学校で予防すべき感染症および出席停止について

下記の疾患にかかった場合には出席停止になります。
<出席停止になる病気>
第1種エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARS)、急性灰白髄炎(ポリオ)、鳥インフルエンザ(H5N1)、中東呼吸器症候群
第2種インフルエンザ、百日咳、麻しん(はしか)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、風しん、水痘(水ぼうそう)、咽頭結膜熱(プール熱)、結核、髄膜炎菌性髄膜炎
第3種コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎
その他の感染症(溶連菌感染症、ウイルス性肝炎、手足口病、伝染性紅斑、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ感染症、感染性胃腸炎(流行性嘔吐下痢症)等)
 出席停止期間中は、欠席にはなりませんが、次のような手続きをとってください。
1.上記の疾病と診断された場合、すみやかにクラス担任に連絡し、出席停止の指示を受けてください。
2.主治医の指示を守り、療養に専念してください。
3.登校に際しては、医師の登校許可が必要になります。主治医に証明を依頼し、治癒後最初の登校日に持参し担任に提出してください。

      登校許可証明書(pdf形式word形式