教育実習について

千葉県立船橋高等学校 教務部

 

 大学卒業時に教員免許状を取得する場合には、教育実習(中学校免許は3週間、高等学校免許は2週間、中学校と高等学校の両方の免許は3週間)が必須条件となります。本校で教育実習を希望する場合には、以下の手続きが必要となりますので、あらかじめよく読んでおき、申し込みに際して間違いがないよう理解を深めておいてください。

 

1.実施時期

(1) 本校の教育実習の時期は、前期・後期の2回ですが、原則として前期での実習をお願いしています。後期を希望する場合には、受け入れ教科の事情によりお断りする場合もありますので、事前に相談してください。また,後期の場合には、大学での教員免許申請に間に合わない場合もありますので、注意してください。

(2) 前期は、5月下旬(定期考査後)より6月中旬までの期間(2週間および3週間)とします。

(3) 後期は、10月上旬より10月下旬までの期間(2週間および3週間)とします。

(4) 実施期間は、前年度の受付時に仮設定しておき、当該年度の行事予定確定時に本決定します。行事の確定は、例年は4月初めですが、事前に知りたい場合は教務部までお問い合わせください。

 

2.受け入れ対象

(1) 本校で教育実習を許可される者は、原則として本校卒業生で、教職に就くことを希望し教育実習生として適格であると認められた大学4年次以降の者とします。

(2) 大学3年次までの修得単位数(特に教職関連科目)の不足が考えられる者には、受け入れを認めない場合もあります。

 

3.受け入れ人数

(1) 教育実習生の受け入れ人数は、前期・後期とも、クラス数までとします。

(2) 各教科・科目は、実習指導の負担、生徒への学習への影響などを考慮して教科・科目内の受け入れ限度人数を決定します。([別表]を参照)

 

4.申込方法

(1) 教育実習を希望する者は、次の手続きにしたがって申し込んでください。

① 教務部の教育実習担当者に希望を申し出て、受付時に交付する教育実習願に所定の事項を記入して提出します。(必ず印鑑を持参してください)

② 教務部の教育実習担当者が、当該教科主任及び必要があれば科目担当者に受け入れを打診します。

③ 以上により受け入れを内諾された者は、教育実習願を教務に提出し、教務主任・教頭の面接を受けてください。

(2) 申し込み受付開始は、教育実習を実施する前年度の4月10日(休業日の場合は翌日)からとします(できるだけ4月中に申し込んでください)。原則として先着順に受け入れを決定します。

(3) 申込のために来校する場合には、必ず事前に教務部の教育実習担当者に電話連絡をし、日程を調整してから来校してください。直接来校した場合には、受付の手続きができません。

 

5.実習内容

(1) 教育実習では、担当教科の教科指導の実習を中心に、HR指導、特別活動その他校務全般について実習を行います。

 

6.事前指導

(1) 教育実習を許可された者は、実習開始前の指定された日に、2日程度の事前指導を実施します。
(担当教科の打合せおよび実習全般の注意事項について)

 

[別表]

教科内の年間受け入れ限度予定人数

 国語     3
 芸術     若干

 地歴・公民 5~6
 家庭     1

 数学     3

 英語     3

 理科     8(各科2名)

 情報     若干

 保健体育  3

 

今後、教員免許法が改正される場合もあります。詳細については、各大学の教職課程担当窓口で確認してください。