校長挨拶

校長挨拶


 本校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 本校は、平成23年4月に船橋西高校と船橋旭高校を統合し、進学重視型単位制高校として新たなスタートを切り、本年度、創立12年目を迎えます。

『仲間と励まし合い、競い合い、お互いの向上を目指せ』という願いを込め、校訓を『切磋琢磨』と定め、満帆に風を孕むメインセイルを土台とした帆布のキャンパス地に、『啓明』即ち『明けの明星』に導かれ切磋琢磨し新たな歴史を刻んでいく生徒たちを描いた校章を旗印として、地域をリードし、自ら学び、探求し、物事を明らかにできる個性豊かで前途有為な生徒の育成に努めております。これまでに生徒達に関わった全ての人たちの精神や伝統、地域社会の希望をも表していることから、この校章は、地域の期待を担う学校となるべく本校が日々取り組んでいる文武両道にわたる教育活動の象徴であるともいえます。空調が整備され、改善が進んだ学習環境の中、『啓明セミナー』を筆頭に基礎基本の定着から進学に対応するための学力向上まで、きめ細かな学習指導が展開されています。その一方で、部活動やボランティアなどで活躍する生徒が多く、運動部では、多くの部活動が県大会出場を果たし、文化部でも校内の活動にとどまらず、対外的な発表会や地域との積極的な交流など、充実した活動実績を上げています。加えて、明星祭(文化の部・体育の部)に代表される学校行事においても、生徒たちの主体的で意欲的な取組が行事の充実した盛り上がりを支えてくれます。そして、この生徒たちの明るく活力ある取組と職員一丸となったサポートが、私たちの啓明高校の校風を醸成しているのです。

 さて、以下にその本校の教育活動が目指す学校教育目標を掲載いたします。

【 学校教育目標】

1 自己の可能性を追求し、自他の幸福を探究する学びの姿勢を持つ人間の育成

2 文武両道を旨とし、集中力、気力、体力など総合的な人間力の育成

3 自分の言動に責任を持ち、思いやりのある情緒豊かな人間の育成

 これからの社会は、持続可能性と強靭性を備え、人々の安全と安心を確保し、一人一人が多様な幸せを実現できる社会(Society5.0)といわれており、そこで人としての強みを活かしていくためには、一人一人が当事者意識を持ち、他者との対話を通じて協働しながら『納得解』を形成し、新たな価値を創造することが求められます。本校の学校教育目標は、自らの将来設計に際し、重要となる資質を育成したいと願い設定されています。そして、その実現のために、本校では様々な機会や場面を用意しました。もちろん、まだまだご紹介したいことがございます。どうぞ一度ご来校ください。皆様のお越しを心より歓迎いたします。

 

                         第6代校長  櫻井 佳成  

 

前校長ブログ

校長より >> 記事詳細

2021/12/23

【校長ブログ】全校集会の講話

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 本日は、冬休み前の全校集会を放送で実施しました。

【全校集会での講話】
 今年は昨年よりも色々なことができた一年だったとは思いますが、コロナ禍で、学習面や部活動、そして学校行事の面でも様々な制約をしなければなりませんでした。それでも様々な部活動が県大会出場を決めたり、吹奏楽部については東関東大会まで出場するなど成果を上げてくれました。また、生徒会を中心に開催した文化祭の発表は充実したものになりました。本当に生徒の皆さんはこの一年頑張ってくれました。

 勉強の面ではどうでしょうか?

 いわゆる「ビリギャル」で有名となった坪田信貴さんは、学年ビリのギャルが慶應義塾大学に合格できたのは、「もともと才能があったから」とか「地アタマがよかったから」だと言われることが多いが、方法を間違わなければ、誰でも必ず成長できると言っています。

 また、スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授の調査によれば、ビジネスで成功した人の成功の決め手となった出来事のうち8割は本人が予想しない偶然、例えば偶然の出会いや予想しなかった幸運にあったとのことです。
 つまり、どんなに事前に計画を立てても、成功するかどうかは偶然によるということです。ただし、何もしなければ成功は得られません。偶然起きた出来事に対して、一回一回自己のベストを尽くしてこそ次のチャンスが訪れるものです。そして人間は成功するとさらにやる気が出ます。ですから、目の前のことに集中して、自己のベストを尽くす習慣を身に付けることが成功の秘訣だということです。
 勉強でも何でもそうですが、間違った方向に努力をしても成果は上がりません。正しい努力が肝心です。先ほどの坪田さんによれば、正しい努力の秘訣は2つだそうです。一つは、師匠を探すこと、もう一つは、完コピすることだそうです。

 皆さんの「可能性は無限大」です。高校3年間での経験は、その人の人生の土台となることが多いのですが、それは、人生の内で最も体力があり、最も知を吸収出来て、最も感性が輝く時期が高校時代だからです。明日からの2週間の冬休みにはもう一度、自分自身が目指していること、将来の夢などを見つめなおす機会を作ってください。

 最後にもう一つ皆さんにお願いがあります。船橋啓明高等学校を、楽しく、学びがいのある、一人一人が成長できる学校にしていきましょう。そのためには、日頃の明るい「あいさつ」や前向きな言葉が必要です。「良い言葉」が「良い行動」を生み、繰り返される「良い行動」がやがて「良い習慣」となります。日頃の積み重ねを大切にしていきましょう。
 
 また、1月7日には、元気な姿の皆さんと会えることを望んでいます。以上。


10:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 今日の出来事