国際交流

・オーストラリア短期留学
平成30年度で20回目となります。夏季休業中に約2週間の日程で実施されます。参加を希望した2年次生は、ホームステイをしながら、クイーンズランド州にあるマシューフリンダーズアングリカン高校へと通い、授業や行事に参加します。出発まで約半年間に渡り、現地の生活や日本の文化について研修を重ねています。

・SSH(スーパーサイエンスハイスクール)台湾研修
平成24年度からは「国際性の育成」を目標に文部科学省指定SSH(スーパーサイエンスハイスクール)台湾研修(6日間)が始まりました。これは台湾の学生と英語でコミュニケーションをはかり、研究発表を行う研修です。
 

国際交流報告

国際交流活動報告
12345
2018/08/03

オーストラリア短期留学 13日目 【最終日】

| by 船高06

最終日、本日は早朝6時に学校に集合です。寝坊する生徒はおらず(教員も)、ちゃんと全員集合。一期一会とは言いますが、「絶対また会いに来ます」と言っていた生徒も多かったと思います。クレア先生も言っていましたが、今回の留学で出会った人々との絆を大切にして欲しいです。さて、いよいよバスが出発というところで、ホストファミリーとはお別れです。2週間、かけがえのない時間をありがとうございました。こんなとき、気持ちとしては笑顔で別れたい場面ですが、眼から溢れる涙は止められません。そんな生徒を見る私の視界もいつの間にかぼやけてきて、よく見えなかったので、話題をシドニーに移します。

 

そんなこんなで、いろいろあって無事ブリスベンを発ち、昼頃シドニーに到着した一行は、空港からバスで観光スポットを巡ります。ミセスマッコリ―ズ岬に行った後は、昼食を兼ねて約2時間の自由時間です。今まで2週間、大自然に囲まれていたので、大都会シドニーには圧倒されっぱなしでした。

 ボーイズ ガールズ

 

その後は再びバスに乗り込み、ロックス地区やオペラハウスを見学します。オペラハウスは内部も見学させていただき、独特の構造などについて説明を受けたのですが、建築の知識が乏しい我々の頭には終始「?」が浮かんでおりました。

こっちむいてー さよなラリア

 

再びバスに乗り込み、シドニー空港へ。夜9時の帰国便は定刻通りシドニー空港を飛び立ち、長かった(短かった?)2週間のオーストラリアから帰国の途に就きました。

 

 

覚えていますでしょうか、初日は「英語でよろしくって何て言うの?」など聞いて、初めての外国でのホームステイに焦りまくっていた生徒たちでしたが、最後は帰りたくないほど慣れ親しんで、この2週間で、大きく成長した姿を見せてくれました。貴重な体験をさせていただいたホストファミリーやクレア先生には本当に感謝です。また、このオーストラリア短期留学は学校の関係者の方々や保護者の皆様のご理解がなければ叶わなかったものであり、ご協力いただいた皆様に感謝を申し上げて、今年度短期留学の終わりのあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。【おわり】


19:21 | オーストラリア短期留学
2018/08/02

オーストラリア短期留学 12日目

| by 船高06

とうとう学校に通う最後の日となりました。生徒たちは「帰りたくない」とか「永住したい」とか言っていますが、明日の今頃は帰りの飛行機の中です。

 

今日はまず附属の幼稚園を訪れ、子供たちと遊びます。子供といっても英語はペラペラ、正直、少し侮っていましたごめんなさい。でも遊んでしまえば言葉の壁はありません。いつもは勉学に勤しむ船高生も、今日は無邪気に砂場遊びや粘土遊びをしていました。小さい子が好きな生徒と苦手ない生徒がおり、見ていて楽しかったです(笑)
   

その後はマシューの生徒と一緒に通常授業を受けました。やはり「何を言っているのかさっぱりわからなかった」という声が多かったものの、今後の英語学習のモチベーションにはなったことでしょう。
午後のESL授業では、ホストファミリーへのサンキューレターを完成させました。工夫を凝らした手紙を書き、きっと家族も喜んでくれると思います。
 

最後には2週間お世話になったクレア先生とマーグ先生からお別れの言葉がありました。1人ずつハグを交わし、記念の品を受け取ります。感極まって涙ぐむ生徒もいました。最後に集合写真をとり、See you again ということで、またの再会を願って、お別れしました。
   

☆明日最終日の更新は、帰国後に今年度短期留学のまとめと併せて行いたいと思いますので、少し遅れます。生徒はすでに帰国して「やっぱり家が一番いい」などと言っているはずですので、シドニーでの様子は、ご家庭でお先に直接お聞きください。


21:19 | オーストラリア短期留学
2018/08/01

オーストラリア短期留学 11日目

| by 船高06

Big accidentが起こって生徒の1人が来られない」とは、クレア先生から今日の朝、発せられた言葉で、一瞬血の気が引いたのですが、結局アクシデントとは交通渋滞のことでした。

 

そんなわけで、今日は渋滞が激しく生徒の集合がまばらです。ギリギリで間に合った人もいましたが、少し遅れてバスはユーマンディーマーケットへと出発します。大きなマーケットで、服やら食べものやら色々なものを売っていますが、何となく統一感のない感じは、「蚤の市」の名に相応しい気もします。それにしても、生徒はお買い物が大好きなようで、今日も爆買いの様子を見せています。「それ日本で使うの…?」と思う物も。何よりキャリーケースに入り切るのか不安です…。次にジンジャーファクトリーに移動し、ジンジャービール(ノンアルコール)などを飲みました。
  

 

午後は学校に戻り、日本語授業とESLを受けます。小学生の日本語の授業では、数の数え方と自己紹介の仕方を教えてあげました。ESLでは、ホストファミリーへのお礼の手紙の書き方を教わりました。 

  

さて、いつもならここで下校ですが、今日は放課後に、ホストファミリーを招いての最後のプレゼンと、お別れパーティーが行われます。お世話になったホストファミリーの前でのプレゼンは、少し気恥ずかしさもあったようですが、やり遂げました。

ディナー兼お別れパーティーの様子は写真の通りです。写真を撮りながら、何度かホストの方に呼び止められ、「うちに来た〇〇は素晴らしかった」とか「帰らないでほしい」と絶賛されたりしました。
 

パーティーの途中から、ピアノ演奏が始まりました。「プロかな~」と思ったら、前のピアノには男子生徒が座っていました(!)その後も代わるがわる演奏し、3人の生徒の演奏が、パーティーに花を添えました。終わりに歌やダンスを披露し、最後は校長先生から修了書とカンガルーのぬいぐるみをプレゼントされました。
       

学校に通うのも、いよいよあと1日です。名残惜しいですが、キャリーケースの準備と、パスポートの確認をしておきましょう:->


21:04 | オーストラリア短期留学
2018/07/31

オーストラリア短期留学 10日目

| by 船高06

生徒の皆さん気付いているかどうかわかりませんが、こちらから見る夜空は、船橋から見るよりも、比べようもなく星の数が多く、単に田舎と都市部の差なのかも知れませんが、まるでプラネタリウムのようです。南十字星も毎日はっきりと見ることができます(ホストファミリーに教えてもらいました)。

 

本日31日火曜日は、オーストラリアンフットボールを習いました。オーストラリアではサッカーよりもポピュラーだというスポーツで、一見ラグビーのようでもありますが、パスの際にボールを投げずにパンチするなど、変わったスポーツです。簡単なパス練習やボールキャッチ、レクリエーションなどをしましたが、久しぶりに体を動かした人も多かったのではないでしょうか、慣れない芝でけがをした人がいなくてよかったです。おそらく全員が初めてのスポーツ、楕円形のボールの扱いも難しく、キャッチするだけでも難しかったようです。
     

 

午後はESLの授業でテイスティングテストをしました。オーストラリアらしい食べ物ばかりが出てきて、それらの名前や食材の名前を英語で覚えました。

   

結果は、やはりティムタムが一番人気。
ほかの食べ物は、好きな人は好きな味、というやつでした:-P



15:59 | オーストラリア短期留学
2018/07/30

オーストラリア短期留学 9日目

| by 船高06

週が明けて、もう土曜日には帰国が迫って参りました。土曜日曜をホストファミリーと過ごした生徒達は、いづれも充実したオーストラリア生活を送ったようで、今日月曜日も全員元気に登校し、我々教員を安堵させました。どのような週末だったかは各家庭によって異なりますので、帰国したら、生徒に詳しくお聞きください。

 

さて、本日はAustralia Zoo という動物園へ研修に赴き、独自の生態系を編んできたオーストラリア大陸の歴史を、動物学の観点から考察し、各自の研鑽とします。到着後まずは、解説員の方のお話を伺いました。オーストラリアの生態系の特異性や現在動物達が置かれている状況、人と動物のかかわり方などについて、詳しく解説していただいた後、蛇を実際に触らせていただきました。触り心地はいかがでしたか?「財布にしたい」って言った人、聞こえてますよ(笑)。

  

その後12時までは自由見学ということで、各々が獣舎を回ったり、お土産を買ったりしました。コアラを抱いて写真を撮ったり、カンガルーと触れ合ったり貴重な体験でした。12時からはクロコダイルショーを見学しました。日本にもこういうのはあるのでしょうか? 非常にスリリングなショーと、色とりどりの鳥たちの乱舞は圧巻でした。今日は生徒の写真よりも動物の写真が多くなってしまいました。お許しください :-(
       


21:32 | オーストラリア短期留学
2018/07/27

オーストラリア短期留学 6日目

| by 船高06

オーストラリアの夜は早く、どの家庭でも9時から10時には寝るようです。そのため、日本との時差は1時間しかないのに、リズムが狂います。

 

さて、本日はIMMANUEL GARDENS RETIREMENT VILLAGEという、日本でいう老人ホームのような所へ行き、交流します。校歌やダンスの披露の後、マチルダというオーストラリアの歌を歌うと、施設内の多くの方々も一緒に歌ってくれました。プレゼンでは今まで以上に話を聞いてくれて、また質問も沢山されました。やはり若者との交流は嬉しいのでしょうか。その後はモーニングティーを共にします。かの有名なベジマイト(味噌的な食べ物。オーストラリアの名物?らしいです。味は…)も登場しました。でも、せっかくオーストラリアに来たので、とりあえず食べてみます。オーストラリア人が食べるものは、とりあえずチャレンジです。

   

 

午後は場所を移動し、アボリジニについて学びます。アボリジニの考え方や自然観、歴史や文化について説明を聞きました。アボリジナルジョークも冴えわたり、とても勉強になりました。食べると死ぬ葉っぱ、食べないようにしましょう(笑)また、生徒たちはブーメランやフェイスペイント、ペインティングなどをして楽しみました。ブーメランはキャッチできると1つもらえるということで、張り切って挑みましたが、さてお土産をゲットできたのは誰だったでしょうか。

    

 

土日は学校もなく、各家庭ごとに過ごすことになっております。どこへ行くのかな?楽しいといいですね。では、週明けに会いましょう(^^)/have a good weekend.


20:45 | オーストラリア短期留学
2018/07/27

オーストラリアよりお知らせ

| by 船高06
6日目の今日金曜日も無事終わりました。今日の様子は追って更新いたします。

さて、土日は生徒達は各家庭ごとにどこかに連れて行ってもらったり、何かしたりする予定です。我々も生徒には会いませんので、土日のHP更新はお休みさせていただきます。ご了承ください。どんな休日になったかは帰国後に直接お聞きください。では、生徒諸君はよい週末を!
17:30 | オーストラリア短期留学
2018/07/26

オーストラリア短期留学 5日目

| by 船高06
本日まずは、学校で遊泳事故を防ぐためのビデオを見ます。もしものときは命にかかわるので、確実に伝えるために日本語のビデオでした。そして近所のムルラバビーチに行きます。バスで20分くらいだったでしょうか、近場だからと侮るなかれ。駐車場から移動し、ビーチが見えた瞬間に歓声が上がりました。白い砂浜(比喩ではなく、本当に白いのです)に透明な青い海(形容矛盾が生じているようですが、本当にそうなのです)は絵葉書のような絶景でした。すぐに駆け出したい気持ちを押さえ、まずはライフセーバーの方のお話を聞きます。溺れたときはどうするんでしたっけ?覚えてますか。
   

その後、生徒たちは海で泳いだり(泳いだのは男子4名)、波打ち際でぱちゃぱちゃしたり、ドッヂボールをしたりして楽しみました。その間、女子力高めの我々教員は、BBQの準備。昼ご飯おいしかったです。
   

午後はビーチ周辺を散策しました。周辺はカフェやショッピング街になっています。歩道にはカフェテラスが続き、人々は優雅にティータイムを過ごしています(今日平日なのに…)。穏やかな気候があるから根付く文化で、日本でも似たようなものはありますが、全然違うと実感。オーストラリアの暮らしぶりやカフェ文化の一端を学びました。ショッピングを楽しんでいた女子はよく見かけましたが、男子はどこにいたのか、あまり見ませんでした。
 


今日は少しリラックスモードだったでしょうか。明日からはまたプレゼンがあるので、気を引き締めて取り組みます(^^)/

21:42 | オーストラリア短期留学
2018/07/25

オーストラリア短期留学 4日目

| by 船高06

生徒は毎日、自家用車やスクールバスで学校に通って来ていますが、道中、日本にはない木や鳥や動物(カンガルーも普通にその辺にいます)などが見られて、興味深いです。

 

今日は全校集会での船高生紹介という一大行事が控えています。校歌やダンスの披露などもあるので、緊張しているかと思いましたが、予想に反して、生徒は全く緊張の様子はありません(内心は緊張していたのでしょうけど)。集会が行われたのは立派な講堂、舞台から見たらこんな感じです。(あれ、写真で見ると狭そうだな。。本物は広いんです)


船高の発表の前に、生徒代表挨拶です。ギャグも交えた立派なスピーチ(もちろん英語)に、マシューの先生や生徒は大ウケでした。ぜひ皆さんにも聞いてほしかったです。校歌とダンスの発表の様子は写真の通り。練習の成果は出せましたか?

  

その後はプレゼンテーション、今日は中学生が対象です。

   

授業は、ESLクラスと通常授業に分かれて受けました。音楽の授業では打楽器をたたきました。日本語クラスでは、初のエミューに大興奮しながら、エサをあげたりしました。

 こんにちは!エミューです!

明日は学校を離れて近くの海に行く予定です。そろそろ疲れが出てくる頃でもあります。けがや事故に十分気を付けながら、楽しみます(^^)/





15:28 | オーストラリア短期留学
2018/07/24

オーストラリア短期留学 3日目

| by 船高06

今日も天気に恵まれ快晴。向こう1週間は天気が崩れないという予報です。生徒の中に晴れ男か晴れ女がいるようです。さて、そんな迷信がましいことはさておき、我々はブリスベンから北に約100キロ、サンシャインコーストというエリアに滞在しています。亜熱帯気候に属し、温暖な冬と降水量が少ないことが特徴で、名前の通り年間を通して日光が激しく照り付けます。そのため、冬でも帽子とサングラスは必需品です。

今日はESLの授業、クッキングから始まりました。2班に分かれてアンザッククッキーとソーセージロール(どんな食べ物かは帰国後に生徒にお聞きになるか、ネットでお調べください)を作ります。

   

英語のレシピに四苦八苦、分量を間違えたり(でもうまくできてよかったねH君)、上手な包丁さばきに「シェフにならないか」と勧誘されたり(Y君、進路が決まったな笑)。

完成後はモーニングティー(これ、毎日あるのです。ほぼ全校生徒が出てきて、広場やカフェでお茶する時間です)も兼ねて実食しました。帰国後、家でも家族に作ってあげてください。これ、夏休みの宿題にします。
   

その後はマシューの生徒に交じって授業を受けます。英語、日本語、数学の授業に分かれます。英語の授業では、シェイクスピアの「ヴェニスの商人」の第3幕を読みました。日本語では「ヴェニスの商人」読んだことがあるでしょうか? 日本だったら大学の英文科でやるような、難しい授業でした。一方、日本語の授業では、マシューの生徒に日本語を教えてあげていました。昼休みはそのままマシューの生徒と一緒にご飯を食べます。自分から声をかけて輪に入れてもらいました。そういう積極性、今回参加しようと思ったことも含めて、尊敬します。それと、気付いたら広場に日本の国旗がオーストラリア国旗と共に掲げられていました。
   

午後は座学のESLの授業を受けます。

みなさんコアラという言葉の意味をご存知ですか?知らない?では帰ってから教えて差し上げましょう。今日も一日楽しかったです(^^)/



17:18 | オーストラリア短期留学
12345