千葉県立船橋芝山高等学校4月のようす
                               校章の由来:船橋芝山台にある本校を、正三角形の山の集合で形象化し、校訓である「真情・真剣・英知」をそれぞれ3つの正三角形で表現する。
                                真情(道徳の基礎)ある人が、真剣に(最善を尽くし)はげむところに 英知(最高の知恵)が生まれてくるという願いをこめている。
                                所在 地  〒274-0816  船橋市芝山 7丁目39番 1号  電話 047-463-5331  FAX 047-467-3216 
 

平成29年度行事予定

授業アンケート集計結果

学校評価アンケート集計結果

このサイトのURL

このサイトのURLが読み取れます。携帯電話では、緊急情報のみ見られます。
 

アクセス数

----153971----

春夏秋冬

本校の行事・学習活動・部活動・更新情報などのニュースです。
12345
2017/07/11

平成29年度 博物館見学を実施いたしました。

| by 担当2
「生物」(3年生選択)の希望者を対象に、毎年恒例の船橋市立飛ノ台史跡公園博物館見学を実施いたしました。

館長に直々のご挨拶をいただき、51名の参加者は2グループに分かれて、学芸員さんによるガイドツアーとなりました。
屋外の飛ノ台貝塚から出土した住居跡等のレプリカをはじめ、屋内では今話題の「取掛西貝塚」のヤマトシジミ、船橋芝山高等学校のお隣の船橋市立高郷小学校の立っている「高根木戸遺跡」のイヌの埋葬跡など、生物学的な側面からも興味深い展示の数々に生徒一同はとても興味を惹かれた様子でした。
船橋芝山高等学校の周囲には、縄文遺跡や貝塚が数多く発見されており、古来から続くヒトと自然の関わりについて学ぶ絶好の環境にあることも、あらためて理解できたことと思います。
1時間ほどのガイドツアーの後、自主的にもう一度展示を見て回っている生徒も多く見られました。

ご指導くださった学芸員の皆様、館長様、ご多用のところ本当にありがとうございました。


16:08 | その他
2017/07/10

授業風景 生物 フィールドワーク「上飯山満村を観る」

| by 担当2
「生物」(3年生選択)において、恒例のフィールドワーク「上飯山満村を観る」を実施しました。

船橋芝山高等学校は、下総台地の縁に位置し、隣は飯山満川が流れる変化に富んだ環境に囲まれています。
旧上飯山満村のエリアは、中世から集落が発達していましたが、王子神社・大宮神社の「鎮守の森」には、この地域本来の植生の姿を垣間見ることができます。

自然環境の破壊が多く報道されていますが、「生物」授業では、人間の文化活動が地域の生物多様性の保持につながっている例として、鎮守の森・里山・ビオトープについて学び、フィールドワークを行いました。
地域のお年寄りからお話をうかがうこともできて、楽しく実り多いものとなりました。

<生徒の感想>
船橋芝山高校の周りには、昔からのなごりが多く残っていて、この地域の昔の特徴や植生など、とても勉強になった。
例えば、大宮神社や王子神社には、人間の活動が生物多様性の保持につながっている場所でもある。地域の植生を知るのに重要視されている社寺林と呼ばれる森林がある。
また、古くからの道も残っていて、得るものが多く、もっと歩いてみたいと思った。

王子神社、大宮神社にそれぞれ異なった大きさ・太さ・種類の樹木があり、歩いていた道では飯山満川も見られました。
歩きながら、生物多様性というのはこういうことなのかと体で感じられたのが、とても良かった。
様々な神社には様々な種類の生物があると、このフィールドワーク「上飯山満村を観る」に参加して思ったので、大学生になったら様々な地方の神社に行き、そこにはどんな特徴を持った、どんな生物が存在するのかを見て回りたいと思った。

今回のフィールドワークでは、「生物多様性」を破壊しているのは人間である反面、守ろうとしてるのも人間だということを感じた。
樹木に神様が宿っていると考えて切らずに大切に育て、その周辺の「生物多様性」を守っているように見えた。
また、斜面林の役割の再認識もできて、今はまだ人間による自然破壊が強いとは思うが、これから「生物を守り、生物に守ってもらう」ことができると良いな、という考えに至った。


16:19 | その他
2017/06/23

授業風景 生物基礎 樹木鑑定

| by 担当2
本年度も、1年生は全クラス「生物基礎」において、校庭の「樹木観察」を実施しています。
地形に高低差があり、樹木の多い船橋芝山高校ならではの授業です。
生徒は、それぞれの樹木の特徴について、教員の説明を聴き、実際に樹木に触れてみて、熱心に観察に取り組んでいます。

09:03
2017/05/08

授業風景 地図を読む,描く~「地理A」の学習

| by 地理

1年生の「地理A」の授業では、身近な地図について学習しています。
私たちはさまざまな地図を目にしながら生活をしています。それらの地図は、私たちに情報をわかりやすく伝えてくれています。

相手の伝えたい情報を「正しく読み取る」ための視点とは?「わかりやすい地図表現」とは? 地理の授業で考えています。

▽読図のトレーニング
まずは、地図を読み取るポイントについて学びました。班で協力して、道案内を正しく「読図」することに取り組みました。
ほとんどの班が正確なルートでゴールすることができました。

▽地図を描く
そして今度は、読図の視点をふまえて、相手にわかりやすく情報を伝える「作図」に取り組みました。
芝山高校での生活が始まって1か月が経過します。その経験の中で作られた頭の中の地図「メンタルマップ」を描き、友人同士で見せ合って、わかりやすい地図表現について検討しました。


インターネットのデジタル地図や道案内アプリの普及で、触れる機会も増えている地図。
地図の上手な活用法を身につけることで、観光やショッピングで街を歩くことがより楽しくなると思います!


09:00 | その他
2017/05/02

遠足(4月27日)を実施しました。(各学年)

| by 担当2
1学年は、葛西臨海公園において、カレー作り・水族園見学をしました。
曇り空の中、バスで学校を出発しましたが、みんなの願いが通じて天気は急速に回復。
絶好のカレー日和となりました。各班で協力して作り上げたカレーは、格別においしかったのではないでしょうか。
昼食後は水族園を見学したり、日本で第2位の大きさの大観覧車に乗ったりと楽しい1日を過ごせたと思います。(1学年主任)            



2学年は修学旅行の練習をかねて、鎌倉で班別研修をしました。生徒は江ノ島でタコ煎やしらす丼を食べたり、
水族館に行ってイルカショーを見たり、大仏や銭洗井弁天などの名所に行ったり、小町通りでショッピングを
楽しんだりして、クラスや班の親睦を深めることができたようです。(2学年主任)

3学年は、東京ディズニーシーに出かけました。当日はお天気も回復し、充実した1日を過ごすことができました。また、文化祭での劇の発表の参考にと、多くの生徒がパーク内の質の高いショーを鑑賞しました。9月に行われる文化祭に生かされ、各クラスがよりレベルの高い発表をしてくれることを期待しています。




18:55
2017/04/10

平成29年度 第40回入学式

| by 教頭1

期日:平成29年4月7日(金)9:50~10:30
会場:第1体育館
内容:
真新しい制服を着た新入生が、船橋芝山高校第40期生として入学しました。
芝山坂の桜も、新入生の高校生活のスタートを祝福しています。


18:04 | 学校行事
2017/04/06

平成29年度 新任式・始業式

| by 教頭1

期日:平成29年4月6日(木)
会場:第1体育館

内容:

 今年度創立40年目を迎える船橋芝山高校は、新たに14名の先生方をお迎えしました。


18:14 | 学校行事
2017/03/31

日本地理学会「高校生ポスターセッション」参加

| by 地理


日時:平成29年3月28日(火)・29日(水)
会場:筑波大学
概要:
 本校1年生4名が日本地理学会春季学術大会「高校生ポスターセッション」に参加しました。
「高校生ポスターセッション」は、全国の高校生が地理に関するテーマについて研究した成果をポスター形式にまとめ、
それを掲示しながら発表・討論をするという企画で、船橋芝山高校からは初めての参加となりました。

発表会場では全国から集まった高校生や地理学研究者等に対して研究の成果を披露することができ、また他校の高校生の
発表に学び、研究者からの助言も多くいただきました。会場では、参加した高校生と地理オリンピック受賞者等との交流会
も行われ、有意義な時間を過ごすことができました。学会事務局からは「採択・発表証明証」をいただきました。
会場への道のりでは、初めて訪れる地域を楽しく巡検することができました。


<研究の概要>

▽印旛沼における自然環境の変容と保全活動
 身近な水辺であり、「汚い沼」として有名な印旛沼の自然環境の変容とその要因について、フィールドワークや文献調査に
より明らかにした。自然環境の保全・再生活動に取り組む団体の活動等も調査し、将来の自然環境の姿についても考察した。

▽新京成線における乗降客数の変容
新京成線の乗降客数と運行形態等の関係について調査した。乗降客数のデータを駅ごとに分析し、年代ごとの変化の特徴に
ついてまとめた。沿線の人口数や人口構成の変容や新規開業路線等への流動にも着目し、その要因を考察した。


16:10 | その他
2017/03/14

「環境学習に関する出前授業」について

| by 教頭2
日時:平成29年2月21日(火)午後3時40分~午後4時40分
会場:生物教室
講師:(公財)埼玉県生態系保護協会事務局長 堂本 泰章先生
協力:(株)三井住友信託銀行・(株)TREE
内容:芝山湿地から考える ”いのちのつながり” 
   ~芝山湿地から地域の自然・生態系保全の意義について考える~
参加者:本校科学研究部生物班、1年生希望者
映像教材はこちらから→芝山湿地 映像教材 1 - YouTube
概要はこちらから→環境学習出前授業.pdf

10:46 | その他
2017/02/23

第2学年 主権者教育出前講座について

| by 教頭2
日時:平成29年2月23日(木)5限
会場:体育館
概要:
 先日、お知らせしました、主権者教育出前講座について、船橋市選挙管理委員会ならびに船橋税務署の協力により、無事終了することができました。模擬投票、税の意義と役割などを学び、主権者としての意識づけを図り、社会参画を促す機会となりました。

18:03 | その他
12345