携帯サイト


 

アクセスカウンタ

981017人目のお客様です。

校長挨拶

校長挨拶

 

 千葉県立船橋啓明高等学校のホームページを御覧いただき、ありがとうございます。

 

 本校は、平成23年4月、それまでの千葉県立船橋西高等学校と千葉県立船橋旭高等学校を統合し、進学重視型単位制高校として新たなスタートを切り、10年目を迎えました。

「切磋琢磨」の校訓の下、職員が一丸となって、「自ら学び探求し物事を明らかできる生徒を育む」という教育方針で、日々の教育活動に真摯に取り組んでおります。

 

現代社会は、これまでの常識が通用しない「Society5.0」ともいわれる変革の時代にあり、今後ますます、人間の強みを学ぶことのできる学校教育の果たすべき役割は重要になります。生徒たちには、「善く生きるとは」「自分と社会の関わり方」等について深く探求してもらい、好奇心を持って何事にも取り組み、新たな価値を見つけ生み出す感性と力などを高校3年間で養ってもらいたいと考えております。

 

今年度本校では、以下の3つの学校教育目標を掲げ、教育実践を積み重ねてまいります。

1 自己の可能性を追求し、ものごとを明らかにする学びの姿勢を持つ人間を育成する。

2 文武両道でバランスのとれた創造的な人材を育成する。

3 自分の言動に責任を持ち、思いやりのある情操豊かな人間を育成する。

 

教育の要諦は、「信頼」です。これからも千葉県立船橋啓明高等学校は、生徒と職員の努力だけでなく、保護者や地域とも連携しながら、「啓明」=「明けの明星」=「金星」のように光り輝く人材を育成できる学校として、「信頼」を得られるように取り組んでまいりますので、引き続き、よろしくお願いいたします。

 

 

第5代校長  細川 義浩 

  
                  
                                    
 

校長ブログ

校長より >> 記事詳細

2021/01/19

【校長ブログ】昼休みの放送を始めました

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 コロナ感染者数が拡大を続ける中、本校においても感染症対策に十分留意しながら教育活動を進めております。1月から1,2年次生の体育については、長距離走を実施しておりますが、密を避けるため、一斉に走るのではなく、生徒を授業の前半で走る組と後半で組の半分ずつに分けて実施するなどの工夫をしているところです。
 本校の生徒はまじめですので、今日も寒い中、自分のペースを維持しながらも、タイムを短縮するよう真剣に取り組んでいました。また、半分の生徒がマスクをしながらも、しっかり応援の声をかけている姿は、素晴らしいと思いました。

 昼食時も、生徒は自席で前を向いて食べています。これまで楽しみであった昼食の時間にも制約が生まれたことは生徒たちにとっても残念だったようで、一部の生徒たちから、昼食時に音楽が流せないかとの提案がありました。早速、放送委員会で検討したところ、いろいろな意見が出たようでしたが、15分だけでも音楽を放送したいとの委員もおり、今週から昼休みの放送をはじめたところです。

 今できることを工夫しながらやっていくことは大切だと思います。また、頑張りすぎずに、楽しみながら、余裕をもってやるべきことを計画的に進めていくことも必要です。勉強も同様です。1週間丸まるすべての日に予定を入れるのではなく、一日は休養日を入れておき、予定が遅れた分を調整できるようにしておくことが必要です。もし、遅れていてもその日にカバーが可能ですし、予定通り進んでいれば息抜きをすることで、さらに、モチベーションを高まることができるはずです。

 後日、詳しく説明をしようと思いますが、今回の共通テストの問題の傾向を分析しても、重箱の隅をつつくような知識が必要な問題や難解な問題は多くありませんでした。それよりも、問題文や資料が増えていることから、問題を解く前に、基礎的な読解力が必要とされてきているようです。
 これからも、日頃の授業や部活動での経験を大事にしていってほしいと思います。
16:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項