー
おいしかったバーベキュー
おいしかったバーベキュー
おいしかったバーベキュー
ハッピーバースデー、誠也君!
ハッピーバースデー、誠也君!
みんなでお祝い!
みんなでお祝い!見にくいですが、水上君の持っているのがケーキです

平成26年度オーストラリア短期留学3

7月23日(水)  天気:晴れ

オーストラリアに着いて3日目、学校へ登校するのが2日目となりました。今日も朝8時半に全員元気よく集合し1日が始まりました。
今日はまず全員でSurf SafetyのDVDを見ました。オーストラリアの海に遊びに行く時の基本的な注意事項、例えばどこで泳げばいいのか、あるいは何をしてはいけないかなどを映像を使ってわかりやすく我々に説明してくれました。

その後、10時より全校集会が行われ、岩本君のスピーチ、マチルダ、ダンスを全校生徒の前で披露し、拍手喝采を受けました。練習の成果が見事に表れていました。とても素晴らしかったです。それからソフトボールをしました。2年前この時に怪我をした生徒がいましたので、少し心配しましたが、何事もなく皆はりきって体を動かしてプレイしていました。

昼食をはさみ、いよいよ日本文化紹介のプレゼンテーションです。今日はマシューフリンダーズの小学生が対 象になっており、小さな子供たちが目を輝かせながら生徒たちの日本文化のプレゼンを興味深く見ていました。毎年そうですが、最初は緊張して、なかなかうまくいかなかったプレゼンが3、4回繰り返していくうちに慣れてうまくなっていく様子が手に取るようにわかりました。出発前に実施した時よりもまた一段と改良を重ね、素晴らしいものができあがっていたと思います。実際にやってみて少しずつ手直しをしながら、さらに磨きをかけていってくれるものと思います。

明日は学校を離れて、MOOLOOLABA BEACH(ムルラバビーチ)を訪れます。バーベキューをしたり、海岸で遊んだりというレクリエーションの日です。また明日その報告をさせていただきます。

Surf SafetyのDVDを見ています。

Surf SafetyDVDを見ています。
岩本君の英語によるスピーチ
岩本君の英語によるスピーチ
ダンス披露
ダンス披露
ソフトボール1
ソフトボール1
ソフトボール2

ソフトボール2
日本文化プレゼンテーションの様子

日本文化プレゼンテーションの様子日本文化プレゼンテーション2

日本文化プレゼンテーション2
日本文化プレゼンテーション3
日本文化プレゼンテーション3
日本文化プレゼンテーション4

日本文化プレゼンテーション4
日本文化プレゼンテーション5
日本文化プレゼンテーション5


平成26年度オーストラリア短期留学2

7月22日(火)  天候:晴れ

いよいよ今日から学校が始まりました。昨日はオーストラリア初めての夜をホストファミリィと楽しく過ごしたようです。
8時半学校のパーキングロットに全員元気よく集合しました。最初はキャンパスツアーということでマシューフリンダーズ内をクレア先生、マーグ先生先導のもと案内してもらいました。広大な敷地を持つ学校なので、学校を1周するのも結構な運動になります。日差しは強かったのですが湿気がない分、快適に見てまわることができました。
その後、Flinders Edible Gardenという菜園を体験見学しました。

今日は授業初日でしたので、まず全員にクレア先生、マーグ先生から学校心得などを説明されました(もちろん英語です)。授業は全員で行う時と2つのグループに分かれる時があります。今日はグループに分かれ、最初AグループはESL Lessonという英語の授業を、Bグループは9年生の日本語クラスの授業を受けました。ランチの後、Aグループはマシューフリンダーズの生徒と一緒に普通の授業に参加し、BグループはESLの授業を受けました。フルに授業だったので、彼らも大分疲れたのではないでしょうか。

明日は午前に全校集会があり、そこで船高生が紹介されることになっていて、挨拶、ダンス、歌を彼らの前で披露することになっています。そして午後には一生懸命練習してきた日本文化紹介の第1回目のプレゼンテーションもあります。なかなか盛りだくさんな日程です。その様子はまた明日写真で報告させていただきます。

オリエンテーション
オリエンテーション
朝、今日の予定を聞いています。
朝、今日の予定を聞いています。
キャンパスツアー
キャンパスツアー
At Japanese Class
At Japanese Class
ESL lesson
ESL lesson

平成26年度オーストラリア短期留学1

平成26年7月20日(日)  天気:曇り/晴れ

いよいよ平成26年度オーストラリア短期留学が始まりました。これからほぼ毎日この報告をさせていただきますので、拙い文章と写真で申し訳ありませんが、短期留学の様子をお伝えしたいと思います。

1月に募集を開始して約半年、行くことが決まった生徒たちは期待に胸を膨らませながら数多くの事前研修も無事こなし、早いもので今日出発日を迎えました。集合時刻は午後6時全員定刻に集まり、荷物を預けた後、谷口教頭先生、財前学年主任に挨拶をしてもらいオーストラリアに向け出発しました。ちょうど夏休みが始まる時期ということで、シドニーに向かう飛行機は同じ目的の高校生・中学生で満席でした。

8時間弱のフライトで無事シドニーに到着し、国内線に乗り換え、クレア先生の待つブリスベーンへ向かいました。11時半過ぎにクレア先生と合流し、途中お昼をマクドナルド(英語読みだとマクダァナルに近い)で食べ、AUSSIE WORLDというちょっとした観光施設を見学後、マシュー・フリンダーズに着きました。すでにホストの皆さんは我々を待っていて下さり、学校にある教会の中で、リーダーの黒川君が立派な英語のスピーチをし、全員で校歌を披露しました。その後個々にホストと対面しましたが、ホストに会うまでは皆とてもナーバスでした。しかし、彼らのフレンドリィさにホッとしたのか、笑顔でそれぞれの家に帰っていたのが印象的でした。おそらく今日はいろいろな話を各家庭ですることでしょう。

今日はずっと移動日だったので、興奮状態ながら心身ともに疲れ切っているのではないかと思います。ゆっくり休養して明日からまたがんばってほしいと思います。
明日は学校で授業を受けますので、その様子を報告いたします。

成田空港にて
成田空港にて

プリスベーン空港にてクレア先生と合流
プリスベーン空港にてクレア先生と合流