船橋芝山高校 校長ブログ

2018年11月の記事一覧

主権者教育出前講座を実施しました

11月29日(木)、2学年は、船橋市選挙管理委員会と船橋市税務署の御協力により、模擬投票を行い、さらに講義を通じて税や社会の仕組みを学びました。
本講座は、税の意義と役割を学ぶ中、税についての理解深めると共に「自ら十分考えて投票する」という主権者としての意識づけをはかり、社会参画を促すことを目的に実施しました。

コミュニケーション英語3「翻訳家になろう」

3年コミュニケーション英語3の授業で、図書室とのコラボを実施し、英語で書かれた絵本の翻訳に取り組みました。
司書の先生から、翻訳のポイントとして、絵本には、作者の遊び心や思いがけない仕掛けが隠されている。絵本は年齢やそのときの心理状態によっても受け止めが違う。直訳するのではなく、絵をよく見て、絵や音、リズムを大切に訳す。と説明がありました。授業のまとめでは、友達同士ができあがった翻訳について披露し合いました。

冬季休業中の学校閉庁日について

 今年度から冬季休業中において、閉庁日を設けることにしました。閉庁日は平成30年12月28日(金)及び平成31年1月4日(金)の2日間です。学校閉庁日の期間中は、部活動等を原則的に行わないことで、生徒のリフレッシュを図るとともに、家庭でのふれあいや地域活動への参加などに活用する。教職員の働き方改革を促進する。冬季における学校の省エネルギーを図る。以上がその趣旨です。閉庁日の期間中、緊急な連絡が必要な場合には、各学級担任に御連絡下さい。御理解の上御協力頂きますようお願いします。
御不明な点につきましては、土日祝日及び閉庁日を除く平日の午前8時20分から午後4時50分の間、教頭へお問い合わせ下さい。

進路ガイダンスで上級学校模擬授業が行われました

 11月20日(火)2学年の進路ガイダンスで大学、短大、専門学校などの授業を実際に体験することにより、自己の目指す進路についての理解を深めることを目的に、上級学校模擬授業が行われました。また、就職希望者は、模擬面接を体験することにより、面接マナーや求められる人材等について学習しました。
 大学・短大13校、専門学校7校が来校し、生徒は希望した模擬授業を2回受講しました。2年後には、大学入試制度が変わります。自分の進路について、早めの準備を行ってください。

確かな学びの早道「読書」に関わる研究授業が行われました

   すでにご案内の通り、本校は、千葉県教育庁教育振興部学習指導課の所管する事業である「確かな学びの早道『読書』」の実践協力校です。
  11月20日(火)2限目コミュニケーション英語2の授業において、図書室と連携し、「確かな学びの早道『読書』」の研究授業を行いました。テーマは「江戸時代の循環型社会から今日のゴミ問題について理解する」です。授業後は、学習指導課から来て頂いた指導主事を交えて、活発な研究協議を行いました。