千葉県立船橋芝山高等学校4月のようす
                               校章の由来:船橋芝山台にある本校を、正三角形の山の集合で形象化し、校訓である「真情・真剣・英知」をそれぞれ3つの正三角形で表現する。
                                真情(道徳の基礎)ある人が、真剣に(最善を尽くし)はげむところに 英知(最高の知恵)が生まれてくるという願いをこめている。
                                所在 地  〒274-0816  船橋市芝山 7丁目39番 1号  電話 047-463-5331  FAX 047-467-3216 
 

平成30年度行事予定

学校評価アンケート集計結果

卒業生の皆様へ

同窓会より

同窓会からのお知らせ
 

このサイトのURL

このサイトのURLが読み取れます。携帯電話では、緊急情報のみ見られます。
 

アクセス数

----317260----

お知らせ

在校生がインフルエンザ等で出席停止になった際の「治癒証明書」(PDF)はこちらからダウンロードしてください。
 

学校見学会のお知らせ

本年度の「学校見学会」は終了しました。今後は個別に対応いたしますので、船橋芝山高等学校教務部(047-463-5331)までご連絡ください。
 

お知らせ 平成31年度入学者選抜の選抜・評価方法

平成31年度入学者選抜の選抜・評価方法はこちらをご覧ください。 ・平成31年度 選抜評価方法(船橋芝山)
 

お知らせ 犯行予告メールについて(注意喚起)

県の危機管理課からの情報提供です。
2月5日未明、県内のある市役所に、下記のとおり、爆破予告および、児童生徒に危害を加えるという犯行予告、菓子に毒物を混入したというメールが届きました。
〔メールの主な内容〕
2月14日27時83分に2783個の爆弾を仕掛けて爆破し壊滅させる。169種の菓子に毒物を入れて全国のどこかの店に810個仕掛ける。全国どこかの小中学生にトラックか車かバイクで突っ込む。国内の様々な施設を爆破するなどのテロをする。2783個の爆弾を仕掛けておいた。
〔注意事項〕
登下校時、移動中には周囲の状況に気を配り、出来るだけ暗い道を通らないように十分ご注意ください。不審物、不審な食品等を発見した場合は、警察にご連絡ください。
 
緊急連絡:現在特にありません。
※ 日没時間が早くなっています。下校や移動時は周囲の状況に気を配り、出来るだけ暗い道などを通らないよう十分ご注意ください。
 

船橋芝山高校 校長ブログ

校長ブログ
12345
2019/02/07

学力状況調査を実施しました

| by 校長
2月6日(水)、これまでの学習の成果を確認するとともに、自らの学力を分析し、次年度以降の学習の動機付けを図り、進路に向けての意識を高めることを目的に、学力状況調査を実施しました。本校1・2年生全員が受験しました。どの生徒も真剣に取り組んでいました。

13:32 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/02/04

弓道部が県予選を勝ち抜いて東日本大会へ出場決定

| by 校長
 平成31年1月26日27日に行われた、第29回千葉県高等学校弓道選手権大会で、本校弓道部男子が団体で優勝、女子が団体で準優勝しました。また、女子個人戦でも5位入賞しました。
  平成31年3月23日(土)~25日(月)に群馬県高崎アリーナで行われる第18回東日本高等学校弓道大会に出場します。応援よろしくお願いします。

14:59 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2019/02/01

コミュニケーション英語2でディベート活動を行いました

| by 校長
2年生コミュニケーション英語2において、ディベート活動を行いました。
【内容】
“We should develop AI as fast as possible.”
(我々は人工知能を可能な限り早く発展させるべきである。)
というお題に対し、各グループで賛成・反対を決めディベートを行いました。

1時間目:図書室にてAIに関する情報を文献から収集します
2時間目:必要な情報を英語に訳しディベートで使えるようにします
3時間目:ディベート活動を行います

審査の役割も生徒自身で担い、よりよい議論や例示ができていたかを評価し、最後には勝敗を決めました。

【担当教員の評価】
日本語で行うのも難しいと感じるディベート活動ですが、積極的に情報を収集し、難しい日本語を聞き手に伝わる英語へ翻訳していました。
発表の際、審査員に納得してもらえるようにジェスチャーを混ぜたり、
“Do you understand?(理解できてますか)”と理解度を測ったりと、工夫をしながら英語を話している姿にはとても関心しました。
1つの物事を多角的にみる考え方と、英語で伝える難しさの両方を学ぶことができたのではないでしょうか。

10:43 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/01/24

3年選択授業 実践英語で「SKIT(寸劇)発表」を行いました。

| by 校長
【内容】
この1年間、授業で学習した英語表現やALTと学んだ表現を活用しながらオリジナルで台詞を考え、1グループ5分程度の寸劇を発表します。
評価のポイントは ①Content(内容) ②Pronunciation(発音) ③Memorization(暗記力) ④Emotion(感情)の4つの観点で行い、自己評価・他己評価だけでなくALTにも評価をしてもらいます。

準備段階では、担当教員とALTで生徒の作る台本の英作文添削や喜怒哀楽に合わせた英語のイントネーションの違いなどを指導しました。

生徒が発表したタイトルを一部ご紹介します。
“The Three Little Pigs(3匹の子豚)” “Short Conte Shabekuri 007(しゃべくり007)” “URAshima Taro(“裏”島太郎)” “Lunch Master(給食マスター)”などです。

【担当教員の評価】
初めて観る観客に発表を理解してもらうため、情景が浮かぶように実物を用意したり機械が翻訳する英文に頼らず“分かってもらえる英語”を意識して寸劇を行うことができました。
習った表現を実際に活用することでより定着したのではないかと思います。
英語にかかわらず、相手を考えながら何かを「表現」することは彼らにとって良い経験になったと思います。

11:02 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/01/23

高校出前授業に市川市立福栄中学校へ行きました

| by 校長
 1月22日(火)、市川市立福栄中学校において、高等学校の教科の入門授業を受けることで、高等学校への理解を深め、進路選択の参考にするという目的で進路学習が行われました。本校から、英語の教員が「高校出前授業」の講師として参加させて頂きました。午後から2コマの授業を実施しました。参加した中学生は、大変熱心に取り組んでいました。授業の楽しさが中学生に伝われば幸いです。

07:51 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
12345