携帯サイト


 

アクセスカウンタ

1024898人目のお客様です。

校長挨拶

校長挨拶


 千葉県立船橋啓明高等学校のホームページを御覧いただき、ありがとうございます。


 本校は、平成23年4月、それまでの船橋西高校と船橋旭高校を統合し、進学重視型単位制高校としてスタートを切りました。令和3年度は、創立10周年を記念し、式典や記念誌の準備を進めているところです。

 校長としては、これまでの取組の成果を継承しつつ、生徒や地域の実態を踏まえ、新たな取組にも積極的にチャレンジしなければならないと考えております。生徒には、「切磋琢磨」の校訓の下、周囲と協働して、学習や学校行事、そして部活動に取り組んでもらい、高校時代にしかできない様々な経験を積ませたいと思います。

 そこで、今年度は、以下の3つの学校教育目標を掲げ、教育実践を積み重ねてまいります。

 1 自己の可能性を追求し、自他の幸福を探究する学びの姿勢を持つ人間を育成する。

2 文武両道を旨とし、集中力、気力、体力など総合的な人間力を育成する。

3 自分の言動に責任を持ち、思いやりのある情操豊かな人間を育成する。

 

 現代社会は、これまでの常識が通用しない「Society5.0」ともいわれる変革の時代にあり、今後ますます、人間の強みを学ぶことのできる学校教育の果たすべき役割は重要になります。22世紀を見るかもしれない生徒たちには、「善く生きるとは」「自分と社会の関わり方」等について高校3年間で深く探求し、次代を担う自覚を養ってもらいたいと思います。

また、職員一同、生徒の個性を生かす教育を進めてまいります。生徒の夢の実現に向け、「わかる授業」を実践することで基礎・基本の徹底を図るとともに、家庭学習を習慣化させるよう指導することで、学力の向上を図り、社会に貢献できる人材に育成してまいります。

 

 教育の要諦は、「信頼」です。これからも千葉県立船橋啓明高等学校は、生徒と職員の努力だけでなく、保護者や地域とも連携しながら、「啓明」=「明けの明星」=「金星」のように光り輝く人材を育成できる学校として、「信頼」を得られるように取り組んでまいります。

 

 


                       第5代校長  細川 義浩
 

 
                  
                                  


 

校長ブログ

校長より >> 記事詳細

2021/02/18

【校長ブログ】書道の授業の様子

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 今日は暦の上では「雨水」、暖かい陽気になってきて雪や氷が解け、雨水になる、ということのようですが、全国的に厳しい寒さや暴風雪に襲われる危険性があるとのことです。北陸や東北、北海道での大雪も、地球温暖化が原因とも考えられているとのことで、一人一人が、できることを始めていかなければいけない時代ですね。


 書道の授業では、ICT機器を活用し、先生の筆遣いの様子をわかりやすく見せたりしています。昨日の授業では、手紙の書き方の授業が行われていました。

※生徒は、プロジェクターで示されてポイントを踏まえ、どのような手紙の内容にしようかと熱心に考えていました。

※3階の渡り廊下には、これまでに作られた作品が掲示されています。

 1年次生の廊下の様子

※4階及び5階の1年次生の教室前の廊下には、先日、3年次生が説明してくれた、進路決定に向けたいろいろなアドバイスの資料が掲示されています。
11:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 今日の出来事