学び直しやキャリア教育で、自立した社会人を育成
 
             
         千葉県船橋和釜高等学校

 
 

校長挨拶

校長挨拶

 





 千葉県立船橋古和釜高等学校のホームページへようこそお越しくださいました。
 
 千葉県立船橋古和釜高等学校は、昭和55年に創立された創立42年を迎えた学校です。自然豊かな船橋の地で「自立・協力」を教育理念として、社会で活躍できる人材の育成を目指しています。この4月に233名の新入生を迎え、新たな時代に入りました。日々の勉学、スポーツ、学校行事、地域交流などに、青春のエネルギーを燃焼して欲しいと願っています。

 現在、高等学校はそれぞれの使命が問われています。
本校では、地域と連携しながら個性豊かな学校作りを進めており、平成27年度からは千葉県教育委員会指定で、地域連携アクティブスクールとしてスタートし、本年度で7年目を迎えました。地域連携アクティブスクールとは、中学校では本来の力を発揮できなかったけれども、高校から心機一転頑張ろうという意欲を持った生徒に、企業や大学など地域の教育力を活用しながら、「学び直し」や「実践的なキャリア教育」を行い、自立した社会人を育てる、新たなタイプの学校です。その取り組みが評価され、平成28年度には本校のキャリア教育に対して、文部科学大臣表彰を受賞しました。

 本校の特色ある具体的な取り組みは以下のとおりです。

 【学習活動】
  ①基礎学力、学び直しの重視
  ア 第1学年及び第2学年は約30人の生活班によるHR展開とし、少人数授業を実施し
    ます。また、チームティーチングによるきめ細やかな指導を行います。
  イ 教育課程上に学び直しの科目「キャリアベーシック(CB)」を位置づけます。
    ・CB1(第1学年必修3単位) マナトレ基礎編による国語、数学、英語の学び直し
    ・CB2、3(第2学年 選択3単位)
    ・CB4(第3学年 選択2単位)
  ②スタディサポート
  期末考査前の成績不振者に対する個別指導を徹底します。
  ③資格取得の推進
  漢字検定、数学検定、英語検定、ワープロ検定などの受験を勧めます。

 【地域連携教育】
  ①大学生による学習サポート
  理解度に差がある生徒の質問に対して、一人でも多くの生徒に個別対応できるよう、近隣大学の学生がキャリアベーシック(CB)の授業で学習サポートをします。
  ②就業体験事業
  船橋・習志野商工会議所、企業等の協力を得て、第二学年生徒全員で、三日間にわたり事業所研修を行っています。教育課程上に「就業体験」を位置づけ、就業体験実施者には卒業に必要な単位として1単位認定しています。
  ③地域ボランティア活動
  生徒会、部活動、有志生徒等が、近隣商店街や児童ホームのイベントへの参加や地域清掃活動等を行っています。
  ④小・中・特別支援学校との部活動交流地域の小中学校との交流試合、合同練習、合同演奏、小学生への書道等の指導を行っています。

 【充実したキャリア教育】
  ①道徳教育の充実
  ②ソーシャルスキルトレーニングの導入
  ③服装・頭髪・マナー指導及び再登校指導
  ④部活動加入促進及び部活動の活性化
  ⑤スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー等による相談窓口の設置
  ⑥外部講師による特別講座等

 このホームページをご覧いただいた中学生の皆さん、このホームページの中から、自分の活躍する舞台を見つけ出してください。



 船橋古和釜高校は高校で頑張りたい皆さんを全力で応援します。お待ちしています。
                                  
                         
 千葉県立船橋古和釜高等学校長  秋葉美浩