交通安全教室「スケアードストレイト」を実施しました

 9月26日(木)午前9時から体育館で全校生徒対象に、船橋警察署の方から交通安全講話をしていただきました。
船橋市内の交通事故数は、県内平均と比較すると割合が高いとのことです。また、自転車による事故も多いとのことでした。
 講話のあと場所をグランドに移し、プロのスタントマンチームによる交通事故疑似体験をしました。自動車が法定速度で
自転車後方に追突するとどのくらい弾き飛ばされるか、大型トラックによる内輪差に巻き込まれないために歩道の
どの位置で待ったほうがいいのかなど実際の事故再現を見ながら具体的に学ぶことができました。
 本校生徒は学校まで自転車で通学する生徒はあまり多くありませんが、自宅から最寄り駅までの利用者が多い
のではないかと思われます。自分の身を守るためどうすべきかも教えていただきましたので、今後も交通事故にあわぬよ
う一層、気を引き締めることができたのではないでしょうか。