携帯サイト


 

アクセスカウンタ

978749人目のお客様です。

校長挨拶

校長挨拶

 

 千葉県立船橋啓明高等学校のホームページを御覧いただき、ありがとうございます。

 

 本校は、平成23年4月、それまでの千葉県立船橋西高等学校と千葉県立船橋旭高等学校を統合し、進学重視型単位制高校として新たなスタートを切り、10年目を迎えました。

「切磋琢磨」の校訓の下、職員が一丸となって、「自ら学び探求し物事を明らかできる生徒を育む」という教育方針で、日々の教育活動に真摯に取り組んでおります。

 

現代社会は、これまでの常識が通用しない「Society5.0」ともいわれる変革の時代にあり、今後ますます、人間の強みを学ぶことのできる学校教育の果たすべき役割は重要になります。生徒たちには、「善く生きるとは」「自分と社会の関わり方」等について深く探求してもらい、好奇心を持って何事にも取り組み、新たな価値を見つけ生み出す感性と力などを高校3年間で養ってもらいたいと考えております。

 

今年度本校では、以下の3つの学校教育目標を掲げ、教育実践を積み重ねてまいります。

1 自己の可能性を追求し、ものごとを明らかにする学びの姿勢を持つ人間を育成する。

2 文武両道でバランスのとれた創造的な人材を育成する。

3 自分の言動に責任を持ち、思いやりのある情操豊かな人間を育成する。

 

教育の要諦は、「信頼」です。これからも千葉県立船橋啓明高等学校は、生徒と職員の努力だけでなく、保護者や地域とも連携しながら、「啓明」=「明けの明星」=「金星」のように光り輝く人材を育成できる学校として、「信頼」を得られるように取り組んでまいりますので、引き続き、よろしくお願いいたします。

 

 

第5代校長  細川 義浩 

  
                  
                                    
 

校長ブログ

校長より >> 記事詳細

2021/01/20

【校長ブログ】教養講座、啓明セッション

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 今日は暦の上では「大寒」であり、一年の中で寒さの絶頂期であると言われております。昨日と比較すると北風が弱いものの、換気のため教室を締め切るわけにはいかないことから、寒い思いをしている生徒もいるようです。

 3学年次生に「教養講座」を実施しました。
 上芝先生の軽妙な司会の下、3学年次生を対象に、「教養講座」を実施しました。
 1/16と17に共通テストがあり、この後一般受験を控えている生徒も多いですが、受験に対する目的意識の高揚のため、また、大学入学後に新しい生活に対応できるようにするため、若手の先生方(神谷先生、木部先生、平山先生、片山先生)に、自分自身の経験などを語ってもらいました。

※生徒は興味深く、先生方の話を熱心に聞いていました。

 1学年次生に「啓明セッション」を実施しました。
 総合探求の時間に、1学年次生に対し、3学年次生の進路決定者が、自分自身の体験をもとに、進路決定までに努力したことや心がけたことを話してもらいました。身近な先輩のホットな経験談は、後輩にとっても参考になったと思います。特に、1年次から英語だけはコツコツと努力を積み重ねた話や小テストを大切にすることで勉強の習慣を身につけることができた話などは、今からでもできる取組で、刺激を受けた生徒も多かったようです。
 自分の目標を高く持って、努力を継続してもらいたいと思います。やればできる。



16:16 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 今日の出来事