船橋北高等学校船橋北高校トップページへ
 
創立30周年記念ページへ
 
学校について
 
学校紹介
 
校長室から
 
学校生活
 
部活動
 
教育課程
 
各種書類
 
進路状況
 
行事予定
 
入学者選抜
 
みなさまへ
 
在学生の方へ
 
卒業生の方へ
 
中学生の方へ
 
保護者の方へ
 
地域の方へ
 
 
 

これまでの歩み 1991年度

 

夢のオリンピックに出場して

 船橋北高等学校を卒業してから4年がたとうとしていま
す。自分の人生の中で大きな変化があったのは、高校生のときでした。それは中学時代に無名だった選手が高校の全国大会で優勝し、陸上競技を通じて様々な体験をしたことに始まります。恩師の小島秀幸先生のおかげで新しい自分を発見し、たくさんの人達と出逢い、大きく成長することができました。そして更に力を伸ばすため、大学に進学することを決めました。
 
大学では、昔からの夢だったオリンピック出場を頭の片隅で意識しながら、練習に励みました。オリンピック開催は大学3年の時で、大学にも慣れ、記録も順調に伸びて波に乗っている時期でした。 
上の学年に進級するにつれて、オリンピックが夢から現実に変わっていきました。
運が良かったことと努力が認められたこと、そしてたくさんの人達の支えによって、念願のオリンピック出場が決まりました。
4 x400メートJレリレーの選手として、合宿に参加し、念入りな調整を行い、多くの時間をかけましたが、実際試合に出場してみると、あっという間でした。結局、目標の日本記録、決勝進出を果たせないまま、あんなに頑張ってきたのにという思いを残して、オリンピックは幕を閉じました。
 オリンピックのすごさを知ったのは、後になってからでしたが、バルセロナで走ったときのすばらしい感覚は、今でも忘れることができません。私は今、自分の休が燃えつきるまで走り続けたい、そして、オリンピックにもう一度挑戦したいと思っています。
 

 
 
 

部活動の記録

弓道部関東個人選手権出場
バスケット部
新人戦県大会男子ペスト8 女子ベス卜8
陸上部
関東選手権女400mH
女走幅跳
館山若潮マラソン2位
卓球部
男子団体ダブルス・シングルス県大会出場
男子バレーボール部
総体予選県大会出場
剣道部総休予選県大会出場
サッカ一部関東大会予選県大会出場