SSHの概要
自立した探究力で「未踏」に挑む人材の育成
~深め、繋がり、未来を拓く力を育てる~


 本校は平成21年度から、文部科学省スーパーサイエンスハイスクール(SSH)
の指定を受け、先進的理数教育に取り組んできました。令和6年度から指定第Ⅳ期に入り、これまでの成果を踏まえつつ、地域への成果普及にも力を入れ、千葉県全体の理数教育の一層の発展を目指しています。課題研究や高大連携をはじめとする理数系探究学習はもちろん、さまざまな取組により生徒の探究心と探究力を育成します。

<サイトマップ>
船橋高校SSHについて普通科SSH理数科SSH探究プログラム高大接続(重点枠)教材の公開課題研究データベース研究開発報告書Q&A課題研究指導事例集SSH卒業生アンケート

新着情報

新着情報

令和6年度野外実習

令和6年6月11、12日の2日間に渡り、理数科1年生は野外実習を行いました。

1日目は、地学の実習として野島崎と沖ノ島に出向き、地質調査を行いました。

事前に与えられた課題をもとに、クラスで協力して地質の記録を取っていました。

記録した地層の観察データをもとに、過去に何が起きたのかを活発に議論していました。

2日目は、生物の実習です。船橋市の干潟である三番瀬に行き,生物調査を行いました。

午前中は干潟で1m四方の枠を作り,その枠内に生息している生物を調べました。

干潟の砂を掘ったり,砂の中から生物を見つけたりするのは大変ですが,生徒たちは一生懸命調査を行っていました。

午後からは採集した生物の同定を行うのですが,当日は潮があまり引いておらず,午前中に行けなかった沖合側に午後から再度向かい,その後三番瀬学習館で生物の同定を行いました。

三番瀬の生態系に詳しい東邦大学非常勤講師の佐野郷美先生にも参加していただき,事前・事後学習も含めて三番瀬の歴史や生物の多様性について多くのことを学ぶことができました。

 2日間の野外実習を通して,生徒たちはフィールドワークの基本を身に付け,また,身近な自然に興味を持つことができたのではないかと思います。

SS講座「無機蛍光体の化学」を実施しました!

こんにちは。
SSH事業担当です。

本校はSSH事業の一環として、学内外の講師による特別講座を複数回実施しています。
文化祭の熱も冷めやらぬ6月21日(金)に
千葉大学大学院(工学研究院)の小島 隆 先生をお招きして、「無機蛍光体の化学」講座を実施しました。

先生のご専門は「セラミックス」。
陶器や洗面台といった印象が強いセラミックスですが、実は意外なところにも…。
という内容で講義をしていただき、さらに、その場で蛍光セラミックスを合成する実験を行いました。

参加した生徒は1年生12名(普通科6名、理数科6名)、2年生4名(普通科3名、理数科1名)の合計16名。
どの生徒もワクワクと緊張に包まれた面持ちで参加してくれました。
(※ 昨年に引き続き、2度目の参加をしてくれた生徒もいました。)

大学で学ぶ内容が織り交ぜられた講義を聴きながら、
生徒たちは真剣な表情でメモを取り、うなずいたり、首を傾げたり。
大学の先生に教えてもらえる貴重な機会を楽しんでいる様子でした。

講義のあとはいよいよ合成実験に挑戦!
酸化ジルコニウムに蛍光物質を組み込んだ化合物を合成しました。
初めて触る実験器具や、聞いたことのない薬品に囲まれて、嬉しそうな生徒たち。


果たして合成は成功するのでしょうか?

暗室にて紫外線を当ててみると…

 

 

 

見事に光りました!
合成成功です!

おまけ実験としてルミノール発光にも挑戦しました。
色素を加えてみると幻想的な光景が…。

みんなで輪になって撮影会。綺麗でしたね。


気づけばもう終了時刻。
最後には、セラミックスからつくられた驚きの部品を紹介していただきました。
楽しく化学や工学への興味を高めることができましたね。


今回は化学分野でしたが、そのほかの分野のSS講座も企画しています。
次回のSS講座もお楽しみに!

台湾の新北市板橋(バンチャオ)高級中学交流会

 令和6年5月30日(木)本校にて、理数科2年生が台湾の新北市板橋(バンチャオ)高級中学校との交流を行いました。

 今回は新北市板橋(バンチャオ)高級中学校の生徒さんたちがそれぞれのグループで、取り組んだ課題研究の成果の発表を本校の生徒に対して行いました。このメインイベントの前にそれぞれの学校の紹介、アイスブレイク、サイエンスゲームを行い、仲を深めていきました。

 

 発表はポスター形式で英語で新北市板橋(バンチャオ)高級中学校の生徒さんたちによって行われました。その発表を本校の生徒たちは真剣に聞き、質問をし、理解を深めていきました。

 この交流で経験したことを通して、世界を舞台に活躍できるように視野を広げられるといいですね。

「令和6年度 第1回SS講演会」を実施しました。

令和6年4月12日(金)に、本校体育館で全校生徒対象のSS講演会を行いました。


講演していただいたのは、
千葉工業大学惑星探査研究センター所長 荒井 朋子 氏 
演題は「自分の直感を信じて進もう!~宇宙を仕事にするまで~」でした。

 

 

宇宙探査の詳しいお話だけでなく、先生からいただいた「ピンチはチャンス」と言うお言葉は、

多くの生徒の心に響くものでした。

 

 

また、講演会後の座談会には多くの生徒が参加し、石に関する質問やキャリアに関する質問など、なかなか鋭い質問も飛び交いました。

 

 

ご講演いただきました荒井先生、ありがとうございました。

 

サイエンスダイアログの実施について

日本に留学されている研究者の方から講義を受けるサイエンスダイアログを実施しました。今年度は,理数科1年と2年それぞれ別々の研究者の方から講義をして頂きました。研究者の方々もなるべく優しい英語で説明してくださり,生徒たちは一生懸命英語での説明を聞き取っていました。

 

CEATECへの参加

10月20日に企業展示会であるCEATEC2023に参加しました。昨年も参加させていただき,今回は二回目となります。

今回は事前学習,事後学習も行いました。

事前学習では,CEATECの見どころについて,本校SSH運営指導協議委員も務めてくださっているCEATEC事務局の古座野様よりオンラインで説明していただきました。

そして当日,希望生徒たちで幕張メッセに向かいました。古座野様から簡単に会場の案内をしてもらい,その後は自由見学としました。

企業の最新技術に生徒たちは,目を輝かせていました。

CEATECの見学を終えた次の週に,古座野様にご来校いただき事後学習を行いました。CEATECで学んだことをKJ法を用いてまとめていきました。

第17回高校生理科研究発表会

9月30日(土)に千葉大学で行われた「第17回高校生理科研究発表会」に理数科2年生と高大接続生の普通科2年生が参加しました。生徒たちは前日までポスター発表の準備を一生懸命行ってきました。当日は様々な方からアドバイスを頂くなど,今後につながる良い機会になりました。また,本校から5名の生徒が優秀賞等を受賞しました!

双葉電子記念財団研究奨励賞
・渡邉ちか  「カルマンによる風切り音について」

優秀賞
・世良倖太郎 「ソリオンの電気的特性についての考察」
・片塩元   「衝突による液体の変形の仕方について」
・亀田遼馬  「土壌の堅さと地震による建物の揺れ方の関係」
・尾高徹   「条件付き分割数についての考察」


発表に参加した生徒の皆さん大変お疲れさまでした。









前期終業式

本日は前期終業式でした。
賞状伝達では、SSHの取り組みに参加した4名の生徒が表彰されました。

・宮谷碧 「SSH生徒研究発表会 ポスター賞
・本間朱里 「日本植物学会第87回大会高校生ポスター発表 優秀賞
・志牟田睦 「サイエンス・イングリッシュ・キャンプ Excellent Scientific Presentation AwardBest English Discussion Award
・梅園紗愛 「サイエンス・イングリッシュ・キャンプ Best Scientific Presentation Award

表彰された生徒の皆さん,おめでとうございました!



第1回 SS講演会

9月28日(木)に第1回SS講演会を実施しました。

演題:「君は何のために学ぶのか?~ブラックホールと宇宙の始まりそして世界を方法としての物理~
講師:東京学芸大学 准教授 小林晋平 氏

生徒たちは,小林先生の熱い講演をとても興味深く聞いていました。









また,講演会後には,小林先生に直接質問したい生徒たちが集まって座談会を行いました。先生と握手をしたり,サインをもらったりする人もおり,大いに盛り上がりました。ご講演いただきました小林先生ありがとうございました。

日本植物学会第87回大会への参加

9月9日に北海道大学の札幌キャンパスで行われた日本植物学会第87回大会高校生ポスター発表の部に本校3年I組の本間朱里さんが参加しました。





当日は生徒,研究者との非常に盛んな議論が行われていました。そして,表彰式では第2位である優秀賞を受賞しました!





受賞した本間さん,おめでとうございました!

日本植物学会第87回大会における高校生研究ポスター発表受賞者(外部リンク)

これまでのSSH活動

SSH活動報告

SSH発表会

SSH発表会
 2月1日(土)本校南館・理科教室
 理数科1・2年生が課題研究の発表(ポスター発表)を行いました。
 物理10件,化学12件,生物10件,地学7件,数学9件
 ご来場の皆様,ありがとうございました。
 *当日の様子が千葉テレビで放映されます。
  2月15日(土)22:00~22:15 ウィークリー千葉県
  
 
  

SS講演会

SS講演会(第2回)
 9月27日(金)本校体育館(全校講演会)
 高田秀重(東京農工大学農学部)
 演題 「海洋プラスチック汚染と持続可能社会」
 
講演会後も多数の生徒が質問に訪れました。

SS講演会

SS講演会(第1回)
 4月12日(金)本校体育館(全校講演会)
 講師 嶋田和人(前JAXA筑波宇宙センター医長)
 演題 「有人宇宙計画の仕事をするには」

 質問をしながら生徒の間を歩く嶋田先生。答えた生徒にはプレゼントが・・・。

SS講座 遺伝子組換え実験講座

SS講座 遺伝子組換え実験講座
 11月15日(木) 11月16日(金) 本校生物教室
 講師  園田雅俊(千葉大学園芸学部) 他学生TA4名
 オワンクラゲの持つ緑色蛍光タンパク質遺伝子を大腸菌に導入し,形質転換を行う。
  

SS講座 数学講座

SS講座 数学講座
10月30日(火) 
 ガウスの平方余剰の相互法則
 講師 津嶋貴弘(千葉大理学部)
11月2日(金)
 超幾何関数と数論
 講師 大坪紀之(千葉大学理学部)
 

福島県教育旅行モニターツアー

9月30日(日)~10月2日(火) 福島県教育旅行モニターツアー(SSH外)
 県立船橋高校・市立千葉高校・佐倉高校による合同ツアー(主催:福島県) 
 被災地視察と各分野での復興に向けて果敢にチャレンジする人々との対話に焦点を当てた学びのツアー
 
 

高校生理科研究発表会

9月29日(土) 高校生理科研究発表会(千葉大学)
 発表 理数科2年次生ほか50名
 受賞 千葉県教育長賞 西方友哉(数学)
     双葉電子記念財団研究奨励賞 中西流我(数学)
     優秀賞 5件
 
サイトマップ