国際交流

・オーストラリア短期留学
平成30年度で20回目となります。夏季休業中に約2週間の日程で実施されます。参加を希望した2年次生は、ホームステイをしながら、クイーンズランド州にあるマシューフリンダーズアングリカン高校へと通い、授業や行事に参加します。出発まで約半年間に渡り、現地の生活や日本の文化について研修を重ねています。

・SSH(スーパーサイエンスハイスクール)台湾研修
平成24年度からは「国際性の育成」を目標に文部科学省指定SSH(スーパーサイエンスハイスクール)台湾研修(6日間)が始まりました。これは台湾の学生と英語でコミュニケーションをはかり、研究発表を行う研修です。
 

国際交流報告

国際交流活動報告
12345
2019/01/23

実験高級中学(台湾)の来校

| by 船高48
 本校がSSH台湾海外研修で昨年末に訪問した国立科学工業園区実験高級中学の生徒28名が来校しました。理数科2年生が中心となって研究発表会や歓迎イベントを行い、大いに交流を深めました。実験高級中学の皆さんにも喜んでいただけたと思います。
 
 
 歓迎セレモニー 中国語による校歌披露(合唱部)     文化交流 茶道体験(茶道部)
 
 
 研究発表会 実験高級中学(4件)、船橋高校(5件) それぞれ2年生が英語で研究を発表し、質疑応答も活発に行われました。
 
 
 昼食交流                              理科授業体験 物理(幾何学と物理~万華鏡)
 
 
 化学(ローソクの科学)                      地学(火山と暮らし)
 
 
 クロージングセレモニー 記念品交換  実験高級中学からは両校の校章をあしらった記念品を頂きました。
 
 
 船橋高校 歌披露(We are the World)            実験高級中学パフォーマンス
 

 素晴らしい交流の一日となりました。皆様ありがとうございました。
 今年12月にはまた実験高級中学をはじめ台湾を訪れる予定です。よろしくお願いいたします。
09:32
2018/12/27

SSH台湾海外研修 最終日

| by 船校03
朝食を終え、生徒たちは元気よく荷物を持ってホテルのロビーに集合しました。


桃園国際空港に到着して、お世話になったドライバーとガイドの楊さんとお別れです。みんな笑顔で握手していました。
生徒たちは11時40分まで空港内を自由散策しています。

予定の飛行機で帰国します。
12:25 | SSH台湾研修
2018/12/26

SSH台湾海外研修 第5日目

| by 船校03
今日の台湾は朝から曇りですが、比較的暖かいです。
さて、今日は3校目の実験高級中学校で最後の交流です。
2年生が私達を迎えてくれ、オープニングセレモニーは日本語による司会進行、挨拶と生徒たちによる合唱を披露してくれました。

セレモニーの後は、講義室に集まり映画のハリーポッターのワンシーンを全員で鑑賞しました。映画の中の「ほうき」にまたがり空中でボールを奪い合うゲーム「クディッチ」を地上で行います。英語によるルール説明があり、日台混合で4チームを編成し対戦しました。みんな全力でグランドを駆け回っていました。

次は生物実験室に集まり、合同で生物の授業を受けました。英語のワークシートを使い実験高級中学の生徒と真剣に議論していました。

昼食は台湾の生徒とともにグループに分かれてとりました。(写真はありません)
昼食後はいよいよ研究発表です。午前の時間が押してしまい、いつもより時間が短かったのですが、実験高級中学の生徒からは鋭い質問が次々と出されていました。本校生徒は何も見ずに自分の言葉できちんと対応し、3日目にして成長の姿を感じました。

研究発表のあとは、クロージングセレモニーです。
本校生徒はお礼に全員でパフォーマンスを行い、来年1月22日の再会を約束して学校を後にしました。バスが動き出すと、生徒たちは走り寄り見えなくなるまで手を振ってくれました。

台北に戻り最後の夕食です。今日は台湾のコース料理です。おいしさもさることながら、やり遂げた満足感でいつもより笑顔が多かったような気がします。

ホテルに戻るとすぐに最後の研修です。今日は引率先生を含め全員によるこの研修を振り返る1分間スピーチです。各自、「この研修で得たことが大きかった」「英語を頑張りたい」「もっと自分を磨きたい」と前向きな発言が多く、有意義な研修だったようです。
さて、本校生徒は訪問した3校のクロージングセレモニーでパフォーマンスを行ってきました。そのパフォーマンスとは「恋ダンス」でした。
研修の締めくくりに、最後の「演舞」をしてくれました。

いよいよ明日は帰国です。
23:25 | SSH台湾研修
2018/12/25

SSH台湾海外研修 第4日目

| by 船校03
今日の台北は小雨が降るあいにくの天気です。
2校目の訪問先は、蘭陽女子高級中学校です。
写真はオープニングセレモニーの様子です。

相手校から掛け軸をいただきましたが、この書は蘭陽女子の地学の先生が書かれたもので、台湾で実力ナンバーワンの書家だそうです。
セレモニーの後、船橋高校から課題発表です。蘭陽女子の近隣5校の中学生(理数クラスがあるようです)の参加があり、会場は大盛況でした。

続いて蘭陽女子の課題発表です。本校生徒は、前日にアブストラクトの内容を確認したこともあり、熱心に質問していました。
この中で本校生徒2名と小原先生が現地メディアの取材を受けました。放送されたかは確認できていませんが。

昼食は蘭陽女子生徒と本校生徒が9グループに分かれて昼食です。昼食後は、校内を案内してくれました。
蘭陽女子では12月25日の昼休みに毎年クリスマスイベントを行っており、校長先生はここでクジを引き、生徒にプレゼントを手渡す大役があるそうです。今年はその役割を私達引率教員にさせてくださいました。写真は、松田先生がクジを引いているところです。

午後の最初は、グループを作りALTによる英語の授業を受け、クリスマスをテーマにした課題に取り組みました。

授業の後は30分間のブレークタイムで、本校生徒と蘭陽女子の生徒がお茶(タピオカミルクティー)を飲みながら交流を深めました。

そして、締めくくりのクロージングセレモニーです。
まず、課題発表の表彰式がありました。現地の先生が観点別に評価をつけてくださり、その結果に基づき各自に表彰状が手渡されました。

最後に本校生徒によるパフォーマンスを行い、感謝の意を述べて閉会しました。
閉会後は教室の外で記念撮影です。

校長先生とPTA会長さんに見送っていただきながら学校を後にしました。

ホテルに一度戻り、今日の夕食はバスで15分ほど移動したところにある台南料理のお店です。疲れた胃袋に優しい食事でした。

ホテルに戻り、夜の研修です。「よいプレゼンテーションとは何か」を討議し、明日最後のプレゼンに向け各先生からアドバイスをいただき、早めに本日の日程を終了しました。
23:10 | SSH台湾研修
2018/12/24

SSH台湾海外研修 第3日目

| by 船校03
今日の台北はどんよりとした曇り空です。気温は15度を少し上回る程度で、ちょっと寒いなと思う感覚ですが、台湾の人にとっては大変寒いそうです。基本的に家には暖房がないので、厚着して凌ぐそうです。
さて、午前中は、ホテルの研修室でグループに分かれて最後のプレゼンテーション練習を行いました。

そしていろいろな想いを抱え、板橋高級中学での交流です。
学校の玄関には私達を歓迎する電子ボードが置かれていました。部屋に入るとすぐに板橋の理数科の生徒たち28名とランチコミュニケーションの時間です。

はじめのうちは、会話が進みませんでしたが徐々に打ち解けてきました。昼食後、互いの学校の紹介を行い船橋高校、板橋高級中学の順にプレゼンテーションを行いました。

英語を通じてなんとか理解してもらおうと頑張っていました。
お互い発表に熱心に聞き入り、質疑応答をしていました。

休憩後、板橋高級中学の生徒が企画したクイズ大会が行われました。日台混合でチームを作り、数学、科学、常識など様々なジャンルの問題を協力して答えていました。大変な盛り上がりでした。

先生方は短い時間でしたが校長室にお邪魔する機会がありました。部屋入ると、驚いたことに黒い犬が出迎えてくれました。「ポニョ」という名前だそうですが、校長室を自由に出入りできる「特権」を持っているとのこと。そのポニョは小原先生が好みだったようで、しばらく側を離れようとしませんでした。

最後はクロージングセレモニーです。
まず、板橋高級中学の校長先生と本校の間で互いに記念品の交換が行われました。写真は本校から贈ったものです。

次に、本校生徒が歌と踊りのパフォーマンスを行い、板橋の合唱部が日本語、中国語の両方で歌を披露してくれました。全員で記念撮影をしたあと、時間が押していたため急いで学校を後にしなければならなくなってしまいましたが、短い時間でもお互いの関係を築くことができ、名残惜しそうに個別に記念撮影をしていました。

合唱部の生徒は、我々をクリスマスソングで送り出してくれました。理数科の生徒たちも、バスの入り口までついてきて見送ってくれました。(この光景を見て、涙腺緩みました)

板橋高級中学を後にして、夕食まで時間があったので台湾で有名な寺院である「龍山寺」に向かいました。そこでは、おみくじが無料でできるとあって全員でチャレンジしました。どんなおみくじだったかは、生徒に聞いてください。

夕食は台湾風のしゃぶしゃぶです。火鍋と言うそうですが、今日もボリューム満点の食事でした。

ホテルに戻ってからすぐに夜の研修です。明日は、蘭陽女子高級中学のプレゼンも聞きますが、その内容を事前に把握するために全員でアブストラクトの英語の説明を分担して要約し、全員の前で発表しました。明日の確認をして本日の研修を終了しました。
22:35 | SSH台湾研修
2018/12/23

SSH台湾海外研修2日目

| by 船校03
今日の台北は朝から小雨が降るあいにくの空模様です。
午前中は故宮博物院に行き、歴史的に貴重な展示物を見学しました。

見学後、バスで台北の中心地に移動し、楽しみにしていた小籠包の昼食です。

午後は、動物園班、植物園班、科学教育館班の3班に分かれ、地下鉄で移動し各地で研修です。(公共バスをに乗った班もありました)


現地の女子大学生が昼食場所からそれぞれの研修場所へ引率、案内をしてくれました。生徒たちは、積極的にコミュニケーションをとっていました。
<動物園班>


<植物園班>


<国立科学教育館班>

夕刻、全員無事ホテルに戻り、すぐに夕食会場に移動しました。夕食は「モンゴリアンバーベキュー」でした。生徒たちは辛さと格闘していたようです。


ホテルに戻ってから、夜の研修です。

明日はいよいよ現地生徒に向けてポスター発表です。各自、仕上げに一生懸命取り組んでいました。
21:20 | SSH台湾研修
2018/12/22

SSH台湾海外研修1日目

| by 船校03

朝7時に成田空港第2ターミナルに27名全員集合しました。
校長先生、高野教頭先生、藤枝先生の見送りをうけ、9時20分定刻に台北に向けて飛び立ちました。

台北には現地時間12時過ぎに到着しました。(台湾は日本時間マイナス1時間)
ガイドは昨年に引き続き、日本語がとても上手な楊さんです。車中で台湾の地理の話や日本との歴史的なつながりなどの説明がありました。
今日の台北は、夏のような天気で最高気温28度。半袖がちょうどよい気候です。
ホテルのチェックインまで時間があったので、孔子廟に寄り全員でお祈りをしてきました。


孔子廟で「本家」タイワンリスが顔を出してくれました。担任の久保田先生がリスを写真に収めようと必死になって追いかけていました。


ホテルで少し休憩したあと、外のレストランで夕食です。メニューは書きませんが、味は・・。生徒の顔を見ればわかりますね。


ホテルに戻ると、眠くならないうちに第1日目の研修に入りました。今日は早起きしたので疲れもピークだと思っていましたが、いつもどおり真剣に取り組んでいました。予定時間より早めにスタートしたので、早めに終えて明日へ備えることにしました。

20:20 | SSH台湾研修
2018/12/21

平成30年度台湾研修スタート

| by 船校03
いよいよ12月22日から5泊6日の台湾研修がスタートします。
現地から生徒たちの様子をこちらのページで報告します。
22:00 | SSH台湾研修
2018/08/03

オーストラリア短期留学 13日目 【最終日】

| by 船高06

最終日、本日は早朝6時に学校に集合です。寝坊する生徒はおらず(教員も)、ちゃんと全員集合。一期一会とは言いますが、「絶対また会いに来ます」と言っていた生徒も多かったと思います。クレア先生も言っていましたが、今回の留学で出会った人々との絆を大切にして欲しいです。さて、いよいよバスが出発というところで、ホストファミリーとはお別れです。2週間、かけがえのない時間をありがとうございました。こんなとき、気持ちとしては笑顔で別れたい場面ですが、眼から溢れる涙は止められません。そんな生徒を見る私の視界もいつの間にかぼやけてきて、よく見えなかったので、話題をシドニーに移します。

 

そんなこんなで、いろいろあって無事ブリスベンを発ち、昼頃シドニーに到着した一行は、空港からバスで観光スポットを巡ります。ミセスマッコリ―ズ岬に行った後は、昼食を兼ねて約2時間の自由時間です。今まで2週間、大自然に囲まれていたので、大都会シドニーには圧倒されっぱなしでした。

 ボーイズ ガールズ

 

その後は再びバスに乗り込み、ロックス地区やオペラハウスを見学します。オペラハウスは内部も見学させていただき、独特の構造などについて説明を受けたのですが、建築の知識が乏しい我々の頭には終始「?」が浮かんでおりました。

こっちむいてー さよなラリア

 

再びバスに乗り込み、シドニー空港へ。夜9時の帰国便は定刻通りシドニー空港を飛び立ち、長かった(短かった?)2週間のオーストラリアから帰国の途に就きました。

 

 

覚えていますでしょうか、初日は「英語でよろしくって何て言うの?」など聞いて、初めての外国でのホームステイに焦りまくっていた生徒たちでしたが、最後は帰りたくないほど慣れ親しんで、この2週間で、大きく成長した姿を見せてくれました。貴重な体験をさせていただいたホストファミリーやクレア先生には本当に感謝です。また、このオーストラリア短期留学は学校の関係者の方々や保護者の皆様のご理解がなければ叶わなかったものであり、ご協力いただいた皆様に感謝を申し上げて、今年度短期留学の終わりのあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。【おわり】


19:21 | オーストラリア短期留学
2018/08/02

オーストラリア短期留学 12日目

| by 船高06

とうとう学校に通う最後の日となりました。生徒たちは「帰りたくない」とか「永住したい」とか言っていますが、明日の今頃は帰りの飛行機の中です。

 

今日はまず附属の幼稚園を訪れ、子供たちと遊びます。子供といっても英語はペラペラ、正直、少し侮っていましたごめんなさい。でも遊んでしまえば言葉の壁はありません。いつもは勉学に勤しむ船高生も、今日は無邪気に砂場遊びや粘土遊びをしていました。小さい子が好きな生徒と苦手ない生徒がおり、見ていて楽しかったです(笑)
   

その後はマシューの生徒と一緒に通常授業を受けました。やはり「何を言っているのかさっぱりわからなかった」という声が多かったものの、今後の英語学習のモチベーションにはなったことでしょう。
午後のESL授業では、ホストファミリーへのサンキューレターを完成させました。工夫を凝らした手紙を書き、きっと家族も喜んでくれると思います。
 

最後には2週間お世話になったクレア先生とマーグ先生からお別れの言葉がありました。1人ずつハグを交わし、記念の品を受け取ります。感極まって涙ぐむ生徒もいました。最後に集合写真をとり、See you again ということで、またの再会を願って、お別れしました。
   

☆明日最終日の更新は、帰国後に今年度短期留学のまとめと併せて行いたいと思いますので、少し遅れます。生徒はすでに帰国して「やっぱり家が一番いい」などと言っているはずですので、シドニーでの様子は、ご家庭でお先に直接お聞きください。


21:19 | オーストラリア短期留学
12345